訪問日:2017年10月11日(水)

【新店】麺処 ぐり虎-1

のぞみで岡山へ!

そして、向かったのは、表町商店街というアーケード商店街の中に7月5日にオープンした新店の『麺処 ぐり虎』!

「ぐり虎」と書いて「グリコ」と読ませるこちらの店は、『麺処 ほん田』と『麺屋 翔』で修業経験のある河中店主が開業した店!
オープン初日には、『麺処ほん田』の本田店主と『麺屋 翔』の大橋店主の両師匠が応援に駆けつけて、開店前から大行列ができたんだとか♪


麺処 ほん田【壱八】-15麺屋 翔【壱弐】-8

岡山駅前停留所から路面電車に乗車して、西大寺町という停留所で下車して
徒歩2分ほどの場所にある店に、もうすぐ夜の6時になる時刻にやってくると

【新店】麺処 ぐり虎-2

店頭のA看板には、夜20食限定の「昆布水淡麗つけ麺」の告知がされていたんだけど
めっちゃ迷う

【新店】麺処 ぐり虎-3

ここに来るまでは、「塩ラーメン」を食べるつもりだった。
じゃあ、2杯食べればいいじゃない!


そんな声も聞こえてきそうだけど
今夜は、この後に四国の高松に移動して、『支那そば 讃岐ロック』に行く予定をしているので(汗)

そして、入口の横には、『心の味食品』と『中華蕎麦 とみ田』からの開店祝いのお花があって!
これで、こちらの店が使っている麺が『中華蕎麦 とみ田』の自社製麺を製麺する『心の味食品』製であることが判明♪


【新店】麺処 ぐり虎-4

入店すると
店内は間口は狭いのに奥行きのある、鰻の寝床のような構造の店で!

右にカウンター席が4席!
左に2人掛けのテーブル席が5卓、手前から奥にずらっと並んで配置されていて!


厨房は右奥を曲がった場所にあるという
ちょっと、変わったレイアウト!

お客さんは、カウンター席に2人!
テーブル席に2人!


もっと混んでるかなと思ったのに、まだ、時間が早いせいか
意外に空いていた。

そして、まずは、入口を入って左側の壁の前に設置されていた券売機で食券を購入するんだけど
メニューは、大きく分けて、「塩ラーメン」、 「濃厚豚骨魚介ラーメン」、「中華蕎麦」、「濃厚豚骨魚介つけ麺」の4種類で!

【新店】麺処 ぐり虎-5【新店】麺処 ぐり虎-6

「濃厚豚骨魚介ラーメン」、「濃厚豚骨魚介つけ麺」は昼夜20食限定
また、先ほどA看板で告知されていた、夜20食限定の「昆布水淡麗つけ麺」は、「特製中華そば」の食券を買ってくださいという案内が券売機に貼られていた。


【新店】麺処 ぐり虎-7【新店】麺処 ぐり虎-8

この中からセレクトしたのは「昆布水淡麗つけ麺」♪
私は、限定という言葉に弱いんだよね
(汗)

そうして、空いていた厨房に近い、一番奥のカウンター席について
スタッフの人に食券を渡すと、厨房に注文が告げられた。

そして、その厨房には河中店主と、もう一人のスタッフの人がいて
この2人のコンビネーションによって作られた「昆布水淡麗つけ麺」が完成すると

小皿に入れられた藻塩とともにスタッフの人が配膳してきてくれて…
「まず、この藻塩を麺にかけて、食べてみてください。」と食べ方の指南があった。

【新店】麺処 ぐり虎-9【新店】麺処 ぐり虎-10【新店】麺処 ぐり虎-11

キレイに麺線を揃えて盛りつけられた麺の入った丼には、レンゲの上に味玉!
あとは、板海苔が添えられただけで!


つけ汁の中に、豚肩ロース肉のレアチャーシュー豚バラ肉の吊し焼きチャーシュー
メンマ小松菜と修業先である『麺処 ほん田』を感じさせる色紙切りされたネギが浮かぶつけ麺!


まずは、昆布水に浸かった麺だけを食べてみると
『心の味食品』の平打ちの中太ストレート麺は、つるっと入っていく啜り心地のいい麺で!

【新店】麺処 ぐり虎-12

モチッとした食感の多加水麺で!
コシがあって!


のど越しのよさもあって!
小麦粉のうま味も感じられる麺なのがいい♪


次に、藻塩を少量麺に載せて、いただくと
麺の甘味が増して、つけ汁につけて食べなくても、このままでも、十分、美味しくいただける!

そして、いよいよ、つけ汁につけていただいてみると
「岡山美膳軍鶏、丸鶏、国産ガラ、もみじ、背ガラ等を8時間かけてじっくり抽出した鶏清湯スープに、瀬戸内のイワシ、秋刀魚節、宗田鰹節の香りを合わせ、こだわりの醤油かえしを加えたスープです。」とPOPに解説のあったスープのつけ汁からは

【新店】麺処 ぐり虎-13【新店】麺処 ぐり虎-14

鶏のうま味に目近(宗太鰹)の節のうま味!
カエシに使われた醤油の芳醇な風味とコクも感じられて!


バランスのいい!
美味しいつけ汁に仕上がっている♪


ただ、つけ汁は淡麗で
少し醤油勝ちになっていたかな

それと、この味わいは『麺処 ほん田』の本田店主の作る三年目の「濃厚昆布水の淡麗つけ麺」の味とはちょっと違うし
出汁のうま味も弱く感じられて

どちらかというと『麺屋 翔』寄りかな
でも、『麺屋 翔』が「媛っこ地鶏の日」に限定で出した「媛っこ地鶏醤油つけ麺」の味わいに比べれば、それほど、しょっぱくないし、オイリーでもないけど

ただ、『麺屋 翔』は、鶏清湯スープのラーメンにつけ麺では、「塩」が得意の店で!
「醤油」がもう一つのところがある店なので


やっぱり、「塩ラーメン」にするべきだったかもしれない
そして、塩清湯スープでいただいて、出汁に使われた「岡山美膳軍鶏」の出汁のうま味をストレートに感じるべきだった

ちなみに、「岡山美膳軍鶏」は、2016年6月7日にJASに認定された新しい地鶏で!
どんな出汁を出してくれるのか興味があったのに、限定に釣られてしまったのが、失敗だったかな


でも、『麺処 ほん田』も、やはり、鶏清湯スープは「塩」の方がよかったのに
味をリニューアルしてからは、「醤油」も「塩」同様よくなったし!

「昆布水淡麗つけ麺」も、1年目よりも2年目
2年目よりも3年目の方が確実に美味しくブラッシュアップされているので、今後に期待♪

しかし、トッピングされた2種類のチャーシューが、どちらも、『麺処 ほん田』イズムを受け継ぐ、美味しくて、クオリティの高いチャーシューだったのには驚かされた。
まず、真空低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューは、噛めば、肉のうま味が滲み出てくる絶品のレアチャーシューで!


【新店】麺処 ぐり虎-15

そして、圧巻だったのが、タレに一晩つけてから燻製器に吊るして仕上げるという豚バラ肉のチャーシュー
香ばしくて♪


肉のうま味が閉じ込められたチャーシューは、噛むほどにジュワッと口の中にうま味が広がって
最高に美味しい♪

こんな美味しい逸品と知っていたなら、絶対にトッピングしていたのにな
次回は「塩ラーメン」に別皿でチャーシューをトッピングするつもり!

味玉も、特別なものではなかったけど、黄身の茹で加減もバツグンで!
しっかり、中まで味が滲みた美味しい一品だったし♪


【新店】麺処 ぐり虎-16

そうして最後に
「スープ割りは、昆布水で割るんですか?」と言うと

河中店主からは
「昆布水で割ったものを温めます。」と言って、レンジで温めてくれたんだけど

こうしてくれたことで、鶏と昆布と節のうま味が強く感じるスープになって!
美味しく完食♪


なお、食べ終わって、河中店主と少し、話しをさせてもらったんだけど
「おすすめは、やはり、券売機の先頭にある塩ラーメンですよね?」と聞いてみると…

「塩ラーメンは一番の人気ですけど、おすすめは、濃厚豚骨魚介のつけ麺です!」
「『麺処 ほん田』で、濃厚豚骨魚介のつけ麺を食べて、こんなつけ麺を作りたいと思いました。」
と話していて…

【新店】麺処 ぐり虎-17

「でも、提供は昼夜20食限定ですよね…」と言うと…
「大量のスープを作って、味のクオリティを下げたくないので…」と話していたので…

次回、岡山に来る際には、ぜひ、また、お邪魔して、「塩ラーメン」に「濃厚豚骨魚介つけ麺」を店内連食するつもり♪
ご馳走さまでした。


【新店】麺処 ぐり虎-18

メニュー:鶏塩ラーメン…750円/鶏塩味玉ラーメン…850円/鶏塩チャーシューラーメン…1050円/鶏塩特製ラーメン…950円

濃厚豚骨魚介ラーメン…780円/濃厚豚骨魚介味玉ラーメン…880円/濃厚豚骨魚介チャーシューラーメン…1080円/濃厚豚骨魚介特製ラーメン…980円

醤油中華蕎麦…700円/醤油味玉中華蕎麦…800円/醤油チャーシューラーメン…1000円/醤油特製ラーメン…900円

つけ麺…780円/つけ麺味玉…880円/つけ麺チャーシュー…1080円/つけ麺特製…980円

【夜限定20食】昆布水淡麗つけ麺…900円

中盛(100g)…50円/大盛(200g)…100円/特盛(300g)…150円

チャーシュー丼…300円/めんたいご飯…250円/ランチご飯…150円

味玉…100円/メンマ…100円


麺処 ぐり虎



関連ランキング:ラーメン | 西大寺町駅新西大寺町筋駅田町駅



好み度:昆布水淡麗つけ麺star_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年10月17日(火)

つけ麺 一燈【壱九】-1

本日のランチは東京・新小岩の『つけ麺 一燈』へ!

10月第3週、第4週の火、水限定「海老、貝、鶏の白湯そば」を求めて!

こちら『つけ麺 一燈』では、毎月、火曜日と水曜に月替わりの限定が提供されていて!
今月は先月の「トマトパクチーのまぜそば」に続いて、スタッフの大森さんが限定を担当!


「ぶたらぁめん」なる豚清湯スープの塩ラーメンが提供されていた。
しかし、2週目で突然終了。


ラーメンデータベース(RDB)やブログ、インスタやTwitterのSNSの評判もよかったのに
どうしちゃったんだろうと思っていたところ



今月のはO様がほぼ自分で全部仕込んでいるということで、店長様はノータッチとのこと。それでこれができるというのはやはり本人には失礼だがびっくり!2日間徹夜で仕込んでいるとのことで、その苦労が報われるものになっていると思う!



じゃいさんがRDBに、こんなレビューを上げていて
これから察するに、大森さんが徹夜で仕込みをして

麺上げもして!
失礼ながら、若くはないので、相当キツかったんじゃないのかな


それを見て、阿部店長がドクターストップをかけた!?
そんな気がしたけど

大森さんの限定は、日程の都合から食べられなかったのは残念だったけど
海老、貝、鶏の3つの素材を合わせて、阿部シェフが作る白湯スープのラーメンにも興味があったので、楽しみに店へと向かうことにした♪

新小岩に着いて
しとしとと雨が降る中、平和橋通りから、店のある路地へと入ると

こんな天候だというのに、『麺屋 一燈』の店頭には、傘を差しながら20人以上のお客さんが行列ができていた
それを横目に、もうすぐお昼の12時になる時刻に店の前までやって来ると

店内は満席のようで、カップルのお客さんが一組、外待ちをしていた。
その後ろに付くと、大森さんが店の中から出てきて、先に食券を買うよう促されて


入店して、阿部シェフと挨拶を交わして
券売機に千円札を差し込んで

最下段にあった「白湯そば」とあったボタンをポチッと押して
買い求めた食券を大森さんに渡して、再び、外へ!

つけ麺 一燈【壱九】-2つけ麺 一燈【壱九】-3

しかし、この時点で、3人のお客さんが食べ終わって席つところだったので
ほとんど待つことなく、店内へと案内された。

席につくと、阿部シェフから、今日のスープについて、簡単な説明があった。
「海老と貝と鶏白湯のスープを3対3対3で合わせました。」


「貝は蛤を使って、油も蛤油です。」
「ご飯ものも、蛤の炊き込みご飯です。」


貝は蛤とわかったけど、海老は何を使ったのか
阿部シェフに尋ねると

「伊勢海老です。」
「伊勢海老ラーメンのスープを使いました。」もいう答えが阿部シェフからあって!


伊勢海老と蛤と鶏白湯のトリプルスープのラーメンということがわかったけど!
伊勢海老と蛤だなんて、贅沢だし、めっちゃテンション上がる♪


そうして、まず、トッピングの具をお皿に並べて準備をし始める阿部シェフ!
次に、スープを雪平鍋に移して、ガス台の火にかけていって


ラーメン丼を4つ取り出して
さらに、「心の味食品」の麺箱から麺を取り出して、計量器にかけて、麺の量を量り終えると、テボに入れて茹で始めた。

そうして、温まったスープがラーメン丼に注がれて!
麺を投入してから50秒で引き上げられた麺が、湯切りされると、ラーメン丼の中
へ…

そうして、箸で麺線が整えられると
別皿にトッピングされた具とともにお客さんに出されていって

4番目に「海老、貝、鶏の白湯そば」が阿部シェフによって供されると
少し遅れて、大森さんからセットの「蛤の炊き込みご飯」も出された。

つけ麺 一燈【壱九】-4つけ麺 一燈【壱九】-5つけ麺 一燈【壱九】-6つけ麺 一燈【壱九】-13

ラーメンはかけスタイルでの提供で!
別皿に、鶏ムネ肉鶏モモ肉の2種の炙りレアチャーシューに、桜海老三つ葉、ネギがトッピングされた彩りもよくて、美しいビジュアルのラーメン♪


つけ麺 一燈【壱九】-7つけ麺 一燈【壱九】-8

まずは、茶濁したスープをいただくと
伊勢海老!伊勢海老!伊勢海老!

蛤!蛤!蛤!
鶏!鶏!鶏!

つけ麺 一燈【壱九】-9

予想通り、伊勢海老の強い風味が口の中に広がって♪
しかし、も負けずに主張していて!


も、その存在感を示していたのに…
海老が、喧嘩せず調和して、三重奏のハーモニーを奏でていた♪

しかし、海老と貝と鶏を同じ比率で合わせたトリプルスープと聞いて
蛤が強い海老出汁にかき消されてしまうのではという危惧もあったのに

これだけ、蛤が感じられるのもスゴいと思って、そんな感想を阿部シェフに話すと
「そう思って、蛤油を作りました♪」なんて答えがあったんだけど!

さすが、阿部シェフ!
バランス感覚に長けている♪


しかし、この新感覚の白湯ラーメンは、思った以上に美味しくて♪
クオリティの高いオンリーワンのラーメンだったし!


スープは、まったく、くどくなくて、サッパリといただけるので!
白湯スープ好きな人だけでなく、清湯スープのラーメンが好きな人にも、ぜひ、食べて欲しいな♪


そうして、この伊勢海老と蛤と鶏の三重奏のハーモニースープに合わされた麺は、「麺屋 一燈」グループ全店で、今月から自家製麺から切り替えたという『心の味食品』の麺で!

阿部シェフからは切刃22番だと聞いた
しかし、生麺を見ても、見た目からはもう少し太めに見える麺は

やや、硬質に感じられるパスタ感覚の食感の麺で!
でも、この麺が、この濃密なスープと適度に絡んでくれたし♪


それに、これは、他の麺でも言えることだけど
『心の味食品』の麺は、小麦粉の粉のうま味が感じられる美味しい麺なのがいいよね♪

美味しかったから、夢中で、このかけスタイルのラーメンを食べ続けて
別皿トッピングの具に手をつけないまま、気づけば麺がなくなってしまった(汗)

そこで、具を「蛤の炊き込みご飯」に載せて食べたり
スープに入れていただいたりしたんだけど

つけ麺 一燈【壱九】-10つけ麺 一燈【壱九】-11

圧巻だったのが、鶏ムネ肉鶏モモ肉の炙りレアチャーシュー!
どちらも、鶏肉のうま味いっぱいの絶品のチャーシューで、めちゃめちゃ美味しい♪


つけ麺 一燈【壱九】-12

特に鶏モモ肉の炙りレアチャーシューは、鶏モモ肉の叩きを食べているようで!
ゴリゴリとした歯応えのある食感のものだったけど、この食感も悪くなかったし♪


噛む度にジュワッとうま味が広がって
これを食べられただけでも、このラーメンを食べてよかったと思えるほどの逸品♪

は、出汁をとった後のもので
ほぼ、飾りだけのものなんだろうけど

それでも、蛤らしい味わいは感じられたし!
プリプリとした食感がよかったし♪


そして、最後にいただいた「炊き込みご飯」も、やや、甘め、濃いめの味付けだったけど
和食の料理人が作る薄味の炊き込みご飯もいいけど、こういう、はっきりとした味わいのものも好きだし♪

それに、ここにもしっかり蛤がいて!
ここのところ、ホンビノス貝を使ったラーメンにつけ麺ばかり食べていたけど


やっぱり、蛤の風味に勝るものはない♪
最後まで美味しく完食!


阿部シェフのこの力作を食べられるのも、明日の水曜と、来週の火曜、水曜の3日間だけ
ぜひ、この機会に、ご賞味になってみては

阿部シェフ、マジで美味しかったです♪
ご馳走さまでした。


つけ麺 一燈【壱九】-14

メニュー:伊勢海老つけ麺…830円/半熟味玉伊勢海老つけ麺…930円/特製伊勢海老つけ麺…1100円/チャーシュー伊勢海老つけ麺…1100円

豚骨魚介つけ麺…830円/半熟味玉豚骨魚介つけ麺…930円/特製豚骨魚介つけ麺…1000円/チャーシュー豚骨魚介つけ麺…1000円

サバカレーつけ麺…780円/半熟味玉サバカレーつけ麺…880円/特製サバカレーつけ麺…1000円/チャーシューサバカレーつけ麺…1000円

スパイスつけ麺…780円/半熟味玉スパイスつけ麺…880円/特製スパイスつけ麺…1000円/チャーシュースパイスつけ麺…1000円

スパイスラーメン…730円/半熟味玉スパイスラーメン…830円/特製スパイスラーメン…980円/チャーシュースパイスラーメン…980円

伊勢海老ラーメン(塩・醤油)…780円/半熟味玉伊勢海老ラーメン(塩・醤油)…880円/特製伊勢海老ラーメン(塩・醤油)…1000円/チャーシュー伊勢海老ラーメン(塩・醤油)…1000円

中盛り券…50円/大盛り券…100円

パクチー増し…150円/メンマ…100円/燻製半熟煮玉子…100円/とろけるチーズ…50円/エビ辛味…50円/海苔 5枚…50円/豚チャーシュー(5枚)…300円/大森さん作鶏チャーシュー(5枚)…200円

小ライス…50円

【10月第3週、第4週の火、水限定】海老、貝、鶏の白湯そば…900円


つけ麺一燈



関連ランキング:つけ麺 | 新小岩駅



好み度:海老、貝、鶏の白湯そばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年10月5日(木)

らぁ麺 紫陽花【参】-1

今夜、名古屋のホテルにチェックインして向かったのは、2015年4月10日にオープンした『らぁ麺 紫陽花』!

こちらの店は、東京・府中の『麺創研 かなで』で修業した後、三重の『らーめん 鉢ノ葦葉』、名古屋の『つけ麺 丸和』他でも修業を重ねた戸谷店主が地元の名古屋で開業した店!

2015年6月3日に訪問して「醤油つけ麺」を!
翌4日にも訪問して「醤油らぁ麺」「濃厚つけ麺」をいただいた。


鶏清湯煮干しの「あっさり」とした味わいの「醤油らぁ麺」に「醤油つけ麺」も、鶏白湯煮干しの「こってり」とした味わいの「濃厚つけ麺」も、どちらも、めちゃめちゃ美味しくて♪
失礼ながら、こんな美味しいラーメンにつけ麺を名古屋で食べたことはなかったので!


この店は、近い将来、名古屋No.1店!
いや、愛知県No.1の店になる店だと思うと当時のブログに書かせていただいた。


しかし、当時は、まだ、この名古屋以外からやって来た店に対して、否定的な意見のお客さんもいたし
今まで、名古屋にない味わいだったこともあって、食べログの点数も上がらなかった。

それが、開店から2年で、思った通り、名古屋No.1!
そして、愛知県No.1ラーメン店の評価を得るまでになった!


愛知 ラーメン (拉麺)人気ランキングTOP100(1-20位)[食べログ]
名古屋 ラーメン (拉麺)人気ランキングTOP100(1-20位)[食べログ]


これは、先日、訪問した福岡の『地鶏らーめん はや川』も全く同じ現象で
こちらの店で出された「らぁ麺」も「つけ麺」も、福岡No.1の味わいだと思ったのに!

食べログには否定的なコメントも上げられていて
点数も上がっていない

また、先日、神奈川県の保土ケ谷にオープンしたばかりの『櫻井中華そば店』もそう!
こちらの店の「中華そば」のスープも自家製麺も、かなりの美味しさで♪


神奈川県は、他に全国でもトップテンに入る店もあるので、No.1というのは、なかなか難しいものがあるかもしれないけど
今年の新人大賞は獲得できるんじゃないかと思える味わいだったのに

面白いのは、この『らぁ麺 紫陽花』、『地鶏らーめん はや川』『櫻井中華そば店』の3店の店主が、全員、『麺創研 かなで』出身であること!
『麺創研 かなで』には、3人の店主が修業していた時代に東京・早稲田の『らぁ麺 やまぐち』の山口店主がいて、指導していた影響が大きいのかなとは思うけど


閑話休題(汗)
今日は、久しぶりに名古屋泊まりになったので、2年4ヶ月ぶりに訪問することにした。

そうして、最寄り駅はの地下鉄名港線・六番駅から15分ほど歩いて、17時40分すぎに店の前へとやってくると
8人のお客さんが店頭から店の右横を折れた路地にかけて行列を作っていたんだけど

よかった、これで、最初の10人に入れる♪
こちらの店はL字型カウンター10席の店なので、何とか、10番以内に入りたいと思っていたので!


なので、夜営業の開店時間である18時の30分以上前には到着する予定だったのに10分以上遅れてしまったので、ドキドキしながら来たのに
よかった♪

そうして、13人のお客さんが行列を作ったところで、開店時間の18時を迎えて
定刻開店♪

平日の、それも夜営業だから、こんなものなのかな!?
なんて思っていたら

先頭から順番に入店して、券売機で食券を買って席へとついていって
私が入店するまでの数分間の間に

10人以上のお客さんが来店してきたので
やっぱり、噂通りの人気店になっていた♪

そうして、私が券売機で購入したのは、ビールに「おつまみチャーシュー」!
そして、「醤油らぁ麺」!


らぁ麺 紫陽花【参】-2

未食の「担々麺」も食べたかったんだけど
夜だし、やっぱり、ビールが飲みたかったし(汗)

「醤油らぁ麺」と「担々麺」の二択だったら、やっぱり「醤油らぁ麺」かな!
あれから、どんな風に味が変化したのか確認したかったし!


そうして、食券を買うと
スタッフの人が食券を回収していって

スタッフの人の誘導されて、席へとつくと
戸谷店主から

「ずいぶん、ご無沙汰じゃないですか…」と言われてしまったんだけど
名古屋で日帰りで仕事に来ても、場所的になかなか来れるチャンスが、なかったんだよね(*_*;

なお、オープンキッチンの厨房には、戸谷店主夫妻の他に、今夜は2人のスタッフの人が居たんだけど
以前はご夫婦2人だけだったけど、これだけの繁盛店になったら、2人で回すのは大変だよね(^_^;

なんてことを考えているところに、まず、スタッフの人からビールが出されて!
続けて、奥さまがバーナーで炙って作った「おつまみチャーシュー」も、奥さまから出された。


らぁ麺 紫陽花【参】-3らぁ麺 紫陽花【参】-4

そして、まずは、豚肩ロース肉の炙りレアチャーシューをいただくと
香ばしくて、肉のジューシーさを感じる美味しい一品で!

これをビールで流し込めば
至福の時

なお、厨房では、戸谷店主がラーメンを繰り返し作っていて
最後に糸を使ってパカッと2つ割りした味玉が載せられたて、完成した「特製醤油らぁ麺」が次々に出されていって!

その後、「濃厚辛つけ麺」なんかも作られたんだけど
驚かされたのが、この麺線がキレイに揃えられた、このつけ麺の麺の盛りつけ!

以前からも、戸谷店主の盛りつけはキレイだったけど、これは、『中華蕎麦 とみ田』並みの芸術的な盛りつけで!
思わず、忙しい店主に申し訳ないと思いつつ、そんな話しをしたところ


「『中華蕎麦 成る』さんができて、刺激を受けました。」と話していたけど
これは、また、「つけ麺」も食べに来ないといけないね♪

そうして、この「濃厚辛つけ麺」のつけ汁が、また、スゴくて
真っ赤な色したつけ汁から放つ、辛そうな香りがこちらまで漂ってきたので(汗)

「ジョロキアですか?」と言うと!
「いや、そこまでは(汗)」

「ハバネロです。」
「ハバネロに数種の唐辛子を自分でブレンドして作ってます。」


「でも、僕は、これでも辛くて食べられないですけどね…」などと話していたけど
こんなメニューもあったんだね。

そうして、その超辛そうなつけ麺を2つ作った後にラーメンが、また、2つ作られて
完成した「特製醤油らぁ麺」と「醤油らぁ麺」うち、デフォルトの「醤油らぁ麺」が私に、奥さまから供されたんだけど

最初の10人のお客さんの注文は「醤油らぁ麺」の注文が多くて、10人中6人!
そして、「特製」比率が高くて、私以外の5人が「特製醤油らぁ麺」だった!


その他は、「麻辣担々麺」、「特製醤油つけ麺」、「濃厚つけ麺」、「濃厚辛つけ麺」が、それぞれ1人ずつと言う具合だった…
それと、こちらは数量は確認はできなかったけど、「大盛り」が多く出ていたように思う。

これは、こちらの店では、麺の大盛り無料サービスが実施さらているから!
また、「特製」が多いのは、200円増しで、味玉とチャーシューが増量できて、お得感があるからだと思う。


閑話休題(笑)
なお、供されたデフォの「醤油らぁ麺」は、鶏ムネ肉豚肩ロース肉の2種類のレアチャーシューに太メンマ三つ葉が載るラーメン♪

らぁ麺 紫陽花【参】-5らぁ麺 紫陽花【参】-6

醤油が香るスープをいただくと
カエシには生揚げ醤油が使われているようで

らぁ麺 紫陽花【参】-7

生揚げ醤油らしい芳醇な香りとコクがあって!
醤油本来のもろみ、風味に深みを感じるカエシで♪


スープは、フレッシュな鶏のうま味と昆布のうま味!
そして、背黒といりこの煮干しのうま味が感じられて♪


さらに、前回、戸谷店主から、カエシに入れたと戸谷店主から教えてもらった鰹節のうま味も感じられて
バランスがよくて、最高に美味しいスープに仕上がっていた♪

前回もかなり美味しいスープだとは思ったけど
今回のスープは、また、格別で♪

もしかしたら、特別な地鶏でも使い始めたのかと思って
戸谷店主に尋ねると

「いや、前と何も変えていません。」と言うんだけど…
地鶏を使わずに、これだけのうま味のあるスープを作れるというのはスゴい!

改めて、このスープのクオリティの高さと
戸谷店主の技術の高さを思い知らされることになった。

そして、このコクとうま味いっぱいのスープに合わされた麺は、平打ちの中太ストレートの自家製麺で!
なめらかで、シルキーな口当たりの麺で!


らぁ麺 紫陽花【参】-8

プリモチ食感の加水率高めの麺は、しなやかなコシのある麺で!
のど越しのよさもあって♪


そして、小麦粉のうま味がよく感じられて!
さらに、スープともいい感じで絡んでくれて、美味しく食べさせてくれるのがいい♪


トッピングされた鶏ムネ肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていて!
塩加減もいい感じで、味わいもよかったし♪


らぁ麺 紫陽花【参】-9

豚肩ロース肉のレアチャーシュー
以前は、もう少しレア感があるといいと思っていたのに

今夜のものは、やりすぎない、ちょうどいいレア感に仕上げられていて!
肉のうま味が閉じ込められた絶品のレアチャーシューで♪


らぁ麺 紫陽花【参】-10

こんなに美味しく進化しているのを知っていたら
絶対にトッピングしてたんだけどね

太メンマは、外はコリッ、中はサクッ
大好きな食感のメンマでよかったし♪

らぁ麺 紫陽花【参】-11

三つ葉の風味も、この生揚げ醤油のカエシが使われたスープとよく合っていて、よかったと思うし♪
スープ、麺、トッピングされた具とも、すべてにクオリティの高いラーメンで!


さらに、2年4ヶ月前に比べて、味わいは美味しくブラッシュアップされていて
堪能させてもらいました。

もちろん最後は、スープの最後の一滴まで、惜しむようにして完食♪
ご馳走さまでした。


らぁ麺 紫陽花【参】-12

メニュー:らぁ麺(並盛:150g/大盛:210g)
醤油らぁ麺…730円/特製醤油らぁ麺…980円
麻辣担々麺(小辛・中辛・大辛・激辛)…800円/ミンチ増し
(担々麺のみ)…100円

つけ麺(並盛:200g/大盛:300g)
醤油つけ麺…780円
濃厚つけ麺…800円/特製濃厚つけ麺…1050円
濃厚辛つけ麺…850円


※麺類は終日大盛無料
つけ麺特盛(400g)…100円


トッピング
味玉…100円/メンマ…100円
チャーシュー
(豚と鶏の2種)…200円/特製トッピング(豚と鶏の2種チャーシュー+味玉)…250円

ごはん物
炙り肉飯…300円/本気のTKG…200円/白ごはん…100円
醤油らぁ麺炙り肉飯セット…930円


お子様らぁ麺…400円

らぁ麺 紫陽花



関連ランキング:ラーメン | 六番町駅



好み度:醤油らぁ麺star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年10月4日(水)

ラーメン哲史【六】-1

今夜、大阪・江坂のホテルにチェックインして、向かったのは『ラーメン哲史』!

こちらの店は、大阪・豊中市の小曽根に、昨年の8月2日にオープンした店で!
『麺哲支店 麺野郎』で店長を務めていた甲斐店主が独立開業した店!


今までに5回ほどお邪魔していて、こうして夜営業に伺うのは今日が3回目!
こちらの店は、昼営業に来ても、美味しい「醤油」ラーメンに、限定の「つけ麺」があるから、いいんだけど


夜に来て、お任せの「盛り合わせ」をアテに緑便のビールをいただいて!
〆に特別な「つけ麺」を食べるのが醍醐味♪


なので、大阪泊まりの際には、今夜も含めて、ここ3回ほど連続しての訪問になるんだけど
ただ、難なのは、何処の駅からも遠いこと

最寄り駅の阪急宝塚線の庄内駅から徒歩16分。
地下鉄御堂筋線の江坂駅から徒歩19分と、結構な距離を歩く必要があるので
(汗)

そうして、今夜もホテルから延々と歩いて、ようやく、やって来ることができたんだけど(汗)
でも、そうしてまでも、この店には、ここに来たいと思わせるものがあるので♪

そして、もうすぐ、夜の8時になる時間に入店すると
今夜は、カウンター席に、お客さんが2人座っているだけ

前回は、ほぼ満席で、テーブル席が2席空いているだけだったのに
曜日や時間帯によって、バラツキがあるのかな

甲斐店主といつものスタッフの人に挨拶して!
ネタケースの前にある席が空いていたので、そちらの席へとついて


甲斐店主に
「盛り合わせと緑瓶のビールをお願いします。」と言って注文を入れると…

「今日はいい合鴨が入りましたので、つけ麺に入れずに、盛り合わせでお出ししようと思うのですが…」と聞かれて…
願ってもないことなので、喜んでお願いしたんだけど

前回も、鴨はあったものの、つけ麺の具として使われて
アテに出されたのは、〆鯖、ヒラメの昆布締めといった鮮魚中心だった。

ラーメン哲史【四】-4ラーメン哲史【四】-6

〆鯖もヒラメの昆布締めも好きだし♪
特に〆鯖が、所謂、関西の酸っぱい「きずし」じゃない、浅じめの「〆鯖」だったのもよかったし!


そして、鴨肉がつけ汁に入れられたことで、鴨のエキスがつけ汁に移って!
めっちゃ美味しいつけ麺だったので♪


ラーメン哲史【四】-10

それはそれでよかったけど
できれば、鴨はレアな叩きでいただきたかったので♪

そうして、まず、スタッフの人からハートランドビールが出されて!
そして、少し遅れて、甲斐店主により作られた「盛り合わせ」も供されて♪


ラーメン哲史【六】-2
ラーメン哲史【六】-3ラーメン哲史【六】-4

甲斐店主から「盛り合わせ」の内容について説明があった。
それによると、写真左上から左回りに、合鴨ムネ肉のニンニク醤油漬け合鴨モモ肉の「あらぎりわさび」載せ鶏の焼き霜豚足の煮凝り秋仕立て搾菜(ザーサイ)の漬物ということで!


今回は、お肉ばかりの盛り合わせだったけど!
どれもが好きなものばかり♪


まず、合鴨ムネ肉のニンニク醤油漬けをいただくと
やわらかくて、しっとりとした食感なのがよくて♪

それに、このニンニク醤油の味わいがたまらなくよくて
最高に美味しい♪

ラーメン哲史【六】-5

次に、合鴨モモ肉の「あらぎりわさび」載せをいただくと
こちらは、ものスゴく歯応えがあって、顎が疲れるほどだったけど(汗)

でも、嚙む度にジュワッとうま味が滲み出てくる絶品の叩きで♪
そして、「あらぎりわさび」のシャキシャキとした食感と辛味がとてもよかったし!


ちなみに、この「あらぎりわさび」とは、山葵の葉と茎をあらぎりにし、ほんのりとだし醤油で味付けられた山葵の加工品で
本わさびだけではなく、西洋わさび(ホースラディッシュ)が使われていて

西洋わさびのツーンとくる刺激が強いのがよくて!
これ、魚に使うよりも肉に合うんだよね♪


さらに、鶏の焼き霜も、いつも通りの鶏肉のうま味がよく感じられる美味しい逸品だったし♪
今は、鶏ムネ肉のレアチャーシューをラーメンのトッピングに出す店が多くなっているけど


何処の店に行っても同じなので
こんな風に鶏を叩きにしたり、焼き霜作りにして出してくれる店が増えるといいんだけどね。

豚足の煮凝り秋仕立ては、夏に、こちらの店でいただいた「哲史の冷やし」に具として入っていたもので!
「涼拌猪蹄凍(リャンバンズーティードン)」という中国料理の前菜で


冷やされてヒンヤリとしていて
プルンプルンの食感がとてもいい♪

ただ、「秋仕立て」って
何かなと思ったら

煮凝りの中に入るコーンを枝豆に変えただけのものだったんだけど(笑)
コーンの食感もいいけど、枝豆の豆の食感もいいよね♪

それに、搾菜の漬物は浅漬けのもので!
独特の塩気とコリコリとした食感なのがよくて!


そして、酸味と風味もいい感じで!
いい箸休めになる。


そして、美味しいアテのおかげでビールが進んで!
お替わり!


そして、「盛り合わせ」も美味しすぎて、ペロッと食べてしまって
お替わり!

すると
「何にしましょうか?」と甲斐店主に聞かれて

ネタケースの中には、甘鯛イタヤ貝などの魚もあったけど
やっぱり食べたいのは鴨(屮°□°)屮

というわけで、鴨をリクエストすると
鴨だけを盛り合わせて出してくれた。

ラーメン哲史【六】-6ラーメン哲史【六】-7

これは嬉しい♪
ありがとうございます。


というわけで、この合鴨ムネ肉のニンニク醤油漬け合鴨モモ肉の「あらぎりわさび」載せの合い盛りをいただいたところで、〆のラーメンはどうするか!?
甲斐店主に聞いてみると

「今夜は、金目鯛の塩つけ麺のご用意があります。」というので!
もちろん、それをお願いすると

ラーメン哲史【六】-8

「麺は何gにしましょう?」というので…
迷いなく300gで注文!

そうして、完成した「金目鯛と若鶏つくねの塩つけ麺」が甲斐店主から供されて
「金目鯛をこの柚子塩につけてお召し上がりください。」という言葉とともに別皿に入った柚子塩も出された。

ラーメン哲史【六】-9ラーメン哲史【六】-10ラーメン哲史【六】-11

つけ汁の中に、皮付きの金目鯛若鶏つくね
豚ロース肉のチャーシュー、メンマ、九条ネギが入る一品!

麺線がキレイに揃えて盛りつけられた麺を見るだけで、この麺、絶対に美味しいに決まっているよねと思える麺をいただこうと思って、手が止まった。
先月いただいた麺に比べて、明らかに麺が太い!


先月のものは切刃16番!
今夜のものは14番に見えたので


そこで、そんな感想を甲斐店主に話すと
「つけ麺の麺は、14番を使ってます。」

「しかし、麺の太さが違って見える。」
「それは、その通りで、気温や湿度の違いで、同じ切刃で麺帯を切っても、麺の太さは違ってきます。」


「前回は、まだ、暑くて湿度も高かったので、細く出たんだと思います。」と教えてくれたんだけど…
勉強になった。

閑話休題
まずは、艶やかに輝く平打ち気味の太ストレートの麺を、つけ汁にはつけずに、そのまま、いただくと

オーストラリア産小麦粉のプライムハードを使用して
真空ミキサーにかけられて製麺された麺は

なめらかで、モチモチとした食感の多加水麺で!
しなやかなコシがあって!


のど越しのいい麺で!
それに、小麦粉のうま味がよく感じられるのも前回といっしょ♪


麺にこだわりを持つ「麺哲」グループ出身だけあって!
甲斐店主の打つ麺は味、食感とも最高♪


特に、こうして、つけ麺でいただくと
麺の美味しさとクオリティの高さがよくわかる♪

そして、次に麺をつけ汁に潜らせていただいてみると
つけ汁のベースとなるスープは、「醤油」ラーメンと同じ鶏清湯スープで!

鶏のうま味いっぱいのつけ汁で♪
今日のスープからは、昆布出汁のうま味が前回に増して、より強く感じられて!


それに、金目鯛のうま味も出ていて!
そして、塩ダレが、とても円やかで


この味わい
めちゃめちゃ美味しいじゃないですか♪

前回、こちらの店で初めて「つけ麺」をいただいて
鶏出汁と鴨出汁がよく出た薄口醤油味のつけ麺で!

かなり美味しい味わいの逸品だったけど
この味わいは、それ以上かも♪

具に使われた金目鯛は、‪そのまま食べても、美味しかったけど!
別皿の柚子塩につけていただくと、さらに美味しくいただけたし♪‬


ラーメン哲史【六】-12

若鶏のつくね豚ロース肉のチャーシューも文句のつけようのない美味しさだったし♪
そうして、最後は、甲斐店主に作ってもらったスープ割りを美味しく飲み干して完食♪


ラーメン哲史【六】-13

今夜も、前菜からメインまで、どれもが最高の逸品で!
堪能させてもらいました。


また、大阪泊まりのときに寄らせてもらいます♪
ご馳走さまでした。


ラーメン哲史【六】-14

メニュー:平日 昼のおしながき

ラーメン
醤油…700円/醤油ワンタン…900円/肉醤油…1000円/肉醤油ワンタン…1200円

鶏の焼霜…麺類+200円
替え玉(替え玉は細麺になります)…100円

つけ麺
親鳥叩きと若鶏つくねの醤油つけ麺
200g…800円/300g~…900円

白ご飯…200円/どんぶり(内容はお任せのみ)…500円/イベリコ豚ハラミ丼…400円


若鶏の唐揚げ(並)…300円

【限定麺】
シマチョウ中華そば(大)・・・1000円
ホンビノス貝塩つけ麺(麺500gまで)…1000円



夜のおしながき

ラーメン
醤油…700円/醤油ワンタン…900円/肉醤油…1000円/肉醤油ワンタン…1200円

鶏の焼霜…麺類+200円
替え玉(替え玉は細麺になります)…100円

芝麻辣まぜ麺(小ご飯も付けられます。替え玉はできません)…900円

白ご飯…200円/どんぶり(内容はお任せのみ)…500円/イベリコ豚ハラミ丼…400円


若鶏の唐揚げ(並)…300円/(大)…500円
揚げワンタン…300円

【限定麺】
シマチョウ中華そば(大)・・・1000円
ホンビノス貝塩つけ麺(麺500gまで)…1000円
金目鯛と若鶏つくねの塩つけ麺(麺500gまで)…1200円


ラーメン哲史



関連ランキング:ラーメン | 庄内駅



好み度:金目鯛と若鶏つくねの塩つけ麺star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年10月4日(水)

Ramen うらつじ-1

本日のランチは、大阪の裏谷四と呼ばれるエリアに、昨年の6月29日にオープンした『Ramen 辻』が、月曜のみ暖簾を掛け替えて営業する『Ramen うらつじ』へ!

こちらの店は、ラーメン王・石神秀幸さんが校長を務める、千葉県八千代市にある、「食の道場」出身で!
麺にこだわりのある大阪の某有名ラーメン店系列の店数店で修業経験を持つ辻店主が開業した店!


普段は、鶏と豚骨の白湯をバーミックスで泡立てた、クリーミーなスープの白湯スープのラーメンを出す店として営業。
しかし、今年の4月23日から、月曜日だけは、週に1度、清湯スープの「ボンゴレ塩」に「ボンゴレ醤油」ラーメンが食べられる二毛作営業を始めた!


そこで、月曜日に大阪に来る機会があったら、食べてみよう♪
と思っていたくせ、なかなか月曜日に大阪に来る機会がないまま、5ヶ月以上が経過してしまった
(汗)

そこに、嬉しいお知らせ♪
一昨日のTwitterで、辻店主が、10月4日の水曜日は『Ramen うらつじ』として特別営業するとツイートしていて!


ちょうど、その日は、大阪出張する予定を組んでいたので!
その日、大阪入りして、午前中の仕事を済ませて


店の前まで、11時55分にやってくると
入口に掛かる暖簾がいつもの白からに変わっていて、「Ramen 辻」のロゴの後に、「うらつじ」と平仮名の表記があった

Ramen うらつじ-3
Ramen うらつじ-2

なお、店の外には並びは無く
ここら辺はオフィス街で、お昼休みに入る12時前に、来れたのがよかったのかなと思いながら、店の入口の扉を開けると

店内は満席!
そして、カウンター席で食べているお客さんの後ろに立って、お客さんがずらっと並んで店内待ちしていたんだけど


これは、ちょっと、いただけなかったかな(汗)
こうして、後ろに立たれて、至近距離で、食事しているのを見られると

後ろからの視線を感じて
「早く、食えよ(怒)」と言われているようで、落ち着いて食事できないし(>_<)

暑い中、外で待たせたら申し訳ないと思って、そうしているのかもしれないけど
これだけは、やめていただきたいな

そうして、中で待つのが嫌だったので、外で待とうとすると
女性スタッフから、中で待つように言われて、渋々、入店

メニューを渡されて、注文を聞かれたので
「つけ麺で!」とオーダーを入れると

「つけ麺は、夜営業なんですけど…」と言われたんだけど
渡されたメニューは、「つけ麺」に限らず、ラーメンも夜限定になっているんですけど(●`ε´●)

Ramen うらつじ-4

そこで、「ボンゴレ肉塩」にして
選べるチャーシューは「A」の豚ロース肉のレアチャーシューのみのトッピングをオーダーして待つ!

そうして、席が空いて、さらに、少し待つうちに
辻店主のワンオペによって作られた「ボンゴレ肉塩」の「A」が、食べ終わった貝殻を入れる小皿とともに供された。

Ramen うらつじ-5

ホンビノス貝鶏ムネ肉のレアチャーシュー、トッピングした豚肩ロース肉のレアチャーシュー
大根のさくら漬け九条ネギ鷹の爪の輪切りが載せられた美しいビジュアルのラーメン♪


Ramen うらつじ-6Ramen うらつじ-7

まずは、スープをいただくと
ホンビノス貝の味にニンニクの風味と鷹の爪の辛味がミックスされたこの味は、まさに、ボンゴレビアンコ!

スープは、ホンビノス貝だけ!
鶏も使っているのかな
!?

後で辻店主に確かめたところ
「最初は鶏も使っていましたけど、今は、ホンビノスと昆布だけです。」と話していたけど

ガーリックオイルの風味が強くて、出汁のうま味が、よくわからない
もっとも、このスープは、スープの出汁のうま味をストレートに味わってもらおうというものではない、変化球のスープなので!

貝はアサリでもホンビノスでもいいし
昆布も鶏も、あってもなくても、あまり変わらない気がした

麺は、「麺屋 棣鄂」の平打ちの中太ストレート麺が合わせられていて!
なめらかな食感の麺で!


Ramen うらつじ-8

しなやかなコシも感じられて!
スープとも適度に絡んでくれて、スープとは合っていると思う。


トッピングした豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりとした生ハムのような食感のもので!
塩加減の塩梅もよくて、美味しくいただけた♪


鶏ムネ肉のレアチャーシューは、やわらかくて、サッパリとした味わいのもので!
こちらも、ちょうどいい塩加減に仕上げられていたし!


Ramen うらつじ-9

ニンニク風味のピリ辛味のスープと合わせていただくと、とても美味しく感じられて
このスープに限っては、豚肩ロース肉のレアチャーシューよりも、この鶏ムネ肉のレアチャーシューの方が合っている♪

ホンノビス貝は、味は抜けていたけど、飾り付けにはよかったし!
プリプリした弾力のある食感もよかった。


Ramen うらつじ-10

大根のさくら漬けは、普通の塩清湯スープのラーメンだったら、その梅の風味が生きてくるかもしれないけど!
このオイリーなガーリックオイルのスープでは、特に不要だったかな


九条ネギの風味も生かされてなかったし
ここまでイタリアンなスープにするんだったら、バジリコを入れた方がいいんじゃないのかな

総じて、この一杯は、ラーメンというよりは、ボンゴレビアンコのスープパスタって感じで!
限定でやるのはいいけど、これがデフォというのは


ただ、これは、私が、キチンと出汁を引いたスープのラーメンが好みだからで
お客さんもいっぱい入って、後ろにずらっと並んで待っていたし!

カレーラーメンといっしょで、単純に美味しかったから、これはこれでいいとは思うけどね♪
ただ、今後、こちらの店に訪問するのは、『Ramen 辻』の夜営業限定かな


やっぱり、こうして、後ろから睥睨されるのが嫌なので
ご馳走さまでした。

Ramen うらつじ-11

メニュー:ラーメン&つけ麺(夜限定)

ボンゴレ…750円/ボンゴレ肉塩(肉増し塩)…1000円
(チャーシュー…鶏胸肉、脂…ガーリックオイル使用)

ボンゴレ醤油…750円/ボンゴレ肉醤油(肉増し醤油)…1000円
醤油(チャーシュー…豚肩ロース、脂…鶏油使用)

〇肉増し…250円
A.豚肩ロース(低温調理)のみ
B.鶏胸肉(低温調理)のみ
C.A&Bを半分ずつ


替え玉(細麺のみ)1玉130g…100円

(夜限定)ボンゴレ塩つけ麺
麺200g…800円/麺300g…900円/麺400g…1000円

トッピング
半熟煮玉子…100円

ご飯もの
白ご飯…100円/玉子かけご飯…150円


ラーメン・ウラツジ



関連ランキング:ラーメン | 谷町四丁目駅天満橋駅谷町六丁目駅



好み度:ボンゴレ肉塩star_s35.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m