FC2ブログ
訪問日:2018年10月24日(水)

【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-1

本日のランチは埼玉県の狭山ヶ丘に昨日の10月23日にオープンした新店の『自家製手もみ麺 』へ!

東京・東長崎の『KaneKitchen Noodles(カネキッチン ヌードル)』の金田店主が、Twitterでオープン告知のツイートをしていて知った店!

こちらの店は、金田店主同様、『六厘舎』出身の鈴木店主が開業した店!
昨日は、オープン初日から張り切って、4種類のラーメンを用意!


しかし、ラーメンデータベースにすでに4つも上がっているレビューを見ていると
「特製ラーメン」を注文したのにワンタンが入ってなかっただとか

メンマをトッピングするのを忘れられていたとか
「特製ラーメン」を注文したのに、ワンタンが切れてしまって、代わりに海苔になってしまったとか

そんなレビューばかりで(笑)
初日でテンパってて、オペレーションもグタグタたんだったんだろうなというのが伝わってきて、逆に、好感が持てたし(笑)

ツイ友の、信頼できる舌を持つ銀あんどプーさんのラーメンデータベースのレビューによれば
「スープやトピに少し気になる点はありましたが、初日ですし、今後に期待したいですね」ということだったけど

初日のこの状況では、果たして、どれだけの力を発揮できたのかもわからないので
昨日よりは、だいぶ、落ち着いてるだろうと思われるオープン2日目に訪問。

池袋から西武池袋線の急行に乗車して練馬で、東京メトロ副都心線経由で練馬で西武池袋線に接続する快速特急のFライナーに乗り換えて、小手指駅へ!
小手指駅からは、接続する各駅に乗り換えて店の最寄り駅になる狭山ヶ丘駅までやってきたのは11時16分。

池袋から急行の後に出発する特急に乗れば、乗り換えなく狭山ヶ丘駅まで行けるのはわかっていたけど
そうすると、狭山ヶ丘駅に到着するのは6分遅れの11時22分

開店直前にやってくるお客さんも多いはずなので、あえて、2回乗り換えをしても、少し早く電車を選択して、駅西口から程近い店の前までやって来ると
4人のお客さんが待っていた。

5番目に並ぶと、さらに後ろに1人が並んで
そして、6分後には、ゾロゾロとお客さんがやって来て13人の行列になったので、やはり、早く来てよかった♪

店頭には、たくさんの開店祝いの花が咲き誇っていて!
ラーメン店関係では、気がついたところで、やはり『六厘舎』出身の埼玉県・三郷にある『つけめん さなだ』に『「KaneKitchen Noodles』からのお祝いの花が!


【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-2【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-3

そして、定刻の11時30分を迎えると、鈴木店主が出てきて、開店♪
先頭のお客さんから順番に入店していって、まず、券売機で食券を買って、席へとついていく。


私の番になって、券売機の前に立つと
「煮干しラーメン」のボタンに×マークが点灯していて、ちょっとガッカリ

昨日のオープン日には、この「煮干しラーメン」と「まぜそば」が各10食限定で販売されていて
5番目だから確保できたと思っていたのに

ただ、『らぁめん 生姜は文化。』のときのように、昨日売り切れて、そのまま直してなかったということがあるかもしれないと思って!
鈴木店主に


「今日は煮干しは販売していないのですか?」とダメ元で聞いてみると
「すいません、今日はないんですよ…」と、申し訳なさそうに言っていたので

そこで、まずは「醤油ラーメン」に「ワンタン(2個)」!
昨日、銀あんどプーさんが食べていたメニューと同じものにして、食券を購入!


【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-5

「煮干しそば」があれば、店内連食するつもりだったけど、なかったので
「塩ラーメン」にするか!?

でも、「塩ラーメン」も「醤油ラーメン」もスープは同じだろうから
ただ、ここで、限定10食とはいえ、「まぜそば」の選択はないよな

なんて、悩んでいると、後ろのお客さんからの刺すような視線を感じて(汗)
目についた「ねこまんま」というサイドメニューのボタンを押して席へ!

そうして、食券をカウンターの上に上げると…
すぐに、キュートな店主の奥さまが食券を回収にきて

「無料で麺大盛りにできますけど、大盛りにされます?」と聞かれて…
おそらく、昨日の銀あんどプーさんも、こう言われて「大盛り」にしたんだろうなと思いながら(笑)

「いや、並盛りで結構です。」とお答えして…
注文決定!

ちなみに、私の後ろのラーメンの同業者と思われる方も「大盛り」!
それどころか、前のお客さんも、女性のお客さん以外は、全員が「大盛り」にしていたけど


ふと、思ったのは
「もう少し出汁感が欲しかったかと」という銀あんどプーさんのラーメンデータベースへのコメント!

これ、もしかすると、「大盛り」にしたのが原因じゃないのかな!?
というのも、ラーメン店では、「並盛り」で、スープと麺のバランスをとって、ベストな状態で仕上げているのが普通だと思われるので

厨房では、奥さまが計量した麺を店主が手もみしているところで
グッ、グッと体重を掛けるようにして押して、麺に縮れをつけると

【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-6【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-7

スープを寸胴から雪平鍋に移して、ガス台の火に掛けていく
次に、ラーメン丼を3つ取り出して、塩ダレと思われる液体と香味油をラーメン丼にレードルで計って入れると

手もみした麺を3基のテボに入れていって
すぐに、タイマーをセット!

さらに、大きな肉塊のチャーシューを取り出してきて、包丁で器用にカットしていった。
それが終わると、ラーメン丼に温まったスープを注いで


セットしてから3分で鳴り出したタイマーを止めて!
テボで茹でた麺を平笊に入れ替えて、しっかりと湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼の中に!


【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-8

最後に具がトッピングされると
完成した「特製塩ラーメン」と「味玉塩ラーメン」がまず、出されて!

少し遅れて、「まぜそば」も出された。
しかし、また、ここでミス発覚!


ポールのお客さんから
「特製注文していません。」

すると、食券を見直して、間違いに気づくと
「すいません、サービスでお召し上がりください。」

なんて言ってたけど
今日も不安なスタート(-"-;A ...アセアセ

そうして、次にまた、奥さまによって計量された麺が店主によって手もみされて
ラーメン丼が3つ出されて、先ほどと同じルーテイーンでラーメンが作られて

最後に茹で上がったワンタンが、これもテボに移して湯切りされると
3個作りされた「醤油ラーメン」の1つに入れられて

【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-9

そのワンタンがトッピングされた「醤油ラーメン」が5番目の私には、順番通り、今回、2番目に出されて
その寸前に、本当、めっちゃキュートな奥さまから、ご飯1面を鰹節が覆う「ねこまんま」も出された♪

【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-10

豚バラ肉のローストチャーシュー鶏ムネ肉レアチャーシューと追加トッピングしたワンタン2個、メンマ青ネギ、海苔が盛りつけられた
ネオクラシックな醤油ラーメンといった感じの「醤油ラーメン」の「ワンタン」トッピング♪

【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-11【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-12

まずは、醤油が香り♪
鶏油が煌めくスープをいただくと


【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-13

流行りの「水と鶏」で作ったスープではなく
乾物を使って、バランスよく仕上げた鶏清湯魚介スープだった。

まず、感じられるのが鶏出汁のうま味♪
それも、力強くて、やや、ワイルドなこの鶏出汁の味わいは


名古屋コーチンかシャモ系か!?
店主に確かめていないからわからないけど、良質な鶏が使われているのは間違いない。

そして、スープに厚みがあったので
動物系は、ゲンコツに背ガラといった豚骨も使用していると思われる。

そして、このスープがよかったのは、乾物のうま味を入れているところで♪
昆布のうま味に椎茸のうま味


さらに、鰹節、鯖節、煮干しなどの魚介出汁のうま味も感じられて!
とてもバランスよく仕上がっていて、最高に美味しい♪


失礼ながら、ここまで美味しいスープだとは思っていなかった。
このバランス感は新人離れしているし


このスープは並の新人では作れない
どこか、亡くなった『支那そばや』の佐野さんのスープを彷彿とさせるような

『六厘舎』出身の店主が、これだけの鶏清湯魚介スープを作れるとは考えにくいし
どこで腕を磨いたのだろうか!?

そして、この絶品の味わいのスープに合わせられた麺は、店の外からも見えるガラス張りの製麺室で店主が打つ自家製麺で!
自動車一台分の価格はする大和製作所の製麺機を使って製麺した切刃14番と思われる平打ちの太ストレートの麺を鈴木店主が手もみして仕上げた麺で!


【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-15

3分間茹でられた麺は、全体的には、プリップリでモッチモチの食感の麺で!
しかし、全体重を掛けて、もまれた麺は、潰れて、ビロビロの平打ちになっていたり


反対に細くなっていたりして、ピロピロとした食感に感じたり
ムチッとした、やや、カタめの食感にも感じられて、微妙に食感が違うのが、とても面白かったし♪

【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-14

それに、この北海道産小麦粉の「春のいぶき <春よ恋100%使用>」と地元埼玉県産小麦粉の「ハナマンテンブレンド」で作られた麺は、小麦粉のうま味も甘みも感じられる麺で、よかったし♪
それに、不規則に付けられた縮れが、極上の美味しさのスープを拾ってきてくれて、スープとの絡みもバツグン♪


【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-16

さらに、豚バラ肉のローストチャーシューは、余分な脂が落とされたもので…
肉のジューシーさを感じられる美味しいチャーシューだったし♪

【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-18

ハーブが香る鶏ムネ肉のレアチャーシューも香り高くて!
しっとりとした食感に仕上げられているのもよかったし


生姜風味のワンタンも好みの味わいのもので!
これが2個100円でトッピングできるのは、めっちゃ嬉しい♪


【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-17

メンマもシナコリの食感のもので、食感が、とても、よかったし!
サイドメニューの「ねこまんま」は、最初は醤油をかけて、いただいて!


【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-19

次に、残しておいたスープをかけて「鰹雑炊」にして完食!
美味しかった♪


【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-20

これは、早くも来年のTRY新人賞醤油部門1位!?
もしかすると新人大賞も狙えるんじゃないか!?

期待の新店が、ここ埼玉県の狭山ヶ丘に誕生した。
近くの方は


いや、遠くの方でも
淡麗な醤油ラーメンがお好きな方には超おすすめ♪

次は、「塩ラーメン」か「煮干しラーメン」か!?
何れにしても再訪は確実(^_-)

開店おめでとうございます。
ご馳走さまでした。


【新店】自家製手もみ麺 鈴ノ木-21

メニュー:醤油ラーメン…780円/味玉醤油ラーメン…880円/ワンタン醤油ラーメン…980円/特製醤油ラーメン…1080円
塩ラーメン…780円/味玉塩ラーメン…880円/ワンタン塩ラーメン…980円/特製塩ラーメン…1080円

まぜそば…800円/煮干ラーメン…800円
皿ワンタン…350円/ワンタンスープ…500円

〈トッピング〉
味玉…100円/メンマ…100円/のり…100円/ねぎ…100円/ワンタン(2個)…100円/チャーシュー…300円

〈ごはん〉
ご飯…150円/ねこまんま…200円/卵かけご飯…250円/チャーシューご飯…350円


自家製手もみ麺 鈴ノ木ラーメン / 狭山ケ丘駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:醤油ラーメン+ワンタンstar_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年9月12日(水)

【新店】麺処 かつ善-1【新店】麺処 かつ善-2

本日のランチは、埼玉県川越市の鯨井という場所に9月8日にオープンした新店の『麺処 かつ善』へ!

こちらの店は、30年以上、この地で営業してきた『かつ善』という老舗のとんかつ店だった店の跡地に入った店
『かつ善』は、今年の1月に2代目店主が他界されて、長い歴史に幕を下ろした

そうして、ここにラーメン店をオープンしたのは、実は、こちら『かつ善』のお亡くなりになられた店主の実弟!
お母さまもお一人になられてしまったことから、実家の元とんかつ店へと戻ってきて、ラーメン店として新たなスタートを切った。


そして、その人物とは
板橋区役所前で7月20日に、静かに店を閉店させていた『麺処 善龍』の関川店主!

彼は、『麺処 ほん田』の系列店で修業経験があって、正式に『麺処 ほん田』出身は名乗れないものの
『麺処 ほん田』の本田店主からは、『麺処 善龍』のオープンのときも、こちら『麺処 かつ善』のオープンのときも、大きなお祝いの花が贈られている人!

『麺処 善龍』時代は、『麺処 ほん田』や、その系列店のラーメンを彷彿とさせるような一杯が提供されて!
お客さんもたくさん入っていて、順風満帆だと思っていたのに


こちらの店が好きで、ちょくちょく通っていた方から閉店したとの知らせを受けて
何があったか知らないけど、また、復活して欲しいと思っていたところ

今日、たまたま、2002年TVチャンピオン(テレ東系)第8回ラーメン王選手権・準優勝の矢守さんのブログにこんな記事を見つけて

【9月中旬オープン予定】善龍の善はかつ善の善

見に行ってみると
『麺処 善龍』閉店の理由に、『麺処 かつ善』が9月中旬オープン予定という情報が書かれていたので

すぐにスマホでググってみたところ
4日前の9月8日に、すでにオープンしていることがわかった

そして、その情報を知ったのが池袋だったので!
すぐに東武東上線の急行に飛び乗って、最寄り駅の霞ヶ関駅まで!


そうして、店まで徒歩で向かったんだけど
店までが遠い(汗)

徒歩21分
何処かの駅からか、バス便があれば、それを利用しようと思ったのに

それもなく
駅前にタクシー乗り場もなかったので

それでも、今日の川越市の気温は最高気温25℃。
最低気温は18℃で、秋のような涼しい風が吹いて、過ごしやすい日だったからよかったけど


これが、つい先日までの35℃オーバーなんて日だったら
店に到着する前に力尽きていたかも(汗)

そうして、ようやく、店の看板が見えてきたんだけど
店は、結構、広くて、広めの駐車場もあるのに、すでに車でいっぱい!

【新店】麺処 かつ善-3【新店】麺処 かつ善-4

ちょうど12時になった時刻に到着すると
駐車場に停めきれない車が脇道にも停めてあって

店頭では、カップルのお客さんが外待ちしていたので
その後ろに付いて待っていると

キレイなスタッフのお姉さんが出てきて!
「お一人ですか!?」と聞かれて


そうですと答えると
先客のカップルのお客さんに向かって

「カウンター席が1席だけ空いているので、先に通してもいいですか!?」
「テーブル席も、もうすぐ空きますので…」
と話してくれて…

カップルのお客さんも了承してくれて、先に入店することができた♪
和風の引戸を開けて入ると、すぐ右手の壁際に大型の券売機が設置されていて


情報では、「秋刀魚つけそば」と「塩そば」にメニューを絞っての営業ということだったけど…
今日は、「とんこつ魚介のつけそば」、「鯛白湯つけそば」、「鯛白湯ラーメン」、「淡麗 醤油そば」、「淡麗 塩そば」というラインナップに増えていて

【新店】麺処 かつ善-6

後から聞いた関川店主の話では、「鯛白湯つけそば」と「鯛白湯ラーメン」は、今日から発売されたということだったけど
迷わず押したボタンは「鯛白湯」

そして、券売機の横にいたスタッフのお姉さんに食券を渡しながら
「鯛白湯つけそばで!」と口頭で注文を告げると

「中盛に無料でできますけど、中盛にされますか!?」と聞かれて…
思わず、頷いてしまった(汗)

そうして、店の奥にあるオープンキッチンの厨房の前に一直線に10席並んだカウンター席の一番左の
1席のみ空いていた席へとついて、つけそばができるのを待つ。

なお、席は、このカウンター席の他に、4人掛けのテーブルが3卓!
さらに、広い小上がりがいうつかあって!


全部の席を解放すれば、ゆうに30人は入れる店。
ただ、小上がりは襖が閉じられて、使われていていなかった。


厨房には関川店主と、もう一人、男性スタッフの人が入っていて
2人体制でラーメン作りをしている。

【新店】麺処 かつ善-7

そうして、スタッフの女子から注文が告げられると
さっそく、つけそば作りに入る関川店主!

「村上朝日製麺所」の木箱から麺を取り出して、計量器で麺の量を計量して
麺を四角い大きなテボに入れて茹で始める

【新店】麺処 かつ善-8

それから8分が経過して、タイマーが鳴ると、テボを引き上げて、冷水の中へ
そうして、まず、完成した麺とトッピングが載せられた丼が先に着丼して!

レンジで熱々に熱されたつけ汁が
「スゴく熱いので、お気をつけください。」という関川店主の言葉とともに供された。

麺の上に、豚肩ロース肉のレアチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシューメンマ小松菜糸唐辛子玉が載せられて
つけ汁の中には、のカットチャーシューに刻みネギが入る「鯛白湯つけ麺」!

【新店】麺処 かつ善-9【新店】麺処 かつ善-10【新店】麺処 かつ善-11

なお、味玉は
「遠いところを来てくださった上に、駅から20分以上歩くのに、来てくださったお礼です。」と言うことだったので、ありがたく頂戴することにした。

そうして、まずは、麺の表面に粒々模様があることからもわかるように、全粒粉が配合された、切刃12番と思われる極太の麺を、そのまま、つけ汁にはつけずにいただくと
まず、小麦粉が香る麺なのがいい♪

【新店】麺処 かつ善-12

そして、麺の芯まで、よく茹で上げられた麺は、なめらかで、モチモチとした食感の讃岐うどんを食べているかのような食感の麺で!
コシがあって!


なかなか、いい感じだね!
この「村上朝日製麺所」の多加水麺の食感!


そこで、そんな感想を関川店主に話すと
「プロパンガスのおかげです♪」なんて答えが返ってきて

「前は都市ガスで、こちらに来たらプロパンで…」
「しかし、プロパンにしたら、ふっくらと茹で上がるようになって、食感がよくなりました♪」


なんて話していたけど
プロパンガスは火力が強いから、やや、やわらかめで、ふっくらとした食感に茹で上がるんだろうね

次に、麺を、つけ汁につけていただくと
粘度のない

あまり濃厚さは感じられないスープで
「これ、モミジ使ってるの?」と聞くと…

「初めは使ってたんですけど、スープが濁っちゃって…」
「あまり、スープを濁らせたくなかったので○○使いました。」
と教えてくれたけど…

このアイデアはいい!
その方が鯛の風味が強く感じられていい♪


そして、関川店主からは、さらに
「今日は、鯛白湯スープのできがいいです♪」と自信を覗かせていたけど

鮮魚の真鯛の臭みもなく、上手く、うま味だけを抽出したスープで!
これは、濃厚さよりもうま味重視で作ったスープだね♪


そして、豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上がっていて!
肉のうま味も感じられる美味しいレアチャーシューだったし♪


【新店】麺処 かつ善-13

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、意外にカタめで!?
でも、食感は悪くない!

サービスで付けてもらった味玉は、黄身の半熟加減が、緩くもカタくもなく、ちょうど、いい感じに仕上がっていて!
白身まで、しっかり味の滲みた美味しい味玉でよかったし♪


【新店】麺処 かつ善-14

そうして、最後にスープ割りをお願いすると
「お預りしますね♪」と言って、もう一人いたキレイなお姉さんがつけ汁を持っていくと

電気ポットから割りスープを注いで
作ってくれたスープ割りで!

【新店】麺処 かつ善-15

そして、これが、元々の鯛風味に加えて、割りスープに入った昆布に煮干し、鯖節などの風味が加わったもので!
最後まで美味しく完食♪


関川店主の、今ではない、昔の『麺処 ほん田』を感じさせる「淡麗 塩そば」は、とても美味しいし鶏清湯魚介の塩ラーメンだし!
この醤油バージョンは未食だし!


券売機の下の方には、いろいろなメニューが書かれたボタンがあって!
その中には、食べてみたい「鴨そば」なんてのもあったし♪


また、しばらくしたら、お邪魔するつもり♪
ご馳走さまでした。


【新店】麺処 かつ善-16【新店】麺処 かつ善-17【新店】麺処 かつ善-18【新店】麺処 かつ善-19

メニュー:つけそば…800円/味玉つけそば…900円/全部入りつけそば…1000円/チャーシューつけそば…1080円

鯛白湯…820円

淡麗 醤油そば…750円/淡麗 味玉醤油そば…850円/淡麗 全部入り醤油そば…950円/淡麗 チャーシュー醤油そば…1030円
淡麗 塩そば…750円/淡麗 味玉塩そば…850円/淡麗 全部入り塩そば…950円/淡麗 チャーシュー塩そば…1030円

中盛…50円/大盛…150円/特盛…250円

味玉…100円/チャーシュー盛合せ…350円/ネギ…100円/…円/…円
半ライス…100円/レアチャーシュー丼…200円/玉子かけご飯…200円


麺処 かつ善ラーメン / 霞ケ関駅西川越駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:鯛白湯つけそばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年8月12日(日)

HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-1

本日のランチは埼玉県八潮市にある『HandicraftWorks』へ!

Twitterで見た、金魚のようにみえる「夏冷やし蘭鋳」のビジュアルに惹かれて♪
絶対、食べてみたいと思っていた!




ハンディクラフトワークス
@daikokuyaturu


お客様にお知らせ
夏冷やし蘭鋳を12日、日曜日から15食販売致します。お茶漬けがセットになってます。金魚見える?宜しくお願い致します期間などまた後日報告致します


HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-2HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-3

午後3:46 · 2018年8月2日



しかし、「期間などまた後日報告致します」とツイートしていたくせに
なかなかツイートがなくて

ちょっと、心配していたところ
昨日、ようやくツイートがあった。



ハンディクラフトワークス
@daikokuyaturu


お知らせ12日、日曜日から

冷やし第2弾始まります。

スープは煮干し系の冷やしになります
15食程の販売になります

お茶漬けセットで1000円になります

盛り付け、トッピング変わりました

冷やし麺蘭鋳宜しくお願い致します


午後4:56 · 2018年8月10日



「15食程の販売になります」とあって、何時に行ったら食べられるのか!?
こちらの店の過去の限定が販売されたときの様子を、Twitterやブログなどで調べてみると

開店40分前に7人待ち!
なんて情報があって


1時間前に行けば大丈夫かな!?
そう思って、車で自宅を出発!

カーナビを頼りに、予定通り、開店1時間前の10時30分に店へとってくると
店頭にはお客さんの姿はなく

店の隣に7台ある第1駐車場にへと車を滑り込ませていくと
お客さんの車は1台もなし。

そこで、車を駐車して、店頭へと戻ってきて
ポールで待っていると

HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-4

ようやく、次のお客さんがやってきたのは、10時50分になる時間!
そして、11時までに並んだのは5人


日曜日なのに、お客さん少ないような
お盆だからかな!?

それでも、11時30分に、かわいい女子のスタッフが現れて開店したときには十数名のお客さんが行列を作ったので!
こちらの店は、そんな出足は早くないのかな
!?

入店して、すぐ右にあった券売機で、限定15食の「冷やし麺蘭鋳(らんちゅう)」のボタンを探すも
なくて

HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-5

券売機の脇にいた若いイケメンのお兄ちゃんに尋ねると
券売機の上の手書きのPOPを指で示して

「限定Bの食券をお買い求めください。」と言われて
券売機のお札の差し込み口に何回も千円札を入れるものの、なぜかリターンしてきてしまう(>_<)

しかし、イケメンスタッフの彼が入れると一発で入ったんだけど(汗)
なんで!?

HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-6

食券を購入して、スタッフの人に渡すと
「彼方の席へどうぞ」と言って、厨房に一番近いカウンター席へと案内されたんだけど

こちらの店
厨房も客席も広くて!

客席は、お客さんが向き合うように配置された二列型のカウンター席17席と他にテーブル席もあった。
席について、厨房を見ていると


やはり、イケメンの男性スタッフの人が、鉄串に刺して焼いた牛肉を串から外しているところで
これって、ブラジル料理の「シェラスコ」だよね!

こちらの店は、この牛肉を使った「ビーフパレット」という「油そば」がメインのラーメン店で!
私は、「油そば」とか「まぜそば」などの、所謂「汁なし」は、あまり食べない人なので


こちらの店が、松原団地にあった『NOODLE STOCK 鶴おか』のセカンドプランドの店としてオープンしたと聞いて!
『NOODLE STOCK 鶴おか』の味は好きだったけど、食指が動かなかったんだよね
(-"-;A ...アセアセ

ただ、後に、京鴨を使ったラーメンも出すようになったと聞いて
機会があったら、食べに行こうかと思っていたんだけど

店の場所が埼玉県の八潮ということで、遠いし
さらに、最寄駅のつくばエクスプレスの八潮駅からも、かなり歩くと聞いていて、なかなか、重い腰が上がらなかったんだよね😓

でも、今日、金魚鉢に金魚が泳いでいるような季節感ある「冷やし」の画像に一目惚れして、車でアクセスしたら
そんなに遠くもなかったし

途中、渋滞もなく、ストレスなくやって来れたので♪
もっと、早く来るべきだったと反省
(汗)

そして、厨房では、先ほどのイケメンスタッフの人が、今度は、場所を移して
麺を取り出すと手揉みし始めて

終ると、その麺に、グッと押すようにして体重をかけて、麺に縮れを付けていって
計量器にかけて、計量していく

すると、その計量し終わった麺を、別の男性スタッフの人が茹で麺機で茹で始めて、タイマーをセット!
その後、3分30秒後にタイマーが鳴ると、麺を引き上げて、氷水で〆ていくと


まず、男性スタッフの人から、先にセットで付く「〆のお茶漬け」が出されて
続いて、完成した「冷やし蘭鋳」も出された。

HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-7

二つ割りされた味玉に、鶏モモ肉のチャーシュー鴨ロースのパストラミとろろ山椒大葉ミョウガ
なぜか、沖縄のシーサーかまぼこ海ぶどうシークワーサーが硝子の容器にトッピングされたキレイなビジュアルの冷やし塩煮干しラーメン♪


ただ、金魚鉢のような器には盛りつけられているものの、金魚に見立てた丸麩の姿はなかったし
見ためからすると、「冷やし蘭鋳」というよりは「冷やし沖縄」だよね!

HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-8HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-9HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-10HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-11

試作の画像が好きだったので、ちょっと、残念な気もしたけど
まあ、いいか(笑)

まずは、具を「〆のお茶漬け」に移して
スープをいただくと

HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-12

いりこ(白口)メインに背黒と昆布のうま味を抽出したといった感じのスープで!
煮干しのえぐ味、苦みといったネガなものはない。


そして、特徴的なのは、最初からトッピングされたシークワーサーが搾りかけられているからか!?
柑橘系の爽やかな風味を、感じられて

でも、軽く風味付け程度で、煮干しの風味を邪魔するほどではないのがいい♪
ちなみに、後ほど、シークワーサーを搾りかけたところ


柑橘系が強くなりすぎて
「冷やし煮干し」というよりは、「冷やしミカン」ラーメンという感じの味わいになってしまったので、くれぐれも入れすぎには注意しましょう(汗)

そして、よかったのは、とろろと、この上にかけられた粉山椒
元々、とろろと山椒は相性がいいので、〆のお茶漬けにかけて食べたら美味しいに決まってる♪


でも、この冷製スープのラーメンに入れられているというのが味噌!
そこで、これに麺を絡めていただくと


とろろのなめらかな口当たりがよくて!
麺とよく合う♪


それに、山椒がふわっと香った後に
山椒のピリリとした辛味も広がって

これも、美味しいし♪
柑橘系の爽やかな味わいからの味の変化が面白くて、とてもよかった!


そして、元々は、平打ちの太ストレート麺だった麺を
スタッフの人が一生懸命、手揉みして、縮れが付けられた麺は

HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-13

その不規則な縮れによって、カタかったり、やわらかかったりする不規則な食感を生んで!
この食感の違いが、とても面白かったし♪


加水率高めの麺なのに、この縮れが、サラッとした冷製の塩清湯スープを拾ってくれて!
より美味しくいただくことができたし♪


3分30秒茹でることによって、麺の芯まで、しっかりと茹でられた麺を氷水でキュっと〆てあるので、麺のコシの強さを感じるし!
それに、小麦粉のうま味に甘味も感じられて


さすが自家製麺の店!
いい麺作りをするよね♪


今日は、スープも手が込んだものでよかったけど!
この麺を食べることができて、本当、よかった♪


具の鶏モモ肉のチャーシューは、ちょっとカタかったかな
鴨ロースのパストラミも平凡

HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-14

できれば、どちらも、低温調理して
肉のうま味を閉じ込めた美味しいチャーシューに仕上げてもらえるとよかったんだけどね

味玉も半熟加減に味の滲み具合もいい感じの味玉でよかったけど
見た目からしたら、味玉ではなく、丸麩でよかったのに

HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-15

〆のお茶漬け」は、残しておいた具を載せて、スープをかけて、いただいたんだけど
大葉の風味にミョウガの風味が合う♪

HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-16HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-17

それに、あられの食感が、とてもよくて!
最後まで美味しく完食♪


金魚鉢の中には金魚はいなかったけど(笑)
沖縄があったし!

いろいろな工夫もあったし!
美味しくて、楽しい一杯なので♪


1日15食のハードルはあるものの、何とかゲットして、食べてみては!?
ご馳走さまでした。

HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-18HandicraftWorks(ハンディクラフトワークス)-19

メニュー:油そば
クラシックビーフパレット…1050円/ワイルドモンスターパレット…1350円/華雅パレット…1200円
油そば専用大盛…100円/油そば専用ミニガーリックライス…無料/ガーリックライス…100円

出汁そば
京鴨出汁そば(醤油)…900円/味玉京鴨出汁そば(醤油)…1000円/全部のせ京鴨出汁そば(醤油)…1100円/肉増し京鴨出汁そば(醤油)…1300円
京鴨出汁そば(塩)…900円/味玉京鴨出汁そば(塩)…1000円/全部のせ京鴨出汁そば(塩)…1100円/肉増し京鴨出汁そば(塩)…1300円

トッピング
玉ネギ…100円/粉チーズ…100円/ローストポーク(1枚)…100円/トッピングサラダ…200円/フランクトッピング(1本)…250円

秋田県産コシヒカリ…200円/ローストポーク丼…400円/シュラスコ丼(小)…400円/シュラスコ丼(中)…550円/炙り鴨ロース丼…550円

肉の日限定…1500円
【限定】冷やし蘭鋳(〆のお茶漬け付き)…1000円


Handicraft Worksラーメン / 八潮駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:冷やし蘭鋳(〆のお茶漬け付き)star_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年8月23日(水)

麺処 有彩【弐】-1

本日のランチは、JR西川口駅そばに2015年2月18日にオープンした『麺処 有彩』で!

こちらの店は、『麺処 ほん田』出身の齊藤店主がオープンした店で!
2015年の3月10日に訪問して、「魚介鶏だし塩らぁめん」に「チャーシュー」をトッピングしていただいた。


これが、当時のリニューアルする前の『麺処 ほん田』の塩ラーメンをベースにオリジナルの味わいを加えた一杯で!
めっちゃ好みの一杯だったので、再訪は確実とブログにも書かせていただいたんだけど


結局、それ以降、伺うこともないまま、時だけが過ぎていってしまった
今日は、珍しく西川口に行く機会があったので、一仕事終わらせて、JR京浜東北線の西川口駅西口から徒歩2分ほどの場所にある店へと向かったんだけど

こちらの店は、駅からは近いのに
ビルとビルの間の狭間の狭い空間にあって

しかも、道路から少し引っ込んだところにあるので
あまり目立たないのが(汗)

そんな店へと訪問したのは、午後の1時30分近い時刻。
間口が狭くて奥行きのあるウナギの寝床のような店に入店すると


奥の6人掛けのテーブル席は、団体のお客さんで埋められていて!
手前の壁に向いて座るカウンター席にもお客さんが2人。


さらに、オープンキッチンの厨房前に一直線に並ぶカウンター席にもお客さんが2人いて!
こんな時間なのに流行ってる♪


そして、まずは、券売機で食券を購入するんだけど
メニューは、「あっさり」の「魚介鶏だし醤油らぁめん」に「魚介鶏だし塩らぁめん」!

「こってり」の「豚骨鶏魚介らぁめん」と「豚骨鶏魚介つけめん」と
以前にお邪魔したときと変わらない。

麺処 有彩【弐】-2

そして、価格も変わらず
デフォルトの「らぁめん」は、「醤油」でも「塩」でも650円!

「豚骨鶏魚介らぁめん」に「豚骨鶏魚介つけめん」だって、700円に750円と
超リーズナブル♪

さらに、これで中盛無料って
めちゃめちゃコスパ高いよね♪

実は、今日、食べようと思っていたのは「豚骨鶏魚介らぁめん」で!
これは、東京の綾瀬に4月9日に煮干しラーメンの店をオープンさせたチャラ男店主が食べて、Twitterで大絶賛していたので!


しかし、券売機のボタンの中に、「冷やしにぼらぁ」なる限定のボタンを発見して
気が変わった(笑)

麺処 有彩【弐】-3

というのも、今日は、うだるような暑さで
私は、普段は、「冷やし」を、あまり食べない人だけど

さすがに、こんな日は
「冷やし」を食べたくなる(汗)

それに、もし、この「冷やし」が、レギュラーメニューの「魚介鶏だし塩らぁめん」ベースの「冷やし」ならば、スルーしたかもしれないけど
「冷やしにぼらぁ」とあっては、ニボラーとしては放っておくわけにはいかないので(笑)

なお、こちらの店は、自家製麺を使った「らぁめん」に「つけめん」が美味しい店なのはもちろんだけど
サイドメニューの「チャーシュー丼」が、また、格別に美味しいと評判なので♪

「冷やしにぼらぁ」と「チャーシュー丼」の食券も買って、空いていた厨房前のカウンター席へとついて
かわいいスタッフの女子に食券を渡すと

「無料で中盛にできますけど、中盛りにされますか?」と言われて!
中盛にして、バランスが崩れてしまわないだろうか

ちょっと、心配したけど
こちらの店は、「中盛無料」のため、ほとんどのお客さんが中盛にする店で!

ある意味、「中盛」がデフォルトみたいなものなので
あえて、中盛にすることにしたんだけど

なお、厨房では、齊藤店主が、忙しく「らぁめん」に「つけめん」作りに終始していて
ようやく、6人の団体客の「らぁめん」に「つけめん」を出し終えると

休む間もなく、次に私と、後客の「冷やしにぼらぁ」作りに入って
2個作りされた「冷やしにぼらぁ」が完成すると

私の顔をマジマジと見て
「もしかして、一期一会さんですか!?」と聞かれて、頷くと

「店をオープンしたときに、ブログによく書いていただいて、ありがとうございます。」
そう言うと、味玉をサービスで入れてくれたんだけど


あれ以来、音沙汰なしだというのに(汗)
ありがとうございます。

真空低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューに、大葉みょうが、ほうれん草、揚げ玉、刻み玉ねぎ、カイワレとサービスの味玉が載せられた!
涼しげな「冷やしにぼらぁ」♪


麺処 有彩【弐】-4麺処 有彩【弐】-5

そうして、ラーメンの撮影会を終えたところで、チャーシューがいっぱい載せられた「チャーシュー丼」も齊藤店主から出されたんだけど
これで250円というのは、ラーメンだけじゃなくて、サイドメニューまでリーズナブル♪

まずは、澄み切った塩味の冷製スープをいただくと
まず、口の中がひんやりして、クールダウンできたのがよかった♪

スープは、瀬戸内のいりこと九十九里の背黒で出汁をとった冷製スープに
白絞油にいりこの香味を移した煮干し油を浮かべたといった感じの味わいで!

ただ、齊藤店主に確認したところ
「いろいろな煮干しを変えて使ってます。」なんていう答えをはぐらかす答えが返ってきて

以前は包み隠さず教えてくれた店主だったのに(汗)
いつの間にか、口がカタくなってしまったので、どんな煮干しが使われたかは不確かだけど

ただ、産地まではわからないけど
いりこと背黒が使わているのは確か!

じんわりと煮干しが効かされたスープで!
感じられるのは煮干しのうま味だけで、煮干しの持つえぐ味や苦味などのネガなものは、ほとんどなし


だから、食べやすくていいのかもしれないけど
ニボラーには、優等生すぎて、ちょっと、おとなしめに感じられてしまうかな

そして、ほどよく冷やされていて
あまりキンキンに冷やされていても、煮干し感が弱めに感じるのもいい!

ただ、麺中盛にしたのが、やっぱり、失敗だったな_| ̄|○
スープと麺のバランスが、やや、悪いように感じられたし

麺の量が多くて、後半、ちょっと飽きてしまったので(汗)
中盛にしたことを深く反省

麺は、全粒粉が配合された切刃22番と思われる中細ストレートの自家製麺が合わせられていて!
なめらかな口当たりの、やや、加水率高めに感じられる中加水麺は、つるっと啜れる啜り心地のいい麺で!


麺処 有彩【弐】-6

のど越しのよさもあって♪
しなやかなコシも感じられて!


さらに、小麦粉のうま味もよく感じられる、味、食感ともに優れた麺で♪
そして、冷製スープとの絡みもまずまず!


トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシュー
低温で、じっくりと真空調理された一品で!

麺処 有彩【弐】-7

ちょうどいいレア感に仕上っていて!
厚みもあって、しっとりとした食感なのもよかったし♪


肉のうま味が中に閉じ込められていて
噛むと、肉のうま味が滲み出てくる絶品のレアチャーシューだったし♪

サービスで出してもらった味玉は、黄身がオレンジ色した茹で加減バッチリの一品で!
味付けもよかったし♪


麺処 有彩【弐】-8

大葉みょうがは、香り高くて、さっぱりと食べさせてくれる、「冷やし」には欠かせない薬味でよかったし♪
そして、さっぱり一辺倒にさせない揚げ玉のコクとサクサク感がアクセントになっていたのもよかったし♪


夏の終わりにはピッタリの一品でよかったと思う♪
ただ、齊藤店主が得意の香味油も、冷製スープなので動物系が使えないので、もう一つ、威力を発揮できていなかったし


中盛にした失敗もあったけど
やっぱり、こちらの店では、温かいスープのラーメンがおすすめかな♪

なお、「冷やし」を食べながら、いただいた「チャーシュー丼」は、苦手な脂身のあるチャーシューが使われていたけど(汗)
脂身は、そんなに気にはならなかったし!

麺処 有彩【弐】-9

とても香ばしくて♪
独特の癖になる、やや、甘めの味付けだったのもよくて!


美味しくいただけたし♪
人気があるのもよくわかった!


次回は、綾瀬のチャラ男店主おすすめの「豚骨鶏魚介らぁめん」を食べに来ないとねと思って、席を立ったんだけど
帰りに、「はかた地どり」のポスターが壁に貼られていたのを発見!

麺処 有彩【弐】-10

あっさりの「らぁめん」は650円という価格なのに、ブロイラーじゃなくて、「はかた地どり」を使ってるの!?
知らなかったけど

これを知ってしまったら、次は、もう一度「あっさり」の「魚介鶏だし塩らぁめん」かな♪
ご馳走さまでした。


PS ブログを書いていたら
こちらの店、前回、約2年半前に伺ったときに比べて、あっさりの「らぁめん」を値下げしていたことが判明

魚介鶏だし醤油らぁめん…680円→650円
魚介鶏だし塩らぁめん…700円→650円


しかし、どこの店も、材料費の高騰により、値上げしている店が多い中
値下げって

いつ下げたのか
また、何が原因で下げたのか

わからないけど
高価な「はかた地どり」を使用して値下げって

スゴい!
これを知ったら、また、すぐに食べに行かないとね♪


麺処 有彩【弐】-11

メニュー:あっさり

鶏だし醤油らぁめん…650円/鶏だし味玉醤油らぁめん…750円/鶏だし特製醤油らぁめん…850円
魚介鶏だし塩らぁめん…650円/魚介鶏だし味玉塩らぁめん…750円/魚介鶏だし特製塩らぁめん…850円

こってり

豚骨鶏魚介らぁめん…700円/豚骨鶏魚介らぁめん…800円/豚骨鶏魚介らぁめん…900円
豚骨鶏魚介つけめん…750円/豚骨鶏魚介つけめん…850円/豚骨鶏魚介つけめん…950円

【期間限定】冷やしにぼらぁ(大盛り不可)…700円

中盛り…無料/大盛り…100円※「あっさり」の醤油と塩らぁめんの大盛りは替え玉での提供になります。

のり…50円/ネギ…100円/メンマ…100円/味玉…100円/チャーシュー(3枚)…200円/辛味…50円

半ライス…50円/飯割り…80円/チャーシュー丼…250円


【麺の量】らぁめん並盛り150g/中盛り200g…無料/大盛り300g…100円
つけめん並盛り200g/中盛り300g…無料/大盛り400g…100円

麺処 有彩



関連ランキング:ラーメン | 西川口駅



好み度:冷やしにぼらぁstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年1月31日(火)

【新店】オランダ軒-1

本日のランチに向かったのは、埼玉県の岩槻市に昨年の11月25日にオープンした新店のオランダ軒

こちらの店は、埼玉県の春日部市に昨年の4月20日にオープンした『オランダ亭』でラーメンを作っていた方が開業した店。

なお、SNSやネットの情報では、『オランダ亭』が閉店して、『オランダ軒』へ屋号を変えてリニューアルオープンとか!?
店の場所を一ノ割から東岩槻に移して移転オープン!?

なんて情報が行き交っていたけど
正確には、一ノ割の『オランダ亭』でラーメンを作られていた方が、事情により、店をやめられて、東岩槻に店をオープンさせた。

『オランダ亭』は、一時的に休業して、オーナーの方が別の方を雇われて、営業を再開している。
事実は、そういうことだと思うけど


TRYラーメン大賞2016-2017で新人総合部門4位と新人しょう油部門2位を受賞した店が、こうなったことで
SNSやネットを騒がした。

そんな『オランダ亭』にいた方が開業した、東武アーバンパークラインの東岩槻駅から徒歩5分ほどの場所にある店へとやってきたのは、11時40分になる時刻。
すると、10人ほどのお客さんが行列を作って待っていた。


最後尾に付いて待つ。
しかし、回転が悪くて


スタッフのおじさんから呼ばれて入店したのは40分後。
そして、ラーメンが出されたのが、さらに20分後の12時40分で


10人待ちで1時間待たされるというのは
おそらく、今まで行列した店の中では、過去最悪の回転の悪さだと思われる。

店主1人でラーメンを作っているので、仕方ないという見方もできるかもしれないけど
それにしたって、ちょっと、時間かけ過ぎじゃないのかな(汗)

なお、券売機で買い求めたのは、「しょうゆチャーシューメン」の食券。
そして、席について、店主に


【新店】オランダ軒-3

「今日は、謎肉ありますか?」と聞いたところ…
ないという答えだったので

「では、賄い肉はありますか?」と聞いてみると…
「賄い肉は、いつもあるよ。」

「Twitterでも、そうツイートしてるけど!」
今日は機嫌が悪いのか、ずいぶん、突っ慳貪な態度だったな

以前に『オランダ亭』時代に訪問したときには、こんなことはなかったのに
そこで、100円を出して、食券の上に載せて、「賄い肉」をお願いしようとすると

「小ライス付きで200円!」
「ライス付きにしてもらわないと赤字なんですよ。」と言われて


実は、この後、『煮干乱舞』に行って連食しようと思っていたんだけど
ここまで、予想以上に時間がかかったこともあるし

「小ライス」付きにすることで、連食は完全に諦めることに(汗)
そこで、食券の上に、さらに、100円玉を重ねて、注文成立すると、ラーメン作りに入る店主

なお、こちらの店の店主のTwitterを見ていない方もいらっしゃると思いますので書いておきますけど
「謎肉」とか「賄い肉」というのは、裏メニューで出されるチャーシューのことで!

今の店主の話しによると
「謎肉」は、ある日とない日があって

「賄い肉」はいつでもあるということだったので
食べてみたい方は、今までの事例を参考に注文してみてください。

そして、この後、店主によって作られた「しょうゆチャーシューメン」の「賄い肉」トッピングが、まず、供されて
少し遅れて「小ライス」も着丼。

【新店】オランダ軒-4【新店】オランダ軒-5【新店】オランダ軒-6

豚の腕肉で作ったという煮豚がどっさり載せられて!
さらに、その上に大きめにカットされた不揃いの「賄い肉」がトッピングされて!


他に細メンマほうれん草、刻みネギ、海苔
そして、丼のセンターになるとがちょこんと載せられたラーメン!

まずは、「賄い肉」と細メンマ、ほうれん草、海苔を「小ライス」に移動して
醤油の色が濃くて、「東岩槻ブラック」とでも言いたくなるスープをいただくと

【新店】オランダ軒-7【新店】オランダ軒-8【新店】オランダ軒-9

豚の背ガラメインに鶏ガラと香味野菜で出汁をとったと思われるスープに
チャーシューの煮汁と醤油、味醂、砂糖で作ったと思われるカエシを合わせたといった味わいで!

カエシの醤油がキリリ!
生姜がふわぁと香って♪


見た目と違って、味は、しょっぱくないし!
スッキリとして、やや、甘味のある味わいなのがいい♪


そして、この生姜醤油のスープに合わされた中細縮れの麺は、モチッとした食感の多加水麺で!
しかし、スープが、やや、濃いめなのと


程よく縮れが付けられているので
いい感じにスープと絡んでくれてよかったし♪

【新店】オランダ軒-10

豚腕肉の煮豚は、全体的にやわらかかったし!
やや、甘味のある味付けも、とてもよくて♪


【新店】オランダ軒-11

それに、赤身多めの部位や脂身のある部位もあって、飽きないし!
お客さんの多くが「チャーシューメン」を注文しているのもよくわかる♪


そして、コリッとした細切りメンマが、なかなかの名脇役で!
これも、トッピングして食べたい逸品だし♪


そうして、最後にセルフで作った「賄い肉チャーシュー丼」をいただいたんだけど
この大ぶりな煮豚は、ボリューミーで!

【新店】オランダ軒-12

美味しいから完食したけど♪
お腹いっぱい
(>_<)

待ち時間が長いのが難だけど
『オランダ亭』時代に伺ったときに店主が

「僕は、醤油味のラーメンが好きで!」
「塩味のラーメンは、あまり好きじゃないので…」


「食べないから、よくわからないんですけど…」なんて言っていたくせに
そのときに食べた「しおラーメン」が「しょうゆラーメン」以上に美味しく感じられたので♪

やっぱり、もう一度、「しおチャーシューメン」を食べに来ないとね♪
ご馳走さまでした。


【新店】オランダ軒-13【新店】オランダ軒-14

メニュー:しょうゆラーメン…700円/大盛…+100円
しょうゆチャーシューメン…900円/大盛…+150円

しおラーメン…700円/大盛…+100円
しおチャーシューメン…900円/大盛…+150円

チャーシュー丼…300円/ライス…150円/小ライス…100円
味玉…100円


オランダ軒



関連ランキング:ラーメン | 東岩槻駅



好み度:しょうゆチャーシューメンstar_s40.gif
接客・サービスstar_s25.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m