FC2ブログ
訪問日:2017年1月7日(土)

noodle kitchen KYO【弐】-1noodle kitchen KYO【弐】-2

今日は、埼玉県の鶴瀬に新年1月5日にプレオープンして、1月10日にグランドオープンする新店の『noodle kitchen KYO』でランチして!

次に、同じ鶴瀬に昨年の4月8日にオープンしたミシュランの初代一つ星ラーメン店出身の『寛~くつろぎ~』で連食する予定!

そうして、まず、『noodle kitchen KYO』で、一杯目にラーメンデータベース(RDB)のレビューに店主イチオシだと記載のあった「醤油そば」をいただいた。
「岩手産のあべどり、鹿児島産の地養鳥使用の鶏出汁に弓削多醤油、兵庫、千葉、岩手の醤油の厳選醤油を合わせた醤油ダレで仕上げました。」と卓上のブックに解説のあった清湯醤油のスープは


じんわりとした鶏のうま味が口の中に広がって!
昆布に干し椎茸、節や煮干しも感じられて


カエシに使われた醤油も、流行りの生醤油を使ったキレッキレの醤油の立った味わいではなく
醤油の「うま味」、「甘味」、「酸味」、「塩味」、「苦味」といった5つの味がハーモニーを奏でるような味わいなのもよくて♪

派手さはないけど、なかなか味わいのある、美味しいスープに仕上がっていたし♪
合わせられた三河屋製麺の全粒粉入りの中細ストレート麺が、このコクうまなスープとよく絡んでくれて!


思った以上に美味しい一杯だったので!
帰りがけに、店主に


店主おすすめの一杯だけあって、「醤油そば」が美味しかったこと
そして、おすすめは、一に醤油、二に塩、三が煮干しであることを確認したところ

それは、RDBのレビューアーが、そう書いただけで
そんなことを言った覚えはないときっぱり言われて

煮干しが3番目なんてことはない。
1番のおすすめかもしれないと言うと


「煮干しそば」は、大量の煮干しを使って、うま味だけを抽出したラーメンだと自信を持って話していたので
『寛~くつろぎ~』で連食するのを諦めて、こちらで、「煮干しそば」を店内連食することにした。

そうして、改めて、二重の入口になっている二番目の扉を開けて
券売機で「煮干しそば」の食券を購入。

noodle kitchen KYO【弐】-3

席へと戻って、店主に食券を渡すと
さっそく、ラーメン作りに入る店主!

ただ、こちらの店は、カウンター席の前が厨房のオープンキッチンの店なのに!
客席と厨房の間の壁が高いため、ラーメン作りの様子を観察することができないのが、ちょっと、残念なところ


わかったのは、麺の茹で時間くらいで
先ほどの「醤油そば」では、全粒粉入りの切刃22番の中細ストレート麺が使われていて、茹で時間は1分15秒だったので、今回も同じなんだろうなと思いながら、計測すると

麺を茹で始めて、タイマーをセットして
ピピピッ!ピピピッ!

タイマーが鳴るまでの時間は、何と40秒!
いくらなんでも早すぎない
(笑)

そう思いながら待っていると
完成した「煮干しそば」が、こちらも受け皿に載せられて、店主から供された。

noodle kitchen KYO【弐】-4

すると
麺が違う

麺の太さは同じ22番に見える中細ストレート麺だけど
こちらの麺には全粒粉の証である斑点模様がなかった。

それで、麺の茹で時間が短かったのがわかったけど
ミシュランのビフグルマンに2年連続で掲載されている東京・西荻窪の『麺尊 RAGE』でも、同じように「醤油そば(軍鶏そば)」と「煮干しそば」を品揃えしていて

同じ三河屋製麺の麺を使っているけど
麺は1種類で、麺の茹で時間を変えて対応しているのに

スープ毎に麺を用意するなんて!
新店なのに、スープだけではなく、麺へのこだわりも感じられる♪


なお、供された「煮干しそば」は、先ほどの「醤油そば」同様、豚肩ロース肉のローストポークに低温調理された鶏ムネ肉のレアチャーシュー穂先メンマ水菜がトッピングされて!
刻みネギのかわりに刻み玉ねぎが載る、こちらも彩り鮮やかなラーメン♪


noodle kitchen KYO【弐】-4noodle kitchen KYO【弐】-6

「煮干しそば」ということで、「醤油そば」に比べて淡い色合いのスープなんだろうと思っていたのに
先ほどと、あまり変わらない色合いのスープをいただくと

noodle kitchen KYO【弐】-7

いりこ(白口煮干し)がビシッときかされたスープで!
店主が言うように、煮干しのえぐ味や苦味を排除したスープに仕上がっていて!


感じられるのは、いりこのうま味だけ♪
そして、思った以上に煮干しがきかされていたのもよかったし!


ただ、このスープにも、バランスをとるためか!?
「醤油そば」同様、昆布と干し椎茸!

それに、節のうま味に酸味のようなものも感じられたけど
ただ、せっかく、動物系を使わずに、煮干し主体で、ここまで、うま味のあるスープに仕上げてきているので!

できれば、煮干し以外のものは、できるだけ排除して
煮干しと昆布だけで出汁をとってもらえるといいと思うんだけど

なお、カエシの味わいが先ほどの「醤油そば」とは明らかに違って
こちらの方が甘味の強いカエシだったけど

この、ほんのり甘味を感じる味わいは、結構、好きだし♪
オンリーワンの味わいでいいと思う。


麺は、切刃22番の中細ストレート麺が合わせられていて!
カタめで、噛むとパツッと切れる、ザクパツな食感の低加水麺は、『中華ソバ 伊吹』『麺尊 RAGE』で使われている麺と同じ。


noodle kitchen KYO【弐】-8

煮干し出汁のスープのために生まれてきたような麺なので、このスープとの相性もバッチリ♪
ただ、少し、アルデンテのような


麺の芯まで茹だっていないわけではないけど
あと10秒、多めに茹でてもらうと、茹で加減はもっとよくなるような

トッピングされた豚肩ロース肉のローストポークは、先ほど同様、ちょっと、熱が入りすぎ
噛むと、肉のうま味がよく感じられる美味しいローストポークで味はいい♪

ただ、見た目が悪いので
もうちょっと、レア感のある仕上がりにしてもらえるといいんだけどね

noodle kitchen KYO【弐】-9

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、やわらかくて、しっとりとした食感の
最高の食感に仕上げられていたのがよかったし♪

穂先メンマのシュクシュクとした食感もよくて!
そして、煮干しスープの薬味には、長ネギではなく、やっぱり、この刻んだ玉ねぎが鉄板だし!


スープが美味しかったから!
今日2杯目だったけど、スープの最後の一滴まで飲み干して、完食♪


先ほどの「醤油そば」も美味しかったけど!
個人的には、こちらの「煮干しそば」方が好みだし♪


個性的な甘めの味わいも含めて、こちらの方がおすすめかな♪
ご馳走さまでした。


PS 2杯を食べ終えて、店主に、ズバリ、修業先は何処なのか
ストレートに尋ねたところ

大和製麺機のラーメン学校に2週間通っただけだというので
「それだけで、このスープはできないでしょう?」と言うと…

確かに、2週間、習っただけでは、自分の思い描いていたスープはできなかったので
独学で、長いこと試行錯誤しながら、何とか納得のいくスープができるようになったので、開業したと話していたけど

まだ、発展途上で、伸び代もありそうなので!
また、少ししたら来てみるつもり♪


noodle kitchen KYO【弐】-10

メニュー:醤油そば…780円/味玉醤油そば…880円/特製醤油そば…980円

塩そば…780円/味玉塩そば…880円/特製塩そば…980円

煮干しそば(醤油)…750円/味玉煮干しそば(醤油)…850円/特製煮干しそば(醤油)…950円

ローストポーク…150円

ローストポーク丼…300円/ライス…100円/ライス(小)…50円


noodle kitchen KYO



関連ランキング:ラーメン | 鶴瀬駅



好み度:煮干しそばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年1月7日(土)

【新店】noodle kitchen KYO-1

本日のランチは、埼玉県の鶴瀬に新年1月5日にプレオープンして、1月10日にグランドオープンする新店の『noodle kitchen KYO』で!

昨日、こちらの新店情報がラーメンデータベース(RDB)に上がっているのを見つけた。
美味しそうな塩ラーメンの画像が掲載されていて、ファーストインプレッションで食べたくなった♪


ただ、このRDBレビュアーの方の点数は、あまりよくない(汗)
しかし、レビューによると、こちらの店の店主のおすすめは「醤油そば」ということだったので!

今日は「醤油そば」狙いで!
帰りに、やはり、鶴瀬にある、ミシュランで初の一つ星獲得のラーメン店出身の『寛~くつろぎ~』で連食するつもりで訪問!


最寄り駅の東武東上線・鶴瀬駅で下車。
駅東口から店へと向かうんだけど


【新店】noodle kitchen KYO-2

店は、「ららぽーと富士見」の近くにあって、駅からは1.5kmほどの距離がある。
でも、バス便もあって、駅前から「ららぽーと富士見」行きの東武バスウエストに乗れば、店のちょっと先の「富士見市役所」まで、1駅4分ほどで連れてってくれる♪


風が強くて寒かったら、バスを利用しようかと思っていたけど
今日はポカポカ陽気だったのでテクテク歩いていくことに♪

駅から「ららぽーと富士見」へ向かう幅広の一本道を歩いていくと
「ららぽーと富士見」が、だんだんと近づいてきて、その手前にある店を発見!

【新店】noodle kitchen KYO-3

店頭には三河屋製麺からの開店祝いの花が飾られていたので!
これで、どこの製麺所の麺を使っているか判明
(笑)

【新店】noodle kitchen KYO-4

午後の1時過ぎに入口のドアを開けて入店すると
正面に券売機があって!

その右側に、また、店へと入る引戸があって
店は二重の入口になっていた。

メニューは、「醤油そば」、「塩そば」、「煮干そば」の3択。
トッピングに「ローストポーク」があって、「ローストポーク丼」もあった。


【新店】noodle kitchen KYO-5【新店】noodle kitchen KYO-6

「ローストポーク」は好きなので、普通なら、トッピングするか、丼で食べるかするところだけど
今日は連食予定なので、自重

ニボラーとしては、「煮干しそば」も気にはなったけど
ここは、やっぱり、店主イチオシの「醤油そば」でしょう♪

というわけで、デフォの「醤油そば」の食券を買って!
改めて、2つ目の扉を開けて、入店すると


厨房を囲むカタチでレイアウトされたL字型カウンター席15席の客席には、お客さんが3人だけ
まだ、情報が少ないから、認知度が低いんだろうね

厨房には、凛々しいコックコート姿の男性スタッフが2人。
高めのカウンターの上に食券を置くと、助手っぽいスタッフの人が食券を受け取って、店主らしき人に注文を告げる。


そして、さっそく、店主によって「醤油そば」が作られたんだけど
カウンターの壁が高くて、ラーメン作りの様子を見れなかったのが、ちょっと、残念だったかな

わかったのは麺の茹で時間!
麺を茹で麺機の中のテボに入れて、タイマーをセット!


そうして、1分15秒に
ピピピッ!ピピピッ!

タイマーが鳴ると、テボを引き上げていたのだけはわかった。
そうして、完成した「醤油そば」は、受皿に載せられての提供。


【新店】noodle kitchen KYO-7【新店】noodle kitchen KYO-8

ローストポーク鶏ムネ肉のレアチャーシュー穂先メンマ水菜、刻みネギが載る彩り鮮やかなラーメン♪
ただ、ローストポークは、ちょっと、熱が入りすぎかな


【新店】noodle kitchen KYO-9【新店】noodle kitchen KYO-10

個人的には、もう少しレア感がある方が
見た目も味も好きかも(汗)

「岩手産のあべどり、鹿児島産の地養鳥使用の鶏出汁に弓削多醤油、兵庫、千葉、岩手の醤油の厳選醤油を合わせた醤油ダレで仕上げました。」と卓上のブックに解説のあった清湯醤油のスープをいただくと
じんわりとした鶏のうま味が口の中に広がって!

【新店】noodle kitchen KYO-11

解説にはなかったけど、昆布、干し椎茸に、節や煮干しの乾物も使われているようで
バランスがよくて、なかなか美味しいし♪

カエシの醤油も、流行りの生醤油を使ったキレッキレの醤油の立った味わいではなく、醤油の「うま味」成分はもちろん、「甘味」、「酸味」、「塩味」、「苦味」といった醤油の持つ5つの味がオーケストラを奏でているような味わいなのもよくて!
派手さはないけど、なかなかの味わいのスープに仕上がっている♪


麺は、三河屋製麺所製の多くの店で愛用されているベストセラー麺で
全粒粉入りの切刃22番の中細ストレート麺が使われていて!

【新店】noodle kitchen KYO-12

茹で時間1分15秒で茹でられた麺は、茹で加減も、ちょうどよくて♪
つるパツな食感に仕上げられた麺は、啜り心地がよくて!


のど越しのよさもあって!
スープとの相性もバツグン♪


ローストポークは、やや、歯応えのある食感ながら
噛めば、肉のうま味がジュワジュワと感じられる美味しい一品だったし♪

【新店】noodle kitchen KYO-13

低温調理されたと思われる鶏ムネ肉のレアチャーシューは、やわらかくて!
しっとりとした食感に仕上げられていて、食感が最高だったし♪


あまり、食感が好みじゃない水菜だけを残して(汗)
あとはすべて美味しく完食♪

思った以上に美味しい一杯だったので、これは、「塩そば」にも期待できる♪
ただ、ニボラーとしては「煮干しそば」に興味があったので、帰りがけに


「やっぱり、おすすめなだけあって、醤油そばは美味しいですね♪」と言いながら、ラーメン丼をカウンターの上に上げると
一瞬、怪訝な顔をした後、笑顔で「ありがとうございます。」というので…

「一に醤油、二に塩、三が煮干しなんですよね?」と尋ねると…
「ラーメンデータベースですね…」

「そんなことを言った覚えはないんですけどね…」
「知り合いにおすすめを聞かれたら、全部と言います(笑)」なんて、笑いながら言うと


「煮干しが3番目なんてことはありません。」
「僕の中では1番のおすすめかもしれません。」
なんて言い出して…

さらに
「煮干しのきいた煮干しそばはお好きですか!?」と聞かれて…

好きだと答えると
「それでは、あまり、おすすめはできないかもしれません…」

「うちの煮干しそばは、濃厚じゃないし…」
「煮干しのうま味だけを抽出したラーメンですので…」
なんて言うので…

「いや、煮干しのきいていない煮干しラーメンは好きじゃないですけど、濃厚な煮干しが好きなわけじゃないです。」
「煮干しが好きで、濃厚も嫌いじゃないけど、淡麗なのに大量の煮干しを使って、煮干しがきかされたスープが一番好きですね♪」
と答えると…

「うちのも、大量の煮干しを使って、うま味出してます。」と言うので…
『寛~くつろぎ~』で連食するのを諦めて、こちらで、「煮干しそば」を店内連食することにしたんだけど

ちょっと、長くなってしまったので、この模様は、また、次回のレポで!
ご馳走さまでした。


【新店】noodle kitchen KYO-14

メニュー:醤油そば…780円/味玉醤油そば…880円/特製醤油そば…980円

塩そば…780円/味玉塩そば…880円/特製塩そば…980円

煮干しそば(醤油)…750円/味玉煮干しそば(醤油)…850円/特製煮干しそば(醤油)…950円

ローストポーク…150円

ローストポーク丼…300円/ライス…100円/ライス(小)…50円


noodle kitchen KYO



関連ランキング:ラーメン | 鶴瀬駅



好み度:醤油そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年11月7日(月)

【新店】味噌専門店 〜味噌呉田 life〜-2

本日のランチは、本日11月7日オープンの新店『味噌専門店 〜味噌呉田 life〜』で!

こちらの店は、北浦和にある『柳麺 呉田-goden-』が、本日より毎月第2・第4営業日に冬季限定でオープンさせるセカンドブランドの店!

『柳麺 呉田』には、今年の9月15日に訪問。
期間限定の「塩つけ麺 〜瑠SOBA〜」をいただいた。


北海道産「ゆめかおり」の新麦を使用して製麺した麺は、香り高くて、小麦粉のうま味を強く感じられる麺で最高だった!
だから、今度は醤油味のレギュラーのつけ麺である「ざるつけ麺」か
!?

『和 dininng 清乃』に勉強に出掛けて!
以来、『清乃』が使う「角長」醤油をカエシに使うようになったという「醤油らーめん」を食べたいと思っていたんだけど


セカンドブランドの店ができて!
店では提供していない「味噌ラーメン」の専門店ときたら


これを優先して食べないわけにはいかないでしょう(笑)
というわけで、北浦和駅西口から、線路沿いを浦和方面に歩いて3分ほどの場所にあるマンションの1階に入る店を訪ねたのは、11時30分。

入店すると、3人ほどのお客さんが入って、ラーメンを食べていた。
厨房にはイケメンの中野店主と美人のスタッフの女子の2人!


そして、その美人の女子スタッフの子から
「どちらでも好きな席に座ってください♪」と言われて…

厨房を囲むL字型カウンター10席の席の、カウンターの長手方向の、店の奥の方にある席へとついて
カウンターの壁に貼ってあるメニューを見ると

「味噌ラーメン」に「辛味噌ラーメン」、「牡蠣味噌ラーメン」、「味噌チャーシュー」とあって
すぐに目に留まったのが「牡蠣味噌ラーメン」!

【新店】味噌専門店 〜味噌呉田 life〜-3

牡蠣と味噌はバツグンの相性なので、即、スタッフの女子に注文!
でも、牡蠣が入ってしまうとデフォルトのスープの味とは変わってしまうかもと考えて、中野店主に質問してみたところ


「そうですね、味わいはちょっと違ってしまうかもしれません。」というので
やっぱり、デフォの「味噌ラーメン」に変更してもらうことに(汗)

そうして、注文が決まると、さっそく、ラーメン作りに入る店主!
中華鍋に具を入れて炒め出すと


そこに、スープを注ぎ、味噌ダレ投入と
本格的な味噌ラーメンを作りをしていたのには驚かされた。

そうして、スープができると
大きな肉塊からチャーシューを切り出して

次に、麺を取り出すと、体重をかけて麺に縮れをつけ始めた。
そして、これが何回か繰り返されると


大きな釜の中に麺が入れられて
泳ぐように茹でられた麺が茹で上がると

中野店主によって、平笊ですくわれて!
チャッ!チャッ!チャッと湯切りされた麺が空っぽの丼に入れられて


中華鍋の中のスープだけがまず、注がれて!
後から、具が入れられて!


最後にピンク色したチャーシューが載せられると
これで「味噌らーめん」の完成!

【新店】味噌専門店 〜味噌呉田 life〜-4
【新店】味噌専門店 〜味噌呉田 life〜-5【新店】味噌専門店 〜味噌呉田 life〜-6

そして、中野店主によって1個作りされた「味噌ラーメン」は、大きな豚肩ロース肉のレアチャーシューが載せられて!
その下に、炒めた豚バラ肉とモヤシ、玉ねぎ三つ葉がトッピングされた味噌ラーメンで!


【新店】味噌専門店 〜味噌呉田 life〜-7

まずは、スープをいただくと
発酵した味噌の芳醇な香りが口の中に広がって!

【新店】味噌専門店 〜味噌呉田 life〜-8

甘みのある味噌の味わいもとてもよくて♪
スープは、たぶん、鶏白湯魚介だと思われるけど


白湯と清湯の間のような、あまり粘度のないスープで!
でも、濃厚じゃない分、さっぱりといただけるのがよかったし♪


動物系も魚介系のうま味もよく出ていて!
めっちゃ美味しい♪


なお、スープからは、豚の風味も感じられたので
もしかしたら、ゲンコツも使っているのかもしれないけど

たぶん、これは、炒めた豚バラ肉から出たものじゃないかと思うんだけど
今日は、終始、忙しく、鍋を振って、麺を捏ねていた店主に確かめていないので不明

【新店】味噌専門店 〜味噌呉田 life〜-9

そして、麺は、前述の平打ちの太ストレートの自家製麺を手で揉んで縮れさせたもので!
つるモチ食感の多加水麺は、ストレートのままだと、スープとの絡みは、どうなんだろうという疑問が湧いたかもしれないけど


縮れがあるので、しっかりと絡んでくれたし!
小麦粉のうま味の感じられる美味しい麺でよかった♪


【新店】味噌専門店 〜味噌呉田 life〜-10

大きくて厚みのある、真空低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューは、かなりレア感のあるもので!
好き嫌いが分かれるかもしれないけど


噛めば、肉のうま味がジュワっと滲み出てきて!
最高に美味しい♪


【新店】味噌専門店 〜味噌呉田 life〜-11

これは、次回は「牡蠣味噌ラーメン」にしようかと思ったけど、「味噌チャーシュー」で食べたくなった。
いっそうのこと、どちらもトッピングしたバージョンを中野店主にリクエストして作ってもらうのがいいかも♪


何れにしても、また、次回の24日の営業にも来ないといけないね♪
ご馳走さまでした。


【新店】味噌専門店 〜味噌呉田 life〜-12

メニュー:味噌ラーメン…870円/味噌ラーメン…970円/牡蠣味噌ラーメン…1200円/味噌チャーシュー…1100円

白飯…100円/オニチャ丼…250円/チャンジャ丼…300円/しらす丼…300円

とっぴんぐ
チャーシュー…200円/辛ねぎ…150円/エシレバター…150円/味付たまご…120円/九条ねぎ…100円/メンマ…100円/コーン…100円


味噌専門店 〜味噌呉田 life〜



関連ランキング:ラーメン | 北浦和駅



好み度:味噌ラーメンstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年9月15日(木)

柳麺 呉田 -goden--1

本日のランチ2軒目に向かったのは、埼玉県の北浦和駅近くにある自家製麺の店『柳麺 呉田 -goden-』!

こちらの店は、『柳麺 ちゃぶ屋』出身の中野さんという方が、2015年2月6日にオープンさせた店で!

「TRYラーメン大賞 2015- 2016」の「TRY新人賞部門」に於いて、「しょうゆ部門」3位、「しお部門」3位、「つけ麺部門」7位と
複数の部門で賞を獲得した実力店でもある。

オープンを知って、ガラスの器に盛られた「ざるつけ麺」の画像を見て!
食べてみたいと思っていた!


しかし、何度か行くチャンスがあったのに、結局、逃してしまい
時ばかりが過ぎていった

今日は、東川口に9月3日にオープンした新店の『Japanese Noodles 88』に訪問したので!
比較的近い、こちらの店で連食していくことにした。


東川口駅からJR武蔵野線に乗って南浦和駅へ!
そして、南浦和駅からはJR京浜東北線に乗り換えて北浦和駅で下車!


そうして、駅西口から線路沿いを浦和駅方面に戻るようにして3分ほど歩くと
RA-MENYAと書かれた看板の店があって!

こちらのカフェのような外観の店が『柳麺 呉田 -goden-』!
そして、実は、「カフェのような」ではなくて


月曜日の定休日には、『cafe URA GODEN』として!
本当にカフェとして営業している店
(笑)

入店すると
L字型カウンター12席に囲まれた厨房には、コックコートに身を包んだイケメンの中野店主!

そして、ホールには、若い男女2人のスタッフの人の姿があった。
「お好きな席にどうぞ♪」とかわいいスタッフの女子から言われて


席について
メニューを渡されて

初訪なのにいいのかなと思いつつ(汗)
期間限定の「塩つけ麺~瑠そば~」を注文♪

柳麺 呉田 -goden--2柳麺 呉田 -goden--3柳麺 呉田 -goden--4柳麺 呉田 -goden--5柳麺 呉田 -goden--6柳麺 呉田 -goden--7

これは、先月の8月27日の土曜日から始まった限定で!
Twitterで、この限定つけ麺を食べて、大絶賛している人がいて、これも食べてみたいと思っていたところに


店頭に、この限定つけ麺のPOPが貼ってあって!
北海道産「ゆめかおり」の新麦を使用」なんて書いてあったので!


柳麺 呉田 -goden--8

自家製麺の店で、こんな魅惑的な小麦粉を使って製麺した麺が食べられるとあっては!
これにするしかないでしょう♪


注文を受けると、麺を大釜に投入していって
麺が茹で上げると平ざるで麺上げして

「チャッ!チャッ!」と音を立てて湯切りされた麺が冷水の中へ!
そうして、〆られた麺と具がガラスの器に盛りつけられて!


熱々のつけ汁とともに
完成した期間限定の「塩つけ麺~瑠そば~」が着丼!

柳麺 呉田 -goden--9柳麺 呉田 -goden--10柳麺 呉田 -goden--11

そして、中野店主からは
「最初は、塩と山葵で麺をお召し上がりください。」と言って、食べ方の指南があった。

そこで、まずは、麺をそのまま、箸で手繰って、いただくと
まず、口に入れる前に香り立つ新麦のフレーバーが鼻腔を刺激して!

口に入れた途端に、香しい新麦の風味が口の中を充満して、鼻から抜けていって!
こんな香り高い麺食べるの初めてかも
!?

柳麺 呉田 -goden--12

そして、しっかりしたコシのある麺で!
のど越しのよさもあって!


そして、小麦のうま味が凝縮された麺で!
最近、食べた麺では一番の美味しさ♪


そうして、指南通り、塩をパラパラとふりかけて、食べてみると
甘味が強く感じられるようになって♪

これ、めっちゃ、美味しい♪
次に、山葵を麺に載せて、いただくと


これも、合う♪
そこで、中野店主に


「つけ汁要らないかもしれませんね!?」
「このまま、塩と山葵だけで、麺、ぜんぶ、イケちゃいます!」
と言うと…

「つけ汁は、麺を食べる合間に、ラーメンのスープのように飲むのがいいと言ってらしたお客さんもいらっしゃいました。」なんて話していたけど!
オーソドックスにつけ汁につけて、いただくと


見た目通りの、澄んだ透明度の高いつけ汁は、じんわりとした鶏のうま味が感じられて♪
店の入口に「丹波黒どり」のPOPが貼ってあったので、この京都の地鶏が使われているんだろうと思われるけど


柳麺 呉田 -goden--13

鶏がいい出汁出してたし♪
昆布のうま味も感じられてよかったと思う。


ただ、つけ汁の中にはネギに焦がしネギ、フライドオニオンが入っていて!
香ばしいのはよかったんだけど、ちょっと、癖のある味わいに感じられたかな


トッピングされた具の鶏ムネ肉のレアチャーシューは
厚みがあって!

しっとりとした食感に仕上げられていて!
そして、味付けがとてもよくて♪


「この鶏ムネ肉のレアチャーシュー!」
めっちゃ美味しいですね♪」


「塩麹で味付けされてます!?」と聞くと…
「いや、特別なものは何も使っていません。」

「味付けは、塩と砂糖だけです。」ということだったけど…
これは、絶品♪

このチャーシューの話しで盛り上がって、少し、中野店主と話させてもらったんだけど
中野店主は兵庫県出身ということもあって!

「兵庫県に『和海』って店があるんですけど…」
「鶏のレアチャーシューだったら、『和海』が一番ですね!」


さらに、和歌山県有田市にある『和 dininng 清乃』という店へ、醤油ラーメンの勉強のために行ってきましたけど
スープの出汁の引き方がスゴいですね!

それもあって、『清乃』が使う「角長」醤油をカエシに使っているなんて話していて!
驚かされたけど!


「『らーめん専門 和海』の木下店主も、『和 dininng 清乃』の原田店主のことも、よく知ってます。」と言うと!
今度は、中野店主が驚いていた
(笑)

ちょっと、話が脱線してしまったけど(汗)
トッピングされた具では、細めのコリコリとした食感のメンマもよかったし♪

小さなカイワレは、苦みの少ないもので!
個人的には、カイワレの苦み、辛みがそんなに好きではないのでよかったし♪


最後は、スープ割りをお願いしたところ
出汁のうま味が増して!

柳麺 呉田 -goden--14

最後まで美味しく完食♪
ご馳走さまでした。


柳麺 呉田 -goden--15

メニュー:梅塩らーめん…920円/柚子らーめん…920円/塩らーめん…820円
醤油らーめん…820円/ねぎ醤油らーめん…950円

ざるつけ麺…820円/ざるチャーシュー…1020円
鴨油とエシレバターの油そば…1050円

【期間限定】塩つけ麺~瑠SOBA~…900円

トッピング
チャーシュー…200円/味付玉子…120円/ねぎ…100円/九条ねぎ…100円/メンマ…100円

単品
水ギョウザ…400円/炊き込みご飯…200円/白飯…100円/スパムおむすび(池袋のどこかのらーめん屋仕様)…200円

【本日のデザート】
クリームブリュレ…250円/杏仁豆腐…250円


柳麺 呉田



関連ランキング:ラーメン | 北浦和駅



好み度:塩つけ麺~瑠そば~star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年9月15日(木)

【新店】Japanese Noodles 88-2

本日のランチは、9月3日にオープンした新店の『Japanese Noodles 88』で!

こちらの店は、東川口に開業した店で!
ミシュランの星を獲得した東京・巣鴨の店とは、何の関係もなし
(笑)

「淡麗鯛だしら~めん」と「濃厚煮干しら~めん」という2種のトレンドラーメンを提供する店で!
オープン初日から2日間は、ラーメンが500円で提供されて、大行列だったという情報だったけど!


オープンから2週間近く経って、どんな状況なんだろう!?
鯛ラーメンも煮干しラーメンも、どちらのラーメンも好きな人なので♪

店内連食を目論んで、店へと向かうことにした。
JR武蔵野線と埼玉高速鉄道が走る東川口駅から徒歩3分ほどの店へとやってきたのは11時45分になる時刻。


ちょうど1人のお客さんが入店するところで
店の外観写真をカメラに納めてから入店すると

「いらっしゃいませ♪」
ホールの美人女性スタッフの明るい声で出迎えられた♪


店内は、入口を入って左側が厨房になっていて!
そこには、イケメンとホールの彼女とは別の美人スタッフの2人がいて♪


客席は、その厨房前に4席のカウンター席!
ホールには、テーブル席1卓。


小上がりがあって、テーブルが2卓置かれて
その小上がりの仕切り壁に向かって座るカウンター席が4席あった。

お客さんは、すぐ前に入店したお客さん1人だけで
なぜか、小上がりの仕切り壁に向かって座るカウンター席に座っていた。

しかし、滞在中、お客さんは、先客1人に加えて、後から入店した1人だけで
大行列のできていたオープン当初からはだいぶ落ち着いた感じだったけど

ちょっと、落ち着きすぎじゃない!?
たまたま、私が滞在した時間帯だけがそうだったらいいんだけど

まずは、入口を入ってすぐ左の券売機で食券を購入!
麺メニューは、「淡麗鯛だしら~めん」、「濃厚煮干しら~めん」、「濃厚煮干しつけめん」の3種類で!


「特」が冠された3種類の「ら~めん」、「つけめん」と「チャーシュー丼」が大きなボタンになっていて!
店の売りなのは明白
(笑)

【新店】Japanese Noodles 88-3

ただ、そんな店の戦略に乗せられたくないのと
今日は、「淡麗鯛だしら~めん」と「濃厚煮干しら~めん」の2杯を連食するつもりできているので、デフォルトのラーメンにするつもりだったんだけど!

ホールの女子から「特」が、お「得」だとすすめられて
確かに、アップ額も少ないようだったので!

彼女のおすすめに従うことにして
「淡麗鯛だしら~めん」の方を「特」にすることにして

千円札差し込んで、「特淡麗鯛だしら~めん」の食券を購入。
さらに、もう千円を差し込んで、「濃厚煮干しら~めん」の食券を買おうとしたんだけど


なぜか、何回やっても千円札が入っていかない
3回繰り返してダメだったので、後で食券を買うことにして(汗)

厨房前のカウンター席について
ホールの女性スタッフの子に「特淡麗鯛だしら~めん」の食券を渡して、ラーメンができるのを待つ。

なお、こちらの店は、厨房前にカウンター席があるとはいっても
カウンターの壁が高くて、厨房の様子は観察できないのが、ちょっと、残念

というわけで、店内の様子を観察しながら待っていると
4分ほどで「特淡麗鯛だしら~めん」が着丼!

【新店】Japanese Noodles 88-4【新店】Japanese Noodles 88-5

豚肩ロース肉のレアチャーシュー豚バラ肉のチャーシュー味玉穂先メンマあおさ、白髪ネギ、青ネギがトッピングされた!
キレイなビジュアルのラーメン♪


「鶏ガラスープ×鯛1日10kg使用のWスープ」と黒板に解説のあったスープをいただくと
じんわりと鶏と鯛が感じられる、メニュー名通りの「淡麗」なスープで!

【新店】Japanese Noodles 88-6

『真鯛らーめん 麺魚』のような鯛感はない。
よくいえば、癖がなく、スープは個性を抑えた万人向けの味わい♪


だから、食べ終わって、男性スタッフの人からラーメンの感想を聞かれて
そう答えたけど

そして、スープの色合いも淡麗で、味付けも淡麗かというと
そうではなく、結構、カエシが強めで!

特徴的なのが、甘めの味付けで!
カエシは、万人向けといえるかどうかはわからない。


関西だったら
特に大阪では受けそうな味わいには感じられたけど

麺は、カネジン食品製の全粒粉入りの中細縮れ麺で!
食感は、つるっ、ぽくっ、ぼそっ


【新店】Japanese Noodles 88-7

駅の立ち食いそば屋で食べるそばを食べているような食感の麺で
食感は、やや、やわらかめ。

でも、個人的には嫌いじゃない!
この食感♪


それに、啜り心地も悪くないし!
スープとの相性もよかったし♪


トッピングの具では、存在感のある大きな穂先メンマがよかった♪
大きいから、根元の部分はカタいんだろうなって思っていたのに


【新店】Japanese Noodles 88-8

そんなことはなく、根元部分までやわらかくて!
穂先のシュクシュクとした食感が最高だったし♪


豚肩ロース肉のレアチャーシューも、厚みが薄かったものの
しっとりとした食感に仕上がっていてよかった♪

【新店】Japanese Noodles 88-9

豚バラ肉のチャーシューは冷たて
味玉もただの煮玉子で普通

【新店】Japanese Noodles 88-10

でも、あおさは、スープとは合っていたし!
白髪ネギおシャキシャキとした食感もよかったけど♪


ただ、スープが、ちょっと、期待していた味わいとは、かけ離れたものだったので
3種類の煮干しを一杯当たり70g使ったという「煮干しら~めん」を食べるのはパスすることにして店を後にした。

【新店】Japanese Noodles 88-11【新店】Japanese Noodles 88-12【新店】Japanese Noodles 88-13【新店】Japanese Noodles 88-14

メニュー:特淡麗鯛だしら~めん…950円/淡麗鯛だしら~めん…820円/味玉淡麗鯛だしら~めん…920円

特濃厚煮干しら~めん…900円/濃厚煮干しら~めん…780円/味玉濃厚煮干しら~めん…880円

特濃厚煮干しつけめん…980円/濃厚煮干しつけめん…850円/味玉濃厚煮干しつけめん…950円

各種大盛り…100円

味玉…100円/チャーシュー…250円/メンマ…100円/青ネギ…50円/玉ネギ…50円/つけめん辛味…50円

チャーシュー丼…350円/ライス…150円/半ライス…100円/大盛りライス…250円


ジャパニーズ ヌードル ハッパ



関連ランキング:ラーメン | 東川口



好み度:特淡麗鯛だしら~めんstar_s30.gif
接客・サービス

star_s40.gif
ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m