FC2ブログ
訪問日:2014年1月26日(日)

らーめん 長【弐】-1

先日、何年かぶりで訪れた『東京らぁめん ちよだ』

店の周りには何もない
辺鄙な場所にプレハブ小屋を建てて営業しているラーメン店。

最寄りの東武野田線の逆井駅から歩いていけないこともないけど、めっちゃ歩く
お客さんのほぼ100%が車で来店する。

建設資材を販売する会社を経営していた先代が、好きが高じて始めたラーメン店で!
『永福町大勝軒』インスパイアの煮干しを効かせた「中華そば」を出す。


今日はまた、こちらの店で、2代目のつくる「中華そば」を食べようか
と思ったんだけど…

ふと、思い出したのがらーめん
『東京らぁめん ちよだ』と同じで、『永福町大勝軒』ライクな「中華そば」が食べられる店で!

『ちよだ』から近い柏市の南増尾にあって!
『ちよだ』同様、最寄り駅から歩くのは困難な場所にある。


元々は市川に店があって、1度、閉店。
そして、この地に2012年の11月30日に再オープンした!


『永福町大勝軒』本店でも、その系列店でも修業経験はなく、独学で『永福町大勝軒』ライクな「中華そば」を作り出したのも同じ!
さらに、麺も『永福町大勝軒』御用達の「草村商店」のものを使用しているのもいっしょで、『ちよだ』とともに、東京・杉並から配達してもらっている。

こちらの店には、過去に1度、訪問したことがあって!
基本の「中華そば」をいただいた。


なかなか美味しい豚骨清湯煮干しの醤油ラーメンで、結構、好みの味わいだった!
『ちよだ』との違いは、煮干しの頭と内蔵を取り除いて使っているので、煮干しの苦味やエグミが感じられないところ。


煮干しは、苦味やエグミが感じられなければという思いもあるけど
今日は、開店して1年ちょっと経つ、こちらの店の様子見に行ってみることにした。

ただし、車でしか行けない店で、駐車場が少ないので
停められなかったら、『ちよだ』に行こうと思って、午後の2時20分を過ぎた遅めの時間に店の前までやって来たところ

幸いなことに、店の隣に2台ある駐車場のうちの1台のスペースが空いていた。
車を停めて、入店すると


こんな時間なのに、店内はお客さんでいっぱい!
辛うじて、空いていた1席に座って、メニューを見ると


1年ちょっと前に来たときに比べて、メニューが増えていた。
従来からあった「中華そば」650円と「つけめん」680円に加えて!

辛味噌で仕上げたという「辛旨そば」750円に「辛つけめん」850円
「中華そば」にワンタン、味玉、白髪ネギがトッピングされた「ちょうすけそば」900円!


らーめん 長【弐】-2らーめん 長【弐】-3

土日10食限定の「長系そば」900円なるものまであった。

らーめん 長【弐】-4

さて、何にしようか
「中華そば」にワンタンをトッピングして食べるつもりだったけど

まず、気になるのが土日10食限定の「長系そば」!
それに「辛旨そば」!


辛味噌味の煮干しラーメンというのも少ないので、食べてみたかった!
でも、限定という言葉に弱い私
(汗)

ただ、10食限定で、この時間だから
残っているかどうか

そこで、あったら限定の「長系そば」!
なかったら「辛旨そば」にしようと決めて!

厨房のパリッとしたコック服に身を包んだ店主に聞いてみたところ

まだ、限定は残っているということだったので!

これを注文しようとして

しかし、これが、どんなスープのラーメンなのかがわからないので、店主に尋ねたところ

「えー…醤油というか?味噌というか?」
「新しい味わいのラーメンです。」


何か、よくわからなかったけど、乗ってみることにした。
注文すると、麺の量を聞かれたので、普通盛でお願いすると

さっそくラーメン作りに入る店主!
そうして、「長系そば」を完成させた。

らーめん 長【弐】-5らーめん 長【弐】-6

キレイに澄んだ清湯スープの「中華そば」とは違って、少し濁りのあるスープをいただくと
確かに、店主が言うように、醤油のような味噌のような

でも、味噌に醤油を加えた味わいのスープは、分類すれば味噌ラーメンで!
新しい味わいという感じはしなかったかな
(汗)

「何処にもない味わいでしょう!?」
店主からはそう言われたけど…

過去に、成田の『麺や 福一』で、こんな、味噌なのか醤油なのかわからないような味わいのスープをいただいたことがあるし

基本は、あっさりとした清湯スープの味噌ラーメンといった感じの味わいで!
ただ、味噌が強いために、煮干しの主張は控えめに感じられる。


なお、店主から…
「途中で、ラー油にニンニクを追加するといいですよ!」言われて…

やってみたんだけど
こうすると、ラー油とニンニクにスープが支配されてしまうので

あまり、おすすめはできないかな

らーめん 長【弐】-7

麺は、「草村商店」の麺が使われてはいたけど、伝統的に『永福町大勝軒』で使われている20番縮れ麺ではなく、18番くらいの中太麺が使われていて!
悪くはないんだけど


らーめん 長【弐】-8

できれば、20番の縮れ麺で食べたかったかな
あの独特な、やわらかめの食感の麺が好きだし、このスープとも合っていると思うので!

トッピングされた豚バラの巻きチャーシューは美味しかったし♪
細切りメンマのポキポキとしたカタめの食感もよかった!

それに、白髪ネギのシャキシャキとした食感もよかったし!
味玉も悪くはなかったかとは思ったけど!


ただ、この白髪ネギに味玉半分が多くトッピングされただけで
後は、味噌醤油味になっただけで

「中華そば」より250円高の900円という価格は
ちょっと割高に思えた

味と価格を考えたら、こちらの店のおすすめは「中華そば」!
それと、トッピングのワンタンは、3個付いて100円だから!

やっぱり、最初の予定通り!
「中華そば」にワンタンをトッピングして食べるべきだったかな


今度、来る機会があったらそうするつもり!
ご馳走さまでした。

らーめん 長【弐】-9

メニュー:中華そば…650円/肉中華そば…850円
つけめん…680円/肉つけめん…880円

辛旨そば…750円/辛つけそば…850円
ちょうすけそば…900円

各種麺の大盛り(1玉増し)…100円
トッピング
味玉…100円/肉2枚…100円/メンマ多め…100円/白髪ネギ…100円/ワンタン(3個入り)…100円

【土日10食限定】長系そば…900円


らーめん長




関連ランキング:ラーメン | 逆井駅増尾駅常盤平駅



好み度:長系そばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2013年11月17日(日)

東京らぁめん ちよだ【参】-1

先週の木曜日に、東京・亀有に9月11日にオープンした『中華蕎麦 みつばち』を訪ねて、唯一のメニューである「中華そば」をいただいた。

『永福町大勝軒』風の「中華そば」は、煮干しの効いた美味しいラーメンだった♪
ただ、魚介出汁には、煮干しの他に鰹節も使っていたので、もっと、煮干しが前面に出た『永福町大勝軒』らしい一杯が食べたくなった。


そこで、本日、息子といっしょに、車で向かったのは東京らぁめん ちよだ

こちらの店は、建築資材の会社を経営していた店主が、ラーメン好きが高じて開業した店で!
店主は独学で、この味を作り上げたということだったけど


店で出される「中華そば」を見れば、これが『永福町大勝軒』か、その系列店の「中華そば」をリスペクトして作ったラーメンなのは明らか(笑)

最寄り駅の東武野田線の逆井駅からもかなりの道のりを歩かないといけない
ほぼ、アクセスは車に限られる店に着いたのは、もう午後の2時近い時刻

しかし、こんな時間だというのに、日曜日とはいえ、何と、広い駐車場は満車!
そこで、駐車場があくまで待つことにしたんだけど


あとで調べてみると、以前に訪ねたのは、もう7年以上にもなる、こちらの店!
7年前に訪問したときもそうだったけど


失礼ながら、こんな、周りにも何もない辺鄙な場所にある店だというのに
今でも、こうして、これだけのお客さんを集客し続けているというのはすごい!

少し待っていると、1台、車が出ていって!
入れ替わりに車を停めて店の中へ!


そして、空いていた席に座って、メニューを見て!
注文したのは


私が「ワンタン麺」!
息子は、土日限定の「醤油豚骨ラーメン」を麺2玉の中盛で!


東京らぁめん ちよだ【参】-2

目の前の厨房には、店主の姿はなく、店主の奥さまと二代目が立っていた。
ラーメンを作るのは二代目の仕事!


緑色の箱に赤色の文字で「大勝軒」と印字された「草村商店」の麺箱から麺を取り出して、麺を茹で!
大きな寸胴からスープをしゃくってラーメン丼にスープを注いで、次々とラーメンを完成させていった。


そうして何個かのラーメンが作られた後に…
まず、出されたのが息子の注文した「醤油豚骨らーめん」の中盛!

東京らぁめん ちよだ【参】-3

少し、味見させてもらったところ…
昔とまったく変わらない味わいで、この、まったりとした味わいの豚骨醤油味のスープが、癖になる味わいでいいんだよね♪

そうして、「醤油豚骨らーめん」に続いて、運ばれてきた「ワンタンめん」!
着丼した途端に、香る煮干しのフレーバーが、ニボラーの食欲をそそる(笑)

東京らぁめん ちよだ【参】-3東京らぁめん ちよだ【参】-4

スープ表面に浮かぶ熱せられたラードで口の中を火傷しないように!
用心しながらスープをいただくと


そう、この味!
おやじさんが7年前に作ってくれた「中華そば」そのものの味わい!


ゲンコツを煮出して、白濁しないように気をつけて
この豚骨清湯スープに、煮干しを中心とした魚介出汁を合わせたスープで!

煮干しが効いていて、背黒のうま味とともに苦味が感じられるのがいい!
美味しいので、グビグビと飲んでしまう♪


さらに、おやじさんが作っているときは、多少、スープにブレがあって、いいときと悪いときのバラツキがあったし!
味が薄かったり、濃かったりという味付けのバラツキもあった。

しかし、今回のスープは、ほぼ完璧で、スープからは、煮干しのいい出汁が出ていたし♪
味付けも、塩加減の塩梅もバッチリ!


それと、よかったのは、麺の茹で加減に!
チャーシューが美味しくなっていたこと♪


麺は、『永福町大勝軒』の麺を製麺している東京・杉並の『草村商店』から配達してもらっている中細縮れ麺で!
ぼそぼそというか、もそもそというか、独特の食感が特徴の、やや、やわらかめに感じられる麺!


東京らぁめん ちよだ【参】-5

好き嫌いが分かれそうな麺だけど
なぜか、この煮干しスープにはバッチリ合っている!

ただ、こちらのおやじさんは、少し、麺を茹ですぎる帰来があって
いつも、麺カタで注文していたのに

今日は、うっかり忘れてしまった(汗)
しかし、今日の二代目が茹でた麺の茹で加減は絶妙だったし♪

それに、こちらの店の一番の弱点はチャーシューの味わいだったのに、美味しく進化していたのが一番の驚ろきだった(笑)

コリコリとした食感の細メンマは、従来通り、食感も味わいもいいものでよかったし!
わずか70円増しでトッピングできるワンタンは、餡が少ないものの、皮がトゥルンとした食感のもので、量も多くてお得♪


東京らぁめん ちよだ【参】-6

美味しくいただきました♪
ご馳走さまでした。



メニュー:中華そば…680円/チャーシューめん…850円/ワンタンめん…750円

塩らーめん…740円/塩チャーシューめん…940円/塩ワンタンめん…940円

四川風
味噌らーめん…830円/味噌チャーシューめん…950円/味噌ワンタンめん…940円

醤油つけめん…750円/塩つけめん…750円/味噌つけめん…750円

土日限定
醤油豚骨らーめん…650円/塩豚骨らーめん…740円/味噌豚骨らーめん…740円/ねぎ豚骨らーめん…780円

めん類
中盛(2玉)…150円増し/大盛(3玉)…300円増し

トッピング
味付け玉子…50円/メンマ…100円/ねぎ…100円/岩のり…100円/バター…100円/もやし…100円/ワンタン…210円/チャーシュー…210円


ちよだ

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 逆井駅



好み度:ワンタンめんstar_s45.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2013年9月7日(土)

【新店】暖家-1

8月8日に千葉県柏市の南増尾にオープンした新店の『

オープン早々に訪問して、ラーメンデータベースに書き込んでいたじゃいさん「イブ庵コラボ」でお会いして!
直接、この『暖家』の率直な感想をお聞きしたところ

なかなか高評価の店だったので!
本日の訪問になった。


ただ、こちらの店は、地図を見る限りは、最寄りの東武野田線の逆井駅や増尾駅からもかなり歩くので
訪問は車で!

店の住所をカーナビにセットしてやって来ると
店は、住宅が連なる住宅地の一番端の幹線道路沿いにあって!

住宅の一階部分を改造した一軒屋レストランという趣の店だった。
店の前に3台あった駐車スペースの1つが空いていたので、車を停めて、店へと入っていくと


【新店】暖家-2

店内は、お客さんでいっぱい!
でも、1人掛けのテーブル席があって、唯一、その席だけが空いていた。


メニューを見ると、こちらの店はラーメンメニューもあるものの、中華料理のメニューもあって!
この豊富なメニューの中から、注文したのは「鶏白湯麺、丼」!


【新店】暖家-3

なお、「麺、丼」とあるのは、麺にするか、ご飯の丼にするかを選ぶということで
もちろん「鶏白湯麺」を選択したんだけど

「鶏白湯」だと、ちょっとわかりにくいかもしれないけど、「麻婆豆腐」ならわかりやすいかと思う。
つまり、「麻婆ラーメン」にするか「麻婆丼」にするかということ!


そして、醤油と塩から好みの味を選択できて!
女将さんから聞かれたんだけど

逆に、どちらがおすすめなのかを聞き返すと…
「お客様のお好みですけど…」

一瞬のためがあって…
「塩の方をお召し上がりになるお客様が多いようです。」

そう言われて!
注文は「塩」に決定♪

あとは、杏仁豆腐か、ご飯が100円増しで付くお得なセットもあったけど!
注文は単品で!


【新店】暖家-4

厨房は店の奥を右に曲がった右の広いスペースにあって!
席から、店主が鍋を振って炒飯を作っている姿を垣間見ることができた。


ただ、厨房とホールの間は、ロールカーテンが下ろされていることが多かったので
あまり厨房の様子はわからなかった。

そうしているうちに、ずいぶんと大きな丼に入れられた「鶏白湯麺」が、女将さんによって配膳された。

【新店】暖家-5【新店】暖家-6

しかし、この丼!
単に口が広いだけではなく、深さもあるので!


スープがいっぱいなのが嬉しい♪
それと、美白なスープに鶏チャーシュー、味玉紫カイワレ菊の花水菜とんぶりに、が載るラーメンのビジュアルが彩り鮮やかで美しいのがいい♪


じゃいさん情報で事前にわかっていた2層スープは、下層が鶏清湯スープで!
上層が鶏白湯のあんかけスープということだったけど!


混ぜ合わせてスープを飲んで見ると
トロミのある適度に濃厚さのある鶏白湯スープで!

鶏のうま味が、しっかりと出ていて美味しい♪
塩分濃度もちょうどいい塩梅だったし!

そして、スープの中に湯葉が入っていて!
食感的にも面白かった♪


麺は、中細縮れ麺が合わされていて!
やや、やわらかめの食感の麺で、ちょっと、スープに負けてしまっているようにも感じられたけど

【新店】暖家-7

スープとの絡みはバツグンで、美味しくいただけたので!
これはこれでいいんじゃないかと思う。


鶏チャーシューは、しっとりとした食感の蒸し鶏で、味、食感ともよかったし♪
菊の花、水菜、とんぶり、お麩は、味云々より見た目がいいのがよかったし♪

【新店】暖家-8【新店】暖家-9

次回は、こちらの店のスペシャリテである!
火鍋のように真ん中が仕切られて、醤油味の鶏白湯と塩味の鶏白湯の2つのスープが楽しめるという「暖家名物 陰陽麺」を食べてみようかな♪


【新店】暖家-10

メニュー:暖家名物 陰陽麺…980円/鶏白湯麺、丼…780円/野菜たっぷりタンメン…780円/土鍋担々麺…880円/麻婆豆腐麺、丼…880円/黒酢サンラー麺…880円/フカヒレ麺、丼…1500円

五目チャーハン…780

麺、御飯大盛り…+150円

暖家

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 逆井駅増尾駅



好み度:鶏白湯麺star_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2013年5月4日(土)

太陽食堂-1

本日は、前々から気になっていた柏市の東武野田線・逆井駅前にある店へと出掛けることにした。
その店は『らーめん 太陽食堂』!


以前に、『永福町大勝軒』をリスペクトした「中華そば」を食べさせてくれる『ラーメン 長』を訪問したときに、店主から教えてもらった店で!
『ラーメン 長』同様、『永福町大勝軒』御用達の東京・杉並にある草村商店の麺を使う。


草村商店の麺を使う店は、この千葉の柏、松戸エリアでは何軒かあって!
『永福町大勝軒』の流れを汲む『大勝』に、『大勝』で修業した店主が開いた『中華そば まるき』


『永福町大勝軒』インスパイアの『東京らーめん ちよだ』
そして、『らーめん 長』!


共通する特徴は、煮干しの効いた『永福町大勝軒』風の「中華そば」を出すところ!
きっと、こちらの店も、煮干しの効いた一杯が食べられるんじゃないか


そう思って、この「草村商店」の麺を使う未訪店を訪ねたのは、午後の1時近い時刻。
入店すると、店の手前にあるテーブル席はお客さんでいっぱい!


奥のオープンキッチンの厨房と接するカウンター席に座って!
メニューを見ると

「ちゃーはん」「中華丼」「餃子」と…
「らーめん」以外のメニューもあったけど

「食堂」という割には麺類以外のメニューは少なくて
「らーめん食堂」といった感じの店!

太陽食堂-2

店主のお母さまと思われる方に注文したのは「しょう油ラーメン」
通常350円の「半ちゃーはん」が250円になるお得なランチセットもあって、一瞬、迷ったけど、今日のところはパスすることにした。

太陽食堂-3

厨房では、「中華丼」の大盛り2人前と「餃子」2人前の注文を受けた店主が、中華鍋に、寸胴からスープを注ぎ、野菜を炒めて、「中華丼」に掛ける餡を作っていた。

そして、「中華丼」を完成させて、「餃子」を焼き上げると…
「しょうゆラーメン」作りに入る店主!

麺をテボに投入すると!
先ほど、「中華丼」を作っていたときにも使われていた寸胴のスープが、中華鍋ではなく、ラーメン丼に注がれると


茹で上がった麺が入れられて
チャーシュー、メンマ、海苔が載せられて!

これで「しょうゆラーメン」の完成!

店主のお母さまの手によって運ばれてきたんだけど…

スープは、「中華丼」や、他の料理にも使われるユーティリティな清湯スープがそのまま「しょう油らーめん」にも使われていて
正直、あまり、期待はできないかな

見た目は、『大勝』や『東京らーめん ちよだ』のようなシンプルなビジュアルのラーメン!
ただ、スープ表面にはラード層がなく、油は少なめ。


太陽食堂-4太陽食堂-5

スープをいただくと…
『永福町大勝軒』風の「中華そば」を食べさせる他店とは違って、煮干しが前面に出た味わいではないけど

鶏ガラにゲンコツの動物系に煮干しと節の魚介が合わせられた味わいのスープは、動物系も魚介系も、出汁のうま味がしっかりと出ていて!
スープのバランスもよくて!

思ったよりずっと美味しいスープだったし♪
このスープを「中華丼」に使うのが、逆に贅沢に感じられた!


草村商店の中細縮れの麺は、やや、やわらかめのこの食感が何ともよくて!
スープとも合っていて、美味しくいただけた♪


太陽食堂-6

しかし、なぜ、草村商店の麺を使っているのか?

『永福町大勝軒』かあるいは、『大勝』か『東京らーめん ちよだ』か
これらの店と何らかの関係があるのか

疑問を店主にぶつけてみたところ
まったく関係はないとのことだった。

では、なぜ、草村商店の麺を使ったかというと

店主がたまたま、『東京らーめん ちよだ』で草村商店の麺を食べて、美味しい麺だと思っていたところ!

たまたま、店の前に草村商店の麺を配達する車が停まって

電話番号を控えて、電話したのがきっかけだということだった。

結果的には、『永福町大勝軒』他の店とは何の縁も縁もない店だったけど
でも、それはそれで、事実がわかってよかった。

「東京のノスタルジックな醤油ラーメン」を洗練させて現代風にアレンジした、「ネオクラシックな東京醤油ラーメン」といった感じのラーメンで!
あっさりとした清湯スープの醤油ラーメンが好きな人には、おすすめしたいラーメン♪

今度、来訪したら、ラーメンのスープを使って作った「中華丼」か「あんかけラーメン」を食べてみたいな!

ご馳走さまでした。

太陽食堂-7

メニュー:しょう油
らーめん…600円/ネギらーめん…700円/ちゃーしゅーめん…800円/ネギちゃーしゅー…900円/つけめん…680円/あんかけらーめん…680円

みそ/辛みそ
みそ…680円/ネギみそ…780円/みそちゃーしゅー…880円/ネギみそちゃーしゅー…980円
※白髪ネギ、辛ネギ選べます。

トッピング
ちゃーしゅー(5枚)…250円/ネギ…100円/メンマ…100円/のり…100円
中盛(半玉増量)…50円/大盛(1玉増量)…100円


ちゃーはん…550円/中華丼…600円
半ちゃーはん…350円/ミニちゃーしゅー丼…300円/餃子定食…600円/ライス(大盛サービス…150円
餃子(5ケ)…300円/半餃子(3ケ)…200円


太陽食堂

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 逆井駅増尾駅



好み度:しょう油らーめんstar_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2012年12月9日(日)

【新店】らーめん長-1【新店】らーめん長-2

本日は、11月30日オープンの新店らーめんへ!

店の場所は柏市の南増尾にあって、最寄り駅の東武野田線逆井駅からも、増尾駅からも20分以上歩く…
車でしか行きにくい場所にある。


車で、午後の1時15分過ぎに店の前までやって来たところ!
店の右脇にある2台の駐車場は埋まっていた。

近くにコインパーキングもなくて困ったなと思ったら、ちょうど店からお客さんが出てきて、車を停めることができた!

ラッキー♪

入店すると
8席あるうち、6席が埋まっていた。

すぐに席につくことができたけど…
私の後に2人!

さらに、2人、3人と入店して!
店内の待ち合いの椅子に掛けて待つお客さんも出た。


オープンしたばかりで!
失礼ながら、アクセスのいい場所にあるわけでもないのに


しかも、日曜日とはいえ、この時間にしては
結構、お客さんが入っている!

席について、壁際にあった大きなお品書きを見て…
「中華そば」を注文!

【新店】らーめん長-4

厨房にはコック服に身を包んだ店主がいて、先客のラーメンを作っていた。
緑色した「大勝軒」と書かれたプラスチック製の麺箱から麺を1玉取り出すと

麺を解すようにして広げて、持ち上げては下ろすという作業を行い!
麺を空気に触れさせた後にテボへと投入!

そして、蓋をしていた寸胴の蓋を取ると、おたまでスープをすくっては落とすという!
柏の『大勝』で見た光景と同じ仕種を繰り返した。


だから、『大勝』での修業経験でもあるのかなと思ったんだけど
店主からは…

「独学です。」という答えが返ってきたので…
違うようだ。

そうして、先客の「中華そば」が3個作りされて!
その後にまた、3個作りされた「中華そば」の1つが私に出された。


【新店】らーめん長-5【新店】らーめん長-6

煮干し香るラーメンの見た目は!
『大勝』のものに似ている。


違いは、チャーシューが豚バラの巻きチャーシューが使われていることと!
スープの色が、『大勝』に比べて濃い色をしていること!


表面を覆うラードは『永福町大勝軒』系の店と、それをインスパイアした店共通の特徴だけど!
香りがあまりキツくないし、『大勝』のように、ラードが熱々のスープに蓋をして、すぐに飲めないということもなかった。


豚骨清湯煮干しのスープで、味は、完全に『永福町大勝軒』系の味わい!
先日、食べた『大勝』のラーメンに比べると、返しの醤油が濃いのがいい!


煮干しは、やや、弱めにも感じられたけど
煮干しのエグミや苦味が一切、感じられずに、感じられるのは、煮干しのうま味だけ♪

店主によると!
(煮干しの)頭と内蔵を取り除いて使っているので、苦味やエグミは出ません。」ということだったけど!

近くにある、同じ『永福町大勝軒』インスパイアの『東京らぁめん ちよだ』のラーメンは、よくも悪くも、うま味とともにエグミや苦味もドバッと出したラーメンだから!

『永福町大勝軒』系の煮干しの効いた「中華そば」が好きな方で!
しかし、煮干しのエグミや苦味は、あまり強くない方がいいという方は、こちら『らーめん長』へ!

反対に、エグミや苦味がないと物足りないと思われる方は『東京らぁめん ちよだ』へ!

そんな選択もありだし!

この2つを食べ比べてみるのも面白い♪
スープを飲んで、そんなことを感じた。

先ほど、「大勝軒」と書かれた緑色の麺箱から取り出された麺は、『永福町大勝軒』系の店は基より、『永福町大勝軒』インスパイアの店でも愛用されている「大勝軒草村商店」の麺で!

やわらかめの食感の、中細縮れの麺の食感がとてもいいし!
それに、麺の味わいが何とも好み♪


【新店】らーめん長-7

昔から食べ慣れていることもあるとは思うけど!
この『永福町大勝軒』系の「中華そば」の醤油味のスープには、やはり、この麺が合う♪

具のチャーシューは、失礼ながら、あまり、チャーシューが美味しくない『永福町大勝軒』系の店に於いて、初めて美味しいと感じたチャーシューだったし!
ポキポキとしたカタめの食感のメンマも、しっかり『永福町大勝軒』していてよかったし!


美味しかった!
場所は,お世辞にもいいところにあるわけではないけど、この味ならいける!

接客も好感が持てたし、ガンバってほしい!

ご馳走さまでした。


PS 駐車場は、店の脇にある2台のスペースの他に、道路を挟んだ店の左斜め前の場所にも2台分のスペースを確保したそうで、計4台駐車できるようです♪

【新店】らーめん長-3

PS2 あとで、「らーめん長」をググってみたところ、千葉拉麺通信の古い記事を発見!
それによると、こちら「らーめん長」は市川にあって、一度、閉店した店だった。

そして、ライターの山路力也さんは、ずいぶん厳しい評価をしていたけど
今日のスープには、しっかりと煮干しのうま味が出ていたし!

「コクというか深みに欠けて平坦な味わい」のスープでも!
「ガツン度というかパンチに欠けたスープ」でもない!


麺についても酷評されていたけど
現在、使っているのは「大勝軒草村商店」の麺であり!

「どうにもこうにも食感、味わい、茹で加減、全てにおいて麺が弱い!」等ということは決してないと断言する。
また、麺は、「大勝軒草村商店」の配送ルートに組み込まれていて、『大勝』@柏→→『らーめん長』@南増尾→『太陽食堂』@逆井→『東京らぁめん ちよだ』@逆井→『中華そば まるき』@松戸という順番で打ち立ての麺が配達される。

山路さんにはぜひ、新生『らーめん長』で「中華そば」を食べていただいて!
再度、評価をしていただきたいな…


【新店】らーめん長-8【新店】らーめん長-9

メニュー:中華そば…650円/つけめん…680円
肉中華そば…850円/肉つけめん…880円

麺の大盛り…100円増し

らーめん長




関連ランキング:ラーメン | 逆井駅増尾駅常盤平駅



好み度:中華そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m