FC2ブログ
2008.06.05 麺処 みどり
訪問日:2008年6月5日(木)

麺処 みどり-1


高崎を代表する…
いや、群馬を代表するラーメン店!
それが、こちら「麺処 みどり」!

昼は「塩ラーメン」…
夜は「醤油ラーメン」を出す店で、屋号は同じながら、東京・世田谷の「ひるがお/せたがや」と同じ営業スタイル!

まるで、懐石料理を出す料亭のようなアプローチに門構えの店!

麺処 みどり-2


麺処 みどり-3


わたしがお邪魔したのはお昼休みに入った12時8分!一番の書き入れ時…

しかし、意外にすんなりと入れて、座敷に通された…
今日は2人で行って、連れが「塩ラーメン」を…
わたしが「塩つけめん」を「中盛」「味玉トッピング」で注文!

本当はネットの「ラーメンデータベース」で見た、皿の中が四分割された四角い皿に具が盛られた「特製つけめん」を食べたかったんだけど、店の都合により提供をやめてしまったようで…

さらに、2種類の麺が別々の器に盛られて出される「合いもり」もなくなってしまったようだ…

麺処 みどり-4


麺処 みどり-5


これは残念…
ぜひとも復活させてほしい…

注文してから7分ほどで、連れの「塩ラーメン」が運ばれてきた!

麺処 みどり-6


続いて、1分遅れでわたしの「塩玉つけめん」も出される。

麺処 みどり-7


さっそく麺からいただくと…
ポクポクとした食感の麺!
食感的には「嗟哉」、「ラハメン ヤマン」に似た路線の麺で、悪くはない。

麺は「小林製麺」から購入しているものだけど、細目の中太ストレート麺で、上記の2店の自家製麺に見た目、食感とも似ている…

麺処 みどり-8


つけダレにつけて感じたんだけど…
こういった、あっさり系に油のコクで食べさせる「塩つけめん」には、あまり太くないこれくらいの太さの麺が合うと思う。

実際、この麺は、ちょうどいい感じでつけダレに絡んで美味しく食べられた!

つけダレは、鶏と魚介の旨味出汁がよく出ている!

鶏油と思われる油はかなり多め!
でも、この油がつけダレにコクを与えていて、美味しくいただけた。

具のチャーシューは細かく刻まれたもの…
味はよかったので、トッピングしたらいいかもしれない…

味玉は、味付け、茹で加減とも申し分はないんだけど…

麺処 みどり-9


冷蔵庫で冷やされたものかそのままドンと麺の上に載せられ出されるので…
つけダレに入れると、つけダレが冷めてしまった…

テボに入れて温める等…
気を遣ってくれると有り難かった…

最後に作ってもらったスープ割りだけはイマイチだった…

連れの頼んだ「塩ラーメン」のスープに比べると数段クオリティで劣る…
なんでだろう?

座敷を出て会計して帰ろうとしたら、お客さんが店の中のベンチに座って順番待ちをしており、外にも順番待ちのお客さんがいた…

群馬では昼食のスタートが遅いのか?

ただ、やはり、人気店なんだということはわかった!
今度行く機会があれば、夜の営業時間に訪れて、ぜひ、「濃厚豚骨煮干しつけめん」を食べてみたい!

麺処 みどり-10


麺処 みどり-11


麺処 みどり-12


住所:群馬県高崎市筑縄町10-23
電話:027-364-
営業時間:【昼の部】11:30~14:30
【夜の部】18:00~21:00
※土日は昼の部のみの営業(何れの場合も、スープ切れ次第終了)
休日:月曜
アクセス:JR信越本線・北高崎駅
環状線ボンジョルノ本店・ケンタッキーの信号を南下、400m程進み、六郷公園の信号を西(右)へ、200m程進んだ道沿い。ドラッグ スギの前

メニュー:【昼の部 塩らーめん】
らーめん…650円/味玉らーめん…750円/かけそば(具はねぎのみ)…500円
※細麺(130g)、太麺(160g)から選択
大盛(太麺のみ)…150円/替玉…150円

つけめん 小(160g)…700円/つけめん 中(240g)…700円/つけめん 大(320g)…800円/つけめん 大(480g)…900円/
味玉つけめん 小(160g)…800円/味玉つけめん 中(240g)…800円/味玉つけめん 大(320g)…900円/味玉つけめん 大(480g)…1000円

【夜の部 醤油の部】
らーめん…650円/味玉らーめん…750円/かけそば(具はねぎのみ)…500円
※細麺(130g)、太麺(160g)から選択
大盛(太麺のみ)…150円/替玉…150円

つけめん 小(160g)…700円/つけめん 中(240g)…700円/つけめん 大(320g)…800円/つけめん 大(480g)…900円/
味玉つけめん 小(160g)…800円/味玉つけめん 中(240g)…800円/味玉つけめん 大(320g)…900円/味玉つけめん 大(480g)…1000円

豚骨煮干しつけめん(300g)…750円/大盛(450g)…900円
味玉入り…100円増し
HP:http://plaza.rakuten.co.jp/mendokoromidori


評価:味玉つけめんstar_s40.gif

サービス・接客star_s35.gif
2008.06.05 麺屋 大谷
訪問日:2008年6月5日(木)

麺屋 大谷-1


群馬県の高崎に来ている!
目指すは「麺処 みどり」!
しかし、その前に…
せっかく、高崎まで来たのだから、もう一軒行ってみようと思ったのが、こちら、「麺屋 大谷」!

高崎では「とんこつらーめん」が美味しいと評判の店!
ただ、最近ではさらに、その「とんこつらーめん」に「鰹餡(かつおあん)」を加え、それを溶かすと「魚介豚骨らーめん」に変わるラーメンを出しているという。

「鰹餡」といえば、あの武蔵境の「きら星」のようなものなのか?

ただ、わたしは「きら星」は未食なのでわからないんだけど…

まあ、どんなものなのか?
まずは食してみなければ…

というわけで、やってきたのが「麺屋 大谷」!

店に入ると、「とんこつらーめん」独特のあの「ブタ臭さ」はない…

店の奥のカウンター席につくと、奥さんが水の入ったコップを持って現れる…

メニューを見て、「ら~めん」の小を探すと、細麺(130g)しかない…
「鰹餡」による「豚骨魚介ラーメン」への変化後の味を楽しむなら、太麺と思っていたので…
奥様に向かって…
『太麺は中盛の180gしかないんですか?』と尋ねてみた…

『わたしでも、中を食べちゃいますよ♪』との回答…
麺処 みどり」との連食を考えていたので、麺の量は少ない方がいいんだけど…
細麺にはしたくないし、太麺の「中」にするしかないかと思った矢先…

『太麺の小もできます♪』
『太麺だと麺の本数が少なくなって量も少なく感じますけど、少なかったら替玉もできますので…』
メニューをよく見ると、太麺(小)が奥様の言われたとおりの注意書きされていた…

麺屋 大谷-2


『じゃあ、とりあえず太麺の小でお願いします!』

店のカウンターのさらに奥にある厨房に消える奥様…

ラーメンができるまで、しばし店内の観察…

カウンターの背は高く、厨房までは観察ができない…
そのカウンターの天辺には各種焼酎の一升瓶…
夜は居酒屋としても営業しているのだろう…

目の前のカウンターの壁に貼ってあった「豚つけ」という夜限定のメニューも気になった。

麺屋 大谷-3


さらに「呼び戻し」という手法により、スープを継ぎ足し継ぎ足し使っているというのも気になる!
きっと、すごく濃厚なんだろうな…

麺屋 大谷-4


そんなことを考えていると…
「お待たせしました♪」
奥様が「太麺」「小」の「ら~めん」を運んできてくれた。

麺屋 大谷-5


やはり、ラーメンを前にしても、豚骨臭はあまりしない…
スープもマイルドで飲みやすい!

思っていたものとは違った「とんこつらーめん」だったけど、豚骨臭がしたり、豚骨の味が強すぎるのが苦手なわたしには好都合な「とんこつらーめん」といえる…

ただ、マイルドで食べやすいのはいいんだけど…
その分、豚骨の雑味も感じなかった代わりに旨味もあまり感じられなかったな…

卓上にあった紅生姜で口直しして…

麺屋 大谷-6


キャベツの上に載っていた「鰹餡」をスープに溶かし入れて食べてみると…
なるほど!
確かに「魚介豚骨」に変わった!

「豚骨」の出汁も強いけど、「鰹」の出汁というのもずいぶん強いんだなと改めて感じさせられた…

「とんこつ」として評価すると、そんなに高い評価はあげられないかもしれないけど、「豚骨魚介」としては、それなりに美味しい部類のスープだと思う!

麺は太麺といっても、そんなに太くはない。
実際の太さは太くも細くもない切り歯20番くらいの麺。

茹で加減はかたくもやわらかくもなくいい感じ!

ただ、「鰹餡」を溶かす前の「とんこつ」スープには、やっぱバリカタの細麺かな…

あとで会計のときに、最初細麺で、替玉を太麺の小にできないか聞いてみたけど…
『替玉は細麺だけなんですよ…』と断られてしまった…

具のバラのチャーシューはやわらかくて肉のジューシーさもあって、とても美味しかったし…

デフォルトで半分入った味玉はただの半熟の茹で玉子ではなく、本格的に味付けされたもので、味もよかった!

木耳の食感もすごくよくて…
具は完璧だったね!

2つの味を楽しめるラーメン!
アイデアは面白いし、実際、作者の意図通りに楽しむことができた!

近くにあったら、今日のように開店直後ではなく、もっと遅い時間に来て、少し煮詰まったスープでもう一度、食べててみたいな…

麺屋 大谷-7


麺屋 大谷-8


住所:群馬県高崎市筑縄町67-1
電話:027-361-6771
営業時間:11:00~15:00/17:00~23:30 ※スープがなくなり次第終了
休日:無休
アクセス:JR信越本線・北高崎駅から1.69㎞

メニュー:ら~めん 細麺(小)130g…680円/ら~めん 太麺(中)180g…730円/ら~めん 太麺(大)250g…780円
特製ら~めん 細麺(小)130g…880円/特製ら~めん 太麺(中)180g…930円/特製ら~めん 太麺(大)250g…980円
ら~めん 太麺(小)130g…680円/特製ら~めん 太麺(小)130g…880円
つけ麺(とんこつ魚介)小盛200g…750円/中盛300g…800円/大盛400g…850円
豚つけ(豚骨つけ麺)平日18:00~21:00限定…800円


評価:ら~めん 太麺star_s35.gif

サービス・接客star_s35.gif
2007.11.26 頑者【参】
訪問日:2007年11月26日(月)

頑者【参】-1

本日は「頑者」で連食!

2食目は、「つけめん」!
やはり、この店に来たら、これを食べずに帰るわけには行かないでしょう!

本日、シャッターで訪れ、未食の「ラーメン」をいただいた!

そのまま、もう1杯「つけめん」を食べててもよかったんだけど…
ここは「完全入替制」を採っているので、わたしだけ2品注文して、食べるのが遅くなってしまうと…
後続のお客さんをそれだけ待たせてしまうことになり、申し訳ない…

そこで、1度「ラーメン」を食べた後、また、午後にもう1度こちらに戻ってくることにした…

13時41分!
再び店を訪れると…

22人待ち…
午前中よりか3人多く並んでいる…

頑者【参】-2

きっと、ずっとシャッター前からこんな状態だったんだろうね。

しかし、13時半も回り、そろそろ14時になろうというのに、まだ、わたしの後ろに人が並ぶ…

20人を超える行列は、今まででもそう多くは経験していない…

昨年から今年にかけても数えるほどしかないのに…

13時57分に店員さんが注文を取りにきて…
「つけめんチャーシュー」を注文!

頑者【参】-3

「つけめんチャーシュー」にしたのは、先ほど「ラーメン」を食べたときに、左右隣りの人が、普通の「つけめん」に「つけめんチャーシュー」を注文していて…
普通の「つけめん」は、具がみんなつけ汁の中に沈んでしまっているのに対して…
「つけめんチャーシュー」は大量のチャーシューにより、味玉やなるとなどの具がつけ汁の上に浮かび、ビジュアル的にキレイだったのと、おいしそうに見えたから…

14時17分!
2度目の入店!

14時22分に、また大橋店主から「つけめんチャーシュー」を受け取った。

頑者【参】-4

結局、2度目の待ち時間は、入店まで36分。「つけめん」提供までで41分。
午前中に比べると入店までで3分。提供まではちょうど同じ時間を要したことになる。

やっぱ、1人2分×人数というのがだいたいどこの店でも待ち時間の目安になるね…

「つけめんチャーシュー」は、思った通り、ビジュアル的にはキレイ!

まずは麺からいただきます…

この麺は…
先ほどの「ラーメン」の麺とは太さが違う…
切り刃14番くらいだろうか…

それに、味もチューニングも違うよ!
もちっとして、少し水っぽさのある麺。
ラーメン用の麺と違って、加水率が高い麺だ…

この麺の、この噛み心地のよさは何なんだろう…
つけ汁につけて食べると、より麺のうまさが実感できる!

これはもう「つけめん」用の麺としては最高の部類に入る!
メチャ美味しい!

「吉左右@木場」、「つけ麺 目黒屋@馬込沢」、「東池袋 大勝軒 八王子店」に匹敵する麺のうまさ!

本当においしい「つけめん」の店は、麺にこだわるよ!
だから、結局、大変でも自家製麺に走るんだよね…
労を惜しんで製麺所の麺で妥協などしない…

名前だけ売れている製麺所の麺を使う…
まったく自身のつくるスープと合ってもいないのに…

ろくに麺の勉強もせず、そんな安直な方向に走る店主が多いのも事実だし、こういう店主には閉口するけどね…

本当のプロは自分のつくるスープにどんな麺が合うのかをわかっている!
それに辿り着くまで大変な苦労を重ねていたりするんだけどね…

さらに、よりよきものを求めて製麺に励む…
これがプロの姿だよね!

しかし、本当においしい麺でした…

でも、これはまだプロローグにすぎなかった…

圧巻だったのは、強烈な魚介風味と動物系の旨味か溶け込んだつけ汁!

豚骨、鶏ガラ、モミジの動物系の旨味が詰まったスープに煮干、鯖節、鰹節の魚介系スープが加わり…
さらに魚粉投入によって魚介風味の強い旨味スープに仕上がっている!

「ラーメン」のときもかなり衝撃を受けたこの豚骨魚介のスープは、「つけめん」のつけ汁になって、さらにその存在感をあらわにする!

昨年、はじめて食べたときも、ガツーンと衝撃を受けた味…
でも、今日はさらに旨味がパワーアップして進化しているように感じた!

「究極のつけめん」…
「至高のつけめん」…
そんな賛辞で讃えたくなる「つけめん」!

大量に入ったチャーシューも、臭みなどなくおいしいし、味付けもいい!
味玉も美味しいし…

ただ、メンマはどうなっちゃったの?
「つけめん」…
あるいは「つけめんチャーシュー」にはメンマは入っていないってこと?

入れ忘れっぽいね…

でも、これだけ美味しければそんなことどうでもいいや!

帰りがけ、店員さんに支払いをしてながら…
「ラーメンもつけめんも最高だった!」と告げると…

大橋店主から…
「午前中も来られていましたよね!?」
と声がかかった…

「ラーメンもつけめんも食べたかったんで…2度並びました…」
そう答えると…

「はぁ…そうだったんですか…」
「別に一度に頼んでくれてよかったのに…」

「いや、わたしだけ2つ注文して遅くなったら、迷惑がかかるからと思って…」
「いや、そんな気遣いは要りませんよ…」
「みなさんそうしてるんですから…」

あれっ…そうなの…
でも、なんか悪いなと思って食べても…
落ち着かないし、だいいちおいしく食べられないもんね!

最後のお客さんが勘定するまで、大橋店主と少し話しをして店をあとにしたけど…
無口そうな大橋店主だったけど、結構喋るんだね…

満足でした!
いつか、また、「つけめん」に「ラーメン」…
食べにきます!

頑者【参】-5

住所:埼玉県川越市新富町1-1-8
電話:049-226-1194
営業時間:11:30~16:30 ※スープ切れ終了
定休日:日曜
アクセス:西武新宿線本川越駅下車2分

メニュー:ラーメン…650円/チャーシューメン…950円
つけめん…700円/つけめんチャーシュー…1000円
つけあつ…700円/辛つけめん…750円
大盛…100円増し


評価:つけめんチャーシューstar_s50.gif
接客・サービスstar_s35.gif
2007.11.26 頑者【弐】
訪問日:2007年11月26日(月)

頑者【弐】-1

本日は、つけめんの雄「頑者」!

雑誌「TOKYO1週間」のラーメン大賞で、昨年「六厘舎」に6連覇を阻まれるまで、「つけめん部門」のトップに君臨し続けてきた店!

わたしは、昨年の8月に1度行ったきりで、今回が2度目の訪問。

前回の訪問では、自身、当時としては、こんなおいしい「つけめん」は食べたことがないと思えた「究極の一杯」をいただき、大感激した記憶がある!

西武新宿線の本川越駅に降り立ち、駅近の店に向かう。

11時28分!
開店2分前で、既に19人待ちの行列ができている…

頑者【弐】-2

20番目の客として並ぶ。

しかし、わたしの後にも後続客が続々!
すぐ後に5人、そして2人が列に加わり、あとは、道を折れて並んでしまったため、計測不能…

11時33分!
店員さんが出てきて、お客さんから注文を取る…

でも、お客さんを店に入れない…

なぜなんだろうと思っていたら…
そう!
もう、開店前にお客さんを入れてたんだよね…

11時45分から、ぞろぞろとファーストロットの「つけめん」を食べたお客さんが出てきた。

さらに待つ…

11時57分!
再び店員さんが現れる…

頑者【弐】-3

「ラーメン」を注文!

「普通盛でいいですか?」と聞かれて…
「はい!」と答えたが、これは目論みがあってのこと…

そう!
今日、わたしはここで、「ラーメン」ともう一杯!
「つけめん」も食べて帰るつもりで来たのだ!

「ラーメン」だけ注文したのは…
別に「つけめん」もいっしょに注文してもいいのだろうけど…
この店は、「完全入替制」のシステムを採っているため…
わたしだけが2食食べて遅くなったとしても…
わたしが食べ終わるまでは、次に控えた12名のお客さんは店内に入れず…
わたしのせいで外で待たせてしまうことになる…

用事を済ませてから、また来ればいいことなので、そうしたのだけれど…
後ろには恐ろしいほどの行列…
わたしの選択肢は果たして正しかったんだろうか…

12時2分から、第2ロットのお客さんが食べ終わり店を出てきた…
そして、12時6分までに全員が帰っていった…

12時7分入店!
席を立ち、コートをハンガーに引っ掻け、セルフの水を汲んで席に戻ったところで…
「ラーメンお待ちどうさまでした!」という声とともに大橋店主から「ラーメン」が出された。
時刻は12時9分!

並びはじめて41分で、やっと「ラーメン」とご対面できた!

頑者【弐】-4

しかし、「ラーメン」を注文したのはわたしだけなんだね…

「ラーメン」か1つ出されただけで…
あとのお客さんは全員「つけめん」…

まだ大橋店主を含めた3人のスタッフが厨房で作っているよ!

出された「ラーメン」は、「ラーメン」本で見るよりはビジュアル的にキレイ!

スープには、魚粉が振り掛けられ…
いかにもワイルドな「頑者」の「ラーメン」って感じだね!

スープをいただくと…
スープ自体は案外あっさりしているのには驚いた。

1口目は、ちょっと薄味に感じたスープが、飲み進めるにつれ、ちょうどよくなってくる。

これくらいの味の濃さがいいんだよね!

キレのあるスープ!
これに油がコクを与えている…

しかし、この「ラーメン」を支配しているのは強烈な魚介!

基本にあるのは、豚骨をはじめとする動物系の旨味!
しかし、ここに鰹出汁と鰹の魚粉が加わり、鰹風味の強いスープに仕上がっている!

煮干もしっかり味を主張して、アクセントとしてきいている!
魚介のスープが好きな人にはかなりおすすめのスープです!

麺は、切り刃17番くらいの、やや捻れの入った中太麺。

最初の1口目は、カタく、ボソッとした食感で、茹でが足りないのでは?というような感じがした…

しかし、そうじゃなくて、わざとこういうチューニングがなされているんだね。
食べ進めるうちに、このスープには、この麺が合うんだということがわかる。

このスープには細麺を合わせたんでは、スープが勝ちすぎてしまう…
かといって、中太のよくあるツルっとした麺ではスープに絡みづらい…

その点、この麺は、スープとの絡みもよく、スープの旨味を引き立てる…
よく噛み締めて食べると、熟成された麺の旨味もわかってくる。

どうしたら一番おいしく食べられるのか…
考えた上で麺をつくっている…

具のチャーシューもしっかりした味付けがなされ、肉のジューシーさを感じるおいしいものだったし、味玉もメンマもよかった!

「つけめん」のおいしい店は、「ラーメン」はちょっと…
そういう店も多いと思う…
スープがダメだったり、麺を「つけめん」兼用で使ってスープに合わなかったり…
店によっては両方ともいただけない場合もあるしね…

だけど、この店は「ラーメン」、「つけめん」とも一級品!

わたしがミシュランの審査員だったら、ここは三ツ星確実なんだけどな…

わざわざ、そこの店で食事をするためだくに、旅費をかけて来てもいいという基準に適合するしね!

頑者【弐】-5

頑者【弐】-6

住所:埼玉県川越市新富町1-1-8
電話:049-226-1194
営業時間:11:30~16:30 ※スープ切れ終了
定休日:日曜
アクセス:西武新宿線本川越駅下車2分

メニュー:ラーメン…650円/チャーシューメン…950円
つけめん…700円/つけめんチャーシュー…1000円
つけあつ…700円/辛つけめん…750円
大盛…100円増し


評価:ラーメンstar_s45.gif
接客・サービスstar_s35.gif