FC2ブログ
訪問日:2016年4月14日(木)

ろく月-1

本日のランチは、浅草橋の「豚白湯らぁめん」の店『ろく』で「煮干が苦手な人は食べてはいけないらぁめん」

Twitterで、誰かが、こちらの店の「セメントらぁめん」とネーミングされた煮干しの限定を食べていたのを見て!
興味を持ったので♪


「ろく月 煮干」でググってみたところ
こちらの店の店主のブログがヒット!

「ネーミング変更です!」というタイトルの記事を見に行ってみると
どうやら、この「セメントらぁめん」とネーミングされた煮干しの濃いラーメンを食べて、撃沈したお客さんがいたようで(汗)

店頭の看板にも「苦手な人は食べないで」と書いてはいたけど
これでは、説明不足と考えて、「煮干が苦手な人は食べてはいけないらぁめん」にネーミング変更したという。

しかし、こんな挑戦的な名前が付けられたラーメンがあると知ったら!
ニボラーとしては、黙ってはいられないので
(笑)

さっそく、この4月9日から明日の15日まで、1日昼夜20食限定で提供されている限定ラーメンを食べに行くことにしたんだけど
こちらの店は、煮干しラーメンの店ではなく、「豚白湯らぁめん」と名づけられた豚骨ラーメンがメインメニューの店!

でも、「鶏白湯」というスープやラーメンの種類はあるのに
「豚白湯」ってないよね

「豚白湯」とは言わずに
普通は、単に「豚骨」

でも、「豚骨」には、白湯スープだけではなく、清湯スープだってある!
そして、「豚骨」の清湯スープのことを「豚清湯」と呼ぶのに


まあ、「豚骨」は白湯が当たり前ということなのかもしれないけど
でも、「豚白湯」はわかり易いし!

他の店でも使えばいいのに!
なんて、話しが脱線してしまったので、元に戻して
(汗)

開店時間の11時30分に、浅草橋からほど近い路地にある店を訪ねると
入口脇の日除け暖簾には、大きく「豚白湯」の文字が!

なお、店は、すでに開店していて
中に入ると、4人ほどの先客が席に着いていた。

まずは、店を入ると、すぐ、正面にある小型の券売機で食券を購入するんだけど
買い求めたのは、もちろん、「煮干が苦手な人は食べてはいけないらぁめん」(笑)

ろく月-2ろく月-3

食券を買って、奥に進むと
「こちらにどうぞ!」

カウンターの1席に、水の入ったコップが置かれて
その席に誘導されて、席に着くと

目の前の厨房には、煮詰めた煮干しをミキサーで粉砕したものがボールに入れられていたので
これが使われるのかな!?

厨房には店主を含めて、3人のスタッフが忙しく動き回って、ラーメンが作られて、次々に出されていく!
そうして、私の注文した「煮干が苦手な人は食べてはいけないらぁめん」も着席から、わずか3分での提供となった。


ろく月-4ろく月-5

そして、着丼時に店主から
「濃かったら、割りスープも用意しています。」というアナウンスもあった。

セメントというよりは、もっと黒くて、緑がかった、焦げ茶色のスープに細ストレートの麺が合わせられて!
鶏と豚の2種類のレアチャーシューに、玉ねぎ、三つ葉が載せられた、見るからに煮干しが濃厚そうなラーメン!


まずは、このヤバそうな色したスープをいただくと
「豚白湯」の店なので、ドロッとした豚骨の動物系が強いスープなのかと思ったのに

粘度はなく、意外にしゃばめのスープで!
豚骨は、ほとんど感じられない


でも、動物系を強くしてしまうと、その分、煮干しが主張しにくくなるので!
これはこれでいいと思う。


そして、1杯当たり100gもの煮干しを使ったというスープは、煮干しのエキスがドバッと出たスープで!
煮干しのエグニガな味わいが口の中を充満して!


これは、普通の人はダメだと思う(笑)
逆に、限定を食べた20人のうち、撃沈したのが、よく、2人で済んだと思うくらい(汗)

塩分も高めで
これは、完全にコアなニボラー向けのスープだね!

ただ、このスープからは、煮干しのうま味が、あまり感じられなかったのと
煮干しの香りも、ほぼ、感じられなかったのが

それに、こういうハードコア系をやるなら
もっと、上手に塩分コントロールをしてやらないと

今日は、スープがしょっぱすぎて、このままではスープが飲めなかったので
「スープ割りもらっていいですか!?」と店主にお願いしたところ

「煮干し、苦手だったですか?」的なことを言われたんだけど(汗)
こんなこと言われたの、初めて(爆)

そして、この割りスープだけど
昆布と節の二番出汁のスープで!

これを入れても
塩分濃度は薄まったけど味が

「豚白湯」スープに割り入れたら、いい感じに味変してくれたかもしれないけど!
このスープには合わない


麺は細ストレート!
豚骨ラーメンの店の麺としては、かなり太め!


ろく月-6

もしかすると、この限定のために用意した麺なんだろうか!?
でも、このザクパツのかためで歯切れのいい麺は、ニボニボなスープにはよく合っていたと思う!

トッピングされた具の鶏と豚の2種のレアチャーシューは、どちらもよかった♪
鶏ムネ肉のレアチャーシューは、普通の倍どころか3倍はあるんじゃないかというくらい厚切りで!


噛むと、やわらかくて!
しっとりとした食感に仕上がっていたし♪


豚肩ロース肉のレアチャーシューは、こちらも、しっとりとした食感に仕上がっていたのがよかったし!
噛むと、肉のうまが滲み出てくる美味しいレアチャーシューでよかった♪


ろく月-7

それと、玉ねぎの甘味が、この超ビターなスープには合っていたし!
玉ねぎのシャキシャキとした食感もよかったとは思うけど


昔は、こんなエグニガで、しょっぱい味わいの煮干しスープのラーメンを、スゴイと思いながら食べていた時期もあったけど
今は、濃厚でも、煮干しのエグミと塩分は抑えて、煮干しのうま味と風味を上手く引き出せているスープが好みなんだよね

メニュー:特製豚白湯…880円/たまご豚白湯…780円/豚白湯らぁめん…680円/ネギチャーシュー…980円

【4/9(土)~4/15(金) 昼・夜各20杯限定】煮干しが苦手な人は食べてはいけないらぁめん…800円

【夜限定】まぜそば トマティーナ…800円/濃厚豚白湯味噌…800円

半熟たまご…100円/チャーシュー(一枚)…100円/のり…100円/九条ネギ…100円
チャーシューご飯…250円/ライス…150円/半ライス…100円

味付き替え玉…150円/味付き半替え玉…100円/替え玉…100円/半替え玉…50円


ろく月

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 浅草橋駅馬喰町駅蔵前駅



好み度:煮干しが苦手な人は食べてはいけないらぁめんstar_s30.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年2月12日(金)

らーめん 稲荷屋【弐】-1

本日のランチは、稲荷町にある、その名もらーめん 稲荷屋で!

元フレンチの料理人である高橋店主の作る、1~2月限定の「コンソメ・ド・カナール(鴨のコンソメ)」をいただいた。

フレンチとラーメンを融合させた一杯は、そのビジュアルの良さだけでなく、味もなかなか良くて!
よくできた一品だった♪


そして、スープもすべて飲み干して、ラーメン丼をカウンターの上に上げながら
最後に、店主に気になることを聞いてみた。

「フレンチ出身で、こんなフレンチしているラーメンを出す店なのに、メニューにあるラーメンは、ごく普通な感じですし…」
「それに、失礼ですけど、店の外観もフレンチしてないですよね(笑)」
と言うと(汗)

「ダサいでしょう(笑)」
「でも、目立つし、ラーメン屋さんぽいので、わざとこうしたんです。」
と話し…

「僕、以前は、こってりしたラーメンばかり食べていて、あっさりしたラーメンは日高屋と幸楽園くらいでしか食べたことがなかったんですけど…」
「たまたま、荻窪の『春木屋』で食べて、こんなに美味しいスープのラーメンを食べてのは初めてだったので♪」


「感動して、この味を作りたいと思ったんですよ。」
「そうして、試行錯誤しながら完成させたのが、今の醤油ラーメンです!」


そんな話しを聞いたら
この、『春木屋』リスペクトの「醤油ラーメン」を食べたくなる。

というわけで、再び、券売機に向かって!
券売機の左上にあった「醤油ラーメン(細麺)」の食券を購入して席に戻ると


らーめん 稲荷屋【弐】-2

さっそく、「醤油ラーメン」作りに入る高橋店主!
そうして、今度は、すぐに出された「醤油ラーメン」は


豚肩ロース肉のレアチャーシューにメンマ、カイワレと細かく刻まれた長ネギが載るラーメンで!
『春木屋』リスペクトというよりは、『春木屋』を現代的にアレンジし直して創作したネオクラシカルなラーメン!


らーめん 稲荷屋【弐】-3らーめん 稲荷屋【弐】-4

まずは、スープをいただくと
フォン・ド・ヴォライユ

らーめん 稲荷屋【弐】-5

鶏と香味野菜を煮込んで作ったフレンチの出汁で!
これに、昆布、煮干し、鯖節、鰹節を重ねて作ったスープじゃないかと思われるけど


カエシの醤油ダレがキレッキレで!
鶏のうま味の出たスープで!


セロリや玉ねぎ等から抽出されたと思われる香味野菜の甘味が出ていて!
味醂や砂糖に頼らず、甘味を引き出しているいるのがよかったし!


昆布に背黒の煮干しが効かされた東京の中華そばらしい味わいになっていたのもよかった♪
『春木屋』の味わいかと言われると


ちょっと違うかなという気はしたけど
でも、思った以上に美味しいスープに満足♪

麺は、こちらも、先ほどと同じ、千葉県船橋市の山田食品の麺が使われていて!
こちらは、先ほどの麺より一回り太い、切刃22番と思われる中細ストレート麺で!


つるしこの食感の麺は、たぶん、加水率35%~36%位の中加水麺だと思うけど
スープとも適度に絡んで美味しく食べさせてくれたのもよかったし♪

らーめん 稲荷屋【弐】-6らーめん 稲荷屋-10

トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは
オープンでローストしたものと思っていたけど

あとで、店主に聞いた話しでは、ローストしたものではなく
真空調理したものでもなく

オーブンがないので、フライパン一つで作ったと話していたけど
料理人は、ある道具で何でも何でも作れてしまうんだね!

なお、このレアチャーシューは、噛めば、肉のうま味がジュワッと滲み出てくる美味しいチャーシューだったのがよかったし!
これは、トッピングしても食べる価値のある逸品だと思う♪


らーめん 稲荷屋【弐】-7

また、細かく刻まれたネギは、スープの熱で長ネギ特有の刺激的な辛味が消えて!
ネギの香りだけが伝わってけたのがよかったし♪


スープが美味しかったから、本日2杯目で、お腹もいっぱいだったけど
スープもすべて飲み干して完食♪

来月、再来月は、「渡り蟹のビスク」!
その次の2ヶ月は「フュメ・ド・ポワソン」!


フレンチの技法で作る限定を出すと、高橋店主は話していて!
これも、めっちゃ楽しみだけど♪


その前に、チャーシュー代わりに肉団子が載せられた「塩ラーメン」も、とても美味しそうなので、今度はこれかな♪
ご馳走さまでした。

らーめん 稲荷屋【弐】-8

メニュー:醤油ラーメン(細麺)…700円/醤油ラーメン(太麺)…700円/醤油背油ラーメン(細麺)…750円/醤油背油ラーメン(太麺)…円

しお味玉入り…円/しお…円
ワンタンメン…900円/ワンタンスープ…600円

大盛り…100円

味玉…100円/メンマ…100円/海苔…100円/もやし…100円/チャーシュー…200円/ワンタン…200円/白髪ネギ…200円/肉団子(3ケ)…180円

辛味まぜそば(1.5玉)…800円

【1~2月限定】コンソメ・ド・カナール(鴨のコンソメ)…900円


稲荷屋

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 稲荷町駅新御徒町駅田原町駅



好み度:醤油ラーメンstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年2月12日(金)

らーめん 稲荷屋-1

本日のランチは、1~2月限定の「コンソメ・ド・カナール(鴨のコンソメ)」を求めて、稲荷町のらーめん 稲荷屋へ!

こちらの店は、元フレンチの料理人である高橋店主が昨年の3月13日にオープンした店で!
新店ハンターの方々が訪れて、さっそくブログに記事を上げていたんだけど!


二郎系の店のような黄色いテント屋号が赤文字で書かれて
中華そばの暖簾が掛かる

如何にも、街のラーメン屋さんて感じの外観を見て
さらに、昔ながらの中華そば的なラーメン画像を見て、内容も読まずに、スルーしていた店だったけど(汗)

としくんのブログを見て、興味深げな限定が出されていたので!
行ってみることにした。


店の場所は、東京メトロ銀座線の稲荷町駅から田原町に向かって2分ほど歩いた浅草通り沿いにある。
黄色いテント赤文字の派手な外観の店なので、遠目からでもすぐわかった
(笑)

11時18分に入店すると
店内は、厨房を囲むL字型カウンター8席と4人掛けのテーブル席が2卓、2人掛けのテーブル席が1卓。

厨房には、高橋店主が1人。
そして、L字型のカウンター席では、お客さんが1人、ラーメンを食べていた。


券売機で、お目当ての「コンソメ・ド・カナール(鴨のコンソメ)」の食券を買って、L字型カウンター席の1席へとついて
カウンターの上に食券を置くと

らーめん 稲荷屋-2らーめん 稲荷屋-3

さっそく、ラーメン作りに入る高橋店主!
ただ、残念だったのは、厨房と客席の間の壁が高くて、ラーメン作りする様子を観察することができなかったこと


注文を受けると
野菜らしきものを包丁でカットする音が音が聞こえてきて

10分ほど経って、麺をテボに入れて茹で始めると
35秒後に引き上げられて

着席してから12分ほど時間が掛けられて
完成した「コンソメ・ド・カナール(鴨のコンソメ)」が、高橋店主によって供された。

らーめん 稲荷屋-4らーめん 稲荷屋-5らーめん 稲荷屋-6

そして、高橋店主からは
「今日の野菜は、黒大根と紫人参真菰筍(マコモダケ)、シブレットです。」と説明があったんだけど…

芽ネギの長いものみたいな「シブレット」以外は、食べたことのない野菜ばかり!
黒大根真菰筍なんて聞いたことなかったし


紫芋(パープルスイートロード)は知ってるけど、紫人参は知らなかったので
そう店主に話すと

「黒大根は、皮が黒いヨーロッパの大根です。」
「マコモダケは、キノコではなく、イネ科の植物のマコモの茎で、トウモロコシのような味がします。」


「紫人参はこれです。」と言って、紫人参の現物を見せてくれたんだけど
フレンチでは、こんな野菜が使われるんだね♪

らーめん 稲荷屋-7

というわけで、まずは、スープをいただくと
鴨が香るスープで!

じんわりとした淡い鴨出汁の上品なうま味と!
香味野菜の香味を感じる洋風テイストの塩味のスープで!


らーめん 稲荷屋-8

鴨の「コンソメ」ということだったので!
鴨と野菜で煮込んだ出汁の「ブイヨン」に牛スネ肉と卵白を加えたスープということだと思われるけど


牛らしさは感じられず
また、和風の鴨出汁スープに醤油ダレのカエシを合わせた、食べ慣れた味わいのスープとは違って、鴨感は弱め。

なので、インパクトには欠けるかもしれないけど
でも、この独特のテイストがとてもいい♪

そして、このコンソメに合わせられた麺は
地元の人気行列店の『赤坂味一』が使っていることでも有名な千葉県船橋市にある山田食品の麺で!

らーめん 稲荷屋-9らーめん 稲荷屋-10

35秒という短時間で茹でられた細ストレート麺は、ザクッとした食感の加水率30~31%位に感じられる加水率低めの麺で!
高橋店主によると


「十数種類の麺を試して、ようやくスープに合う麺を見つけました。」と話していたけど
本来、麺を入れて味わう料理ではないので

難しい作業だったと思うし
でも、麺勝ちにならずに、この淡い味わいのコンソメとも、それなりに馴染んで、美味しく食べさせてくれてよかったと思う♪

味も、使われた具材もフレンチな一杯で!
チャーシュー代わり(?)に載せられた、揚げた鴨皮のカリカリとした食感もよかったし!

最後は、スープもすべて飲み干して完食!
次回は、渡り蟹を使った一品を作ると話していたので!


こちらも楽しみ♪
ご馳走さまでした。

PS 帰り掛けに高橋店主に、失礼ながら、気になることを聞いてみたところ
思いがけない答えが返ってきて

この後、「醤油ラーメン」を店内連食することにしたんだけど
長くなってしまったので、この模様は、また、次回に♪



メニュー:醤油ラーメン(細麺)…700円/醤油ラーメン(太麺)…700円/醤油背油ラーメン(細麺)…750円/醤油背油ラーメン(太麺)…円

しお味玉入り…円/しお…円
ワンタンメン…900円/ワンタンスープ…600円

大盛り…100円

味玉…100円/メンマ…100円/海苔…100円/もやし…100円/チャーシュー…200円/ワンタン…200円/白髪ネギ…200円/肉団子(3ケ)…180円

辛味まぜそば(1.5玉)…800円

【1~2月限定】コンソメ・ド・カナール(鴨のコンソメ)…900円


稲荷屋

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 稲荷町駅新御徒町駅田原町駅



好み度:コンソメ・ド・カナール(鴨のコンソメstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2014年9月8日(月)

【新店】麺屋 まぜはる-1

本日は、浅草橋と秋葉原の中間くらいの場所に、8月28日にオープンした新店の麺屋 まぜはるへ!

情報によりと、名古屋の『麺屋 はなび』出身の方で、『らーめん まぜそば てっぺん』で修行された方が開業した「台湾まぜそば」が主力メニューの店だとか!
『麺屋 はなび』に『らーめん まぜそば てっぺん』といえば、本場名古屋でも、「台湾まぜそば」の二大巨頭の店だから、めっちゃ、期待できるかも♪


ただ、ここのところの東京の「台湾まぜそば」ブームは凄まじいものがあって!
「台湾まぜそば」のをメインメニューに掲げる店がいくつもオープンして!


また、各店で「台湾まぜそば」の限定をやるなど
ちょっと、過熱気味!?

そんなところに、とうとう、「台湾まぜそば」の元祖である『麺屋 はなび』が東京進出!
さて、今後はどうなるんだろうと思ってる矢先の、こちらの店のオープン!


オープン日の8月28日から9月4日まで、800円の「台湾まぜそば」が500円のワンコインで提供されるオープニングセールが行われていて、行列ができているという情報を掴んだので
セール終了後の本日、訪問してみることにした。

新店】麺屋 まぜはる-2 (2)

昼の1時50分すぎの遅い時間に訪問すると
店からスタッフの人が出てきて

「ガスのトラブルがあって、少々お待ちいただくことになります。」と話があったんだけど
今から、また、他の店にいくというのも

そこで、どれくらい待つのか聞いてみると
これから、湯を沸かすので10分くらいだというので、待つことにした。

そうして、まず、店の外に設置された券売機で食券を買うんだけど
現在販売されていつメニューは、「台湾まぜそば」「まぜそば」の2種類の「まぜそば」だけ!

新店】麺屋 まぜはる-3

ただし、「台湾まぜはるスペシャル」に「まぜはるスペシャル」という店名が冠されたメニューには売り切れマークが!
さらに、「塩らーめん」に「醤油らーめん」のラーメンは週末限定になっていた。

新店】麺屋 まぜはる-12

そして、「塩まぜそば」、「特製カレーまぜそば」「ジローラモ」なる限定メニューにも売り切れランプが点灯していた。
なお、「まぜそば」、「台湾まぜそば」の麺の量は、普通で200g。


大盛は、100円増しで300g。
小盛は、50円引きになって150gということだったので


新店】麺屋 まぜはる-4

デフォルトの「台湾まぜそば」の食券を買って、席につくと
「にんにく入れますか?」

スタッフの人から聞かれて…
「普通」でお願いしたんだけど…

こちらの店では、ニンニクの量が「普通」、「無し」、「少なめ」、「多め」から選べる。
このスタイルって、『てっぺん』流なのかな


『てっぺん』には、行ったことがなくて(汗)
『はなび』では、ニンニクの有無だけを聞かれるだけなので、そうじゃないかと思ったんだけど

そうして、「まぜそば」、「台湾まぜそば」の食べ方マニュアルを見ながら
卓上にある、自家製ラー油に胡椒、昆布酢をチェックしていると

新店】麺屋 まぜはる-5新店】麺屋 まぜはる-6

着席してから11分後!
店の前に到着してからは15分で


「お待たせしてしまいましたので、味玉サービスしておきました!」というスタッフの人の声とともに台湾まぜそばが着丼!
ありがとうございます。

新店】麺屋 まぜはる-7新店】麺屋 まぜはる-8

出てきた「台湾まぜそば」、センターに台湾ミンチが配されて、その上に卵黄が載り!
周りを、ニラ、白ネギ、刻み海苔に魚粉が外側を固める。


「台湾まぜそば」は、皆、ほぼ、こんなビジュアルではあるけど
でも、丼の色が白か黒かの違いはあるものの、カットされた材料の大きさも、盛りつけも『はなび』そっくり!

やっぱり、『はなび』に居たことがある影響なんだろうか
もっとも、前述したように、『てっぺん』に行ったことがないので、『てっぺん』との比較はできないけど

まずは、味玉だけは、横に置いて
残りの具と麺と、醤油ベースと思われるタレと香油を、よ~く、まぜて!

新店】麺屋 まぜはる-9

いただきます!
味の主体は、もちろん台湾ミンチ!

『はなび』に比べると、やや、辛味のハッキリした味わいに感じられる!
でも、味わいは、ほぼ、いっしょかな
!?

しかし、ニラも白ネギも海苔も、魚粉もニンニクも!
すべての具が美味しく機能している感じで!


この『はなび』チックな味わいは好きだな♪
卓上にあった調味料のうち、昆布酢だけを途中から回し入れて、食べてみると


新店】麺屋 まぜはる-10

これがまた、マイルドに味変して!
完全に『はなび』で食べた味わいに!


ラーメンが好きで!
汁なしは、あまり食べない人だけど


この、『はなび』系の味わいの「台湾まぜそば」と大阪・布施にある『らぁめん たむら』のスペシャルテである「キム玉そば」だけは、たまに、無性に食べたくなる♪

全粒粉が配合された、極太の、やや、ウエーブがかった麺は、林製麺なのか?
他の製麺所のものかは未確認だけど


茹で加減によるものだとは思われるけど
やや、カタめの印象

個人的には、もう少し、芯まで茹でて
もっと、もちもちとした食感の麺に仕上がっているとよかったんだけど

でも、しっかり完食して」!
追い飯」もお願いして!


新店】麺屋 まぜはる-11

こちらも、美味しくいただきました♪
ご馳走さまでした。

新店】麺屋 まぜはる-13

PS 『てっぺん 春日井本店』からの胡蝶蘭が飾られていたので!
こちらの店の出身なのか


店主に聞いてみたところ…
そうではないようだけど、『てっぺん』のどこかの店出身であることは確かなようで!

実は、店の名前は、店主に聞いたのに、失念してしまって(汗)
たぶん、『てっぺん』には行ったことがない非礼を述べて

しかし、『てっぺん』には行きたいけど、最寄駅から徒歩でいけないのでと言い訳したときに
「いや、歩いて行ける店もあります。』と話してくれた店が、そうだったような気がするんだけど

なお、店主からは!
「『てっぺん』の味をベースに、少しアレンジして味を変えています!」と話しがあったんだけど


『てっぺん』で食べていないので、味の比較ができないのが(汗)
今度、名古屋に行ったら、『てっぺん』に行かないと!

新店】麺屋 まぜはる-14

メニュー:台湾まぜそば…800円/台湾まぜはるスペシャル…1100円/台湾まぜそば ガッツリ肉…1100円/台湾まぜそば 卵黄W…850円/台湾まぜそば 小盛…750円

まぜそば…800円/まぜはるスペシャル…1100円/まぜそば ガッツリ肉…1100円/まぜそば 卵黄W…850円/まぜそば 小盛…750円

【限定】塩らーめん…680円/醤油らーめん…680円/塩まぜそば…800円/特製カレーまぜそば…850円/ジローラモ…850円

大盛…100円/肉めし…380円/玉子かけごはん…200円/白めし…150円
のり…100円/チーズ…100円/味玉…100円/卵黄…50円/極太メンマ…150円/台湾ミンチ…200円/炙りガッツリ肉…300円/塩専用 あおさ…100円/トッピングスペシャル…300円


まぜはる

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 浅草橋駅馬喰町駅岩本町駅



好み度:台湾まぜそばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2014年1月4日(土)

【新店】らーめん 超大吉-1

年末の12月27日に御徒町にオープンした新店のらーめん 超大吉

本日、同じ日に小岩にオープンした『豚骨一燈』で、偶然、お会いした『らーめん稲垣(仮)』の稲垣さんから、こちらの新店のオープン情報をお聞きした。

『つけめん玉』のネクストブランドの店で、御徒町の『麺屋武蔵 武骨』の前にオープン!
「天然豚骨醤油」の「らーめん」、「つけめん」を出すという。


でも、「天然豚骨」て何って思ったところ!?
それを察したかのように

「天然豚骨の天然とは、天然の昆布を使っているからだそうですよ。」
そう稲垣さんが教えてくれたけど…

そうなら、「天然昆布豚骨醤油」にしてくれないと、わからないんじゃないかな(汗)
要は、天然の昆布を使って、化学調味料不使用と言いたかったのかな

『つけめん玉 ラゾーナ川崎店』の店長だった方が、こちらの店の店長をすることになったので
元『麺屋 一燈 ラゾーナ川崎店』店長だった稲垣さんは、これから挨拶にいくので、いっしょにどうかと誘われたんだけど…

これから『麺屋 一燈』に行く予定だったので、丁重にお断りさせていただいた。
しかし、『麺屋 一燈』に着くと、60人もの大行列ができていて断念
(汗)

【新店】豚骨一燈-8

そこで、稲垣さんを追って、『らーめん 超大吉』へと向かうことにした。

JR御徒町駅北口で下車して、横断歩道を渡って、右方向の昭和通り方面へ!
そして、昭和通りの手前の道を左折して、真っ直ぐ進むと


すぐに、『麺屋武蔵 武骨』が見えてきて!
そして、目指す『らーめん 超大吉』は、道路を挟んだ、その手前にあった。


【新店】らーめん 超大吉-2

店に着くと、お客さんが入口を入ったところにある券売機で食券を買っていたので!
その後ろについて待っていると


スタッフの人が出てきて…
この先を右に曲がったところで待つように言われた。

店は、角地にあって、どちらの道からも店に入れるんだけど
向かって左側を出入口に使っていて!

その前にお客さんを並ばせていて…
右側は、食券を買うための出入口として使用していた。

【新店】らーめん 超大吉-3

言われた場所には、お客さんが1人並んでいて
その後ろに並ぶと…

スタッフの人から、食券を買うよう促されたんだけど
これ、わかりにくくない!?(汗)

なお、券売機で購入したのは、「ラーメン」の食券!

「つけめん玉」の新ブランドの店ということで!
「つけめん」かなとも思ったんだけど


しかし、看板に「豚骨醤油」とあって!
さらに、券売機先頭が「特製ラーメン」で、「ラーメン」が「つけめん」より上段にあったので、「ラーメン」がおすすめなんだろうと勝手に解釈した。


【新店】らーめん 超大吉-4【新店】らーめん 超大吉-5

少し待っていると、ドドッと席が空いて、入店すると
すでに、稲垣さんの姿はなく、もう、帰ってしまったようだった…

厨房には2人の男性スタッフがいて!
席につくと、その2人のスタッフのコンビネーションで作られた「ラーメン」が、程なく完成して出された。


【新店】らーめん 超大吉-6【新店】らーめん 超大吉-7

茶濁したスープをいただくと
トロリとした濃厚豚骨醤油のスープのラーメンで!

これだけだったら、完全に家系ラーメンになってしまうところだけど

ネットリとした昆布が加えられているため、見た目と違って、飲み口は意外にすっきり!

麺は、平打気味の中太縮れの玉子麺が合わせられていて!

【新店】らーめん 超大吉-8

もちもち感のある多加水麺で、麺の長さが短いのも家系ラーメンっぽいし!
濃厚醤油スープとも合っていていいけど!

麺が縮れているため、啜ると、汁が飛び散るのが

別に縮れ麺ではなく、ストレートのままでいいような気が(汗)

チャーシューは、燻製してあるようで、香ばしくて!
肉のうま味が閉じ込められたチャーシューで!

めっちゃ美味しいし♪
チャーシューはトッピングして食べる価値あり♪


【新店】らーめん 超大吉-9

それと、太メンマの、コリコリとした食感がたまらなくよくて!
メンマもトッピングできたらいいのにね!


『麺屋武蔵 武骨』の他にも『京めん 壱慶』、『三ツ矢製麺堂』と…
3方をラーメン店が囲む激戦地にオープンした店!

ガンバってください。

ご馳走さまでした。

【新店】らーめん 超大吉-10【新店】らーめん 超大吉-11

メニュー:特製ラーメン…1000円/チャーシューメン…950円/ネギラーメン…900円/味玉ラーメン…850円/ラーメン…750円

メニュー:特製つけめん…1050円/チャーシューつけめん…1000円/野菜つけめん…950円/味玉つけめん…900円/つけめん…800円

麺大盛り…100円/麺特盛り…200円

トッピング
角煮(炙ります)…300円/チャーシュー増し…200円/味付け玉子…100円/のり…100円/ネギ…100円/生玉子…50円


超大吉 上野店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:つけ麺 | 御徒町駅仲御徒町駅上野御徒町駅



好み度:ラーメンstar_s35.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m