FC2ブログ
訪問日:2019年7月10日(水)

中華ソバ ビリケン【弐】-1

東京・蔵前にある『らーめん 改』で、水と名古屋コーチンの丸鶏だけで作ったイソ新店長限定の「名古屋コーチンの醤油らーめん」をいただいて
次に向かったのは、東京・浅草に7月5日にオープンしたばかりの『Homemade noodles BILLIKEN 中華ソバ ビリケン』!

『らーめん 改』のセカンドブランドの店!
『らーめん 改』は、シェルラーのための「貝塩らーめん」に、ニボラーのための「煮干しつけ麺」を提供する店なのに対
して…

こちらの2号店で出されるのは、『らーめん 改』で限定で出して人気の高かった!
カモラーのための「鴨中華蕎麦」をアレンジして作った「中華ソバ」!


ただし、スープは鴨100%ではなく、鴨と鶏のスープで!
だから「鴨ソバ」ではなく「中華ソバ」なんだけど


でも、オープン日の7月5日にシャッターで2番で並んで、いただいた「中華ソバ」は、鴨出汁メインのスープで!
しかし、鶏もいて、椎茸と煮干しもいるバランス型のスープに仕上げられていたいて!


これはこれで、めちゃめちゃ美味しかったし♪
この方が万人受けすると思うので、この選択は正しかったんだと思う。


そんな『中華ソバ ビリケン』に、次に訪問するのは、券売機にボタンはできているのに、まだ、販売されていない「鴨油そば」か「担担麺」が発売になったときかなと思っていた。
しかし、今日、すぐに再訪することになったのは、『らーめん 改』で限定を食べているときに、木場本店主の奥さまから


「今日の『ビリケン』のスープは鴨が濃厚よ♪」
「オープン日のスープとは別物!」


なんて話しを聞いたので!
そんな話しを聞いてしまったら、食べに行かないわけにはいかないでしょう
🤣

というわけで、都営浅草線の浅草駅が最寄りの店には蔵前駅から地下鉄に乗れば、一駅で行ける。
でも、店へは、カロリー消費も兼ねて歩いていくことに
🚶

そうして、11時48分に店頭までやって来ると
11人のお客さんが行列を作って待っていた。

中華ソバ ビリケン【弐】-4

最後尾に付いて待っていると
店の中から現れた木場本店主の奥さまの美人シスターズの妹さんから、順番に入店して、先に食券を買ってもらうように言われて

前のお客さんが戻ってきたら、次のお客さんが食券を買いに入店するのを繰り返して
そうして、私の番になって入店して、券売機で買い求めたのは、「中華ソバ 味玉入り」と数量限定の「鴨チャーシューご飯」の食券!

中華ソバ ビリケン【弐】-5

『らーめん 改』で、ラーメンを一杯食べてきているので、ラーメンだけでいいかなとは思ったけど
数量限定なのに「鴨チャーシューご飯」が残ってくれてたので、食べ過ぎとは思いながらもボタンを押してしまった😅

そうして、店に到着してから16分後の12時4分に入店!
空いていた一番奥の席に案内されて、目の前のオープンキッチンの厨房にいる木場本店主に挨拶!


先ほど『らーめん 改』で、イソ新店長の作った「名古屋コーチンの醤油らーめん」を食べてきたと言うと
「どうでした!?」と聞いてきたので…

水と地鶏を使って、初めて作ったスープとは思えないほど、地鶏のうま味いっぱいの美味しいスープだったし♪
「ミナミノカオリ」を使って製麺した自家製麺もスープと合っていて、味、食感とも、とてもよかったと話すと


ニコッと笑って😊
「あとで、食べるのが楽しみです♪」と嬉しそうに話していた。

そうして、先客のラーメンが出されていった後に木場本店主によって作られた私の「中華ソバ 味玉入り」が、木場本店主によって、着席から8分後に供されると
続いて、木場本店主によって作られた「鴨のチャーシューご飯」も少し遅れて出された。

中華ソバ ビリケン【弐】-6

鴨ロースのレアチャーシューが3枚にメンマほうれん草、白髪ネギ、レッドキャベツスプラウトと味玉がキレイに盛りつけられた
美しいビジュアルの醤油ラーメン♪

中華ソバ ビリケン【弐】-7中華ソバ ビリケン【弐】-8

まずは、醤油が香り♪
鴨が香るスープをいただくと


鴨🦆カモ🦆щ(゜▽゜щ)🦆
めっちゃ、鴨🦆


中華ソバ ビリケン【弐】-9

オープン初日には、鴨の他に鶏もいたし!
昆布に煮干しもいたのに


今日は鴨が主張!
鶏もいるんだろうけど、今日は鴨に押されてしまっていた


昆布に煮干しは、前回もバランスをとるために使われたといった感じだったけど
今回もいっしょ!

というわけで、奥さまが、「スープが濃い♪」とか
「スープは別物!」と言っていたのが、よくわかった😋

そこで、木場本店主に、鴨の量を増やしたのか
尋ねてみると

間違って、5㌔ほど多く鴨を入れてしまったなんて話しをしていたけど😅
このスープの方が、鴨が強く感じられて好きだな♪

でも、万人受けすることを考えると、やはり、鶏も使って、食べやすくした方がいいんだろうかと思って!?
そんな感想を木場本店主に話すと

意外な答えが返ってきた。
それは


「本当は鴨だけで行きたかったんですけど、鴨が入らなくなったことも考えて、鶏も使うことにしました。」
「それで、メニュー名も鴨ソバではなく中華ソバにしたんです…」


なるほど、そういうことだったんだね
『らーめん 改』で限定でやるのとは違って、レギュラーメニューとして、毎日、提供しなければならないので

材料が供給されなかったら、営業できなくなってしまう。
でも、言ってることはわかるけど


そういうことであれば、できれば、鴨100%スープで行ける日は、そうしてもらって
券売機に「鴨ソバ」のボタンを作って販売してもらえるか

あるいは限定で、鴨100%スープのラーメンを提供してもらえると嬉しいんだけど
それも難しいなら、『らーめん 改』で鴨を使ったラーメンやつけ麺の限定をお願いします。

麺は、やや、平打ち気味の中細ストレートの自家製麺で
つるっとした、啜り心地がよくて、のど越しのいい食感の麺で!

北海道産小麦粉が使われた麺は、麺のうま味が、よく感じられて♪
スープとの絡みもよかったし
😋

中華ソバ ビリケン【弐】-10

味玉は、カタくもなく、緩くもない
ちょうどいい茹で加減に黄身が仕上げられていて

しっかりと味が滲みた
美味しい味玉だったし😋

中華ソバ ビリケン【弐】-11

細身のメンマは、コリコリとした食感も鰹節による味付けもよかったし♪
ほうれん草は、この醤油味のスープに、よく合っていたし!


そして、最後にカットした鴨ロースのレアチャーシューに白髪ネギに小ネギの2色のネギが載せられた「鴨チャーシューご飯」をいただくと
甘辛い醤油味の味付けがよくて、このまま、単品で食べても美味しいとは思ったけど

中華ソバ ビリケン【弐】-12

やっぱり、こうして食べたくなる😋
スープの熱で変色してしまわないように「鴨チャーシューご飯」の上に避難させておいた鴨ロースのレアチャーシューもろとも、「鴨チャーシューご飯」を残しておいたスープにダイブさせて「鴨雑炊」に♪

中華ソバ ビリケン【弐】-13中華ソバ ビリケン【弐】-14

今回は鴨ロースのレアチャーシューは、そのままレアのままでいただいて
カットしたチャーシューは、あえて、スープに沈めていただいたところ

鴨ロースのレアチャーシューは、今回も火入れが絶妙で!
しっとりとした食感に仕上げられていて♪


程よく、やわらかくて
噛む毎に、鴨ロース肉のジューシーなうま味が口の中に広がる絶品のレアチャーシューだったし♪

中華ソバ ビリケン【弐】-15

スープに沈めたカットレアチャーシューは、スープの熱で肉が、少しカタくなるものの
これが、噛み応えがあって、レアのジューシーなうま味とは、また、違う、うま味がジュワジュワと感じられて

こちらも、最高に美味しくて😋
最後まで美味しく完食♪

「鴨油ソバ」に「担担麺」の発売も楽しみは楽しみだけど
鴨100%スープの「鴨ソバ」もご一考いただけると嬉しいし🎵

「塩中華ソバ」に「つけソバ」も、限定でもいいので、やっていただけるとありがたいんですけどね🎶
ご馳走さまでした。

中華ソバ ビリケン【弐】-3中華ソバ ビリケン【弐】-16

メニュー:中華ソバ…850円/中華ソバ 味玉入り…950円/中華ソバ 鴨チャーシュー増し…1050円/中華ソバ 全部入り…1150円

担担麺…850円/担担麺 味玉入り…950円/担担麺 パクチー増し…950円

鴨油ソバ…900円/鴨油ソバ チャーシュー増し…1100円

ライス…100円/【数量限定】鴨チャーシューご飯…350円/鴨皮煮ぶっかけご飯…300円/マキシマムこいたま TKG…180円

大盛り…150円/替え玉…100円
味玉…100円/鴨チャーシュー…200円/メンマ…150円/青菜…150円/パクチー…100円


中華ソバ ビリケン



関連ランキング:ラーメン | 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅浅草駅(つくばEXP)



好み度:中華ソバ 味玉入りstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2019年7月5日(金)

【新店】中華ソバ ビリケン-1

本日のランチは、東京・浅草に本日7月5日オープンするHomemade noodles BILLIKEN
 
                                              中華ソバ ビリケンへ!


東京・蔵前の『らーめん のセカンドブランドの店!

『らーめん 改』は、シェルラーのための「貝塩らーめん」と、ニボラーのための「煮干しつけ麺」を提供する店として2016年2月2日にオープンした店で!
7月1日に更新されたばかりの食べログ東京ラーメンランキングで12位!


全国ラーメンランキングでも20位に入る人気実力店♪
そんな店の木場本店主が2号店で手掛けるのは、『らーめん 改』で限定で出して人気の高かった「鴨中華蕎麦」をアレンジして作った「中華ソバ」と「鴨油ソバ」!


ただし、こちらの店で出されるのは鴨100%ではなく、鴨と鶏のスープだという。
それで、「鴨ソバ」ではなく「中華ソバ」なんだね!


『らーめん 改』で過去にいただいた醤油味のラーメンの「鴨中華蕎麦」「鴨醤油らーめん」も!
塩味のラーメンの「鴨塩らーめん」も!


さらに、つけ麺の「合鴨醤油つけ麺」も!
例外なく、どれも、最高に美味しかったので、この「中華ソバ」にも期待♪


というわけで、今日は少し早めに出かけて
最寄りの都営浅草線の浅草駅のA2a出口から地上に出ると、後ろには東京スカイツリー

【新店】中華ソバ ビリケン-2

前の信号を渡った角地には、『喜多方ラーメン 坂内 浅草店 』があって!
その左にある『台湾屋台料理 霞舫3号店』に挟まれた場所に誕生した店へと10時10分10秒にやって来ると


【新店】中華ソバ ビリケン-3【新店】中華ソバ ビリケン-4

今週の水曜日に『らーめん 改』で提供されたイソ店長限定の「鶏飯らーめん」をポールで食べに来ていたお客さんが、今日もポールで並んでいて
今日もポール獲得ならず🥈😢

店頭には、こちらの店の木場本店主の修業先である『五ノ神製作所』から!
さらに、ご常連のお客さんからの開店祝いのお花が飾ってあって、華やいだ雰囲気
🌹

【新店】中華ソバ ビリケン-5【新店】中華ソバ ビリケン-6

2番手で待っていると、この後、10時20分までに5人のお客さんが並んで
10時36分には9人!

10時44分には13人!
そして、20人のお客さんが行列を作ったところで


10時59分に木場本店主が店の中から出てくると
「開店します。」という超短い挨拶があっただけで開店🤣

【新店】中華ソバ ビリケン-7【新店】中華ソバ ビリケン-8【新店】中華ソバ ビリケン-9【新店】中華ソバ ビリケン-10

ポールのお客さんから順番に入店していって
入って、すぐ、左の壁際に設置された大型の券売機で食券を買って、席へと着いていく。

【新店】中華ソバ ビリケン-11

麺メニューは、「中華ソバ」、「坦坦麺」、「鴨油ソバ」の3種類!
しかし、しばらくの間は「中華ソバ」のみの販売!


そして、デフォルトの「中華ソバ」の他に「中華ソバ 味玉入り」、「中華ソバ 鴨チャーシュー増し」に味玉と鴨チャーシューがトッピングされた「中華ソバ 全部入り」が用意されていて
ご飯ものは、「ライス」の他に数量限定の「鴨チャーシューご飯」と「鴨皮煮ぶっかけご飯」!

単品トッピングは「味玉」、「鴨チャーシュー」、「メンマ」、「青菜」!
そして、この中からセレクトしたのは、「中華ソバ 鴨チャーシュー増し」に、単品トッピングの「鴨チャーシュー」!


鴨チャーシューは、『らーめん 改』で限定で出されていたときとは違って、数量限定ではなかったので、ダブルチャーシュートッピングにして!
さらに、「ライス」の食券も購入!


最初は、数量限定の「鴨チャーシューご飯」にしようと思っていたんだけど、こちらは、味付けられた鴨肉が載せられたご飯ものということで
最後にスープにご飯をダイブさせて、「鴨雑炊」にして〆たかったので、「ライス」をチョイスすることにした。

そうして、奥のオープンキッチンの厨房前に一直線に並んだカウンター席6席と
手前に5席あるL字型カウンター席の全11席の客席のうちの

奥のカウンター席の奥から2番目の席への前まで進んで
食券をカウンターの上に置きながら

まず、厨房にいた木場本店主と木場本店主の奥さまの美人の妹さんに開店祝いの言葉を述べて
チャーシュー増しに、さらにチャーシュー増ししてよかったのか!?

確認したところ
OKだということだったので、着席して、ラーメンができるのを待つことに(^▽^)/

厨房では木場本店主のワンオペでラーメンが作られていて
一斗缶から雪平鍋にスープを移して、ガス台の火に掛けていくと

ラーメン丼を2つ取り出して
カエシと香味油を入れていく

その間に、木場本店主の奥さまの妹さんが器用に鴨チャーシューを並べて用意!
メンマとほうれん草も盛りつけやすいようにバットに並べていく


そして、木場本店主によって麺が2玉取り出されると
頃合いを見て、茹で麺機のテボの中へと入れていって、タイマーをセット!

1分後にテボを引き上げて
湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼に納められると

最後に、奥さまの妹さんとの共同作業で盛りつけが行われて
ラーメンが完成すると

まず、ポールのお客さんに「中華ソバ 全部入り」がポールのお客さんに出された後に、私の「中華ソバ 鴨チャーシュー増し」も出されて!
単品トッピングの「鴨チャーシュー」はホタテ貝のカタチをした別皿に入れられて供された。


【新店】中華ソバ ビリケン-12

鴨ロースのレアチャーシューが6枚にメンマほうれん草、白髪ネギ、レッドキャベツスプラウトがトッピングされて!
シェルデザインのお皿にも鴨ロースのレアチャーシューが6枚も載せられた鴨三昧の美しいビジュアルのラーメン♪


【新店】中華ソバ ビリケン-13

まずは、せっかくのピンク色した鴨ロースのレアチャーシューがスープの熱で変色しないように他の具とともに貝殻に見立てたお皿に避難させて…
醤油が香るスープをいただくと…

【新店】中華ソバ ビリケン-14

鴨のワイルドさを感じるようなスープではなく
温度管理に気をつけながら、じっくりと時間を掛けて、鴨のうま味を抽出したといった感じのスープで!

鴨のうま味主体ではあるけど、鶏のうま味も出ていて
さらに、昆布と煮干しに鰹節のうま味も感じられて

以前、『らーめん 改』で限定で提供されたスープに比べると鴨の主張は強くない。
しかし、とてもバランスがよくて、飲みやすくて!


カエシも、前々回の『らーめん 改』の限定の時には、流行りの生揚げ醤油が使われていて、この路線で行くのかなと思っていたのに
スープ同様、バランス型のカエシに変えてきていて

カエシや鴨脂のうま味で飲ませるスープではなく、スープの出汁のうま味で飲ませるスープに仕上がっていて
最高に美味しい😋

なお、あとで、木場本店主にスープの感想を話すと
鶏は銘柄鶏の大山どり

香味油は鴨脂主体で鶏油も併用。
さらに、スープには乾物も使ったと話してくれて


ただ、節は使ってないんだけどなと言った後に
「ああ、それ、メンマに使った鰹節ですよ…」と言って苦笑していたけど(笑)

このスープは「鴨ラーメン」というよりも、鴨出汁のうま味の強い「中華そば」のスープという感じで♪
それで、メニュー名も屋号にも「中華ソバ」の名称を使ったのかな
!?

麺は、やや、平打ち気味の中細ストレートの自家製麺で
見た目からは40秒もあれば茹で上がりそうな麺に見えたので

【新店】中華ソバ ビリケン-15

しっかり目に60秒間茹でられた麺は、やわらかめの食感なのかと思ったのに
実際は、やや、カタめに感じられて

つるっと入っていく、啜り心地がよくて、のど越しのいい麺で!
スープとも適度に絡んでくれたのもよかったし♪


コリコリとした食感のメンマは、鰹節による味付けもよくて♪
ほうれん草は、この醤油味のスープに、よく合っていたし!


【新店】中華ソバ ビリケン-16

そうして、最後は、ライスをスープにダイブさせて!
白髪ネギとレッドキャベツスプラウト鴨ロースのレアチャーシューを浮かべれば


【新店】中華ソバ ビリケン-17

合計12枚の鴨ロースのレアチャーシューで丼が埋め尽くされた
鴨三昧のセルフ「鴨雑炊」の完成(笑)

【新店】中華ソバ ビリケン-18【新店】中華ソバ ビリケン-19

鴨ロースのレアチャーシューは、半分は、そのままレアのままで!
半分はスープに浸していただいたところ


レアの方は、火入れもよくて!
噛めば、程よいやわらかさで


鴨ロース肉のジューシーなうま味が口の中に広がるレアチャーシューで♪
絶品
😋

スープに浸した方は、スープの熱で、やや、カタくなってしまったものの
でも、噛み応えがあって、レアのジューシーなうま味とは違う鴨ロースの肉のうま味が噛む毎にジュワジュワと感じられて、こちらも、めちゃめちゃ美味しかったし😋

それに、麺でラーメンとして食べるのも、もちろん、最高だったけど♪
このして、スープにご飯を浸して、雑炊でいただくのも、最高で、最後まで美味しく完食
😋

2号店のオープンおめでとうございます🎉
初日から大行列ができて!

明日、明後日の土日も混雑しそうですけど、ガンバってください。
「担担麺」や「鴨油ソバ」がリリースされれば、また、来ます♪


それに、「塩中華ソバ」に「鴨つけソバ」の発売も期待してます🤣
ご馳走さまでした。

【新店】中華ソバ ビリケン-20【新店】中華ソバ ビリケン-21

メニュー:中華ソバ…850円/中華ソバ 味玉入り…950円/中華ソバ 鴨チャーシュー増し…1050円/中華ソバ 全部入り…1150円

担担麺…850円/担担麺 味玉入り…950円/担担麺 パクチー増し…950円

鴨油ソバ…900円/鴨油ソバ チャーシュー増し…1100円

ライス…100円/【数量限定】鴨チャーシューご飯…350円/鴨皮煮ぶっかけご飯…300円/マキシマムこいたま TKG…180円

大盛り…150円/替え玉…100円
味玉…100円/鴨チャーシュー…200円/メンマ…150円/青菜…150円/パクチー…100円


中華ソバ ビリケン



関連ランキング:ラーメン | 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅浅草駅(つくばEXP)



好み度:中華ソバ 鴨チャーシュー増し+鴨チャーシューstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2019年2月21日(木)

らーめん元楽 蔵前元楽総本店-1

本日のランチは、東京のダウンタウン蔵前で!

下町情緒溢れるノスタルジックな店がある一方、お洒落な最新トレンドの店もあり
今と昔が混在する町。

そんな蔵前で、まず、訪れたのは『らーめん 改』
カフェのような外観の店で、「らーめん」と小さく書かれた文字がなければ、ここがラーメン店には見えない。


そんな店で、本日から160食限定で提供される「鯛味噌らーめん」をいただいて
次に向かったのが、『らーめん元楽』の『蔵前元楽総本店』

こちらの店は玩具(おもちゃ)タウンでもある蔵前にある、玩具メーカー「増田屋コーポレーション」が1995年に開業したラーメン店。
社員食堂だった建物を改装しラーメン店をオープンさせたことでも知られる店。


現在は、ここ蔵前総本店と銀座、新橋、虎ノ門にも出店していて!
以前は、亀戸と神田にも店があった。


そして、十数年前には、2016年3月31日に閉業になった亀戸の「亀戸サンストリート」内にあった『亀戸元楽』に何度か行ったことがあって!
さらに、その前に、こちら『蔵前元楽総本店』へお邪魔したこともあった。


所謂、背脂チャッチャ系のラーメンを出す店で!
当時は、この系列のラーメンも流行っていた。


そして、この店
醤油ラーメンの「元らーめん」に塩ラーメンの「楽らーめん」の2種類のラーメンの他に、チャーシュー丼の走りとなる「ぶためし」があって!

私の場合、当時は、ラーメンを食べに行くというよりも、この「ぶためし」が食べたくて!
訪問すると、「元らーめんぶためしセット」、または、「楽らーめんぶためしセット」という2種類のラーメンと「ぶためし」がセットになったメニューをよく食べていた。


もう、ここ『蔵前元楽総本店』に来たのは、いつだったか
記録に残していないのでわからないけど

『亀戸元楽』に行ったのはブログ記事にしていて
最後に行ったのが2006年4月17日だから

『元楽』の味を味わうのは、もう12年10ヶ月ぶり(汗)
そうして、スマホのナビを頼りに大通りから一本入った場所にある昭和レトロな佇まいの店の前へとやって来たのは11時25分!

入店すると
こんな広かったっけと思えるほど広い店で

厨房を取り囲むように造られたカウンター席でも15席ほどあって!
テーブル席も多数!


そして、まだ、11時30分にもなっていない早い時間帯にもかかわらず
この広い店に、結構、お客さんが入っていた。

まずは、店を入って、すぐ、右に鎮座していた券売機で食券を購入する。
「元らーめん」と「楽らーめん」の、どっちのセットにするか


らーめん元楽 蔵前元楽総本店-2

しかし、メニューには「ぶためし」の単品メニューもあって!
普通盛に大盛まで用意されている。


『らーめん 改』で1杯食べてきているので
これで、重たい背脂チャッチャ系ラーメンを一杯と「半ぶためし」とはいえ、セットの「ぶためし」の両方を食べるのは、かなりのカロリーオーバーとなってしまうので(汗)

そこで、「ぶためし」の普通盛の食券を買って、カウンター席の1席へ
そして、カウンターの上に食券を上げると

スタッフの人が食券を回収していって、そのまま、オーダーが通った♪
もし、「ぶためし」単品のオーダーができなければ、ラーメンとのセットに変更してもらえばいいとは思ってはいたけど


そうして、オーダーしてから3分後に「ぶためし」が出されて!
さらに、セットのスープも出された。


らーめん元楽 蔵前元楽総本店-4

スープまで付いてくるとは思ってもいなかったし!
飲んでみると、このスープは「楽らーめん」の背脂抜きのスープで!


らーめん元楽 蔵前元楽総本店-5

チェーン店の牛丼サイズの丼に入った「ぶためし」に「楽らーめん」のスープが付いて!
これで、460円という価格は、お得に思えた。


もっとも、こちらの店の「元らーめん」も「楽らーめん」も650円という価格でいただけるというのもコスパ高いし!
だから、これだけのお客さんが入っているんだろうね♪


角切りにされた豚バラ肉の煮豚にネギがたっぷり載せられて!
さらに刻み海苔が載せられた「ぶためし」!


らーめん元楽 蔵前元楽総本店-3

カウンターの壁に貼ってある説明書きに従って、タレとごま油をかけて、よく、かき混ぜて、食べてみると
昔と変わらない、この味!

らーめん元楽 蔵前元楽総本店-6らーめん元楽 蔵前元楽総本店-7

この特製の醤油ダレの味わいと、ごま油の風味が、スゴくよくて!
これ、今でも、何処の店のチャーシュー丼より好み♪


ペロッと、美味しく完食♪
でも、お腹いっぱい
(汗)

今日は、ラーメン一杯食べてきてからの「ぶためし」だったので
ちょっとキツかったかも(-"-;A ...アセアセ

ラーメン食べたら、やっぱり、「半ぶためし」だよね
でも、ラーメンと「半ぶためし」のセットよりも、個人的には、「ぶためし」と半ラーメンのセットがよかったな!

そんなセットがあったら、もっと、お客さんが増えちゃうかも♪
ご馳走さまでした。


らーめん元楽 蔵前元楽総本店-8らーめん元楽 蔵前元楽総本店-9

メニュー:元らーめん(醤油らーめん)…650円/楽らーめん(塩らーめん)…650円

元ちゃーしゅーめん…920円/楽ちゃーしゅーめん…920円
特製元らーめん…650円/特製楽らーめん…880円

元らーめん・半ぶためしセット…890円/楽らーめん・半ぶためしセット…890円

麺大盛…100円

ぶためし(登録商標)…460円/ぶためし 大盛り…680円/ライス…100円


油そば(夜限定)…700円/冷やしつけ麺(夏季限定)…850円/温つけ麺(秋~春限定)…850円/夏細涼麺(盛夏限定)…780円

元楽チャーシュー(お持ち帰り用)…2800円/時計…5940円

蔵前元楽総本店



関連ランキング:ラーメン | 蔵前駅田原町駅両国駅



好み度:ぶためしstar_s40.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年6月28日(水)

【新店】らーめん 鴨to葱-2

本日のランチに向かったのは、御徒町北口近くに本日6月28日オープン予定の新店『らーめん to 上野店』!

店名には「上野店」とあるけど、店の最寄り駅はJR御徒町駅!
御徒町北口を出ると、ガード下の左にある通りが有名な「アメ横」


店は、この「アメ横」とはガードを挟んだ反対側の
ガードの右側を上野方面に向かって延びる通り沿い左にあって、駅からは徒歩2分♪

そうして、11時オープン予定の店へ、開店10分前にやってくると
今日も店の前にお客さんの姿はなく、2日連続のポール獲得!

「今日も…」とか「2日連続」とか
何か、変な言い方をしているけど

実は、こちらの店は昨日が開店予定日で!
一昨日、この店の前を通った人がTwitterで、6月27日オープンの画像付きでツイートしていたのを見て、オープンを知った♪


【新店】らーめん 鴨to葱-3

それで、11時の開店8分前にやってくると
誰もいなかったので、ポールだと思っていた。

そして、店の入口の左に設置された券売機の前に行くと
すでに券売機が稼働していたので、食券を買おうとして、コインを投入したところ

道路の反対側で、こちらを遠巻きに見ていた2人の男性のうちの1人が近づいてきて、ちょっと待ったコール!
「すいません、オープンは明日からなんですよ…」


そう言われて、慌てて、店の前にあった、一昨日のTwitterにあったホワイトボードの画像を見ると
いつの間にか、オープンが明日に延期されていた

【新店】らーめん 鴨to葱-6

たぶん、この声を掛けてきた男性は、こちらの店を経営する会社の人と思われるけど
「今日は、わざわざ、お越しいただいたのに、どうもすみませんでした。」と言って、頭を下げられたので

「明日、また、出直してきます。」と言って、その場を離れたんだけど
こういう新店のオープン遅延は、よくあることなので仕方ない。

ただ、ちょっと気になったのは、この店は、やっぱり資本系の店なんだなって、改めて思ったこと
元々、屋号の後に「上野店」とあって、最初から他店舗展開を想定した店名が付けられていたことや

家賃が高いこの場所に出店できることからしても
資本系の店なんだろうとは思っていた。

そして、券売機にあった、「鮪屋のトロたくちらし」や「鴨to葱の小親子丼」というサブメニューを見ても
たぶん、和食系の飲食店を経営する会社が新規に出店するラーメンチェーンなのかなという気はしたけど

【新店】らーめん 鴨to葱-5

このお二人の出現で、疑惑が確信に変わった(笑)
でも、資本系であろうと、個人経営の店でも、ラーメンが美味しければ、どっちだっていい!

基本はそう思っているけど
資本系の店は、お金もあるし、宣伝力もあるので、あまり、行かないようにしているので

ただ、「鴨・水・葱のみ。」という、こちらの店のラーメンのフレーズにめっちゃ惹かれて♪
昨日に続いて、今日もやってきてしまった
(笑)

【新店】らーめん 鴨to葱-14

すると、今日は、昨日のお2人の姿はなく
そして、店の中では、開店の準備をしているようだったので!

昨日に続いて、券売機の前へとやってきたところ
今日も、券売機は稼働していたので、食券を購入することに!

なお、麺メニューは「鴨らぁ麺」、「鴨わんたん麺」、「鴨汁つけそば」、「鴨コンフィ麺(チャーシュー)」とあって!
さらに、2段目には、「鮪屋のトロたくちらし」または「鴨to葱の小親子丼」のご飯もののサイドメニューが、それぞれの麺メニューとセットになったボタンもあって、どれにしようか目移りしてしまう♪


【新店】らーめん 鴨to葱-7

「鴨汁つけそば」に、まず、惹かれたけど
やっぱり、最初は、スープのうま味を堪能できるラーメンからでしょう♪

というわけで、この中から選んだのは、「鴨コンフィ麺」とご飯もののセットで!
食券を買って待っていると、私の後に1人お客さんが並んだところで11時の開店時刻を迎えると


店の中から、超かわいいスタッフの女子が現れて♪
「お待たせしました♪」


そう言って、迎え入れられて!
「どうぞ、お好きな席へお座りください。」と言われて


厨房と対峙する形で、入口から奥へと一直線に延びるカウンター7席の一番奥の席へと座ろうとしたところ
こちらの店、右奥のスペースにもカウンター席が4席ある、変形な逆L字型変カウンター席全11席の店だった。

席につくと、スタッフの女子から
「本日の葱は、一番のおすすめの九条葱と淡路島産の玉葱、丸太白葱から2つ選べます♪」

「九条葱と淡路島産の玉葱がおすすめです♪」
かわいい女子にそう言われたら、男性客は皆、そうしちゃうかもしれないけど


ただ、券売機の横にあった「今月の葱」の貼り紙を見て!
九条葱と丸太白葱にしようと決めていたので
(汗)

【新店】らーめん 鴨to葱-8

「丸太白葱って、どんな葱なんですか?」と聞くと…
「太い長葱を焼いた焼き葱になります。」

「九条葱と焼き葱が、一番写真写りがいいと思います♪」という答えが返ってきたので!
「じゃあ、それでお願いします♪」と言うと…

「鮪屋のトロたくちらしと鴨と葱の小親子丼は、どちらにされますか?」と続いて聞かれて…
「親子丼で!」と言って注文成立!

そうして、2番目に入店した人にも、葱の好みを聞くと
厨房に注文が伝えられた。

そして、その厨房には、3人の男性スタッフの人がいて!
客席から見て左にいた人が、真ん中にいたスタッフの人に、いろいろと指示を出していたので、店長なのかな
!?

右にいたスタッフの人は、私の滞在中は、終始、薄めのワンタンの皮に肉餡を入れて包んでいたけど
厨房に男性3人にホールに女性1人の4人体制でオープンに臨めるのは、やはり、資本系の強み

そうして、厨房では、まず、私と2番目に入店したお客さんの注文したラーメンを2個作りし始めたんだけど
面白かったのは、雪平鍋で温められたスープと、大きな寸胴で炊かれていたスープの2種類のスープが2段階でラーメン丼に注がれていたこと。

まず、雪平鍋に入れられて、ガス台の火に掛けられていたスープがラーメン丼に注がれると
これが、赤黒い、濃い醤油色したスープで

雪平鍋から注がれた時点で、スープが濃い醤油色していたように見えたので
間違っていなければ、雪平鍋で温める前から、スープにカエシが入っていたんじゃないかと思われる。

そして、次に寸胴から直接スープが注がれると、スープが淡い色合いに変わったので、こちらは、純粋にスープだけだと思われるけど
面白い作り方をしていた。

そうして、このスープの張られたラーメン丼に、テボに入れて45秒間、茹で麺機で茹でられた麺が入ると
最後に具が盛りつけられて、完成した「鴨コンフィ麺」が着丼!

【新店】らーめん 鴨to葱-9【新店】らーめん 鴨to葱-10

そして、店長がフライパンで炒めていた鴨肉と葱が最後に卵で綴じられて
完成した「鴨to葱の小親子丼」も、すぐに続けて供された。

【新店】らーめん 鴨to葱-11

ただ、驚かされたのがラーメン丼の形状と大きさ!
写真ではよくわからないけど


口が極端に狭いミニサイズで!
これ、スープ何cc入ってるんだろう
(笑)

【新店】らーめん 鴨to葱-12

ただ、麺は、店頭に開店祝いの花が飾られていた三河屋製麺のものと思われるので
そうだとすると、この全粒粉入りの中細ストレート麺は、いろいろな店で使われている三河屋製麺の定番麺ということになって!

【新店】らーめん 鴨to葱-13

この麺の麺量は140gなので!
これは一般的な麺量ということになるはずだけど


まずは、国産合鴨と水のみで丸二日間弱火で炊いた無化調だというスープをいただくと
鴨が香るスープなのがいい♪

【新店】らーめん 鴨to葱-15

ただ、鴨脂が多めで、かなりオイリーで!
その分、鴨出汁は控えめに感じられた。


カエシも、やや、甘めで、淡くて
「鴨脂淡麗醤油らーめん」って感じかな

それもあって、後から来たお客さんは
卓上の自家製香り一味に原了郭の黒七味をバンバン入れて食べていたので

【新店】らーめん 鴨to葱-16
【新店】らーめん 鴨to葱-17

個人的には、鴨脂を減らして
鴨出汁をもう少し効かせてもらって

もっと、醤油感のあるカエシにして!
醤油のうま味で鴨出汁を引き締めるような味わいにしてもらえると、もっとよくなる気もしたけど


水と鶏だけで出汁を引いた純鶏スープのラーメンを出す店が増えているけど
水と鶏のスープは難しい

同じように、水と鴨も難しいのかな
個人的には、昆布と干し椎茸のうま味を入れてやって!

鰹や宗太鰹の節のうま味か
いりこの煮干しのうま味を重ねると、バランスがよくなって、より鴨が引き立つ美味しいスープになるような気はしたけど

「鴨・水・葱のみ。」の無化調スープ」に挑戦してくれたのは、とても有意義なことだし!
今後のスープのブラッシュアップに期待しています♪


麺は、先に紹介した三河屋製麺の全粒粉が配合された中細ストレート麺で!
45秒という短い時間で、アルデンテに茹でられた麺は


【新店】らーめん 鴨to葱-18

おそらく、意図的にそうして、歯切れのいい食感の麺に仕上げているんだろうと思われるけど
個人的には、この麺だったら、少なくとも1分以上!

麺の芯まで、しっかりと茹でてもらった方が、麺のうま味も感じられるし♪
つるっとした、啜り心地がよくて、のど越しのいい麺になって、いいような気がした


トッピングされた具は、小ぶりな合鴨のコンフィが6枚に!
穂先メンマとセレクトした九条葱、丸太葱の2種類の葱で


まず、合鴨のコンフィは、個人的には、もっとレア感のある火入れをしてもらえると、もっとよかったとは思うけど
噛むと、ジュワッとジューシーな鴨の脂が口の中に広がる美味しい一品だったし♪

【新店】らーめん 鴨to葱-19

穂先メンマは、根元までやわらかくて!
穂先部分のシュクシュクといた食感がとてもよかったし♪


2種類の葱と鴨は、合わないわけがないし!
具はとてもよかったと思う♪


【新店】らーめん 鴨to葱-20

そして、「鴨to葱の小親子丼」は
ふわっふわでトロットロの卵がとてもよくて!

【新店】らーめん 鴨to葱-21

醤油と酒と砂糖に昆布と鰹出汁で味付けられた味わいもとてもよくて♪
これは、ラーメンに+230円で、とても食べられる代物じゃない!


美味しくいただきました。
ご馳走さまでした。


食べ終わって、店を出ると
なぜか、先ほどの、かわいいスタッフの女子が追いかけるように外へと出てきたので

忘れものしたかな!?
と思ったら

「今日は、どうもありがとうございました。」と言って頭を下げて
ラーメンに親子丼の感想など聞かれたんだけど

彼女の笑顔には癒やされたし♪
また行きたいと思わせる、彼女の心地良い接客にも好感が持てたけど!


肝心なラーメンの味は
もう少しガンバってもらいたかったかな(汗)

【新店】らーめん 鴨to葱-22
【新店】らーめん 鴨to葱-23【新店】らーめん 鴨to葱-24【新店】らーめん 鴨to葱-25【新店】らーめん 鴨to葱-26

メニュー:鴨らぁ麺…750円/鴨わんたん麺…900円/鴨汁つけそば…880円/鴨コンフィ麺(チャーシュー)…1000円

鴨らぁ麺+鮪屋のトロたくちらしor鴨to葱の小親子丼…980円/鴨わんたん麺+鮪屋のトロたくちらしor鴨to葱の小親子丼…1130円/鴨汁つけそば+鮪屋のトロたくちらしor鴨to葱の小親子丼…1110円/鴨コンフィ麺+鮪屋のトロたくちらしor鴨to葱の小親子丼…1230円

自家製煮卵…100円/コンフィ(チャーシュー)…250円/九条葱…120円/淡路島産玉葱…100円/丸太葱…100円/白髪ネギ…100円

鮪屋のトロたくちらし…350円/鴨to葱の小親子丼…350円


らーめん 鴨to葱



関連ランキング:ラーメン | 御徒町



好み度:鴨コンフィ麺star_s30.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年3月29日(水)

【新店】支那そば 大和-1

本日のランチに向かったのは、東京・稲荷町に昨日の3月29日にオープンした『支那そば 大和』!

こちらの店は、「ワンタン麺」が超有名な『八雲』出身の店主が開業した店!
昨日のオープン日に行くつもりだったのが、忙しくて行けず


そこで、今夜行こうと思っていたところ
当面は11時開店の通し営業で、夕方には売り切れてしまうという情報を聞いて

今日は午後一に神田で用事があったので、ささっと済ませて、東京メトロ銀座線に飛び乗って!
稲荷町駅で下車して、地上に出て


浅草通り沿いにある、黄色い看板赤い文字稲荷屋と書かれた、元フレンチの料理人が営むラーメン店の道路を挟んで斜め向かいにある店を訪ねたのは
もうすぐ、午後の2時になる時刻。

店頭には、たくさんの開店祝い花!
そして、入口近くには修業先の『八雲』からの花もあった。


【新店】支那そば 大和-2

入店すると、店内は満席で!
さらに、店内のウエイティングの椅子にも、お客さんが2人待っている状況で!


こんな遅い時間だというのに
開店早々、流行っている♪

まずは、券売機で食券を購入。
主なメニューは、「特製ワンタン麺」1000円、「特製ワンタン麺 ハーフ」900円、「支那そば」700円


それぞれに「白だし」、「黒だし」の2種類のスープがあって、どちらかを選ぶ!
しかし、券売機左上に「白・黒のMiXもできます。」の貼り紙があって!


【新店】支那そば 大和-3【新店】支那そば 大和-4

これって、確か、『八雲』でも、やっているメニューだよね!?
『八雲』出身の店には何度か行っているくせ、『八雲』には行ったことがなくて(汗)

「MIX(ミックス)」も初体験だったので!
「白だし特製ワンタン麺」と「切り落としチャーシュー」150円の食券を買ってウエイティングの椅子へと座っていると


【新店】支那そば 大和-5

そう待つことなく、席が空いて、カウンター席の入口に一番近い席へと案内された。
客席は、厨房を囲むように造られたL字型カウンター席に、2人掛けのテーブル席が2卓。


ただ、L字型のカウンター席は、奥側の短辺部分を配膳口として利用していて
ストレートのカウンター7席のみでの営業。

席につく際に、女性スタッフの人から
「食券お預かりします♪」と言われて…

食券を渡しながら
「ミックスで!」と言って、注文!

そうして、厨房に注文が通されると
「これで、切り落としチャーシュー、ヤマ」と言う言葉が厨房から聞こえてきて

ギリギリで食べられたみたいでよかった♪
なお、厨房では、3人の男性スタッフの人がいて


3人とも、それなりにベテランの人たちだったので
最初は、誰が店主かわからなかった。

でも、1人が麺上げを行い、ワンタンも茹でて
指示を出していたので

この人が店主なんだろうなとわかったし!
そうして、この店主と思われる人は、テボで茹でた麺にワンタンも、平笊に移して湯切りしていたんだけど!


【新店】支那そば 大和-6【新店】支那そば 大和-7

こうしてくれると、しっかりと湯切りできて、茹で湯でスープを汚さずに、スープを美味しくいただけるのがいい♪
ただ、麺の茹で時間は、結構、アバウトだったかな
(笑)

そうして、完成した「MIX特製ワンタン麺」が、女性スタッフの手によって運ばれてきた。
なお、「切り落としチャーシュー」は、別皿の小皿に入れられての提供。


【新店】支那そば 大和-9【新店】支那そば 大和-10【新店】支那そば 大和-8

そこで、「切り落としチャーシュー」もラーメンに入れて撮影♪
肉ワンタンとエビワンタンが3個ずつに、極太メンマ、海苔、小口切りされた青ネギ


開店サービスで入る味玉
小ぶりなチャーシューと150円にしては結構な量の切り落としチャーシューがトッピングされたラーメン!

【新店】支那そば 大和-11

まずは、クリアーな醤油清湯のスープをいただくと
ふわっと魚介が香る、やさしい味わいのスープで!

【新店】支那そば 大和-12

昆布のうま味に煮干しのうま味!
それに、鰹節、鯖節、宗田節の節のうま味も感じられて


ベースは豚の背ガラか鶏ガラか
複雑な味わいのスープで

しかし、何かが突出せず、バランスのいいスープで!
突き抜けた味わいのスープてをはないけど、とても美味しい♪


ただ、このスープだったら、この白醤油と濃口醤油をミックスしたカエシよりも、白醤油だけの方が合うかも!?
なので、次回は、ぜひ、「白だし」で食べてみるつもり!

麺は、オレンジ色のプラスチックの麺箱から取り出された菅野製麺の麺が使われていて
中細の少し縮れが付けられた麺は、つるっ!しこっ!モチッ!

【新店】支那そば 大和-13

やや、やわらかめの食感に感じられて
この滋味深い味わいのスープとは合っていたから、いいとは思うけど

個人的には、もう少しカタ茹でに茹でてもらった方が好みだったかな
ただ、麺を茹でているのを身近に見ていて

麺の茹で時間にバラツキがあったように見えたので
もしかしたら、長く茹でられた麺が回ってきたのかも(汗)

なので、これが、デフォルトの茹で加減なのかは不明だけど
次回は、麺カタめでリクエストしてみるつもり!

なお、トッピングされた海老ワンタンは、プリップリの食感なのが最高だし!
海老のうま味も感じる美味しい海老ワンタンで♪


噛んで、ワンタンの断面を見てみると
単に小海老が入っているだではなく、ミキサーで砕いて

しかし、海老のプリプリとした食感を残した餡が使われていて!
味、食感とも優れた逸品♪


【新店】支那そば 大和-14

肉ワンタンも、噛むと、ジューシーな肉餡のうま味が口の中に広がる美味しいワンタンだったし!
さすが、『八雲』出身の店だけあって、どちらのワンタンも絶品♪


チャーシューは煮豚ではなく、本物の焼豚で!
縁の部分が食紅によって赤く染まったもの!


蜂蜜によるの甘味が特徴的な味わいがなかなかよくて、美味しい♪
ただ、デフォのチャーシューは、ちょっと、小ぶりすぎかな
(汗)

それに比べると、「切り落としチャーシュー」は、ボリュームもあって、リーズナブル♪
あれば、これを追加するのがおすすめ!


【新店】支那そば 大和-15

外がカリコリ!
中がサクサクの極太メンマも食感最高!


サービスの味玉も、黄身が、茹で加減が、やや、緩めだったけど
美味しくいただけたし♪

【新店】支那そば 大和-16

最後はスープも全部飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


【新店】支那そば 大和-17【新店】支那そば 大和-18【新店】支那そば 大和-19【新店】支那そば 大和-20

メニュー:白だし
特製ワンタン麺(肉・エビ3ケずつ)…1000円/特製ワンタン麺 ハーフ(肉・エビ2ケずつ)…900円/チャーシュー麺…1000円/エビワンタン麺(エビ6ケ)…1100円/肉ワンタン麺(肉6ケ)…900円/エビワンタン麺 ハーフ(エビ3ケ)…1100円/肉ワンタン麺 ハーフ(肉3ケ)…800円/味玉そば…800円/支那そば…700円
チャーシュー特製ワンタン麺…1300円/チャーシューエビワンタン麺…1400円/チャーシュー肉ワンタン麺…1200円
スープワンタン…820円

黒だし
特製ワンタン麺(肉・エビ3ケずつ)…1000円/特製ワンタン麺 ハーフ(肉・エビ2ケずつ)…900円/チャーシュー麺…1000円/エビワンタン麺(エビ6ケ)…1100円/肉ワンタン麺(肉6ケ)…900円/エビワンタン麺 ハーフ(エビ3ケ)…1100円/肉ワンタン麺 ハーフ(肉3ケ)…800円/味玉そば…800円/支那そば…700円
チャーシュー特製ワンタン麺…1300円/チャーシューエビワンタン麺…1400円/チャーシュー肉ワンタン麺…1200円
スープワンタン…820円

※白だし、黒だしのMIXも注文可能。

切りおとしチャーシュー…150円/味付玉子…100円/のり…100円/メンマ…100円/ネギ…100円
麺大盛り(1.5玉)…100円

チャーシュー皿盛…350円/特製ワンタン皿盛…330円/エビワンタン皿盛…430円/肉ワンタン皿盛…230円


大和 稲荷町本店



関連ランキング:ラーメン | 稲荷町駅新御徒町駅田原町駅



好み度:MIX特製ワンタン麺+切りおとしチャーシューstar_s40.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m