FC2ブログ
訪問日:2018年11月11日(日)

【新店】七だし屋-1

今日から1拍2日の札幌ラーメンツアー!

というわけで、朝7時過ぎに羽田空港に到着!
保安検査場を抜けて、まだ、8時30分のフライトまでは1時間15分以上あるので、何処かでお茶でもしようかと思って2Fの空港マップを見ていたところ


羽田空港第一ターミナル北ウィングの外れの方に『七だし屋』なるラーメン店がオープンしているのを知った。
この場所、以前、福岡から帰ってきたときに、ここで「台湾まぜそば」をいただいた『第7ベイサイド』があった場所じゃないかな
!?

そこで、スマホに「七だし屋」と入力して、ググってみたところ
こちらの店は、東京エアポートレストラン株式会社が経営する店で!

こちらの会社のプレスリリースによると、オープンは今年の9月5日!
提供されるのは、「ななつの出汁のこだわり中華そば」で


「鰹」、「鮪」、「宗田鰹」、「鯖」、「うるめ鰯」、「真鰯」、「いりこ」の七つのだしで、 コク深く風味豊かな味わいを実現したというもの!。
麺も全粒粉をブレンドした多加水麺を使用して、モチモチとした食感が特徴で、 スープとの相性も抜群とのことだったので、期待してもいいのかな
!?

というわけで、第一ターミナルの端から端まで歩いて、店の前までやってくると
やはり、以前に『第7ベイサイド』として営業していた場所に店はあった。

【新店】七だし屋-2【新店】七だし屋-3

店の外にお品書きがあって、麺メニューは、「七だし中華そば」、「七だし塩そば」、「特製和えそば」の3種類。
そして、それぞれにハーフサイズも用意されていた。


【新店】七だし屋-7

これから、札幌に行って、ラーメンをいっぱい食べるつもりなので(汗)
ハーフサイズがあるのはいい♪

でも、どのハーフサイズにするか!?
七つのだしを味わうラーメンなのに「和えそば」をオーダーするのはあり得ない。

【新店】七だし屋-6

必然的に、醤油味の「中華そば」か塩味の「塩そば」ということになるけど
出汁のうまみをダイレクトに味わうなら「塩そば」♪

【新店】七だし屋-5

でも、スープが魚介出汁オンリーのスープで!
7種類の出汁のうち5種類が節ということで


節は醤油との相性がいいので!
注文は「七だし中華そば」の「ハーフサイズ」に決定♪


【新店】七だし屋-4

入店して、レジカウンターの前に行くと、誰もいなかったので
奥にいたスタッフの人に声を掛けて

【新店】七だし屋-8

出てきた若い男性スタッフの人に注文を告げて
その場で、会計すると

レシートとともに、ちょっと変わったカタチの「リプライコール」が手渡された。
これは、フードコートなどで渡されて、料理が完成すると「ピピピッ!」と音が鳴る受信機のこと。


【新店】七だし屋-9

そうして、空いていたテーブル席に座って待っていると
5分も経たないうちに「リプライコール」が鳴り始めた♪

急いで受け取りにいったところ
欅の木製トレーの上に載せられていたラーメンは、丼ではなく、お椀に入れられていたんだけど

【新店】七だし屋-10

これがハーフサイズ!?
これで650円

麺は、これで半麺入っているのかな!?
スープも、めっちゃ少ないし(/。\)

価格も、普通サイズの880円は、空港価格ということを考えたら、高いとは思わない。
しかし、このハーフサイズの650円は
(-""-;)

豚肩ロースのレアチャーシューにメンマが3本と刻みネギが載せられて
別皿の2連の小皿に自家製山椒オイルと国産おろし生姜が入る「七だし中華そば」の「ハーフサイズ」!

【新店】七だし屋-12

まずは、醤油と節が香るスープをいただくと
これは、一言で言うと、蕎麦つゆ!

それも、厚削りの鰹節で出汁を引いた日本蕎麦店のものではなく
立食いそば屋で食べる蕎麦つゆの味わい

これで、麺が、立食いそば屋で使われている「ゆで麺」だったら、完全に立食いそばになってしまう
しかし、麺は、細うどんをもう一回り細くしたような

でも、蕎麦というには太すぎる
そんな中太ストレートの中華麺が合わされていて

【新店】七だし屋-13

つるモチ食感の
ややカタめで、弾力のある麺で、まったく蕎麦っぽくはない。

イメージ的には、立食いそばのつゆに焼きそばの麺を合わせて食べているような
そんな感じがした

「七だし」と聞いて、七つの節と煮干しの出汁のうま味で食べさせてくれるスープを期待していたのに
カエシが濃口醤油と味醂で作った関東風の濃いめの味付けで!

これでは、繊細な出汁はわかりにくいし
そのせいもあるのかもしれないけど

「七だし」のうち、私のバカ舌では鰹節、鯖節、宗田節の「三だし」くらいしか感知できなかったし
やっぱり、この味は、関東の立食いそば屋で食べる「かけそば」だね!

これなら、麺は、普通に蕎麦で食べたいし
これは、完全に期待外れ(汗)

「塩そば」にしていたらどうだったか
塩味なので、立食いそばっぼくは感じなかっただろうし

もしかすると、私のバカ舌では感じられなかった
鮪節やうるめ節、平子(真鰯の煮干し)、いりこの

残りの「四だし」のうま味も感じられるかもしれないし
でも、これではね(汗)

少なくとも、「七だし中華そば」は、味の問題から、あまり、おすすめはしないし
「ハーフサイズ」は、量と価格の問題から、まったく、おすすめすることはできないかな(>_<)

ただ、面白かったのは山椒オイル。
これを入れることで、劇的に味が変わって!


入れすぎると元の味がわからなくなってしまうほどだったけど
「塩そば」だったら、これ以上に合うんじゃないかな!?

なお、もう一つの味変アイテムのおろし生姜は、醤油との相性バッチリで!
最初から、こうして食べるのが正解かも


真空低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていて!
味わいもよかった♪
メンマも特別なものじゃないけど、普通に美味しくいただけたけど


【新店】七だし屋-14【新店】七だし屋-15

こちらの店は、朝6時から営業していて!
朝ラーできるというのがいいところ♪


しかし、しつこいかもしれないけど、ハーフサイズは、女性どころか、お子さんでも量が少なすぎるので!
ご注意の上、ご注文願います。


【新店】七だし屋-16

メニュー:七だし中華そば…880円/ハーフサイズ…650円
七だし塩そば…880円/ハーフサイズ…650円
特製和えそば…950円/ハーフサイズ…700円
麺の大盛り…+100円

佐田岬半島のしらすごはん…300円/九条ねぎ叉焼ごはん…300円/やまや明太子ごはん…300円
ごはん大盛り…+50円

トッピング
低温真空調理の叉焼…300円/特製半熟煮玉子…150円/極太メンマ…100円/九条ねぎ…100円/焼き海苔…100円

ごはん
ごはん…150円/ミニごはん…100円


七だし屋



関連ランキング:ラーメン | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅



好み度:七だし中華そば(ハーフサイズ)star_s20.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年10月26日(金)

ラーメン宮郎【弐】-1

本日のランチは、『煮干しつけ麺 宮元』のセカンドブランドの店ラーメン宮郎へ!

こちらの店は、『煮干しつけ麺 宮元』と同じ東京・蒲田に『麺屋 一燈』出身の宮元店主が開業した店で!
オープンは昨年2017年6月10日!


『ラーメン宮郎』の屋号からわかるように、『麺屋 一燈』のセカンドブランドの『ラーメン燈郎』と同じく、『ラーメン二郎』をインスパイアしたラーメンを出す店で
二郎系ラーメンを、ほとんど食べない私は、これがオープン3日目に訪問して以来、約1年4ヶ月ぶりの訪問になる。

そして、本日、私が、こちらの店にやってきたのは
スタッフの亀ちゃんこと亀井さんが、今、こりまくっている手打ち麺で、本日1日限りの限定で「白河中華そば」を作るというので♪

亀ちゃんの作る手打ち麺は、2ヶ月前の8月23日に、『煮干しつけ麺 宮元』で提供された「純手打ち冷かけ蕎麦」をいただいて経験済み!
そして、亀ちゃんが「讃岐うどん」をイメージして作った麺は、「讃岐うどん」というよりは、山梨県の富士吉田市とその周辺で食べられている郷土料理の「吉田のうどん」!


ゴワゴワでムチムチとしたカタめの食感の「吉田のうどん」のような食感の麺で!
でも、この食感が、とても面白くて、めっちゃいい感じだったので♪


なお、亀ちゃんからは
来月、東京・十条の『讃岐うどんいわい』に手打ちうどんの修業に行ってくると話していたので!

修業の成果も含めて!
どんな麺を提供されるのか楽しみに店へと向かった。


そうして、10時20分過ぎに店の前へとやって来ると
まだ、開店時間の11時までは40分近くあるというのに3人の精鋭がガッチリと3脚ある丸椅子を占拠していて、残念ながら4番( ´△`)

ラーメン宮郎【弐】-2月

ポールはの席には人は居なかったけど、あの見慣れたパソコンはRさんのもの!?
そうして、2番手は『麺屋 一燈』グループのご常連のOさん!

すると、すぐにポールのお客さんが戻ってきたんだけど
予想通りRさんだった(笑)

というわけで、開店まで、Rさん、Oさんと話しをして過ごしているうちに、11人のお客さんが行列を作ったところで
まだ、開店時間までには10分以上あるのに早明けしてくれた♪

ポールのRさんから入店して、券売機で食券を買って、L字型カウンターの右奥から順に席へとついていく。
そうして、私の番になって、買い求めたのは、本日唯一の限定メニューである「松田と亀井の白河手打ち中華そば」に「チャーシュー増し」した「チャーシュー麺」の食券に「炊き込みごはん」の食券!


ラーメン宮郎【弐】-3

そうして、席につくと
厨房には、こちら『ラーメン宮郎』の松田店長に亀ちゃんの2人!

そして、亀ちゃんが、自分で作った手打ち麺を箱から取り出そうとしているところだったので…
生麺を見せてもらったんだけど

ラーメン宮郎【弐】-4

これが、ただの手打ち麺ではなく、手打ちで、手切りの麺を手揉みして作った平打ちの太縮れ麺だったんだけど
手間かかってるよね!

しかし、それだけではなくて、さらに、この麺
うどんと同じようにコシを出すために足踏みして作ったということで

結局、180食分を作り上げるために徹夜したそうだけど
本当に、お疲れさまです。

ラーメン宮郎【弐】-5ラーメン宮郎【弐】-6

そうして、ガス台の火にかけたスープが温まる頃合いを見計らって、その手打ち麺をテボに投入したので
おそらく、2分30秒から3分くらい茹でるんだろうなと思っていたら

1分30秒でテボを引き上げていたのは、ちょっと意外
手打ち麺だと、茹で時間が早いのかな!?

そうして、3個作りされた本日限定のラーメンが完成すると
ポールのRさん以下の3人のお客さんに出されていって

次に、同じルーティーンで先ほど同様、3個作りされた「松田と亀井の白河手打ち中華そば」が完成すると
その一つが「チャーシュー増し」になって、亀ちゃんから供された。

ラーメン宮郎【弐】-7

豚バラ肉豚モモ肉の煮豚が3枚ずつと、つくね2個、メンマ小松菜、刻みネギと、なるとの上におろし生姜が載せられたラーメンで!

ラーメン宮郎【弐】-8ラーメン宮郎【弐】-9

さらに続いて、松田店長から「炊き込みごはん」も出された。

ラーメン宮郎【弐】-10

麺もチャーシューの量も「白河中華そば」らしい、ボリューミーなラーメンで!
あとで、亀ちゃんに確認したところ


麺の量は「白河中華そば」の標準的な量の200gということで
他店のラーメンの大盛りに近い量だったし!

「チャーシュー増し」にしたので、デフォルトでは1枚ずつの豚バラ肉と豚モモ肉の煮豚が3枚ずつに増量されたので!
しかし、それぞれの煮豚が2枚ずつ増量されて、200円増しというのはリーズナブル♪


まずは、なるとに載せられた生姜がスープに移らないように、「炊き込みごはん」の上に移して
スープをいただくと

ラーメン宮郎【弐】-11ラーメン宮郎【弐】-12

鶏のうま味に豚のうま味!
さらに、昆布、いりこに鰹節のうま味も感じられて


この味わいは、鶏ガラ、ゲンコツ、背ガラと香味野菜でとった動物系スープと
昆布といりこを水だししたものを、一晩寝かせて、火入れして、鰹を入れて仕上げたような味わいの魚介系スープのダブルスープを合わせたような!?

そんな味わいに感じられて!
でも、これって、「白河中華そば」
!?

とは言っても、「白河中華そば」は、ほぼ、『とら食堂』でしか食べたことがないから、よくはわからないけど(汗)
「白河中華そば」からは、特に、こんな、いりこのうま味は感じられないはずなので

カエシに使われた醤油にキレとコクがあって
さらに、カエシには煮豚の煮汁も使われていると思われるので

そこは、「白河中華そば」らしさは感じられたかもしれないけど
でも、それは置いといて

出汁のうま味を上手く引き出したスープで!
結構、好みの味わい♪


今日は麺に期待して来たのに
スープも、思った以上に秀逸な味わいのスープで♪

亀ちゃんは、こんなスープも作れる人だったんだね!
やるじゃない♪


そこで、亀ちゃんに
「これ、とら食堂をリスペクトして作ったの?」と聞いてみると…

「とら食堂をイメージして作りましたけど、同じではつまらないですし…」
「とら食堂は、鶏豚の動物系だけのスープですけど、このスープは魚介も使ってます!」


なんて言うので
「いりこ使ってますよね!?」と言うと…

「ええ、いりこも鰹も使ってます。」
「いわい
(『讃岐うどんいわい』)で修業しましたから(笑)」

なんて、答えがあって
これは「白河中華そば」のスープと「讃岐うどん」のかけつゆがマリアージュしたスープのラーメンだったんだね♪

そうして、このまま、すべて飲み干したくなる美味しいスープだったけど
終盤に生姜を入れていただくと

これが、また、美味しい生姜醤油スープに味変したのも!
とても、いいアイデアだったし♪


そして、今回の主役の手打ちで、手切りで、手揉みの完全な手造り麺は
「白河中華そば」らしい、プリプリとして、モチモチとした食感の麺ではなく

ラーメン宮郎【弐】-13

全体的には、やや、カタめのムチッとした食感の麺に感じられて
やっぱり、少し、茹で時間が短すぎたか

ただ、中にはモチモチとした食感の麺もあって!
ピロピロとした食感もあって!


これは、麺が手切で、幅が均一ではないところにきて
手揉みしているため、厚みにもバラツキができて

幅も厚みも不揃いで!
さらに、縮れも不揃いのため


まるで、14番と16番と18番の3種類の切刃の麺をいっしょに味わっているようで!
食感が、とても面白くて、楽しい麺だったのがよかった♪


それに、手揉みによって付けられた不規則な縮れがスープを拾ってきてくれて!
スープとの相性もよかったし♪


豚バラの煮豚は、苦手な脂身の少ないのはよかったんだけど
味付けがしょっぱすぎたのが(>_<)

ラーメン宮郎【弐】-14

これに対して、豚モモ肉の煮豚は、まったく、しょっぱくなくて
モモ肉なので、けっこう噛み応えはあったものの

肉質のいい豚モモ肉が使用されていて!
肉のうま味がよく感じられる、美味しい煮豚で、こちらは、めっちゃ好み♪


そして、松田店長が作ったという大葉が混ぜ込まれて、生姜風味のつくねは、食べる前までは鶏つくねだと思ったのに
挽き肉には、豚と鶏の合挽きが使われていて

ラーメン宮郎【弐】-15

しっとりとした食感に仕上げるのではなく、あえて、肉々しく仕上げてきたのが、また、とてもよくて!
味、食感ともに優れた美味しいつくねだったし♪


そして、サイドメニューの「炊き込みごはん」は、えのきやシメジの食感もよかったし!
醤油、酒、味醂に塩と砂糖


それに、魚介出汁も使われているかもしれないけど
さすが、和食の経験もある松田店長かを作っただけのものはある!

ラーメン宮郎【弐】-16

そう思って、松田店長に言うと
「いや、これは、亀ちゃんが作りました。」ということだったけど

スゴいね、亀ちゃん!
麺もスープも、そして、「炊き込みごはん」も最高でした♪


そこで、最後に亀ちゃんに
「また、次の手打ち麺にも期待してます♪」と言うと…

「いや、もう二度とやりたくないです。」
なんて言っていたんだけど
(汗)

今回みたいに180食も用意しなくも
前回並の30食限定でいいので!

ぜひ、また、美味しい手打ち麺、食べさせてください♪
ご馳走さまでした。


ラーメン宮郎【弐】-17

メニュー:ラーメン ミニ…750円/ラーメン 並盛…800円/ラーメン 中盛…850円/ラーメン 大盛…900円
汁なしそば ミニ…750円/汁なしそば 並盛…800円/汁なしそば 中盛…850円/汁なしそば 大盛…900円

辛いラーメン ミニ…780円/辛いラーメン 並盛…830円/辛いラーメン 中盛…880円/辛いラーメン 大盛…930円
辛い汁なしそば ミニ…780円/辛い汁なしそば 並盛…830円/辛い汁なしそば 中盛…880円/辛い汁なしそば 大盛…930円

豚マシ…200円/豚ダブル…350円/長ネギ…100円/生卵…60円/魚粉…50円/ニラキムチ…50円/チーズ…100円/カレー粉…100円

半ライス…50円/ライス…100円

【10月26日(金)限定】白河ラーメン…850円/チャーシュー麺…1050円
炊き込みごはん…200円


ラーメン 宮郎ラーメン / 蒲田駅蓮沼駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:松田と亀井の白河手打ち中華そば+チャーシュー増しstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年6月13日(水)

【新店】中華そば 梟-1

本日、午後の2時30分になるのを待って、訪問したのは、6月1日オープンした新店の中華そば

こちらの店は、蒲田から東急池上線で1駅目の蓮沼駅から徒歩10秒の場所にある『麺処 にそう』の跡地にオープンした店。

そして、こちらの店の店主は、2016年の1月11日に任期満了のため閉店した『せたが屋』グループの『ラーメンゼロ PLUS 表参道ヒルズ店』に居た永田さんという方で!
開業するまでは、目黒の『中華そば むら田』や、以前、この場所で営業していた『麺処 にそう』を数日間、間借りするカタチで営業を繰り返していた。


2016年9月20日に、その『麺処 にそう』で間借り営業していたときに、一度だけ訪問したことがあって
そのときは、「アジ煮干しそば」と「少し辛いそば」という2種類のラーメンにトッピングの「懐かしい固茹で煮玉子」と「白ごはん」で営業!

「少し辛いそば」に興味はあったけど
「少し辛いそばは、辛味で鯵の風味は感じられないと思います。」という店主の言葉で回避して、「アジ煮干しそば」にした記憶がある。

そして、この「アジ煮干しそば」は、鯵煮干しが香る♪
鶏ガラ、ゲンコツの動物系をベースに鯵煮干しと背黒を重ねた清湯煮干しスープのラーメンで!


ニボラーはもとより、一般のお客さんにも受け入れられる!
淡麗な味わいの美味しいスープのラーメンだった♪


そして、お麩と、温かいスープのラーメンなのに、なぜか、ミョウガがトッピングされていたのまで、よく覚えている!
その後は、なかなかタイミングが合わなくて、間借り営業で作られた永田店主のラーメンを食べるチャンスもないまま、時が過ぎた

そして、いよいよ年貢の納め時と思ったのか!?
ようやく、店を出す気になったようなので(笑)

6月1日のオープン日に訪問しようと思ったくせに
今日まで、ズルズルと遅れてしまった(汗)

理由は、こちらの店のメニューというのが「アジ煮干しそば」と、以前は「少し」が入っていたのを取っただけの「辛いそば」の2種類のラーメンにトッピングの「懐かしい固茹で煮玉子」で、間借り時代と代わり映えしないメニュー内容だったのと
私が、それ以上に食べたいラーメンがあると、そちらに引きずられていってしまう性格の人なので(汗)

しかし、どうやら、「白醤油の冷たい中華そば」なる「冷やし」を限定で提供し始めたみたいだったので!
これは行くしかないでしょう!


と思ったのに
14時30分からの提供って(>_<)

確かに、「冷やし」を作ると、オペレーションが乱れるから、忙しいときにやりたくないのはわかるけど
でも、ガンバって行くことに(笑)

そうして、駅からは超近いのに、あまり目立たない場所にある店の前までやって来ると
1年10ヵ月前の間借り営業のときに来たときとまったく同じで、暖簾替わりに、梟(ふくろう)のTシャツが吊されていた。

【新店】中華そば 梟-9

少し、店頭で待って、14時30分になると同時に入店すると
こんな遅い時間でも、お客さんが入っていた

券売機の前をスルーして、空いていた席へとついて
用意してきた現金800円をカウンターの上に置いて、「冷やし」をお願いする。

【新店】中華そば 梟-2

すると、さっそく、時間限定で、数量限定の「冷やし」を作り始めて
そうして、少しすると、1個作りされた「白醤油の冷たい中華そば」が完成♪

【新店】中華そば 梟-3【新店】中華そば 梟-5

鶏ムネ肉豚肩ロース肉のレアチャーシュー2種にミョウガ、お麩がトッピングされて
センターにレタスと削ぎ切りされたネギがバサッと載せられた冷製スープのラーメン!

しかし、濁りのある白湯スープに多目に浮かぶ香味油を見て驚いた(゜_゜;)
「白醤油の冷たい中華そば」というネーミングから、勝手に、清湯スープの冷たいスープのラーメンが出てくると思っていたので…

そこで、そんな感想を店主に話すと
「天国屋さんに紹介いただいた七福さんの白醤油です。」

なんて答えが帰ってきたんだけど
何を言ってるのかわからない???

「・・・」
何も反応できずにいると


「天国屋さん知らないんですか?」と言われてしまったんだけど
永田店主が言っていた「天国屋」とは!?

東京都町田市にある人気ラーメン店の『超純水採麺 天国屋』!
以前はジャンクなラーメンを作っていたらしいけど


今は、子供たちが、安心して食べられるラーメン作りをしているようで
評判の良さは聞いていたし

鶏と水で作った純鶏スープのラーメンや!
太刀魚煮干しなどの白身魚の煮干しを使った純煮干しスープのラーメンを食べてみたいとは、ずっと思っていた。


ただ、店のある場所が町田市という、遠くてあまり行かない場所にあるのと
さらに、最寄り駅であるJR横浜線の成瀬駅から徒歩17分という、お世辞にもいいとは言えないアクセスがネックとなって、まだ、訪問を果たせていない。

すると、永田店主は私が行っていそうな店を考えてくれたのか(笑)(汗)
「伊吹のスープみたいなもんです。」なんて言っていたけど…

これを聞いても
正直、まったく理解できなかった(汗)

ただ、まず、丼まで、よく冷やされていて
スープを一口飲んで、すぐに、ひんやりとクールダウンできたのがよかったし♪

【新店】中華そば 梟-6

スープは、たぶん、鶏ガラとゲンコツを炊いて作った白湯スープに
鯵煮干しメインの煮干しを合わせた味わいの冷製スープなんだろうと思うけど

一味によるスパイシーさも感じられて
今まで、食べたことのないオンリーワンの味わいだったのがよかったと思う♪

麺は、中細ストレートの中加水麺が合わせられていて!
レギュラーの「アジ煮干しそば」に使われている麺なのかな
!?

【新店】中華そば 梟-7

通常より、長めに茹でられて、氷水でキリッと〆られて、つるシコな食感に仕上げられた麺は
この冷製スープと合っていてよかったと思うし♪

トッピングされた鶏ムネ肉のレアチャーシューは、以前にいただいたものといっしょで
しっとりとした食感に仕上げられていたのがよかったし♪

ブラックペッパーの味付けも!
塩加減もいい感じでよかった♪


【新店】中華そば 梟-8

ただ、豚肩ロース肉のレアチャーシュー
こちらも以前にいただいたものと同じだったけど

こちらは、以前同様、熱が入りすぎていたのが
肉のうま味は感じられるので、悪くはないとは思うけど

低温調理の温度と時間を見直すだけで、見た目も食感もよくなるのに…
これが店主のスタンダードなんだろうね

レタスと削ぎ切りされたネギのシャキシャキとした食感が、この冷製スープと、とても合っていてよかったし!
温かいスープではイマイチに感じられたミョウガも、この冷製スープでは力を発揮していたし♪


美味しく完食♪
ご馳走さまでした。


【新店】中華そば 梟-10

メニュー:アジの中華そば…750円/辛いそば…750円

懐かしの固ゆで玉子…100円
白ごはん…100円/肉ご飯…200円

【限定】白醤油の冷たい中華そば…800円


中華そば 梟ラーメン / 蓮沼駅蒲田駅矢口渡駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



好み度:白醤油の冷たい中華そばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
2017年度に訪問しながらブログに掲載できないまま越年してしまった「あきらめ~店」



訪問日:2017年2月16日(木)

天鳳 空港店-1

羽田空港第1旅客ターミナル北ウイングB1Fの一番端にあるラーメン店。
創業は羽田空港第1旅客ターミナルが完成した1993年。
醤油ベースのスープに野菜味噌あんかけを絡めた「天鳳麺」が看板メニュー。


天鳳 空港店-2天鳳 空港店-3天鳳 空港店-4

食べたラーメン:タンメン

天鳳 空港店-5天鳳 空港店-6

[スープ]
豚骨ベースの塩味。
やや、味付けが薄味。
テーブルの上に辣油があり、途中で使用。


天鳳 空港店-7

[麺]
中細ストレート麺。
麺は、やや、やわめ。


天鳳 空港店-8

[トッピング]
野菜だっぷり450g。


最寄り駅:羽田空港(空路)、羽田空港第1ビル(モノレール)、羽田空港国内線ターミナル(京急)
オープン:1993年


天鳳 空港店-9

天鳳 空港店ラーメン / 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0



好み度:タンメンstar_s30.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年10月22日(日)

【新店】春木屋 羽田空港店-1【新店】春木屋 羽田空港店-2

本日は羽田空港で朝ラー♪

保安検査場を抜けて、JALで伊丹空港へ向かう前に入店したのが、第1旅客ターミナル2階の7番搭乗口近くに8月1日にオープンした春木屋 羽田空港店

こちらの店は、先日、やはり、JALで広島に向かう前に偶然見つけた店で!
そのときは時間がなかったので、広島から、岡山高松徳島と回ってラーメンをいただいて!


徳島阿波おどり空港で、軽くラーメンを食べてからの帰途、夜の7時を少し回った時刻に行ってみると
残念ながら売り切れていたので(涙)

今日は早めに自宅を出て!
朝の8時30分過ぎに、こちらの店へとやって来た!


なお、こちらの店は、『春木屋 羽田空港店』の名前で、ラーメンデータベースやRetty、Yahoo!ロコなどに登録されているので、それに合わせてそうすることにしたけど
実際には、東京・荻窪の『春木屋』の支店ではなく

JALの関連会社が経営する『ブルースカイ 7番ゲートスナック』内で、8月1日から『春木屋』監修の「中華そば」が食べられるようになったというのが実態みたい
これは、『ちばき屋』プロデュースのラーメンを出していた第2ターミナル ゲート内 52番搭乗ゲート前の『ANA FESTA 52番ゲートフードショップ』と同じだね!

でも、羽田空港で『春木屋』の「中華そば」が食べられるというのは画期的なことだし♪
しかし、『春木屋』監修なので、本当に『春木屋』らしい味わいの一杯が出されるのかどうかを確かめるためにも、ここは、食べとかないとね!


というわけで、まずは食券売場で食券を買い求めるんだけど
メニューは、「中華そば」850円、「わんたん麺」1,250円、「ちゃーしゅー麺」1,350円の3種類で!

【新店】春木屋 羽田空港店-3【新店】春木屋 羽田空港店-4【新店】春木屋 羽田空港店-5【新店】春木屋 羽田空港店-6

価格は荻窪本店といっしょ♪
しかし、今は、デフォルトの「中華そば」でも850円する店は出てきているので、高いとは思わないけど


でも、「ワンタン」トッピングして400円!
「チャーシュー」だと500円とるというのは


これは、昔からそうなので、今さらという感じだけど
こちらの店のトッピング価格は、とても良心的とはいえない

【新店】春木屋 羽田空港店-7

この中から選んだのは、もちろん「中華そば」!
そして、JALカードで支払って、5%引きの恩恵を得ようとすると


「すみません、1,000円以下の場合、5%引きは適用されません。」と言われてしまったんだけど(汗)
でも、それでも100円で2マイル加算されるから、JALカードで支払うといいよね♪

そうして、注文を済ませて!
受け取り口でラーメンが作られるのを見ていると


食券売場のお姉ちゃんが、そのまま、いきなり、ラーメンを作り始めたのには驚いた(゚-゚)
まず、寸胴のスープを雪平鍋に移して、ガス台の火に掛けていくと

おもむろにテボに麺を入れて茹で始めた。
そうして、温まったスープをラーメン丼に注ぐと


そこに、茹で麺機のテボが、音を立てて、自動で持ち上がって、麺の茹で上がりを告げた。
そして、茹で上がった麺は、お姉ちゃんによって湯切りされて…


【新店】春木屋 羽田空港店-8

最後に具が盛りつけられると
これで「中華そば」の完成!

そうして、トレーに載せられた「中華そば」を、お姉ちゃんから受け取ったら
店の奥にあるテーブル席へ!

【新店】春木屋 羽田空港店-9【新店】春木屋 羽田空港店-10

席は4人掛けのテーブル席が2卓と椅子の位置が高いカウンター席があって!
4人掛けのテーブル席に2人のお客さんが座っているだけで


後の席は空いていたので
もう1卓の4人掛けテーブル席に座っていただくことに

煮豚のチャーシューが2枚にメンマ、刻みネギと
小さくカットされた海苔が『春木屋』らしいラーメン!

ただ、この、昭和を感じる「昔ながらの中華そば」!
あるいは、「ノスタルジックな東京醤油ラーメン」といったビジュアルのラーメンが850円というのは


やっぱり、ちょっと割高な気も(汗)
そして、まずは、スープをいただくと

【新店】春木屋 羽田空港店-11

煮干しのフレーバーが香り立つスープをいただくと
ゲンコツと鶏ガラをじっくりと低温で炊いたスープに

昆布と鯖節、そして、大量の背黒といりこを重ねたといった感じの味わいのスープで!
思った以上に煮干しが効かされていて!


さらに、がスープの表層を覆うラードがスープにコクを与えてくれていて!
めっちゃ美味しいじゃないですか♪


しかし、『春木屋』の「中華そば」って、こんなに煮干しが強かったっけ!?
荻窪の店で食べたのは、かなり昔の話しなので、記憶が風化してしまったか

東京の「中華そば」といったら、鶏ガラ、ゲンコツ、香味野菜と煮干しでスープの出汁をとって!
煮干しが効かしているのが特徴のラーメンで!


そんな味わいのラーメンだったことと
香味油にラードを使っているのも覚えてはいたけど

この煮干しとラードがかなり強めのスープは、先日、長期休業していて、10月6日から営業を再開した千葉県柏市の『大勝』の「ラーメン」のカエシの量を濃いめにしたスープのような味わいで!
ということは、『永福町大勝軒』系の味わいということになるけど


『春木屋』の荻窪本店の味も、そうなのかどうかはわからないけど
少なくとも、今日のスープは、そんな風に感じられた

でも、この味、めっちゃ好みだし♪
美味しい!


そして、麺は、中太縮れの手もみ麺で!
これも覚えている。


【新店】春木屋 羽田空港店-12

うん、確かにこんなプリプリとした食感の麺だったし!
手揉みして、縮れを加えているから、いい感じでスープにも絡んでくれてよかったし♪


豚肩ロースのチャーシューは、可も不可もない煮豚で!
悪くはないけど、これを500円プラスしてトッピングするだけの価値は


【新店】春木屋 羽田空港店-13

メンマも、特筆すべきものはなかったけど
思ったよりは美味しかったかな♪

【新店】春木屋 羽田空港店-14

でも、それより何より、ラーメン職人が作ったラーメンではなく
アルバイトのお姉ちゃんが作ったラーメンが、こんなに美味しくいただけるとは思っていなかったのでビックリ(゚o゚)/

それに、空港で食べるラーメンとしては、かなり味もクオリティも高いと思う♪
ご馳走さまでした。


【新店】春木屋 羽田空港店-15【新店】春木屋 羽田空港店-16

メニュー:中華そば…850円/わんたん麺…1250円/ちゃーしゅー麺…1350円

春木屋 羽田空港店



関連ランキング:ラーメン | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅



好み度:中華そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m