FC2ブログ
訪問日:2016年10月21日(金)

らーめん改【六】-2

本日のランチは東京・下町の蔵前にある『らーめんで!

「貝塩らーめん」に「濃厚煮干つけ麺」が2大看板メニューの店!

しかし、こちらの店では、不定期ながら、結構な頻度で限定メニューが提供されていて!
今まで、何度かいただいているけど


どれもが、イケてる一杯だったし!
前回にいただいた限定の「合鴨醤油らーめん」も、なかなか美味しい鴨清湯スープのラーメンだった♪


しかし、そのときに、こちらの店の美人の奥さまからは
先週の「合鴨塩らーめん」の方が、鴨感が強くて美味しかったという話しを聞いて!

「食べたかった…」と言うと…
また、近いうちにやりますという約束をしてくれて!

奥さまのTwitterをチェックしていたところ
今日の午前11時過ぎに



らーめん改
@ra_menkai

おはようございます。

限定らーめんのお知らせです。

本日より2日間限定で
「鴨塩らーめん」ご提供してます!
前回とはまた違う鴨ガラを使用して鴨の動物系感が全面にでたスープです。
こっくりとした旨味のスープです!

本日も皆様のご来店心よりお待ちしておりますm(_ _)m

11:05 - 2016年10月21日



こんなツイートをしていたので!
これは行かないといけないでしょう♪


というわけで、最寄り駅の都営浅草線・蔵前駅から、すぐ近くにえる店の前にお昼の12時30分になる時刻にやってくると
店内は満席のようで

店頭にはお客さん1人。
店の中にも1人が待っている状況!


でも、これは、少ない方で!
それが証拠に、すぐに、私の後ろに2人、さらに2人!


そして1人、また1人と
6人のお客さんが並んだので

なお、外待ち1人のお客さんの後ろに並ぶと、こちらも美人の女性スタッフの人が店の中から出てきて
「先に食券をお買い求めください♪」と言われて!

いつものように券売機の左下に作られていたボタンを押して、「鴨塩らーめん」の食券を買おうとすると
今日は、デフォルトの「鴨塩らーめん」と「鴨塩らーめん+味玉」の他に、「鴨塩らーめん+鴨チャーシュー」、「鴨塩らーめん 全部入り」のバリエーションもあった。

らーめん改【六】-3らーめん改【六】-4

そこで、鴨肉のレアチャーシューがトッピングされた「鴨塩らーめん+鴨チャーシュー」にすることにした。
そうして、再び、外に出て待っていると


食べ終わったお客さんが出てきて
美人スタッフの人から呼ばれて入店。

席に着いて、待っていると
完成した「鴨塩らーめん+鴨チャーシュー」が奥さまから出された。

らーめん改【六】-5

あとで、高級鴨のフランス鴨・バルバリー種だと奥さまに確認した鴨肉のレアチャーシューが7枚も載せられて♪
水菜、笹切りされたネギ、糸唐辛子酢橘の輪切りがトッピングされた美しいビジュアルのラーメン♪


まずは、やや、濁りのある黄金色したスープをいただくと
鴨!カモ!(屮°□°)屮

らーめん改【六】-6

鴨が香る♪
鴨のうま味いっぱいのスープで!


淡麗で、じんわりと鴨が感じられるスープだと思ったのに
鴨が濃い!

そして、この強い鴨出汁に、昆布と鰹節のうま味を入れることによって、バランスよく仕上げられていて!
めちゃめちゃ美味しい♪


鴨といったら、醤油味というイメージが強かったけど
鴨出汁の塩味の清湯スープもいい♪

というより、この鴨塩スープは、突き抜けた味わいで!
絶品♪


麺は、前回の「合鴨醤油らーめん」にも使われていた、粒々模様が特徴的な
全粒粉入りの自家製中細ストレート麺で!

らーめん改【六】-7

テボに投入されてから、55秒で引き上げられて!
湯切りされた麺は


つるつると啜り心地がよくて、のど越しのよさもある♪
日本そばの「田舎そば」のような食感の麺で!


前回は、淡麗鴨清湯の醤油スープとの相性はバツグンに感じられたけど
今回の、濃厚鴨清湯の塩スープとの相性もバツグン♪

それと、よかったのは、前回の合鴨のチャーシューは、ちゅっとカタめだったのに
今回のフランス鴨・バルバリー種を使って作った鴨肉のレアチャーシューは、とてもやわらかくて!

鴨のうま味も強くて!
トッピングして大正解♪


らーめん改【六】-8

スープを飲んでいる途中で
これ、鴨雑炊にして食べたら、絶対に美味しいだろうなと思って、「ライス」を追加注文したところ

すぐに、お茶碗にてんこ盛りのご飯が出されたんだけど
100円なのに、サービスよすぎません!?

らーめん改【六】-9

盛りがいいので、スープをライスに掛けていただくわけにいかないので
ライスを残ったラーメンのスープにダイブさせて!

卓上の一味をパラッとふりかけて、いただいてみると
これも、めっちゃ美味しくて♪

らーめん改【六】-10

すべて美味しく完食♪
ご馳走さまでした。


なお、この限定の提供は、今日明日の2日間限り!
できれば、もう少しロングランで提供してくれると嬉しいんだけど


というわけで、このブログを見た方は、ぜひ、食べに行ってみては!?
特に、鴨好きな方には、めちゃめちゃ、おすすめです♪

らーめん改【六】-11らーめん改【六】-12

メニュー:貝塩らーめん…750円/味玉貝塩らーめん…850円/チャーシュー貝塩らーめん…950円/全部入り貝塩らーめん…1050円

濃厚煮干つけ麺…800円/濃厚煮干つけ麺+味玉…900円/濃厚煮干つけ麺+チャーシュー…1000円/濃厚煮干つけ麺 全部入り…1100円

ライス…100円/めんたい子ご飯…200円/チャーシューご飯…250円/炊き込みご飯…200円

チャーシュー…200円/味玉…100円/竹の子…150円/のり…100円

大盛…100円/替玉…100円/貝油のあえそば…200円/煮干油のあえそば…200円

【10月21日・10月22日2日間限定】鴨塩らーめん…850円/鴨塩らーめん+味玉…950円/鴨塩らーめん+鴨チャーシュー…1050円/鴨塩らーめん 全部入り…1150円


らーめん 改

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 蔵前



好み度:鴨塩らーめん+鴨チャーシューstar_s50.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年9月22日(木)

らーめん改【五】-1

本日のランチ2軒目に向かったのは、東京・蔵前にある『らーめん』!

こちらの店は、東京・青梅の『いつ樹』と、その系列の『五ノ神製作所』出身の店主が今年の2月2日にオープンした店で!
「貝塩らーめん」という貝出汁の塩ラーメンが売りの店!


でも、不定期に限定がリリースされていて!
先週は「合鴨塩らーめん」が販売されて


食べたかったのに
結局、食べるのを逃してしまった。

ただ、来週は「合鴨醤油らーめん」の限定をやると、こちらの店の美人の奥さまがTwitterでツイートしていたので、こちらに期待していたところ
今朝のTwitterでは



らーめん改
@ra_menkai

おはようございます。

限定のお知らせ

本日より100食限定で
「合鴨醤油らーめん」お出しします。
前回の醤油バージョンですが今回は魚介感強めにしてみました鴨と魚介の旨味が詰まった一杯です!
悪天候ですが頑張って営業したいと思います!
ご来店の際は足元に気を付けていらして下さい。


9:26 - 2016年9月22日



ということだったので、このTwitterのツイートに釣られて!
最寄り駅である都営浅草線の蔵前駅から、すぐ近くの店の前に午後の1時ジャストにやってくると


店頭にはお客さんの姿はなかったものの、店内は満席だったので
雨降る中、外で傘を差しながら待っていると

こちらも美人な、こちらの店の女性スタッフの方が店の中から出てきて
「どうぞ、中に入って、食券をお買い求めください。」と言うので

言われた通り入店して
券売機の左下に作られていたボタンを押して、「合鴨醤油らーめん」の食券を買い求めて、美人女性スタッフの方に渡す。

らーめん改【五】-2

そうして、店内で、しばし、待っていると
席も空いたようで!

美男美女カップの店主夫妻に挨拶して着席。
少し、待っていると


3個作りされた「合鴨醤油らーめん」が完成して!
このうちの一つが私に出された。


らーめん改【五】-3らーめん改【五】-4

真空低温調理された小ぶりな合鴨のレアチャーシューが3枚に!
笹切りされたいっぱいのネギ、ほうれん草、海苔がトッピングされたラーメン!


まずは、スープをいただくと
「熱っ!」

らーめん改【五】-5

表面には熱せられた鴨脂が浮かんでいて、めっちゃ熱い!
それで、フーフーと息を吹きかけて、スープをいただいたんだけど


慌てて飲んだら、火傷するほどの熱さなので!
ご注意ください。


なお、スープは、合鴨で出汁をとった鴨清湯スープで!
香油に鴨脂が使われていることもあって!


鴨が香り♪
スープからは、じんわりと鴨が感じられて!


そして、鴨の他に昆布と鰹節のうま味も感じられて!
なかなかバランスよく仕上がった美味しいスープだと思う♪


ただ、美人の奥さまのツイートにあった
「今回は魚介感強めにしてみました。」というほど、魚介は強くは感じられなかったかな

麺は、麺の表層にある粒々模様からもわかるように!
全粒粉入りの中細ストレートの自家製麺が使われていて!


テボに投入して、タイマーがセットされてから
タイマーが鳴る前に55秒の時間が掛けられて麺上げされた麺は

らーめん改【五】-6

つるパツで、やや、カタめに感じられる!
日本そばの「田舎そば」のような食感の麺で!


でも、この食感!
めっちゃ、好きだし♪


この醤油味の鴨出汁のスープの相性はバツグンで!
スープといい感じで絡んでくれて、美味しく食べさせてくれた♪


合鴨のチャーシューは、ちょっとカタめ
でも、噛めば、うま味が滲み出てくる美味しいチャーシューでよかったし♪

らーめん改【五】-7

突き抜けた味わいの一杯ではないけど
なかなか、美味しい味わいの鴨醤油清湯のラーメンだった♪

そこで、帰りがけに美人の奥さまに
「鴨感のあるバランスのいいスープで美味しかった♪」と言って…

空っぽになったラーメン丼をカウンターの上に上げると
「ありがとうございます。」と笑顔で言った後に

「でも、先週の塩の方が鴨が強く感じられてよかったよね!?」
そう店主に話しかけると


店主も、それに応じて
「塩は鴨感強かったですね…」なんて言うんだけど…

今更、それを言われても(汗)
とは、思ったけど

奥さんからは
「また、合鴨塩らーめんやります♪」と言っていたので…

今度こそは、逃さず、食べに行かないといけないね♪
ご馳走さまでした。


らーめん改【五】-8

メニュー:貝塩らーめん…750円/味玉貝塩らーめん…850円/チャーシュー貝塩らーめん…950円/全部入り貝塩らーめん…1050円

濃厚煮干つけ麺…800円/濃厚煮干つけ麺+味玉…900円/濃厚煮干つけ麺+チャーシュー…1000円/濃厚煮干つけ麺 全部入り…1100円

ライス…100円/めんたい子ご飯…200円/チャーシューご飯…250円/炊き込みご飯…200円

チャーシュー…200円/味玉…100円/竹の子…150円/のり…100円

大盛…100円/替玉…100円/貝油のあえそば…200円/煮干油のあえそば…200円

【9月22日~100食限定】合鴨醤油らーめん…850円/合鴨醤油らーめん+味玉…950円


らーめん 改

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 蔵前



好み度:合鴨醤油らーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年8月13日(土)

らーめん改【四】-1

本日のランチは、本日から提供されている「冷やし担々麺」を求めて、東京・蔵前の『らーめんへ!

こちらの店は、東京・青梅の『いつ樹』に、その系列の『五ノ神製作所』出身の店主がオープンした店で!
「貝塩らーめん」という貝出汁の塩ラーメンがメインの店!


でも、最近は、結構な頻度で、様々な限定を提供してくれていて!
この限定が、毎回、めっちゃ、美味しそうなので♪


こちらの店の美人の奥さまが発信するTwitterのツイートは、いつも見にいっている。
そして、今朝も見に行ってみると




らーめん改
@ra_menkai

こんばんは。 限定のお知らせです

明日から再び「冷やし担々麺」ご提供致します。今回は赤唐辛子と青唐辛子2色のラー油を作って見ました。スープも前回同様に秘伝のコクペーストを入れて、コク旨に仕上がってます。売り切れ次第終了とさせていただきます。皆様、ご来店是非お待ちしております。




こんな文字情報だけのツイートがされていて
しかし、どうやら、ラーメンの画像を貼り忘れたようで、1分後には画像付きの新たなツイートが上がって!

らーめん改【四】-2

これが、めっちゃ美しくて、美味しそうなビジュアルのラーメンだったので♪
今日のランチはこれで決まり♪


ただ、今日の午前中は、いろいろと忙しくて
都営浅草線都営大江戸線が走る蔵前駅から程近い店に到着したのは、午後の2時20分。

売切れはないだろうとは思いながらも、ちょっと心配しながらやってきたんだけど
限定ラーメンの告知の看板が店頭に出ていたので、たぶん、大丈夫♪

らーめん改【四】-3

なお、店内は満席のようで、お客さんが1人、外待ちしていていて
後ろに付くと、5分ほどで1人、お客さんが出てきた。

続いて、女性スタッフの人も出てきて、まず、先客に入店を促すと
私にも、先に食券を買って、再び、外で待つよう指示があって

言われたように、入店して、券売機の前い立つと
ラッキーなことに、「冷やし担々麺」は、まだ、残ってくれていた♪

らーめん改【四】-4

食券を買って、女性スタッフの人に渡して、再び、外に出ると
1分ほどで、お客さんが出て来て、女性スタッフに呼ばれて入店。

席についてからは、ちょっと、時間が掛かって、3個作りされた「冷やし担々麺」の1つが私に供された
赤唐辛子青唐辛子の2色のラー油が美しいラーメン♪

らーめん改【四】-5

まずは、ラー油の掛かっていない肌色のスープだけを飲んでみると
胡麻ペーストに豆乳の味わいで!

そう濃厚さはなくて!
でも、コクのあるマイルドなスープ。


次に、赤唐辛子のラー油をスープに混ぜて、飲んでみると
ピリッと辛くて!

でも、コクがあって!
冷たいので爽やかな辛さで美味しい♪


そして、今度は、青唐辛子のラー油を同じようにして試してみると
あれっ!?

青唐辛子の方が赤唐辛子より辛いというイメージがあったのに
赤唐辛子の方が辛味が強いような

それで、交互に飲んでみたんだけど
辛味と痺れで、どちらが辛いのか、よくわからなくなった(汗)

そうして、あとは、赤と青の2色のラー油を混ぜて!
具も混ぜ込んで、スープを飲んでみると


辛肉味噌の味わいがバツグンで!
この辛肉味噌に胡麻と豆乳と2色の自家製ラー油が合わさった、この冷製スープの味わいは最高♪


今まで、実験しながら、スープを飲んでいたときには、ちょっと、辛さにむせたところもあったけど
こうすると、だいぶ、辛さは薄まって

これなら、辛い物が苦手な人でも食べられる辛さで
最初は、辛いと思ったくせに、逆に、もう少し辛くてもいいかもと思えるくらい。

麺は、中細ストレートの自家製麺が合わせられていて
この麺が、コシとハリのある麺で!

らーめん改【四】-7

つるっとした啜り心地のいい麺で!
スープとの絡みもバツグンだったし♪


白髪ネギと刻みきゅうりの異なるシャキシャキ感もとてもよくて!
美味しく完食♪


夏にピッタリな、辛くて冷たい「冷やし担々麺」!
おすすめです♪


PS 店を出ると、あと5分で午後の3時という時間にもかかわらず、行列ができていたけど…
もうすっかり人気店になってるみたいだね♪


らーめん改【四】-8

メニュー:貝塩らーめん…750円/味玉貝塩らーめん…850円/チャーシュー貝塩らーめん…950円/全部入り貝塩らーめん…1050円

濃厚煮干つけ麺…800円/濃厚煮干つけ麺+味玉…900円/濃厚煮干つけ麺+チャーシュー…1000円/濃厚煮干つけ麺 全部入り…1100円

ライス…100円/めんたい子ご飯…200円/チャーシューご飯…250円/炊き込みご飯…200円

チャーシュー…200円/味玉…100円/竹の子…150円/のり…100円

大盛…100円/替玉…100円/貝油のあえそば…200円/煮干油のあえそば…200円

【8月13日~90食限定】冷やし担々麺…800円/冷やし担々麺+味玉…900円


らーめん 改

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 蔵前



好み度:冷やし担々麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年7月23日(金)

らーめん改【参】-1

本日のランチは、東京下町の蔵前に、今年の2月2日にオープンした『らーめんへ!

こちらの店は、『いつ樹』で3年半、『五ノ神製作所』で1年ほど修業した店主が、この地に開業した店!

オープン当初は「貝塩らーめん」のみの提供!
翌週から「煮干らーめん」も提供されて!


しばらくの間は、「貝塩らーめん」と「煮干らーめん」の二大看板メニューの提供だけだったけど
4月になると、限定ラーメンの提供も始まって!

6月26日からは、「煮干らーめん」に代わって、「濃厚煮干つけ麺」が提供されるようになった。
「濃厚煮干つけ麺」には興味があったので、機会があれば行ってみたいとは思っていたんだけど


なかなか、訪問できないまま、提供開始から1ヶ月近く経ってしまった。
そんな折り、ここのところ、積極的に「冷やしラーメン」の限定を提供していた店主が、また、新たな限定をやるとTwitterでツイートしていた!


らーめん改
@ra_menkai

おはようございます。

限定のお知らせです。

本日より「和なつけ麺」やります。
本枯れ節と昆布をふんだんに使って、上品なスープに仕上げました。トッピングには鴨ロース乗っけてます。
濃厚系苦手な方は是非どうぞお待ちしております


らーめん改【参】-3
9:23 - 2016年7月20日

画像を見る限り、日本蕎麦の田舎そばのような麺で!
これを、本枯れ節と昆布の冷たいつけ汁につけていただくつけ麺!


鴨ロースのチャーシューも、めっちゃ美味しそうだったので♪
これは食べないとね!


と思いつつ、20日には、話題の煮干しラーメンの店が2店オープンすることもあって
この2日間は訪問できず

提供3日目の今日、ようやく訪問することに!
しかし、今日の東京地方の天候はあいにくの雨で


しかも気温は、ようやく20度を上回る、涼しい気候だったので
冷製のつけ麺という気分じゃないかな

でも、遅ればせながら、「濃厚煮干つけ麺」を食べればいいか
そう思って店へと向かうことにした。

そうして、店の前にやってきたのは、開店時間の11時を少し回った時刻。
入店する前に、傘を差しながら、店の外観写真を撮っていると、後からやってきたお客さんに抜かれてしまった
(汗)

よくあることだけど
でも、今日は、これが功を奏した♪

撮影を終えて、入店。
まずは、券売機で食券を買うんだけど


らーめん改【参】-4らーめん改【参】-5

券売機の左上には、バーンと限定の「和なつけ麺」のPOPが貼ってあって!
券売機上段は、従来通り、「貝塩らーめん」と、そのトッピングバージョンのボタンが並んでいて!


二段目には、「煮干しらーめん」に代わって、「煮干しらーめん」のボタンの上から黒い紙を貼って、手書きされた「濃厚煮干しつけ麺」のボタンが並ぶ。
そして、右のちょっと下の位置に「貝油のあえそば」なるPOPが貼ってあった!


「貝油のあえそば」は、私が過去に訪問したときにはなかったメニューで!
所謂、「替え玉」に味がつけられて、具が載る「和え玉」のこと!


通常は「貝油」だけど、「煮干油」にもできる!
なので、麺大盛リにはせずに「濃厚チャーシュー煮干しつけ麺」に、この「貝油和えそば」の食券を買って、油を「煮干油」に変更してもらう。


そういうプランだったし!
実際、外観写真の撮影をせずに入店したら


後からきたお客さんが後ろに並んだだろうから
間違いなくそうしていたと思う。

しかし、時間ができたので
近くにいたかわいいスタッフの女子に

「濃厚チャーシュー煮干つけ麺と貝油のあえそばの食券を買うつもりですけど…」
「煮干油に変えたら合います!?」と聞いてみた。


元々は、今はメニュー落ちした「煮干らーめん」用に用意されていたもので!
でも、「濃厚チャーシュー煮干つけ麺」にも合うんだろうと思って、確認のために聞いたんだけど


それを聞いていた美人の店主の奥さまから
「濃厚煮干つけ麺とは別に、油そばだと思って食べていただければ…」

なんて答えが返ってきたんだけど
つまりは合わないってことだよね(汗)

「大盛リ」にするしかないか
でも、「貝油のあえそば」も食べてみたかったな

なんて思っていたら
「限定のつけ麺だったら、醤油味のつけ麺なので合うみたいですよ。」

どうやら、店主がそうアドバイスしてくれたようで
奥さまが伝えてくれた。

そこで、急遽、予定を変更して
限定の「和なつけ麺」と「貝油のあえそば」の食券を買って席へ。

らーめん改【参】-6

席には、奥の席から詰めて、5人の先客が座って、ラーメンができるのを待っていた。
そうして、店主によって、次々に作られたのは「和なつけ麺」ばかりで


こんな涼しいのに人気あるんだな、なんて思っていたところに
私にも、この限定の「和なつけ麺」が、美人の奥さまから出されたので

らーめん改【参】-7らーめん改【参】-8

「この限定のつけ麺、何食限定なんですか?」と聞いてみると…
「あと、1食です。」と言われたので…

「えっ、そんなに少ないんですか?」
1日の提供数が5~6食だと思ったので、そう言うと


「80食用意したんですけど…」
奥様からそう言われて、最初は、何を言ってるのかわからなかったけど


つまりは、毎日スープを作るわけではなく、最初に80食分のスープと食材を用意して
一昨日から提供が始まって!

私までで79食が出たので
残りは1食ということみたい。

なお、供されたつけ麺は、冷製つけ麺とばかり思っていたのに
実際には、温かいつけ汁のつけ麺だった(汗)

ずっと、冷やしの限定をしていたので、今回もそうで!
今回はラーメンではなく、つけ麺なんだと勝手に思い込んでいた。


でも、今日みたいに涼しい日は、温かいスープの方がありがたいので♪
結果的には嬉しい誤算
(笑)

そうして、まずは、つけ汁を一口、味見してみたところ
「本枯れ節と昆布をふんだんに使って、上品なスープに仕上げました。」と店主のTwitterのツイートにあった通りの味わいで!

鰹と昆布がいい出汁出してたけど、さっぱりしすぎているかなと思ったので
ちょっと、もったいないような気もしたけど

麺の上に3枚載せられた鴨ロースに!
獅子唐と蓮根をつけ汁の中へドボン!


そうして、褐色の麺だけを食べてみたんだけど
めっちゃ風味のいい麺で♪

らーめん改【参】-9

そして、平打ちの中太ストレートの自家製麺は
見た目も日本蕎麦の田舎そばっぽいけど、食感もそうで!

これ、狙って作ってきてるよね♪
味も食感もいい麺で最高♪


そして、麺をつけ汁につけていただくと
鴨!カモ!カモン(屮°□°)屮

鴨ロース肉の脂が鰹節と昆布出汁のうま味いっぱいのスープに溶けて!
カエシの醤油、味醂、砂糖の味付けがバツグンによくて!


めっちゃ好み♪
それに、めちゃめちゃ美味しい♪


しかし、こちらの店
濃厚でインパクトのある味わいのラーメンを出す店という印象だったけど

こんな、出汁のうま味を上手く引き出した!
淡麗でコクとうま味いっぱいのスープも作れるんだね♪


色紙切りされたネギもやわらかくて!
この醤油味のスープとはよく合っていたし!


そして、鴨ロース肉が、やわらかくて!
噛めば、鴨肉のうま味が滲み出てくる絶品の鴨肉で最高♪


らーめん改【参】-10

そうして、麺を3分の2ほど食べたところで、奥さまにお願いした「貝油のあえそば」は、数十秒で着丼。
めっちゃ、早い!


らーめん改【参】-11

それもそのはずで!
「貝油のあえそば」は、極細のストレート麺で!


前回、「煮干らーめん」を食べたときに「替え玉」で食べた麺で!
そのときの麺の茹で時間は15秒だったからね。


そして、供された「貝油のあえそば」の麺の上には、細かく刻まれたいっぱいのチャーシュー
麺も1玉入って、これで200円は、めっちゃリーズナブル♪


そして、麺をカエシと貝油に、よく和えていただこうと思ったら
最初から和えてあるんだね!

こうして出してもらえると…
手間が省けるし


それに、こういう汁なしって、まぜると、見た目が汚らしくなってしまうので
キレイにいただけるのがいい♪

そして、まずは、このまま、麺をいただいたんだけど
ちょっと、貝油がえぐいかな(汗)

貝のえぐ味が強くて、癖のある味わいなので!
これは好き嫌いが分かれそう


というわけで、つけ汁につけて「つけ麺」のようにして食べてみたんだけど…
これが

鴨と鰹と昆布に貝のうま味が加わって!
これはありな味わい♪


というわけで、美味しくいただいて
スープ割りはなしだよねと思いながら、奥さまに聞いてみたところ

「ありますよ♪」と言われて!
「濃かったら、言ってください♪」と言いながら手渡されたスープ割りは

らーめん改【参】-12

昆布と煮干しかな!?
また、新たな味が加わって!

そして、温かくなって戻ってきて!
これが、また、美味しくて♪


大満足で完食♪
しかし、今日は、ひょんなことから、この鴨と鰹と昆布の醤油つけ麺をいただくことができて、本当によかった♪


でも、これで終わってしまうのは惜しい
そこで、食べ終わって空になった器をカウンターの上に上げながら

「めっちゃ美味しかったので、また、やってください♪」と店主に告げると
「土日に鴨を使った限定やるかもしれません。」と言っていたので!

店主のTwitterは要チェックだね♪
ご馳走さまでした。


らーめん改【参】-13

メニュー:貝塩らーめん…750円/味玉貝塩らーめん…850円/チャーシュー貝塩らーめん…950円/全部入り貝塩らーめん…1050円

濃厚煮干つけ麺…800円/濃厚煮干つけ麺+味玉…900円/濃厚煮干つけ麺+チャーシュー…1000円/濃厚煮干つけ麺 全部入り…1100円

ライス…100円/めんたい子ご飯…200円/チャーシューご飯…250円/炊き込みご飯…200円

チャーシュー…200円/味玉…100円/竹の子…150円/のり…100円

大盛…100円/替玉…100円/貝油のあえそば…200円/煮干油のあえそば…200円

【7月20日~80食限定】和な醤油つけ麺…850円/和な醤油つけ麺+味玉…950円


らーめん 改

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 蔵前



好み度:和な醤油つけ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年2月10日(水)

らーめん 改【弐】-1

本日のランチは、おもちゃ問屋や昭和レトロな建物がところどころに残る東京下町の蔵前に2月2日オープンした『らーめん で!

こちらの店は、『いつ樹』、『五ノ神製作所』といった有名店出身の店主が開業した店!
オープン4日目の2月5日に伺って「チャーシュー貝塩らーめん」をいただいた。


貝出汁のうま味もえぐ味も出まくった貝エキス満載のスープで!
塩分濃度も高くて!


かなり癖のあるラーメンだったので!
もう一つ、好きにはなれなかった


しかし、この日の店主は少しテンパり気味で、実力が発揮できていたのか疑問だったし
茹で加減がもう一つだったとはいえ、店主の作る個性的な自家製麺が目を惹いたし!

この日は、お目当ての「煮干らーめん」の提供がなくて
来週からの提供になるということだったので

もし、「煮干らーめん」が始まったら、もう一度、行ってみたいと思っていた。
ただ、帰り際に、店主から


「忙しくて、いつから始められるかわからない。」と言われて…
今週になって、店主のTwitterのツイートをチェックしていたら

昨日の火曜日から提供が始まっていたので!
そこで、昨日は限定20食の提供となる「煮干らーめん」を求めて、今日は、今、何かと注目のイーストTOKYOエリアへ!


そうして、今日は、JR浅草橋駅からからアクセスして!
それでも、10分程歩けば来れる店の前に到着したのは11時ジャスト


すると、開店待ちするお客さんが11人もいたのには驚かされた。
2分遅れで14人が行列を作ったところで、美人の店主の奥さまが店の中から現れて開店♪


らーめん 改【弐】-2

そうして、カウンター席9席の店へは、中待ちも含めて11人のお客さんが入店したんだけど
ギリギリ入れず、外待ちすることに(汗)

16分待って、1人、お客さんが出てきて、入れ替わりに入店。
券売機で「チャーシュー煮干らーめん」の食券を買って、待っていると、1分後に、すぐに席が空いた。


らーめん 改【弐】-3らーめん 改【弐】-4

奥から5番目!
手前からも5番目のド真ん中の席について、食券をカウンターの上に上げてラーメンができるのを待つ。


注文を受けると、私のすぐ前に11番目に並んでいたお客さんの注文を確認して
「貝塩らーめん」だったので

断って、9番と10番目のお客さんと12番の私の注文した「煮干らーめん」を先に、3個作りし始めた店主!
まず、雪平鍋にスープを入れて、ガス台の火に掛けていくと


頃合いをみて、麺をテボに投入!
そうして、温まったスープをラーメン丼に注ぐと


50秒でテボを引き上げて!
今日は、しっかり湯切りされた麺がラーメン丼に


そうして、箸で麺が整えられると
奥さまが盛りつけを行い

3つの「煮干らーめん」が完成すると
「1つチャーシュー増し。」と店主から言われて

奥様がチャーシューを3枚追加で載せて!
チャーシュー煮干らーめん」になったラーメンが私に出されたのは、着席から5分後!


らーめん 改【弐】-5らーめん 改【弐】-6

結局、開店から22分で、ラーメンが供されることになったんだけど
先日に比べると、めっちゃ、オペレーションがいいよね♪

これは、今日は、奥さまの他に1人、男性の方がヘルプに入っていたこともあったかもしれないけど!?
店主も、この前に比べると、めっちゃ、余裕がある感じだったし♪

そして、供された「チャーシュー煮干そば」は、低温調理された豚肩ロース肉のロゼカラーしたレアチャーシューが計5枚に!
斜め切りされた長ネギとカイワレ、海苔が載るラーメンで!


先日の、同じく、豚肩ロース肉のレアチャーシューに筍、若布、三つ葉が載せられた「チャーシュー貝塩らーめん」に比べると
ちょっと、トッピングが寂しい感じ

まずは、今日は、先日とは違って
貝の替わりに、煮干しのフレーバー漂うスープをいただくと…

らーめん 改【弐】-7

煮干しは、背黒に白背に鯵煮干しかな!?
それとも、白背ではなく、脂のない背黒が使われたのかもしれないけど

たぶん、3種類くらいの煮干しを使って、出汁をとったんじゃないかと思われるスープは
思った以上に、煮干しが効かされていた♪

そして、「貝塩らーめん」とは違って、こちらは、香油に使われたラードだけではなく、豚骨がスープのベースにも使われているように感じられたけど
しかし、それでも、主役はあくまで煮干しで!

大量の煮干しを使って出汁をとったと思われるスープは、煮干しがガツン!
スープを飲むと、煮干しが口の中に広がって!


この煮干しのうま味もえぐ味も出た味わいのスープは、一般のお客さんが、どう感じるのかは別にして!
ニボラーとしてはウエルカムな味わいのスープだったけど♪


しかし、「貝塩らーめん」もそうだけど
こちらの店の二大看板のラーメンはどちらも、アカンな~同好会さん的に言うと

老若男女はるな愛!
誰にでも好かれるラーメンとは対極にあるスープのラーメンと言える。


でも、今回の濃厚煮干しスープは好きだな♪
そんなことを書くと、前回のブログを見た方からは、お叱りを受けるかもしれない


貝のえぐ味に、塩分濃度の高さはNGなのに
煮干しのえぐ味はOKで、塩分が高めでもいいのか!?

なんて言われそうだけど
でも、その通りで(汗)

個人的には、煮干し出汁も貝出汁も!
どちらの出汁スープも好きだけど♪


煮干しは、煮干しのうま味も苦味も、そして、えぐ味さえも、煮干しのよさで!
だから、煮干しラーメンのスープは、和食の出汁をとるときのように、煮干しの頭も腸も取り除いて使われてほしくないと考えるのに


貝は、えぐ味が出ないように
うま味だけを抽出してほしいと思っているので!

それに、塩分濃度は、貝だって、煮干しだって、高すぎてはダメだと思っている。
前回は塩味で、今回は醤油味だった違いもえるかもしれないけど


前回の塩分濃度は高すぎて!
スープを飲み干すことなど、到底、できなかったのに


今回は、飲み干せたので!
そこが大きな違いと言わざるを得ない!


そして、このニボニボでエグニガな味わいのスープに合わせられた麺は
切り刃20番くらいに見える、太くも細くもない中庸な太さの麺で!

らーめん 改【弐】-8

しかし、この太さの麺にしては、50秒という茹で時間は短すぎるのではないかと懸念したんだけど
これが、ちょうどいい茹で加減で♪

噛むと
ツルッ、ポクッ、パツッ!

最初はツルッとした食感が楽しめて!
次に、ボクッとした食感に変わって!


最後は、パツッと歯切れのよさも感じられる
食感が最高の麺で♪

しなやかなコシもあって!
のど越しのよさもあって!


小麦粉のうま味も感じられて!
スープとの絡みもよくて!


前回の麺も、個性的でいい麺だと思ったけど!
この麺も、かなりよくて♪


それで、思わず、替え玉をしてしまったほど!
しかし、この替え玉した麺というのが、また、よかった♪


というのも、替え玉をお願いした時点では、同じ麺が出てくるものとばかり思っていたのに
まず、奥様から

「麺の茹で加減は、カタめ、普通、やわらかめから選べますけど…」と言われて…
やや、戸惑って

店主に
「先ほどの50秒で茹でた麺は、普通の茹で加減なのですか?」と聞いたところ…

「そうです。」という答えがあったので
もっと長めだと、食感が変わるのかな!?

なんて、一瞬、思ったんだけど
でも、カタめってどうなの!?

50秒より短かったら
麺の芯が残ってしまうのでは

でも、50秒より短い時間で、カタめリクエストで出す麺が、どんな麺なのかに興味があったので
「では、カタめで!」とお願いしたところ…

麺をテボに入れて!
麺を湯がく店主!


そうして、投入してから、何と15秒後に引き上げられた麺が湯切りされて!
お椀に入れられてだされたんだけど


いくら何だって、15秒は早すぎでしょう!
と思っていたところ


供された「替え玉」の麺は、先ほどの麺とは、明らかに麺の太さが違う
見た目、切り刃24番に見える麺で!

らーめん 改【弐】-9

でも、15秒だったら、茹で時間からすれば、26番か!?
そう思って、店主に

「あれっ!先ほどと麺が違うのですね!?」と聞くと…
「はい、今、試行錯誤している最中です。」なんて答えが返ってきたので…

「先ほどは、20番で、これは、26番ですか?」と、麺をカットする切刃の番手を尋ねたところ
「いや、どちらも22番です♪」

奥様が代わって答えてくれて
異なる切刃を使って麺をカットするのではなく、一本の切刃で、技術を駆使して!

太く出したり、細く出したりしたことによって、太さや厚みの違う麺を製麺していたことがわかったけど
一本の切刃で、これだけの太さの違う麺を作り分けられるのはスゴい♪

そして、この麺を、ザバッとスープにダイブさせて!
さっそく、いただいてみたんだけど


らーめん 改【弐】-10

パッツンパッツンの食感の低下水麺は、カタくて、めっちゃ歯切れのいい麺で!
煮干しスープとの相性はバッチリだし!


この一度で、二度楽しめる♪
「替え玉」は、して大正解!


そして、具のトッピングされた低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューは
前回は、脂身の部分がカタいのが気になったけど

今日は、そんなことはなかったし!
しっとりとした食感に仕上がっていて!


塩加減は、前回同様、申し分なかったし!
肉のうま味の感じられるレアチャーシューで、本当、よかった♪


らーめん 改【弐】-11

改善してほしい点は一点だけ
それは、斜め切りのネギを玉ねぎに変えてもらうこと

特にネギのシャキシャキ感は、このスープには要らないし
このビターなスープには玉ねぎの甘味が必要に感じたので!

できれば、玉ねぎは、アーリーレッド(紫玉ねぎ)にしてもらうか!?
あるいは、普通の玉ねぎにして、カイワレをレッドスキャベツプラウト(紫キャベツ)にするかして、ここに赤紫の色を持ってくると、彩りもかなりよくなると思うので♪

でも、スープも麺も、前回の評価を覆す一品だったのには、とてもよかったと思うし!
先日の「貝塩そば」は、コンデションが悪かったのかもしれないので!


今度は、再度、「貝塩らーめん」も、食べ直してみようかな!
ご馳走さまでした。

らーめん 改【弐】-13らーめん 改【弐】-14

メニュー:貝塩らーめん…750円/味玉貝塩らーめん…850円/チャーシュー貝塩らーめん…950円/全部入り貝塩らーめん…1050円

煮干らーめん…750円/味玉煮干らーめん…850円/チャーシュー煮干らーめん…950円/全部入り煮干らーめん…1050円

大盛り…100円/替え玉…100円
チャーシュー…200円/味玉…100円/竹の子…150円/のり…100円

ライス…100円/めんたい子ご飯…200円/チャーシューご飯…250円/炊き込みご飯…200円
餃子…400円


らーめん 改

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 蔵前



好み度:チャーシュー煮干らーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m