FC2ブログ
訪問先:2018年7月3日(火)

豚骨一燈【参四】-1

本日火曜日のランチは、「煮干しの日」営業が1ヶ月延長になった東京・小岩の『豚骨一燈』へ

3月7日の水曜日から始まったスタッフのリョーマくんこと福長さんによる「煮干しの日」営業!
この日は、通常の「中華そば」の代わりにリョーマくんの作る「煮干しそば」が提供される。


途中、水曜日が店の定休日になったことから、開催日を毎週水曜日から火曜日に変更して、4ヶ月間、開催されてきた。
しかし、「ドロ煮干しそば」の提供を最後に6月で「煮干しの日」営業を終了するというので


先週、この「ドロ煮干しそば」をいただきに、いつものように、11時の開店時間の少し前に店へとやってきたところ
いつもは、居ても数人の並びなのに、この日は、何と16人ものお客さんの大行列ができていた(汗)

豚骨一燈【参四】-0

こんな行列
今は『麺屋 一燈』グループを卒業して、大阪・今里に『麺や 福はら』をオープンさせた福原店長が、こちら『豚骨一燈』の店長をやってたときに、不定期に提供された限定を食べに行ったとき以来

それでも、この「ドロ煮干しそば」は、マニアックな一杯で!
煮干しが濃厚でエグニガなので、残っているだろうと高をくくって待っていたのに


券売機の前までやってくると
何と売り切れ(涙)

これで終わりなのに
本当に残念(>_<)

と思っていたら
リョーマくんから

「来週もやります!」
「一応、7月一杯、延長します。」ということだったので一安心♪


そうして、昨日7月2日の深夜に更新されたリョーマくんのブログによると
今月、提供されるというのが、リョーマくんの故郷・青森の八戸産煮干しだけを使った一杯!

さらに、香味油には、何と、八戸産の焼干しを使うということで!
これは期待できるんじゃないかな♪


そして、JR小岩駅北口から、蔵前橋通り沿いにある店へと10時30分過ぎにやってくると
お客さんが1人、丸椅子に座っていて、ポール獲得はならず(汗)

2番目の椅子に座って、すぐに3番目のお客さんが来店してきたところで
リョーマくんが、店の中から出てきて、整理券を配布してくれた。

豚骨一燈【参四】-3

10時50分までに戻ってきてほしいという。
そこで、気になる焼干しの話しをすると


「見ます?」と言うので
お言葉に甘えて見せていただいたんだけど

これ、形のいい焼干しだし!
香りがたまらなくい♪


豚骨一燈【参四】-4

「これで5kgくらい?」と聞くと…
「4kgです。」と言うので…

「ネットで買ったら4万円近くするよね!」と言うと…
「八戸の業者から直接、買ったので、そこまではしませんでしたけど…」なんて話していたけど…

煮干しの卸し業者から安く購入したって、1kg6,000円はするから、これだけで24,000円!
焼干しって、本当に高いんだよね
(汗)

まあ、普通、料亭に卸しても、ラーメン店に卸すなんてこと、ないからね!
こんな形のいい焼干しを使ったラーメンを食べたのは


過去に大阪の『カドヤ食堂』と東京の『中華ソバ 伊吹』
それに、煮干しラーメン作りでは、『中華ソバ 伊吹』の三村店主を師匠と仰ぐ、大阪の『麺や 而今』のゆうき店長が毎週木金に行う「煮干し営業」のときくらいかな


「でも、せっかくなら、香油じゃなくて、この焼干しで出汁をとったラーメン食べてみたいな(笑)」と冗談で言うと
「いや、スープにも使ってますよ!」なんて、サラッと言ってたけど

マジですか!?
これを聞いて、スゴく、楽しみになってきた♪

そうして、結局、店頭で待つうちに、開店時刻の11時を迎えて、矢口店長が出てきて!
開店♪


ポールのお客さんから順番に入店して、券売機で食券を買って席へとついていく。
私の番になって、購入したのは、「淡麗煮干しそば」と「和え玉」の食券!


豚骨一燈【参四】-5

なお、今日の煮干し構成は、黒板には、八戸産の青口、平子、鯖となっていたけど
これに、焼干しも加わる(人´ з`*)♪

食券を買い求めると、いつものように矢口店長が回収にくる。
ただ、今日は、醤油味1本で、いつものように醤油と塩からチョイスできないので、黙って渡すだけ
(笑)

すると、さっそく、「淡麗煮干しそば」の調理に入るリョーマくん!
そうして、いつものルーティーンで、麺を茹で麺機のテボの中へと入れていくと


40秒で茹で上がった麺が、湯切りされて、スープが張られたラーメン丼へ!
そうして、盛りつけが行われて完成した「淡麗煮干しそば」が、今日もリョーマくんによって供された。


豚骨一燈【参四】-6

今回から豚肩ロース肉のレアチャーシューから豚バラ肉の煮豚に替わったチャーシューに、刻み玉ねぎ三つ葉、海苔がトッピングされた
見た目は、ちょっと、地味になったラーメン(笑)

豚骨一燈【参四】-7豚骨一燈【参四】-8

まずは、琥珀色したスープをいただくと
ふわっと、焼干しが香る♪

これは、白口(いりこ)で風味付けした煮干し油から焼干し油に替えたからだろうけど
香りがめちゃめちゃいい♪

豚骨一燈【参四】-9

それに、背黒のうま味が、よ~く感じられるスープで
八戸青口って、いい出汁出してくれるんだね♪

さらに、八戸青口と八戸産平子によるものと思われるビターさがスープに出ていて!
今日は、リョーマくんの出身地である青森の八戸産の煮干しが使われて


以前の「煮干しそば」のような、いりこが使われてなかったので、甘味は感じられなかったけど
でも、このビターな大人の味わいもいい♪

ただ、そうは思ったものの、もし鯵煮干しの甘味があったら
もっと、よかったかも

というのも、八戸鯖(煮干し)は、私のバカ舌ではわからなかったし(汗)
後で、リョーマくんに聞いたところ

この八戸鯖は1kg1,800円もする上物で!いりこならともかく、背黒だったら、特撰の一番高いものでも、そんなにはしないので…

それなら、八戸鯖よりも八戸鯵(煮干し)を使った方が…
できれば、小鯵が手に入るのなら、そうした方がいいような気もしたけど…

でも、贅沢言っちゃいけないよね!
八戸青口のうま味と焼干しの風味を堪能できるハンパなく美味しいスープなので♪


麺は、引き続き、心の味食品謹製の加水率30%の中細ストレート麺が使われていて
40秒で茹でられた麺は、カタめで歯切れのいい、ザクパツな食感の麺で!

豚骨一燈【参四】-10豚骨一燈【参四】-11

食感は最高だし!
スープとの相性もバツグン♪


トッピングされた豚バラ肉の煮豚は、苦手な脂身多目のものだったけど(汗)
甘味があって、味付けもいい!

美味しい煮豚で!
思ったより、ぜんぜん、脂身も気にならなかったし!


豚骨一燈【参四】-12

個人的には、豚肩ロース肉のレアチャーシューが好きなので♪
前の方がいいとは思ったけど


でも、この煮干しスープには、豚バラ肉の脂のあるチャーシューは合っているので!
これはこれでいいと思う。


そうして、麺を3割ほど食べたところで、リョーマくんにお願いした「和え玉」が、もう少しで麺を食べ終えるタイミングで完成して
また、リョーマくん自ら運んできてくれた。

豚骨一燈【参四】-14

あらかじめカエシと香味油と和えられた状態の麺に、カットした豚バラ肉の煮豚刻み玉ねぎ煮干し粉が載る「和え玉」!
今日は、香味油に焼干し油が使われているので、めっちゃ香りがいいし♪


めっちゃ贅沢だし!
それに、これが200円で食べられるのは、めっちゃリースナブル♪


豚骨一燈【参四】-15

そして、まずは、そのまま、「和え麺」のようにして!
次に、残しておいたスープにつけて、「つけ麺」のようにして!


豚骨一燈【参四】-16

最後は、残った麺と具をスープにダイブさせて、再び「ラーメン」として!
3度違う食べ方を楽しんでフィニッシュ♪


豚骨一燈【参四】-17

リョーマくんによると
「変更するかもしれませんけど…」と前置きした上で

来週は「冷煮干しそば」!
最終週は「ドロ煮干しそば」をやる予定だというので!


また、火曜日は『豚骨一燈』通いになりそう(笑)
ご馳走さまでした。

PS 『麺屋 一燈』のアプリを配信のあった日に始めて!
スタンプが今日で6個になっていて


それを見た矢口店長から
「塩らーめん」と「濃厚魚介つけ麺」のストラップをいただきました。

40個集めると、周年記念の限定ラーメンを食べる権利がもらえるみたいで
ネットでプラチナチケットをゲットするための争奪戦をしなくて済むので!

何とか集めたいとろだけど
まだ、先は長いな( ̄▽ ̄;)

豚骨一燈【参四】-18

メニュー:濃厚豚骨魚介つけめん…830円/半熟玉子濃厚豚骨魚介つけめん…930円/特製濃厚豚骨魚介つけめん…1080円/チャーシュー濃厚豚骨魚介つけめん…1080円

カレーつけ麺…830円/半熟玉子カレーつけ麺…930円/特製カレーつけ麺…1080円/チャーシューカレーつけ麺…1080円

濃厚豚骨魚介らーめん…780円/半熟玉子濃厚豚骨魚介らーめん…880円/特製濃厚豚骨魚介らーめん…1000円/チャーシュー濃厚豚骨魚介らーめん…1000円

カレーらーめん…780円/半熟玉子カレーらーめん…880円/特製カレーらーめん…1000円/チャーシューカレーらーめん…1000円

中華そば…730円/半熟玉子中華そば…830円/特製中華そば…980円/チャーシュー昔ながらの中華そば…980円

油そば…780円/半熟玉子油そば…880円/特製油そば…1000円/チャーシュー油そば…1000円
油そば全部入りトッピング…100円/マヨネーズ…30円/エビの辛み…30円/粉チーズ…30円/揚げ玉…30円
えびの辛み…50円/とろけるチーズ…100円

中盛…+50円/大盛…+100円/特盛(つけ麺のみ)…+150円

チャーシュー 煮豚(バラロール3枚)…250円/燻製半熟煮玉子…100円/メンマ…100円/のり(1/8カット5枚)…100円
月替わりご飯…250円/定番チャーシュー丼 250円/ライス…100円/小ライス…50円

【火曜(煮干しの日)限定】淡麗煮干しそば…780円/濃厚煮干しそば(醤油)…800円/和え玉(醤油/塩)…200円
冷煮干しそば(醤油/塩)…800円/冷やし和え玉(醤油/塩)…200円


豚骨一燈ラーメン / 小岩駅京成小岩駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:淡麗煮干しそばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年6月19日(火)

豚骨一燈【参弐】-1

本日のランチは、本日をもって「煮干しそば」に「冷煮干しそば」の提供を終了する『豚骨一燈』へ!

こちらの店のスタッフのリョーマくんの作る淡麗な「煮干しそば」が3月7日の水曜日から毎週水曜日に提供されるようになって!
その後、毎週、違った煮干しをメインに使った「煮干しそば」が提供されて!


1週目は「平子(マイワシの稚魚の煮干し)」がメイン!
2週目は「背黒(カタクチイワシの稚魚の煮干し)」がメイン!


3週目は「鯵」煮干しメインという構成で!
毎週、メインに使う煮干しを変更した「煮干しそば」を提供して、お客さんを飽きさせなかったし!


それに、めっちゃ美味しかったので♪
つい、この戦法に釣られて、3週連続で訪問させられてしまった
(笑)

その後は、リョーマくんがイベントに駆り出されて、休むこともあったり
5月から水曜日が店の定休日になって、「煮干しそば」が提供される「煮干しの日」が、水曜日から火曜日に変更になったりもしたけど

その5月からは、「濃厚煮干しそば」も発売されるようになって!
さらに、「冷煮干しそば」もリリースされた。


そして、驚かされたのが、この「濃厚煮干しそば」も「冷煮干しそば」も、リョーマくんが初めてチャレンジしたとは、とても思えない
味、クオリティともに優れた一品だったこと♪

特に「冷煮干しそば」は、煮干し専門の有名店が作る「冷やし煮干しそば」に比べても、遜色ないどころか、こっちの方が、ぜんぜん上と思えるほどの味わいの逸品だったので
これが、今日で食べられなくなってしまうのは寂しい

しかし、マジで美味しかったし、ニボラーの皆さんに食べてもらいたかったから、Twitterやブログで宣伝したつもりだったのに(汗)
「煮干しそば」は、思ったほど売れなかったのかな!?

でも、「冷煮干しそば」は、昼営業では、早い時間に売り切れていたはずなのに
それに、これから、梅雨が明けて

暑くなって、ラーメン店には厳しい夏になったら
活躍してくれるメニューだと思うんだけどね

そんなことを考えながら、店の最寄り駅であるJR小岩駅で下車。
市川駅方面にあるICガード専門改札口を出て、駅直結のショッピングセンター「シャポー 小岩」 に入ってたら、すぐ左にある出入口から外に出て、右へ


さらに、すぐ左前にある「日本海庄や」と「立喰鮨 大間」の間にある「小岩北口仲通り」を、まっすぐに進むと「蔵前橋通り」にぶつかる。
そして、すぐ右にある歩道橋を渡ると、その歩道橋の脇にある店へと、開店時間1分前の10時59分に到着す
ると…

豚骨一燈【参弐】-2

店頭に4脚並べられた丸椅子には3人のお客さんが座って待っていた。
最後の1脚に座ったところで、矢口店長が店の中から出てきて、11時定時開店♪


先頭のお客さんから券売機で食券を買って、各々、好き勝手な席へとついていく。
私の番になって、買い求めたのは、券売機左下にボタンのある「冷煮干しそば」!


豚骨一燈【参弐】-3豚骨一燈【参弐】-4

「冷やし和え玉」は、あえて買わずに
開店時のお客さんは私を含めた4人だけと、少なかったので

あまり混まないようなら、食券を買い足して
これも今日で最後の提供になる「煮干しそば」を食べてみようかと思ったので!

食券を矢口店長に渡しながら
「醤油で!」と告げて、席へとついて、「冷煮干しそば(醤油)」ができるのを待っていると

隣に座っていた先客のお客さんが注文した「冷煮干しそば(塩)」が出されたんだけど
ラーメン丼の縁には山葵が付いていて

このスープに冷水で洗ったライスをダイブさせて、「冷たいお茶漬け」にして食べたら、めっちゃ美味しいんだろうな
お茶漬けにするなら、塩だったかな

でも、醤油でも、この「冷煮干しそば」のカエシは醤油ダレと塩ダレを1対1で割ったものだから、これでも合うかも!
思わず、「煮干しそば」を連食するのをやめて、「冷たいお茶漬け」を食べたい衝動に駆られたけ
ど…

ただ、温かいライスしかないし
リョーマくんに、ご飯を冷水で洗ってもらうようお願いするというのも躊躇われて、やめてしまったんだけど

この冷たいご飯に、あられと刻み海苔、山葵と梅干しでも付けた「冷やしお茶漬けセット」を用意したら
「冷やし和え玉」よりも、「冷やし」には合うと思うし、絶対、売れると思うんだけど

いいアイデアだと思ったので、リョーマくんに話そうかと思ったけど
今日で終わってしまうのでは、意味ないか(>_<)

そんな妄想をしていると、ふっと、後ろに人の気配を感じて、振り向くと
リョーマくんが立っていた(汗)

豚骨一燈【参弐】-5

リョーマくんは厨房を出て、完成した「冷煮干しそば」を配膳してくれたんだけど
風邪気味のためにマスクをしていた今日のリョーマくんは、ちょっと不審(笑)

今日は、豚肩ロース肉鶏ムネ肉のレアチャーシューとも細切りされたチャーシューが載せられて
スライスしたアーリーレッドカイワレがトッピングされて、山葵がちょこんとラーメン丼の縁に添えられた冷やし煮干しラーメン

豚骨一燈【参弐】-6豚骨一燈【参弐】-7

琥珀色した冷製スープをいただくと
今日は、愛媛産白口、八戸産青口、千葉産背黒2種で作ったというスープは、背黒(青口煮干し)のうま味とともにビターさがよく出ていて!

豚骨一燈【参弐】-9

愛媛白口のいりこの甘味も感じられるスープで!
ただし、今日は使っていないはずなのウルメ煮干しの味わいも感じられて
!?

でも、最高に美味しくて!
めちゃめちゃ好みの味わいに仕上がっていて


リョーマくんの「冷煮干しそば」が提供されたのは、これが3回目で
すべて、いただいているけど、今日が一番の味わい♪

豚骨一燈【参弐】-8

すると、リョーマくんから
「今日のスープはどうでしたか!?」と聞かれて…

「今日のスープが一番美味しい♪」と言って!
そんな感想を話すと

「よかった♪」と言って、めっちゃ喜んでくれて
「ウルメ入ってるのわかりました…」と、悪戯がバレた子供のような表情で話すと(笑)

「今日は、八戸青口をいっぱい使って出汁をとりました。」
(『中華ソバ 伊吹』店主の)三村さんも、八戸青口は、値上げして高くなっても使い続けると言ってましたけど、八戸青口は、本当、いい出汁出してくれますよね♪」なんて言っていたけど…

「今週で冷やしも、煮干しそばも終わっちゃうのは残年…」と言うと…
「濃厚も来週で最後です。」

「再来週は、煮干しの細つけ麺やります。」

「それで、火曜日の煮干しは終了です。」と言うと…

その後は、また、違う限定をやるようなことも話していたけど
こんなことを聞いてしまったら、来週と再来週も来ないといけないよね

なお、麺は、この「冷煮干しそば」用に用意された「心の味食品」謹製の全粒粉が配合された
太くも細くもない中庸な太さのストレート麺で!

豚骨一燈【参弐】-10豚骨一燈【参弐】-11

「冷やし」にするので2分40秒という、あえて、長い時間、茹でられた麺は、冷水で〆られたことによって
弾力があって、コシの感じられる麺に仕上がっていて!

つるっとした食感の冷麦のような食感の麺は、啜り心地のいい、のど越しのよさも感じりれる麺で!
「冷やし」には最適♪


豚肩ロース肉のレアチャーシューも、今日は、初めて、鶏ムネ肉のレアチャーシュー同様、細切りにされて!
こうすると、とても食べやすくて、とてもよかったし♪


それに、細切りになっても、しっとりとした食感なのは健在だったし!
肉のうま味も、しっかりと感じられる美味しいレアチャーシューでよかった♪


豚骨一燈【参弐】-12

鶏ムネ肉のレアチャーシューも、しっとりとして、やわらかな食感なのがよくて!
この細切りのレアチャーシューは、「冷やし」で力を発揮してくれていた♪


ただ、スライスされたアーリーレッドは、今週も変わらず
チャーシューは、食べやすい細切りに変えてきてくれたのに

豚骨一燈【参弐】-13

スライスでも、決して、悪くはない。
でも、食感的には、微塵切りにした方がいいと思うんだけど


ちなみに、「冷やし和え玉」には、微塵切りされたアーリーレッドが使われているので
店としては、「冷やし」には、スライスの方が合うと思って、そうしているんだろうね

そうして、ふと気づけば、店内は、ほぼ、満席近い状態になっていて
これでは、次に「煮干しそば」を食べるにしても、かなり時間がかかりそうで

それなら、「冷やし和え玉」を追加しようか!?
とも思ったけど

スープが美味しかったこともあって、ほぼほぼ、スープを飲んでしまっていたので
今日は、あきらめて、最後に少し残っていたスープを美味しく飲み干してフィニッシュ!

店としては、次の企画があらるので、これで終わりということなのかもしれないけど
ぜひ、また、夏に、「帰ってきた冷煮干しそば」として、限定で復活させてください(笑)

リョーマくん、マジで最高に美味しかった♪
ご馳走さまでした。




メニュー:濃厚豚骨魚介つけめん…830円/半熟玉子濃厚豚骨魚介つけめん…930円/特製濃厚豚骨魚介つけめん…1080円/チャーシュー濃厚豚骨魚介つけめん…1080円

カレーつけ麺…830円/半熟玉子カレーつけ麺…930円/特製カレーつけ麺…1080円/チャーシューカレーつけ麺…1080円

濃厚豚骨魚介らーめん…780円/半熟玉子濃厚豚骨魚介らーめん…880円/特製濃厚豚骨魚介らーめん…1000円/チャーシュー濃厚豚骨魚介らーめん…1000円

カレーらーめん…780円/半熟玉子カレーらーめん…880円/特製カレーらーめん…1000円/チャーシューカレーらーめん…1000円

中華そば…730円/半熟玉子中華そば…830円/特製中華そば…980円/チャーシュー昔ながらの中華そば…980円

油そば…780円/半熟玉子油そば…880円/特製油そば…1000円/チャーシュー油そば…1000円
油そば全部入りトッピング…100円/マヨネーズ…30円/エビの辛み…30円/粉チーズ…30円/揚げ玉…30円
えびの辛み…50円/とろけるチーズ…100円

中盛…+50円/大盛…+100円/特盛(つけ麺のみ)…+150円

チャーシュー 煮豚(バラロール3枚)…250円/燻製半熟煮玉子…100円/メンマ…100円/のり(1/8カット5枚)…100円
月替わりご飯…250円/定番チャーシュー丼 250円/ライス…100円/小ライス…50円

【火曜(煮干しの日)限定】煮干しそば(醤油/塩)…730円/濃厚煮干しそば(醤油)…800円/和え玉(醤油/塩)…200円
冷煮干しそば(醤油/塩)…800円/冷やし和え玉(醤油/塩)…200円


豚骨一燈ラーメン / 小岩駅京成小岩駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:冷煮干しそば(醤油)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年6月5日(火)

豚骨一燈【参壱】-1

本日のランチは、先週の火曜日以来、一週間ぶりの訪問になる『豚骨一燈』へ!

毎週火曜日は「煮干しの日」!
この日は、こちら『豚骨一燈』で、スタッフのリョーマくんが作る「煮干しそば」が提供される。


そして、先週からは、「冷煮干しそば」の提供が始まった!
ただ、この「冷やし」の「煮干しそば」って


どこの店も、だいたい同じような味わいのものが出されて
『中華ソバ 伊吹』の三村店主と『零一弐三』のしょーくんの作る「冷やし」の「煮干しそば」が突き抜けた味わいすぎて

他の店で食べても、満足できなくなっている。
それが、先週、リョーマくんの作った「冷煮干しそば(塩)」を食べて


これが、想定を遥かに超える美味しさの「冷やし」で♪
なので、その後、「冷やし和え玉(塩)」も食べたというのに


その日、3杯目となる「冷煮干しそば(醤油)」まで、食べてしまったくらいで(汗)
「冷煮干しそば(塩)」は、今まで食べてきた「冷やし煮干しそば」では一番の美味しさ♪

「冷煮干しそば(醤油)」も、『中華ソバ 伊吹』、『零一弐三』に次ぐ美味しさで!
スゴく、味、クオリティともに高い「冷やし」を作ってきたのには驚かされた♪


そして、リョーマくんの作る「煮干しそば」は、毎回、出汁をとる煮干しの産地や種類を変えてきて、毎回、味わいが違うのがいい♪
というわけで、楽しみにしていると、前日にブログが更新されて、明日の煮干し構成が発表された。


背黒2種、千葉産ウルメ、愛媛産白口。
ただ、あまり、先週と変わらないような
(汗)

豚骨一燈【参壱】-2

先週は、長崎産背黒、千葉産ウルメ、伊吹いりこ。
千葉産ウルメがいっしょだし、長崎産背黒が背黒2種になっているけど、たぶん、長崎産と千葉県九十九里産の背黒だと思うし


伊吹いりこと愛媛白口というと違う煮干しに思われる方もいらっしゃるかもしれないけど
産地が四国の香川県の伊吹島沖か愛媛かの違いだけで

いりこと白口(煮干し)は、呼び方が違うだけで、同じ瀬戸内海に棲むカタクチイワシの煮干し。
だから、この煮干し構成で、味の差なんて出るのだろうか
!?

ただ、先週は、ウルメが主役で、ウルメがスープに強く出ていて!
しかし、このウルメ煮干しは、出汁の引き方を間違えると、魚臭くなってしまうのに


先週のスープは、上手く、ウルメ煮干しのうま味だけが抽出されていたのがよかったけど
今週は、このウルメをあえて脇役に回して、背黒メインに据えるのだろうか

なお、今回はカボスがトッピングされるということだったけど
よく、酢橘やカボスやレモンの輪切りがスープ一面を覆う「冷やし」があるけど

あんな風になるのかな
それとも、半分にカットするか、くし切りされたカボスが小皿に入れられて出されるとか!?

味だけではなく、どんなビジュアルで出てくるのかも楽しみにして、店へと向かうことにした。
そうして、東京・小岩の蔵前橋通り沿いにある店へと、開店時間15分前の10時45分にやって来ると


今日は、すでに7人のお客さんが行列を作ってまっていた。
そして、6番目に待っていたのが、昨日も『麺屋 一燈』でお会いした、しよーぞーさん


この映画とラーメンが大好きなブロガーの方とは、本当、いろんな店でお会いするけど
私と行動パターンが似ているのかな(笑)

そうして、店頭でおしゃべりしながら、待っていると
定刻11時開店♪

先頭のお客さんから順番に券売機で食券を購入して、席へとついていく。
そうして、私の番になって、買い求めたのは、もちろん、「冷煮干しそば」!


豚骨一燈【参壱】-3

それに、「和え玉」の食券も買って席へ!
そして、食券を回収にきた、こちらの店の矢口店長に


「どっちも、醤油で!」
「和え玉は冷やし和え玉で!」と言って、オーダー確定!


目の前の厨房には、リョーマくんとスタッフの人が1人!
今日も、ほぼ、リョーマくんのワンオペで、ラーメンにつけ麺がどんどんと作られていく!


しかし、先週とは違って、「濃厚煮干しそば」がないからか!?
バットの裏にゴムで止められた食券を見ると

1人がレギュラーメニューの「濃厚豚骨つけ麺」で、もう1人が「煮干しそば」。
そうして、残り6人が「冷煮干しそば」と、「冷煮干しそば」に注文が集中している。


まず、「濃厚豚骨魚介つけ麺」用の麺を計量して、太ストレートの麺が茹で麺機の中のテボの中に!
続いて、3玉の「冷煮干しそば」の麺が計量されていったんだけど


麺表面には、ドット模様があったので
身を乗り出して生麺の匂いを嗅いでみると

豚骨一燈【参壱】-4

めっちゃいい小麦粉の香り♪
先週の麺には入ってなかったのに、今週の麺には全粒粉が配合されていた。


そうして、まず、3個作りされた「冷煮干しそば」がポールから3番目までのお客さんに出されていって!
次いで、すぐに作られた温かい「煮干しそば」が出されて!


さらに、「濃厚豚骨魚介つけ麺」を完成させると
休むまもなく、茹で上がった「冷煮干しそば」の麺を冷水で〆ていくリョーマくん!

今日も、1人でスゴい働き!
そうして、完成した「冷煮干しそば(醤油)」は、今日は忙しいリョーマくんに代わって、スタッフの人によって供された。


豚骨一燈【参壱】-5

先週同様、豚肩ロース肉のレアチャーシューに、細切りされた鶏ムネ肉のレアチャーシューカイワレアーリーレッド、海苔!
そして、カボスの輪切りが載る
!?

えっ、でも、これ、カボス!?
そこで、リョーマくんに確認すると

「カボスのつもりだったのに、急に入らなくなっちゃって、急遽、ライムに変更しました(汗)」
すると、すかさず、しょーぞーさんから


「あれ、イチエさん、ブログ見てないの!?」
「そう書いてあったよ。」


そうだったんだね
知らなかった( ̄▽ ̄;)

でも、カボスにしてもライムについても輪切り1枚が載るだけって、普通すぎない(;^_^A
まあ、でも、価格も据え置きだから仕方ないか(笑)

なお、こちらが、しょーぞーさん注文の「冷煮干しそば(塩)」
スープの色が淡い色している以外は、「冷煮干しそば(醤油)」とそっくり!


豚骨一燈【参壱】-6

そして、しょーぞーさんとラーメンを交換して、味見してみたところ
この味わい

ほぼ、先週といっしょかな
そこで、リョーマくんに、そう話すと

「煮干しの仕入れの関係から2週間は、ほぼ、同じ構成になっちゃうんですよ。」なんて話していたけど…
毎週、新しいことをやり続けるのも大変だし!

1週目より2週目の方が、より美味しいスープが作れるたろうし…
その方が、いいかも♪

次に、しょーぞーさんからラーメンを戻してもらって
「冷煮干しそば(醤油)」のスープをいただくと

豚骨一燈【参壱】-7

今週のスープもウルメ特有のうま味いっぱいのスープで!
背黒も白口も、いい出汁出してて!


淡麗なスープなのに煮干しが濃厚で!
最高に美味しい♪


ただ、気になったのが、今日のカエシ
リョーマくんのカエシは、醤油と塩をミックスさせたカエシで、これは、煮干しの名店と言われている店と同じやり方だったはずなのに

今日は、醤油が強めで!
甘味も強いので


リョーマくんに
「醤油にたまり使った!?」と聞いてみると…

「ええ、たまりを入れて、詩作したら、甘味が出て、この方がいいかなと思って!」と話していたけど…
これは好きずきだと思うけど、個人的には、前の方がよかったかな

ただ、そういいながらも、スープがバツグンに美味しいので!
比べれば、先週の味付けの方が好みだけど、これも、めちゃめちゃ美味しいけどね♪


そして、このうま味いっぱいの冷製煮干しスープに合わせられた麺は、先週同様の太くも細くもない中庸な太さのストレート麺で!
違いは全粒粉が配合されているかどうかってことなのかな
!?

豚骨一燈【参壱】-8

冷やしにするので、2分40秒という通常より長めに茹でられた麺の茹で時間もいっしょだったし!
つるっとした食感の、啜り心地のいい麺で!


のど越しのいい麺なのも同じ♪
そして、しなやかなコシもあって!


小麦粉のうま味も感じられて!
スープともいい感じて絡んでくれるのもいっしょ♪


というわけで、おそらく、先週の麺に、全粒粉を数%入れた麺なんだろうと思うけど
全粒粉が入った分、風味もアップしていて、よかった♪

豚肩ロース肉のレアチャーシューも、ここのところ、ずっと、安定していて!
レア感が、ちょうどいい感じだし♪


豚骨一燈【参壱】-9

しっとりとした食感に仕上げられていて!
肉のうま味もある美味しいレアチャーシューでよかった♪


細切りされた鶏ムネ肉のレアチャーシューも先週同様だったけど
実は、先週は失敗して、カタくなってしまって、捨てるのももったいないので、細切りにして提供したということだったけど

豚骨一燈【参壱】-10

今週は、普通に成功して、やわらかかったのに!
この方が食べやすいし♪


評判がよかったから、同じように細切りにしたのかな!?
これは、聞くのを忘れてしまったので、わからない(汗)

スライスされたアーリーレッドは、甘味と辛味が混在した玉ねぎで悪くはなかったけど
先週も書かせてもらったけど、食感的には、スライスではなく、微塵切りにしてほしかったかな…

そして、麺を食べ始めて、前回、時間が掛かったのを思い出して、リョーマくんに言って作ってもらった「冷やし和え玉(醤油)」は
麺を食べ終わってから、少しして、着丼することになったんだけど

手間のかかる「冷煮干しそば」に「冷やし和え玉」を、リョーマくんが1人で作っていて
どちらも、提供まで時間が掛かるので、「冷やし和え玉」の場合は、「冷煮干しそば」が着丼したと同時に作ってもらうくらいでもいいかもしれない。

なお、供された「冷やし和え玉(醤油)」は、賽の目にカットされた豚肩ロース肉のレアチャーシュー微塵切りされたアーリーレッド、煮干し粉が載せられたもので!
これも、先週、書かせてもらったけど、これで200円は、めっちゃリーズナブル♪


豚骨一燈【参壱】-11

そして、今日も、軽く麺と具を塩ダレと白口煮干しが香味油に使われた煮干し油に、まぜ合わせていただくと
先週食べた「冷やし和え玉(塩)」が、かなり美味しくてよかったけど!

この「冷やし和え玉(醤油)」もいい!
それと、先ほどは、若干、たまり醤油の甘味も気になったのに、こうして、「冷やし和え麺」のようにして食べる分には、ぜんぜん気にならなかったし!


そうして、次に、残しておいた冷製スープに麺をつけて「冷やしつけ麺」のようにして!
最後は、残った麺と具をスープにダイブさせて、「冷やしラーメン」として、美味しくいただいた♪


豚骨一燈【参壱】-12豚骨一燈【参壱】-13

そうして、最後の最後に、ライムを搾って、爽やかに味変させてみたんだけど
これは、ちょっと微妙だったかな

カボスだったら、どうだったかはわからないけど
ライムは酸味が強いからかな

でも、とても美味しい冷やし煮干しラーメンで、また、違う煮干し構成のものが提供されたら、絶対に食べるつもり♪
ご馳走さまでした。


豚骨一燈【参壱】-14

メニュー:濃厚豚骨魚介つけめん…830円/半熟玉子濃厚豚骨魚介つけめん…930円/特製濃厚豚骨魚介つけめん…1080円/チャーシュー濃厚豚骨魚介つけめん…1080円

カレーつけ麺…830円/半熟玉子カレーつけ麺…930円/特製カレーつけ麺…1080円/チャーシューカレーつけ麺…1080円

濃厚豚骨魚介らーめん…780円/半熟玉子濃厚豚骨魚介らーめん…880円/特製濃厚豚骨魚介らーめん…1000円/チャーシュー濃厚豚骨魚介らーめん…1000円

カレーらーめん…780円/半熟玉子カレーらーめん…880円/特製カレーらーめん…1000円/チャーシューカレーらーめん…1000円

中華そば…730円/半熟玉子中華そば…830円/特製中華そば…980円/チャーシュー昔ながらの中華そば…980円

油そば…780円/半熟玉子油そば…880円/特製油そば…1000円/チャーシュー油そば…1000円
油そば全部入りトッピング…100円/マヨネーズ…30円/エビの辛み…30円/粉チーズ…30円/揚げ玉…30円
えびの辛み…50円/とろけるチーズ…100円

中盛…+50円/大盛…+100円/特盛(つけ麺のみ)…+150円

チャーシュー 煮豚(バラロール3枚)…250円/燻製半熟煮玉子…100円/メンマ…100円/のり(1/8カット5枚)…100円
月替わりご飯…250円/定番チャーシュー丼 250円/ライス…100円/小ライス…50円

【火曜(煮干しの日)限定】煮干しそば(醤油/塩)…730円/濃厚煮干しそば(醤油)…800円/和え玉(醤油/塩)…200円
冷煮干しそば(醤油/塩)…800円/冷やし和え玉(醤油/塩)…200円


豚骨一燈ラーメン / 小岩駅京成小岩駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:冷煮干しそば(醤油)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年5月29日(火)

豚骨一燈【参拾】-1

本日のランチは、水曜日が定休日になったことから、「煮干しの日」が火曜日に変更になった『豚骨一燈』へ!

この『豚骨一燈』の「煮干しの日」には、スタッフのリョーマくんの作る「煮干しそば」が提供される。

そして、この「煮干しそば」というのが、毎回、メインに使う煮干しの種類や産地を変えて作ったスープのラーメンが提供されるので!
毎回、限定ラーメンを食べているようなのがいい♪


実際、1回目は「平子」メイン!
2回目は「背黒」メイン!


3回目は「鯵煮干し」メインで!
スープの味わいが違うのを楽しめたし♪


それに、何より、今まで、『麺屋 一燈』グループ各店で出された煮干しラーメンの中でも最上位にランキングされるほどのもので!
「煮干しの日」が開始された3月7日から3回連続で食べに行ったほどだったので♪


そして、5日目営業日からは、当初は淡麗な「煮干しそば」だけだったものが
「濃厚煮干しそば」も出されるようになって!

そして、この「濃厚煮干しそば」もまた、『麺屋 一燈』グループ各店でいただいた濃厚な煮干しラーメンの中でも一二を誇る美味しさだった♪
そして、本日の「煮干しの日」に提供されるのは「冷煮干しそば」


さて、リョーマくんがどんな「冷やし煮干し」を作ってくるのか!?
正直、この「冷やし煮干し」だけは、『中華ソバ 伊吹』の三村店主と、その一番弟子にあたる『零一弐三』のしょーくんこと池田店主の作る一杯が突き抜け過ぎていて

他の煮干しラーメンが美味しいと言われる店で食べても、美味しいことは美味しいけど、普通に美味しいの域を超えないんだよね
だから、なかなか、それを打ち破るような一杯が、そう易々と出てくるとは思えないけど

ただ、淡麗な「煮干しそば」に続いて、「濃厚煮干しそば」まで、煮干しラーメンの一流店といわれる店以上に美味しくて、クオリティの高い一杯を作ってきたリョーマくんなので!
もしかしたら♪


そんなことを思いながら、JR小岩駅で下車して!
ICカードしか使えないシャポーに直結した市川側の改札口を出て、すぐ、左の階段を下りて外へ!


右に歩いて、すぐ左の
屋号通り、青森県大間産の鮪がリーズナブルな価格でいただける『立喰い鮨 大間』とイトーヨーカ堂の間の路地をまっすぐに進んで!

突きあたりの蔵前橋通りに架かる歩道橋を渡った右にある店に、開店8分前の10時52分にやってくると
店頭に4脚置かれた丸椅子に座って、3人のお客さんが待っていた。

最後の椅子に座って待っていると
8人のお客さんが並んだところで開店時間を迎えることになったんだけど

知った顔のお客さんは1人だけ
大概、『麺屋 一燈』ファンのお客さんが何人かいるはずなのに

これは、実は、『麺屋 一燈』で、本来は昨日の月曜日にやるはずの「5月の月曜日限定」が、都合により、『麺屋 一燈』が昨夜臨時休業になって
今日、1日スライドして提供されることになって

月曜日に来れなかったお客さんが、今日なら来れるし!
それに、今日が最終日で、特別なものがトッピングで出されるみたいなので


『一燈』ファンなら、そっちいっちゃうよね
実際、朝早くから整理券をもらいに行って!

整理券をゲットして、Twitterで!
喜んでツイートをしている人がいたし
(笑)

入店して、券売機で、お目当ての「冷煮干しそば」と「和え玉」の食券を購入して席へカウンター席の1席へとついて
カウンターの上に食券を上げて

豚骨一燈【参拾】-2

食券を回収にきたリョーマくんに
「冷やし和え玉で!」と告げる。

これは、今日は「冷やし和え玉」もやりますと、リョーマくんがTwitterでツイートしていたので!
すると


「塩と醤油はどちらにされますか?」と言って…
すかさず

「塩がおすすめです。」
自信満々に、そう言うので


「マジで!?」
最初に「煮干しそば」を食べたときに、「醤油」と「塩」を連食した。


さらに、4回目に「濃厚煮干しそば」を食べたときには、「和え玉」を「塩」でいただいた。
しかし、どっちも、やや、塩に尖りが感じられて


それに、リョーマくんの作る「醤油」は、醤油と塩をミックスした味わいの、煮干しスープに合ったカエシが使われていて!
好みの味わいのカエシだったので♪


今日も、もちろん、「醤油」のつもりだたたけど
リョーマくんに、そう言われて、迷ってしまった

すると
「醤油も、美味しいですけどね…」

なんて、フォローしてきたけど(汗)
「いや、おすすめの塩にする!」と言うと…

「和え玉は、どうされます。」と聞かれて!
「和え玉も塩で!」と答えて、注文を確定させた。


そうして、それから、リョーマくんの格闘が始まった(汗)
まず、中細ストレートの麺を2玉計量。

豚骨一燈【参拾】-3豚骨一燈【参拾】-4

次に、中庸な太さのストレート麺を、やはり2玉計量。
そうして、最後に太ストレートの麺を1玉計量して


豚骨一燈【参拾】-5豚骨一燈【参拾】-6

茹で麺機のテボの中に入れていく
そうして、ガス台の火に掛けられて、温められていたスープがラーメン丼に注がれて

50秒で、まず、2基のテボが引き上げられて
湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼の中に

そうして、味見して、OKを出すと
スタッフの人との共同作業で盛りつけが行われて

完成した「濃厚煮干しそば」がスタッフの人によって、お客さんに出されていって
その間に、リョーマくんは、茹で始めから2分40秒で茹で上がった麺を冷水で〆て

クールダウンした麺をラーメン丼に盛りつけて
冷蔵庫の中で冷やされていた冷製のスープが注いで!

最後に、先ほど同様、味見して!
スタッフの人との共同作業で盛りつけが行われて


完成した2つの「冷煮干しそば(塩)」が、スタッフの人にのって先客と私の2人に出されたんだけど
リョーマくんは、続いて、今度は、茹で上がった太ストレート麺を冷水でジャブジャブと洗い始めて

そうして、「濃厚魚介つけ麺」を作り上げると
4つのラーメン丼が取り出されたところで

ピピピッ!ピピピッ!
タイマーが鳴って


麺を引き上げると、金笊にあけて、冷水にさらして、よく水を切って、「冷煮干しそば」を4つ作り上げるという具合に
まったく、休む間もなく、様々なラーメンにつけ麺を作り続けて、一人奮闘していた(汗)

供された「冷煮干しそば(塩)」は、豚肩ロース肉のレアチャーシューに、細切りされた鶏ムネ肉のレアチャーシュースライスされたアーリーレッド(紫玉ねぎ)カイワレが載る
色鮮やかで、美しいビジュアルの冷やし塩煮干しラーメン!

豚骨一燈【参拾】-7

まずは、濃い黄金色したスープをいただくと
本日は、長崎産背黒、伊吹いりこ、千葉産ウルメを使用したとボードに書かれていたスープは

豚骨一燈【参拾】-8

ウルメ煮干し独特のうま味だけが抽出されていて!
ウルメが使われているというのに、ぜんぜん、魚臭くないのがいい♪


それに、伊吹いりこのうま味に甘味!
さらに、背黒のうま味にビターな味わいまで感じられて


そして、煮干しは、他店のじんわりときかせたスープとは違って
淡麗なスープなのに煮干しが濃厚な

『中華ソバ 伊吹』や『零一弐三』タイプのスープに仕上げられていて
絶品♪

やや、塩分過多かなという気はしたけど
でも、まさか、ここまで美味しくて、クオリティの高い「冷やし煮干しそば」を作ってくるとは思っていなかったので、マジで驚かされた(○_○)!!

そして、この絶品の冷製塩煮干しスープに合わせられた麺は、いつも「煮干しそば」に使われている中細ストレート麺ではなく
太くも細くもない中庸な太さのストレート麺が合わせられていて!

豚骨一燈【参拾】-9

冷やしにするので、通常より長めに茹でられたとしても
2分40秒という、ちょっと長めの時間茹でられて

しっかりと〆られた麺は
つるっとした啜り心地のいい麺で!

のど越しのよさもバツグンにいい麺で!
冷やしラーメンに使う麺としては最高なんじゃないかと思ったし♪


それに、しなやかなコシもあって!
小麦粉のうま味も感じられるのもいい♪


しかし、普通なら、いつも使っている「煮干しそば」用の麺を、あまり考えずに合わせてしまうところを
あえて、この麺を合わせてきたリョーマくんのセンスに拍手(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

豚肩ロース肉のレアチャーシューも、ちょうどいいレア感で!
これ以上レアだと、噛み切れない


しかし、これ以上、熱が入ると、カタくなるところを、絶妙に仕上げてきていて
食感もよかったし♪

肉のうま味が閉じ込められていて
噛めば、肉のうま味が滲み出てくる美味しいレアチャーシューだったし♪

豚骨一燈【参拾】-10

細切りされた鶏ムネ肉のレアチャーシューも、あえて、食べやすいように細切りにされていたのがよくて!
冷やしには、こうして細切りにして、麺といっしょに食べるのがいいのかも♪


そう思ったので、リョーマくんに
「チャーシューを細切りにしたのアイデアがいい♪」

「食べやすいし、こうした方が、美味しく食べられるかも♪」
「でも、どうせやるなら、鶏だけでなく、豚も細切りにしちゃえばよかったのに!」
と言うと…

「実は、この鶏チャーシュー…」
「失敗しちゃって…」


「カタくなってしまったので…」
「でも、捨てるのももったいないので、こうして提供するようにしたんです。」
なんて話していたけど(汗)

ぜんぜん、カタいなんて思わなかったし
普通にやわらかい鶏ムネ肉の真空低温調理されたレアチャーシューに感じられたけどね

スライスされたアーリーレッドもよかった。
ただ、食感的には、スライスよりは、微塵切りにしてほしかったかな


カイワレは、苦労の賜物で、こうしたのかなという感じを受けた。
というのも、リョーマくんは、最初は豆苗を使っていた。


ただ、豆苗は青臭いので、敬遠するお客さんもいる。
それで、水菜にした


しかし、水菜も好き嫌いがあるので
結局、無難なカイワレに落ち着いたってとこなのかな!?

でも、彩りとして、緑がほしかったんだろうし
カイワレで、ぜんぜんいいんじゃないかなと思う。

そして、麺を半分ほど食べたところで、お願いした「冷やし和え玉(塩)」は
少し時間がかかって着丼することになったんだけど

本日限定の「濃厚煮干しそば」に「和え玉」!
手間のかかる「冷煮干しそば」に「冷やし和え玉」!


そして、レギュラーメニューのラーメン、つけ麺まで、すべて、リョーマくんが1人で作っていたので
仕方ないよね(^_^;)

供された「冷やし和え玉(塩)」は、賽の目にカットされた豚肩ロース肉のレアチャーシュー微塵切りされたアーリーレッド煮干し粉が載せられたもので!
これで200円という価格はリーズナブル♪


豚骨一燈【参拾】-11

まずは、軽く麺と具を塩ダレと香味油にまぜ合わせていただくと
あれっしょっぱくない!

それに、塩の尖りも感じられない
そこで、リョーマくんに

「塩変えた!?」と聞くと…
「前に、塩に尖りがあると言われて、沖縄の塩にしました。」と答えがあったので…

「ただの藻塩を沖縄の塩にしたってこと!?」と聞くと…
「そうです(笑)」と苦笑しながら答えてくれて(汗)

「塩味が抑えられて、まろやかな味になってませんか?」なんて言っていたけど
まさに、その通りだったし♪

そう言えば、先ほどの「冷煮干しそば(塩)」も、煮干しの塩分は出てはいたけど
塩ダレによる、しょっぱさは感じられなかったし

沖縄の塩は、「シママース」なのか、「ぬちまーす」なのか、「栗国の塩」かわからないけど
塩を変えるだけで、こうも違うとは

私は、塩にはうま味がないから、塩なんて、何でもいいと思ってた人だったけど
これからは、考え直さないといけないかも(汗)

それと、この「冷やし和え玉」に使われた麺は、先ほどの「冷煮干しそば」に使われた麺ではなく、「煮干しそば」に使われている中細ストレートの、ほぼ、低加水麺に近い、加水麺30%か31%の麺が合わされていて
先ほどのつるっとした食感の、のど越しのいい麺もいいけど、このカタめでパツッと歯切れのいい麺の食感もいい♪

そうして、そのまま「冷やし和え麺」として食べて!
途中で、麺を残ったスープにつけて、「冷やしつけ麺」のようにしていただいて!


豚骨一燈【参拾】-12

最後は、残った麺と具をスープにダイブさせて!
再び、「冷やしラーメン」として食べ終えて完食♪


豚骨一燈【参拾】-13

普通はここで、ご馳走さまのところだけど
この冷製の煮干しスープが美味しすぎて♪

次は、いつ食べられるのか!?
来週やる保証もないし

それに、来週やったとしても、使う煮干しが変わることによって味も違う
リョーマくんの作る「煮干しそば」は、まさに、一期一会のスープなので!

これは、今日、食べておかないといけないでしょう!
というわけで、リョーマくんに、もう一杯、「冷煮干しそば(醤油)」も食べることを一旦、席を立って、並び直して


改めて、券売機で「冷煮干しそば」の食券を買い求めて
今度は、空いていたL字型カウンター席の右端の、リョーマけんの近くの特等席な座って、食券をカウンターの上に上げると

それからは、ほぼ、店内満席だったこともあって
ちょっと、時間が掛かって、リョーマくんによって作られた「冷煮干しそば(醤油)」が、今度は、リョーマくん自らの手によって供された。

豚骨一燈【参拾】-14

供された「冷煮干しそば(醤油)」は、「冷煮干しそば(塩)」同様、豚肩ロース肉のレアチャーシューに、細切りされた鶏ムネ肉のレアチャーシュースライスされたアーリーレッド(紫玉ねぎ)カイワレが載る
こちらも、色鮮やかで、美しいビジュアルの冷やし煮干しラーメン♪

豚骨一燈【参拾】-15

琥珀色したスープをいただくと
こちらも、タレが違うだけでスープが同じだから当たり前かもしれないけど

ウルメ煮干し独特のうま味が出ていて!
これが、また、めっちゃ、美味しくて♪


伊吹いりこのうま味に甘味!
背黒のうま味にビターな味わいも感じられて


淡麗なのに煮干しが濃厚なのもいっしょで!
違いは、塩ダレなのか、醤油のカエシなのかだけど


「醤油」の方がマイルドでコクがあって!
やっぱり、個人的には「塩」より「醤油」が好きだな♪


豚骨一燈【参拾】-16

そして、この「醤油」味のスープは、ウルメが特徴的な味わいで
煮干しの構成は違うけど、昨年、『零一弐三』で食べた「冷やし煮干蕎麦」を彷彿とさせるような味わいで、めちゃめちゃ美味しい♪

麺と具は「塩」といっしょ!
そして、味も食感もいっしょで、この「醤油」味のスープと合っていたし♪


豚骨一燈【参拾】-17

最後は、「冷煮干しそば(塩)」を1杯に「冷やし和え玉(塩)」を1杯いただいたところに
さらに「冷煮干しそば(醤油)」もいただいたので、もう、お腹はいっぱい( ̄▽ ̄;)

でも、スープが美味しすぎて、こんな美味しいスープを残して帰るわけにはいかないので
もちろん、すべて、飲み干して完食♪

マジで美味しかった♪
これは、『一燈』ファンはもとより、煮干し大好きなニボラーの皆さんも、食べておくべき一杯だと思う。


来週に、また、やれば、絶対、来てしまうと思う♪
リョーマくん、ご馳走さまでした。


豚骨一燈【参拾】-18

メニュー:濃厚豚骨魚介つけめん…830円/半熟玉子濃厚豚骨魚介つけめん…930円/特製濃厚豚骨魚介つけめん…1080円/チャーシュー濃厚豚骨魚介つけめん…1080円

カレーつけ麺…830円/半熟玉子カレーつけ麺…930円/特製カレーつけ麺…1080円/チャーシューカレーつけ麺…1080円

濃厚豚骨魚介らーめん…780円/半熟玉子濃厚豚骨魚介らーめん…880円/特製濃厚豚骨魚介らーめん…1000円/チャーシュー濃厚豚骨魚介らーめん…1000円

カレーらーめん…780円/半熟玉子カレーらーめん…880円/特製カレーらーめん…1000円/チャーシューカレーらーめん…1000円

中華そば…730円/半熟玉子中華そば…830円/特製中華そば…980円/チャーシュー昔ながらの中華そば…980円

油そば…780円/半熟玉子油そば…880円/特製油そば…1000円/チャーシュー油そば…1000円
油そば全部入りトッピング…100円/マヨネーズ…30円/エビの辛み…30円/粉チーズ…30円/揚げ玉…30円
えびの辛み…50円/とろけるチーズ…100円

中盛…+50円/大盛…+100円/特盛(つけ麺のみ)…+150円

チャーシュー 煮豚(バラロール3枚)…250円/燻製半熟煮玉子…100円/メンマ…100円/のり(1/8カット5枚)…100円
月替わりご飯…250円/定番チャーシュー丼 250円/ライス…100円/小ライス…50円

【火曜(煮干しの日)限定】煮干しそば(醤油/塩)…730円/濃厚煮干しそば(醤油)…800円/和え玉(醤油/塩)…200円
冷煮干しそば(醤油/塩)…800円/冷やし和え玉(醤油/塩)…200円


豚骨一燈ラーメン / 小岩駅京成小岩駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:冷煮干しそば(塩)star_s45.gif
冷煮干しそば(醤油)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年4月25日(水)

豚骨一燈【弐九】-1

本日のランチは、リョーマくんの作る「濃厚煮干しそば」を求めて、東京・小岩の『豚骨一燈』へ!

こちらの店では、3月7日の水曜日から、毎週水曜日にリョーマくんことスタッフの福長さんの作る「煮干しそば」が限定で提供されるようになって!
今日が5日目の提供日となる。


前4回までは、淡麗な「煮干しそば」のみの提供だったのが、今週は「煮干しそば」に加えて、「濃厚煮干しそば」が提供されるというので
これは行かないわけにはいかないでしょう(笑)

というのも、3月7日のスタートから3回連続で訪問して
1回目は「平子」メイン!

2回目は「背黒」、3回目は「鯵」メインの「煮干しそば」をいただいていているけど
このどれもが、それぞれの煮干しの特性を生かしたスープに仕上がっていて!

味、クオリティともに高い煮干しスープのラーメンだったので!
正直、リョーマくんが、こんな煮干しラーメン専門店の味と比べても引けを取らないどころか、それ以上のクオリティの一杯を作ってくるとは、失礼ながら思っていなかったので、驚かされた。


ただ、今回は初めて挑む「濃厚」で!
果たして、どんな一杯を提供してくれるのか
!?

期待と不安を胸にJR小岩駅北口から近い蔵前橋通り沿いにある店へと向かった。
店へとやってきたのは11時45分。


今までは、開店時間の11時前に来店していたんだけど
今日は、午前中、忙しくて、こんな時間になってしまった。

入店すると、店内はお客さんでいっぱい!
しかし、ラッキーなことにL字型カウンター席の右端の特等席が空いていた♪


矢口店長とリョーマくんに挨拶して、券売機で食券を買おうとすると
矢口店主から

「券売機が故障しているので、現金で注文を承ります。」と言われて…
「濃厚煮干しそば」を注文すると…

豚骨一燈【弐九】-2豚骨一燈【弐九】-3

「和え玉はよろしかったですか?」と聞かれて…
「お願いします。」と即答すると…

「醤油と塩から選べます。」と言われて…
「濃厚煮干しも醤油と塩で選べるの?」と聞くと…

「いいえ、濃厚煮干しそばは醤油だけです。」
「和え玉が醤油か塩を選べます。」
と答えがあったので…

普通なら、「濃厚煮干しそば」が「醤油」なので、和え玉も「醤油」なんだろうけど、「塩」の和え玉は未食だったので…
「塩でお願いします!」と言って、千円を支払って、注文成立

注文が入ると、先客の「煮干しそば」を作った後に「濃厚煮干しそば」を1個作りし始めるリョーマくん!
そうして、完成した「濃厚煮干しそば」が、今日もリョーマくんから供された。


豚骨一燈【弐九】-4

豚肩ロース肉のレアチャーシューが2枚に、アーリーレッド(紫玉ねぎ)水菜、海苔がトッピングされた
シンプルながら彩り鮮やかでキレイなビジュアルのラーメン♪

豚骨一燈【弐九】-5豚骨一燈【弐九】-6

なお、今回は、前回までの豆苗が水菜にかわっていたけど
豆苗は青臭いので、この変更はウエルカム♪

まずは、焦茶色したスープをいただくと
九十九里産背黒2種、八戸青口、伊吹いりこで炊いたというスープは、ベースの鶏白湯スープに大量の煮干しを重ねて作ったといった感じのスープで!

豚骨一燈【弐九】-7

リョーマくんの話しでは、100杯分炊いて、最後に追い煮干ししたら、何とスープを40杯分も持っていかれたという濃厚仕様!
凝縮された煮干しのうま味いっぱいのスープで!


懸念されたエグニガショッパーな味わいのものではなく…
程よいビターさのあるニボラー好みの味わいに仕上がっていて!

さらに、しっかりと塩分濃度をコントロールしてきているのもスゴいし
淡麗だけでなく、濃厚も煮干しラーメン専門店も顔負けの味わいに仕上げてきたのには本当に驚かされた。

麺は、「煮干しそば」に使われていた心の味食品謹製の加水率30%の中細ストレート麺が合わせられていて
50秒で茹でられた麺は、ザクパツの食感の、カタめで、歯切れのいい麺で!

豚骨一燈【弐九】-8

そして、この麺は、「煮干しそば」でもスープとの相性はバツグンだったけど
こちらの濃厚鶏白湯煮干しスープとの相性もバツグン!

トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていて!
肉のうま味も感じられる美味しいチャーシューだったし♪


豚骨一燈【弐九】-10

アーリーレッドは、甘味があって!
このビターな味わいのもスープとよくマッチしていてよかったし♪


そうして、麺を4割ほど食べ終わったところで、リョーマくんにお願いして作ってもらった「和え玉」が、麺と具を食べ終わったジャストタイミングで着丼!
麺1玉に豚肩ロース肉のカットレアチャーシューアーリーレッド、煮干し粉がトッピングされた「和え玉」!


豚骨一燈【弐九】-11

まずは、箸とレンゲを使って、麺と具を丼の底に沈んでいるカエシと香味油によ~く和えて、「和え麺」のようにしていただくと
カエシとラーメンにも使われた、白絞め油を熱して、煮干しを揚げて、煮干しの風味を移した煮干し油の風味がよくて!

豚骨一燈【弐九】-12

「醤油」味の「和え玉」のマイルドな味わいもいいけど
「塩」味の「和え玉」のさっぱりとした味わいもいい♪

ただ、ちょっと塩ダレが尖っていて、刺すような塩味を感じたのが
そこで、麺を残しておいたスープにつけて、「つけ麺」のようにしていただいて

豚骨一燈【弐九】-13

さらに、最後は、残った麺と具をスープにダイブさせて完食したけど
「和え玉」は、個人的には「塩」より「醤油」の方がおすすめかな

豚骨一燈【弐九】-14

でも、この「濃厚煮干しそば」は、かなり出来のいい一品で!
ただ、Twitterのツイートを見ていると、食べていたのは『麺屋 一燈』ファンの人ばかりだったので


そうではないニボラーの皆さんに、ぜひ、食べて、ぜひ、評価していただきたいな
ご馳走さまでした。

豚骨一燈【弐九】-15

メニュー:濃厚豚骨魚介つけめん…830円/半熟玉子濃厚豚骨魚介つけめん…930円/特製濃厚豚骨魚介つけめん…1080円/チャーシュー濃厚豚骨魚介つけめん…1080円

カレーつけ麺…830円/半熟玉子カレーつけ麺…930円/特製カレーつけ麺…1080円/チャーシューカレーつけ麺…1080円

濃厚豚骨魚介らーめん…780円/半熟玉子濃厚豚骨魚介らーめん…880円/特製濃厚豚骨魚介らーめん…1000円/チャーシュー濃厚豚骨魚介らーめん…1000円

カレーらーめん…780円/半熟玉子カレーらーめん…880円/特製カレーらーめん…1000円/チャーシューカレーらーめん…1000円

中華そば…730円/半熟玉子中華そば…830円/特製中華そば…980円/チャーシュー昔ながらの中華そば…980円

油そば…780円/半熟玉子油そば…880円/特製油そば…1000円/チャーシュー油そば…1000円
油そば全部入りトッピング…100円/マヨネーズ…30円/エビの辛み…30円/粉チーズ…30円/揚げ玉…30円
えびの辛み…50円/とろけるチーズ…100円

中盛…+50円/大盛…+100円/特盛(つけ麺のみ)…+150円

チャーシュー 煮豚(バラロール3枚)…250円/燻製半熟煮玉子…100円/メンマ…100円/のり(1/8カット5枚)…100円
月替わりご飯…250円/定番チャーシュー丼 250円/ライス…100円/小ライス…50円

【水曜限定】煮干しそば(醤油/塩)…730円/濃厚煮干しそば(醤油)…800円/和え玉…200円


豚骨一燈ラーメン / 小岩駅京成小岩駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:濃厚煮干しそばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m