訪問日:2017年7月22日(土)

鶏そば なんきち 東京店-1

本日のランチに向かったのは、東京・西早稲田に2015年5月8日にオープンした『鶏そば なんきち ~Second Stage in Tokyo~』!

広島県三原市に本店のある鶏そば専門店の東京進出店。
博多水炊きを原点とした圧力鍋を使って鶏だけで炊く無化調スープの鶏白湯ラーメンが売りの店!


しかし、オープンから、もう、2年2ヶ月も経つ店へ
なぜ、今さら

それは、鶏そば専門店のはずのこちらの店で出されている「濃厚煮干そば」が、かなり美味しいという話しを、『中華ソバ 伊吹』の常連のお客さんから聞いて
スマホでググってみたところ

「今は煮干メインです!鶏そば なんきち」というユーザー名のTwitterがヒット!
見にいってみると




今は煮干メインです!鶏そば なんきち
@nankichitokyo


営業時間 11:30-15:00 17:30-22:00 月曜定休(月曜が祝日の場合は火曜休み) JR高田馬場早稲田口より徒歩9分!現在『煮干そば』に力入れてます!オススメは「濃厚煮干そば」です。加えてフォロワー大募集中でございます!(^^)

東京都新宿区西早稲田3-27-25 石上ビル1F




そして、ツイートしている内容は



今は煮干メインです!鶏そば なんきち @nankichitokyo

おはようございます!

今日は 猛暑日らしく すでにとても暑いですが

こういう日は
『冷やし塩煮干そば』
あっさり仕様です
お昼は〆に冷やし茶漬けでどうぞ!

濃厚煮干そば は 二ボラー仕様で、かなり良い出来だと 思います。

今日も1日よろしくお願いします


10:58 - 2017年7月15日



こんな感じで!
こんなツイートを見てしまっては、食べに行かないわけにはいかないよね
(笑)

というわけで、早稲田通りと明治通りがクロスする馬場口交差点から、早稲田通りを少し早稲田方面に行ったところにある店を訪ねたのは13時13分13秒!
入店すると、先客は1名だけと、ちょっと、寂しい感じ


まずは、券売機で食券を購入する。
主なメニューは、券売機の左上から「あっさり煮干塩そば」、「濃厚煮干そば」、「白濁鶏そば」、「鶏そば」の順で!


「今は煮干メインです!」というユーザー名通りの煮干し推しの店のようで!
「冷やし塩煮干そば」の限定に、今は、どこの煮干しラーメンの店でも扱うようになった「和え玉」も用意されていた。


鶏そば なんきち 東京店-3

今日も蒸し蒸しと暑い東京!
限定ハンターでなくても「冷やし塩煮干そば」にしたくなるところだけど


初訪だし、ここは「あっさり煮干塩そば」か「濃厚煮干そば」だよね♪
店内連食っていうのもありかも
(笑)

でも、おすすめは「濃厚煮干そば」だから
店内連食するにしても、「濃厚煮干そば」を先に食べてしまったら、「あっさり煮干塩そば」の味がわからなくなりそうだし

別に、「あっさり煮干塩そば」から食べればいいんじゃないの
そう言われちゃいそうだけど

でも、その場合、もし、「あっさり煮干塩そば」が、もう一つだったりしたら
次に「濃厚煮干そば」を食べたくなくなるだろうし

そう考えて、とりあえず「濃厚煮干そば」だけを食べることにした。
でも、そうなると、「和え玉」も食べたくなる
(笑)

というわけで、「濃厚煮干そば」と「和え玉」の食券を買って!
厨房前に7席並ぶカウンター席の1席へ!


なお、客席は、このカウンター席7席の他に、4人掛けのテーブル席が1卓と2人掛けのテーブル席が1卓あって
比較的広い空間にゆったりと席が配置されているのがいい♪

そして、食券を重ねて、カウンターの上に置くと
あとで、高井さんという名前だとわかった店主から

「ランチタイムはライスがサービスになります。」なんて言われて
「和え玉」があるから、いいやとは思ったんだけど

「ご飯をスープに入れて、おじやのようにして食べると美味しいです。」なんて言うので
「では、半ライスで!」と言って、お願いすることにした。

鶏そば なんきち 東京店-4

なお、厨房には、高井店主1人で
注文を受けて、さっそく「濃厚煮干そば」を1個作りし始める。

スープをガス台の火にかけていって!
頃合いを見て、麺を茹で麺機のテボへの中へと入れていくと


温まったスープがラーメン丼に注がれて!
茹で始めから50秒でテボが引き上げられると、湯切りされた麺が、スープの張られたラーメン丼に納められて


完成した「濃厚煮干そば」がサービスの半ライスとともにお盆に載せられて
「和え玉は、お好きなタイミングで言ってください。」という言葉とともに着丼。

鶏そば なんきち 東京店-7

豚肩ロース肉のレアチャーシューが2枚に、細メンマ小松菜、白髪ネギ、刻み玉ねぎなるとがトッピングされた、このラーメンのビジュアルは、どこかで見かけたような!?
そうだ、一時期、おおぜきポーズでラーメン界を湧かせた大関店主の『おおぜき中華そば店』のラーメンのビジュアルに似ている♪

鶏そば なんきち 東京店-5鶏そば なんきち 東京店-6

でも、広島県のラーメン店と『おおぜき中華そば店』が関係あるとも思えないけど
まあ、そんなことはどうでもいいか(笑)

まずは、見るからに煮干しが濃厚そうなスープをいただくと
ニボッときた!

ベースとなる鶏白湯スープに一杯当たり70gもの煮干しを重ねて出汁をとったスープは、煮干しが濃厚で!
よくある、ミキサーで潰した煮干しの濃厚さではなく、しっかりと出汁をとった濃厚さなのがいい♪


最近は、煮干しラーメンを出す店が増えたけど
煮干しのうま味がぜんぜん感じられずに

ただ、エグニガでショッパーな味わいのものを「濃厚煮干」と称して販売している店もあるので
どうかなと思ったんだけど

こちらの店は、違ったし!
真面目に出汁をとっていて!


いりこと背黒のうま味が出たスープで♪
鯵煮干しの甘味も感じられて!


煮干しのビターさも、しっかりと感じられるのがいい♪
それに、塩分濃度も、そんなに高くはなく、しょっぱくないのもよかったし!


それと、この「濃厚煮干しそば」の場合、やりすぎてしまって
コアなニボラーでなければと食べられない

一般のお客さんでは、苦すぎて、顔をしかめて、食べられない仕様になっている店もある中
こちらの店のスープは、比較的食べやすくて!

これなら、ニボラーも満足するし♪
一般のお客さんでも、ギリギリ食べられる仕様に仕上がっていた


そこで、スープをいただいて
そんな感想を高井店主に話すと

我が意を得たりという感じで頷くと
「濃厚煮干そばは、一番のおすすめですけど、煮干しがお好きな方以外にはおすすめしませんとお客さんには話しています。」

「この界隈は、煮干しラーメンの店がないので、たまに、濃厚を注文して、まったく食べられないお客さんがいらっしゃるので、なるべく、食べやすいように作ってます。」
なんて話していて

さらに
「いつもは、伊吹いりこと九十九里の背黒を使いますが、今日は鯵も使いました。」と、ちょっと、驚いたような顔をしながら話していた。

さらに、麺を食べて
「これ、20番の中加水麺だと思うんですけど、50秒で上げて、カタめで出しているのですね。」

「麺は、鶏そばと兼用ですか!?」と質問すると
少し、怪訝そうな顔をされてしまったけど

鶏そば なんきち 東京店-8

「ええ、麺は20番の大成食品の麺を使っています。」
「おっしゃるように鶏そばと兼用なので、今、煮干し専用の麺にしようとして、サンプルを取り寄せています。」と、きちんと答えてくれた。


麺は、つるパツな食感の麺で、このニボニボな麺と合わないことはないとは思うけど
やっぱり、定番のカタめで歯切れのいいザクパツな食感の低加水麺を合わせた方がいいような気がした

トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていて!
噛めば、肉のうま味を感じる美味しいレアチャーシューだったし♪


鶏そば なんきち 東京店-9

刻み玉ねぎのシャキシャキとした食感もよかったし!
玉ねぎの甘味も、このビターな味わいのスープに合っていてよかったし♪


ただ、できれば、豚肩ロース肉のレアチャーシューのピンクに小松菜の緑によって、せっかく、彩りよく仕上げているので
ただの玉ねぎではなく、アーリーレッドにして、赤紫色を入れてやると、もっと、見た目がよくなると思うんだけどね!

そうして、麺を4割ほど食べたところで、高井店主に作ってもらうようお願いした「和え玉」は、麺を食べ終わると、そうタイムラグなく着丼。
カットした豚肩ロース肉のレアチャーシュー刻み玉ねぎ、煮干し粉が載せられた「和え玉」!


鶏そば なんきち 東京店-10

まずは、箸とレンゲを使って、麺と具を丼の底のカエシと香油に、よくまぜて!
「和え麺」として、いただくと


鶏そば なんきち 東京店-11

「あれっ、鶏油だ!」
そう言うと、すぐに高井店主が反応して


「ええ、鶏油を使っていますけど…」と言ってきたので
「他の店では、煮干し油が使われていますけど、こうして、和え麺で食べるには鶏油の方が美味しいですよね♪」と答えると

「そうなんですよ。」
「煮干し油より、鶏油を入れた方が美味しかったので♪」と嬉しそうに話していた。


さらに
「ずっと、鶏そば専門でやってきたんですけど、鶏だけでは難しいかなと思って、昨年の10月から煮干しを始めました!」

「最初は、今から考えれば、酷いもの出してました(笑)」
「でも、最近は、3月に大門にオープンした『中華そば いづる』の猪又さんと仲良くさせてもらって、いろいろ教えてもらって、煮干しに嵌まってます♪」


なんて、話していて
『中華そば いづる』の猪又店主は『おおぜき中華そば店』なので

それで、『おおぜき中華そば店』ライクなビジュアルなのかな!?
それは置いといて(笑)

この「和え玉」!
こうして、「和え麺」で食べても美味しいし♪


麺を、残しておいたスープにつけて、「つけ麺」のようにしていただいても美味しいし♪
替え玉のように、スープに麺と具をダイブさせていただいてもいい!


鶏そば なんきち 東京店-12

そして、最後は、残ったスープを具を載せた半ライスに掛けて!
最後まで、美味しく完食♪


しかし、こんな美味しい煮干しラーメンの店が西早稲田にあったとは
『中華ソバ 伊吹』の常連のお客さんからお聞きしなかったらわからなかった。

麺を変更するみたいだから、高井店主のTwitterを見て、変更されたら、今度は、「あっさり煮干塩そば」を食べに来るつもり♪
ご馳走さまでした。


鶏そば なんきち 東京店-13

メニュー:あっさり煮干塩そば…730円/濃厚煮干そば…800円

白濁鶏そば…780円/レモン白湯…850円
鶏そば…750円

【只今の限定麺】冷やし煮干そば…700円/冷やし煮干そば(大盛)…800円

トッピング
ネギ…100円/鶏ハム…150円/青菜…100円/キクラゲ…100円/味玉…70円/ワンタン(4ケ)…150円/豚チャーシュー増…300円

豚めし(並)…300円/豚めし(小)…200円
ご飯…100円/ご飯半分…50円
(ランチタイム無料)

鶏そば なんきち



関連ランキング:ラーメン | 面影橋駅西早稲田駅学習院下駅



好み度:濃厚煮干そばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年6月21日(水)

【新店】さんしょの木-1【新店】さんしょの木-2

本日のランチに向かったのは新宿御苑前に昨日6月20日にオープンした『さんしょ』!

閉店した『小麦と肉 桃の木』の跡地にできた店で、それ以前は『ひるがお 新宿御苑店』として営業していた店!

今回も前店、前々店と同じ、『せたが屋』グループが経営。
そして、こちらの店の店長に就任するのが、4月末に閉店した中延の『NOODLE CUISINE KENJI 麺処 けんじ』の高橋健治店主!


健治店主は、古巣の『せたが屋』グループに戻って、前島オーナーから、この新店の店長を任されたようで!
先週の土曜日に、大井町の『中華そば 大井町 和渦』を訪ねたときに、健治店主と同姓の高橋店主から話しを聞いて、訪ねてみることにした。


東京メトロ丸ノ内線の新宿御苑前駅3番出口を出たら左手へ!
さらに、すぐ先の道を左折して、靖国通り方面に真っ直ぐに歩いて行って


花園西公園の隣の角地に建つビルの1階にある店へとやってきたのは午後の2時を少し回った時刻
店頭には、『つけめん 玉』、『ど・みそ』、『金沢濃厚中華そば 神仙』のラーメン店3店からの開店祝いのお花が飾ってあった。

【新店】さんしょの木-3【新店】さんしょの木-4【新店】さんしょの木-5

入店すると、こんな時間だというのに、店内は、ほぼ、満席状態で!
ただ、ラッキーなことに1席のみ席が空いていた。


厨房には健治店長の姿があって!
閉店した『小麦と肉 桃の木』の元女性店長の方と、もう一人、男性スタッフの人がいて、3人体制で営業していた。


健治店主と挨拶を交わして、まずは、券売機で食券を購入するんだけど
メニューは、大きく分けて、「醤油ラーメン」と「つけ担々麺」の2種類!

【新店】さんしょの木-6

事前に『中華そば 大井町 和渦』の高橋店主に聞いていた話しでは、「醤油ラーメン」に「担々麺」の2種類のラーメンで!
後から、「塩ラーメン」も出されるということだったけど


「担々麺」はラーメンではなく、つけ麺になったんだね!
さて、どうしようか


「醤油ラーメン」には、「特製」、「チャーシュー」、「雲呑」の各トッピングバージョンがあって!
「雲呑醤油ラーメン」にしようかと思ったけど、「特製」には、この雲呑に半熟味玉と2種類のチャーシューも入って、こちらの方がお得そうだし


ただ、「つけ担々麺」も食べてみたいし
そうなったら、デフォの「醤油ラーメン」と「つけ担々麺」の連食か!?

なんて考えていたら、後から、お客さんが2人入ってきたので
とりあえず、デフォの「醤油ラーメン」の食券を買うと

男性スタッフの人が食券を回収していった。
席につくと、目の前の厨房では、忙しく、ラーメンが作られていて


健治店長によって、まず、2個作りされた「醤油ラーメン」が完成すると、スタッフの人によって、運ばれていったんだけど
面白かったのは、健治店長の湯切り!

両手にテボを持って、左右のテボを交互に前に突き出す湯切りパフォーマンスは
『ロックンビリーS1』の嶋崎店主を彷彿とさせるもの(笑)

今まで、間借り営業していた『わっとこ』でも、中延の店でも、厨房がクローズドで
こうして、健治さんがラーーメンを作るのを拝見するのは今日が初めてで!

こんなパフォーマンスをしているなんて
知らなかったな(笑)

そうして、「醤油ラーメン」が出されていくと
今度は、麺を何玉もテボの中に放り込んでいって

先ほどより、少し長めに茹でられた麺が冷水に曝されて
2人のスタッフとの共同作業で4つの「担々つけ麺」を完成させた。

この「担々つけ麺」!
麺はラーメンと同じ中細ストレート麺で!


面白いのは、その麺の上に肉味噌のようなものが掛けられたこと!
これに朱色のつけ汁がセットされて、お客さんに出されていったんだけど


その「担々つけ麺」が供された隣のお客さんは、麺に肉味噌を和えて、和え麺のようにして食べたり!
また、麺を辛そうなつけ汁につけて食べたりと


楽しそうにしながら食べていたので!
これは、私も連食で食べないとね♪


そんなことを思っているうちに、次に作られた「醤油ラーメン」の一つが私のもとに着丼!
豚ロース肉の大判のローストチャーシュー穂先メンマアーリーレッド青ネギ


それに、屋号になっている山椒の葉がトッピングされた
彩りもよくて、美しいビジュアルのラーメン♪

【新店】さんしょの木-7【新店】さんしょの木-8

まずは、レンゲにとってスープをいただくんだけど
レンゲが赤くて、スープの色がわからないのが

黒のレンゲもそうだけど
レンゲは、やっぱり、白でしょう!

スープは、カエシの醤油が思った以上に主張するスープで!
鶏のうま味に昆布、煮干し、鰹節、鯖節などの乾物のうま味も感じられる。


ただし、最後に中延の店でいただいたスープと比べると淡麗で!
スープの厚みが違うかな


それと、以前の店では、ボルシチに使われるビーツをスープに加えることで!
和風のラーメンのスープに洋風のエッセンスを入れて、美味しく仕上げてくる♪


元フレンチの料理人らしいセンスを感じるオンリーワンのスープだったのに
スープからは、そういう個性的な味わいが消えていた。

今時のスープにカエシという感じで、この方が一般受けするからかな!?
美味しいことは美味しいので、いいとは思うけど

できれば、次作の「塩らーめん」では、ドライとフレッシュのトマトの甘味と酸味を入れた、あの味わいを残してもらえると
嬉しいんだけどね

中細ストレートの麺は、つるっとした食感の中加水麺で!
啜り心地がよくて!


【新店】さんしょの木-9

のど越しのよさもある麺で!
スープとの絡みもまずまず!


トッピングされた豚ロース肉のローストチャーシューは、大判でよかった!♪
ただ、肉の厚みが薄かったのが


【新店】さんしょの木-10

穂先メンマは、太い一本物が使われていて!
根本もやわらかかったし!


穂先が超やわらかくて、シュクシュクした食感だったのがよかったし♪
アーリーレッドのシャリシャリとした食感もよくて!


【新店】さんしょの木-11

それなりに美味しい醤油ラーメンではあったけど
健治さんの作ったラーメンにしては、ちょっと、物足りなさを感じてしまったかな

なお、私は滅多に、卓上の調味料を使わない人だけど
屋号が『さんしょの木』で!

「山椒」の葉がラーメンにトッピングされていて!
それで、卓上調味料に山椒があったので!


「これ、醤油らーめんにも使っていいんですか!?」と健治店長に聞いてみると
「いいですよ。」と言うので

試してみたところ
これは、日本山椒ではなく、中国山椒の花椒(ホアジャオ)で!

ミルで花椒を削り入れたところ
強烈なスパイスの香りにやられて、スープの味がわからなくなってしまったので

あまり、おすすめはできないかな(汗)
もし、するなら、ほどほどにとどめておくのがおすすめ。

【新店】さんしょの木-12【新店】さんしょの木-13

なお、今日は、この花椒の刺激で舌が麻痺してしまったのと
雨降る中、外待ちして待っているお客さんもいたので

「つけ担々麺」は、またの機会にいただくことにして、店をあとにしたんだけど
できることなら、こちらの店でも、健治さんらしい、オンリーワンの美味しいラーメンを提供してもらえると嬉しいんだけどね

「塩らーめん」が発売されたら、また、来ます♪
ご馳走さまでした。


【新店】さんしょの木-14【新店】さんしょの木-15

メニュー:特製醤油らーめん…1100円/チャーシュー醤油らーめん…1050円/雲呑醤油らーめん…1000円/醤油らーめん…800円

つけ担々麺…900円/つけ担々麺 大盛り…1050円

半熟 味付玉子…120円/焼きのり(5枚)…100円/雲呑(3ケ)…200円
茶碗カレー…300円/サービス小ご飯(ランチのみ)…0円/半ライス…150円


さんしょの木



関連ランキング:ラーメン | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅



好み度:醤油らーめんstar_s35.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年12月16日(金)

麺庵 ちとせ【参】-1

本日のランチは東京・曙橋の『麺庵 ちとせ』で!

今日は、曙橋に行く用事があったので、11月26日の土曜日から提供開始された新メニューの「塩」ラーメンが美味しいと評判のこちらの店を訪ねることにした。

都営新宿線の曙橋で下車して、靖国通りから抜弁天へとダラダラと上る坂道を上っていって
大通りと細い道の2股に分かれる、左側の細い道を進んで

住宅街の中の「大星湯」という銭湯の並びにある店へ、13時過ぎに入店すると
店内は満席。

麺庵 ちとせ【参】-2

しかし、券売機で「叉焼 塩」の食券を買っているうちに席が空いた。
席について、食券を、こちらの店の三嶋店主に渡して、ラーメンができるのを待つ。


麺庵 ちとせ【参】-3

厨房では、ちょうど、店主がワンオペで、先客3人のラーメンを作っているところで
2つのラーメン丼には塩ダレが、そうして、残り1つの丼にはカエシが入っていて

これに、雪平鍋で温めていたスープが注がれると
1分50秒茹でられた麺が入れられて

チャーシュー、メンマ、ネギが盛りつけられて
完成した2つの「塩」ラーメンと「醤油」ラーメンが1つお客さんに出されていくと

次に同じ手順で、1個作りされた「」ラーメンが完成して
丼いっぱいチャーシューが盛りつけられて、店主から出された。

麺庵 ちとせ【参】-4

花びらが開いたように豚カタロース肉のレアチャーシューが盛りつけられて!
メンマ、白との2色のネギ、鷹の爪の輪切りがトッピングされた美しいビジュアルのラーメン♪


麺庵 ちとせ【参】-5麺庵 ちとせ【参】-6

やや、濁りのある塩スープをいただくと
はかた地どり天草大王・茸等の動物出汁。羅臼昆布・秋刀魚節等の魚介出汁。浅利等の貝出汁。3種類の出汁を合わせたスープ。」に「栗国の塩・イタリアの岩塩・白たまり・しょっつる・魚貝・果実酢」を合わせたと解説のあった塩スープは

地鶏の分厚いうま味が一口目から押し寄せてきて!
昆布と干し椎茸のうま味!


魚介は、秋刀魚節とウルメ節に白口煮干しかな!?
そして、浅利の貝出汁のうま味に、香味野菜に果物による香味や甘みのようなものも感じられる複雑な味わいのスープで!

しかし、これらの出汁が濃厚な鶏出汁のうま味をバランスよくサポートしていて
とてもコク深くて、奥行きのあるスープに仕上がっていて、めちゃめちゃ美味しい♪

そして、スープの飲み終わりになって、スープが冷めてくると、浅利が顔を出してきて味が変わる!
このスープの余韻もいい♪


そして、この絶品のスープに合わせられた「国産小麦100%・天然かんすい使用の細麺」だという麺は
全粒粉が配合された中細ストレートの自家製麺で!

麺庵 ちとせ【参】-7

なめらかな口当たりで、つるっと啜り心地のいい麺で!
しなやかなコシもあって!


のど越しのよさもあって!
国産小麦だけで製麺された麺は、小麦粉のうま味も強く感じられて♪


そして、スープとの相性もバツグンで!
コクうまなスープをいっぱい持ってきてくれて、最高に美味しく食べさせてくれるのがいい♪


オーブンで焼かれたと思われる豚肩ロース肉のレアチャーシュー
香ばしくて♪

厚みもあって!
噛むと、ジュワッと肉のうま味が滲み出てくる逸品で!


都内でも屈指の味わいのレアチャーシューで!
トッピングして大正解♪


麺庵 ちとせ【参】-8

そして、細メンマのコリコリとした食感が最高で!
好きだな、この食感♪


鷹の爪の輪切りのピリッとした辛味のアクセントもよくて!
最後は、スープの最後の一滴まで、惜しむように飲み干して完食♪


前回は「強炊きつけ麺」をいただいて、濃厚鶏白湯魚介のつけ麺としては、最強だとブログに書かせてもらったけど
この鶏清湯魚介のラーメンも、最強まではいかないものの、全国でも屈指の味わいの一杯といえるし♪

これだけスープが美味しいなら、醤油も食べに来ないといけないね♪
ご馳走さまでした。


麺庵 ちとせ【参】-9

メニュー:醤油(細麺)…750円/味玉醤油(細麺)…850円/叉焼醤油(細麺)…1000円/味玉叉焼醤油(細麺)…1100円

醤油(手揉み)…800円/味玉醤油(手揉み)…900円/叉焼醤油(手揉み)…1050円/味玉叉焼醤油(手揉み)…1150円

塩(細麺)…800円/味玉 塩…900円/叉焼 塩…1050円/味玉叉焼 塩…1150円

油そば …700円/背油煮干…750円

大盛…100円

トッピング
味玉…100円/チャーシュー…250円


麺庵 ちとせ



関連ランキング:ラーメン | 若松河田駅曙橋駅四谷三丁目駅



好み度:叉焼 塩star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年10月5日(水)

【新店】らあめん 満家(みつるや)-1

本日のランチは、東京・大久保に9月12日オープンの新店『らあめん 満家』で!

屋号に「家」が付いても、こちらは家系ラーメンの店ではなく、西新宿の『らあめん 満来』の初代の元で修業した方が開業した店だそうで!

『らあめん 満来』は、ブログを始める、ずっと以前にお邪魔したきりで
豚清湯の昔懐かしい系の醤油ラーメンという印象と!

麺の量がやたらと多くて、普通の店の優に倍はある!
さらに、お値段もお高め!


美味しいラーメンではあったけど、特別でもなかったかなという印象で
それ以来、行ってないし!

二代目に代替わりした店にも訪問したことはなかった。
では、なぜ、今回、『満来』関連の店に訪問しようと思ったのか
!?

それは、こちらの店に「らあめん(小)」というメニューがあって!
通常の「らあめん」が750円のところ、このラーメンが210円安い、540円というリーズナブルな価格で食べられること!


そして、『満来』の「らあめん」は950円するので!
普通の「らあめん」でも200円安いところにきて


「らあめん(小)」なら410円も安い価格でいただけるので!
『満来』は麺の量は多いけど割高というイメージだったので、それを払拭する店で、久しぶりに『満来』の味に触れてみることにした。


大久保駅の中野方面にある北口の改札を出て左へ
そして、新宿方面に向かって歩いて

2本目の斜めに真っ直ぐ延びる路地に入って
小滝橋通りに出る左手前にある店にやってきたのは、午後の1時を5分ほど回った時刻!

この場所、昔、来たことあるなと思ったら、ここ、閉店して、後に『凪 煮干王』が入った、『はやし家』があった場所だね。
外観写真を撮って、入店すると


レの字の形した変形カウンター全9席の客席には3人のお客さんが座って、ラーメンを食べていた。
そして、まずは、券売機で食券を購入するんだけど


【新店】らあめん 満家(みつるや)-2

メニューは、「らあめん」750円に、「チャーシューめん」1300円。
『満来』名物の「納豆らあめん」もあって、870円。


そして、『満来』では、「らあめん」よりも人気の高い「ざるらあめん」800円に、「チャーシューざるらあめん」1200円等々
『満来』にあるメニューが、皆、お求めやすい価格(?)で並んでいる。

【新店】らあめん 満家(みつるや)-3

そして、買い求めたのは、予定通りの「らあめん(小)」540円♪
ちなみに、「小」というと、一般的には、麺量少なめの女性かお子さん向けという認識があるけど


こちらの店のデフォルトの麺量は300g。
「小」だと、これが半減して150gになるけど


これが一般的なラーメン店の麺量なので!
知らずにデフォの「らあめん」を注文した後客の若い女性のお客さん2人組なんか、「らあめん」が着丼して、スゴい麺の量に顔を見合わせて驚いていたので
(汗)(笑)

厨房には、店主らしき方と、大陸系のパートさんという感じの女性の2人で
その女性スタッフの方から

「奥の席へどうぞ♪」と言われて…
一番左奥の席について

カウンターの上に食券を置くと
すぐに、店主に注文が告げられた。

注文を受けると、さっそく麺をテボに入れて、茹で始める店主!
そして、麺が茹で上げるまでにスープの準備!


そうして、麺をテボに入れてから2分10秒後に、テボを引き上げると
平ザルに移しての湯切り!

そうして、完成した「らあめん(小)」が
「熱いのでお気をつけください。」といういう女性スタッフの流暢な日本語とともに供された。

【新店】らあめん 満家(みつるや)-4【新店】らあめん 満家(みつるや)-5

煮豚のチャーシューにメンマ、ほうれん草、刻みネギ、海苔
これで、なるとがあれば完璧な、これぞ醤油ラーメンという感じの典型的な具が載せられたラーメンで

スープをいただくと
豚の背ガラから出汁をとったと思われるスープで!

【新店】らあめん 満家(みつるや)-6

東京のノスタルジックな醤油ラーメンという味わい♪
最近は、ブランド地鶏で出汁をとって、生醤油のカエシと合わせた無化調の、所謂、ネオクラシックな醤油ラーメンを食べているせいか


かえって、懐かしくもあり
この味はこの味で、とてもいいと思ったし♪

それに、このスープ!
味わい深くて美味しい♪


麺は平打ちの中太ストレート麺が合わせられていて!
チュルンと啜れる、啜り心地のいい麺で!


モチッとした食感なのもいい!
そして、多加水の麺なのに、スープともしっかり絡んでくれたのもよかった♪


【新店】らあめん 満家(みつるや)-7

具の煮豚は、かなりの厚切りのもので!
とてもやわらかく煮込まれていて!


【新店】らあめん 満家(みつるや)-8

肉のうま味を感じる煮豚でよかったし♪
次回は「ざるらあめん」にチャーシューがトッピングされた「チャーシューざるらあめん」を食べようかな
!?

ちょっと、お値段は高めだけど、この味とボリュームなら納得できるし♪
ご馳走さまでした。


【新店】らあめん 満家(みつるや)-9【新店】らあめん 満家(みつるや)-10

メニュー:らあめん…750円/チャーシューらあめん…1300円/納豆らあめん…870円/らあめん(小)…540円

ざるらあめん…800円/チャーシューらあめん…1200円/納豆ざるらあめん…920円

大盛…200円

生玉子…50円/バター…100円/メンマ…200円


満家



関連ランキング:ラーメン | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅



好み度:らあめん(小)star_s40.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年7月15日(金)

麺庵 ちとせ【弐】-1麺庵 ちとせ【弐】-2

本日のランチは、東京・新宿区の市谷台町に昨年の5月15日にオープンした『麺庵 ちとせ』で!

こちらの店は、無化調スープに自家製麺の醤油ラーメン専門店!
オープン7日目の5月21日に伺って、「チャーシュー麺」をいただいた。


静岡の再仕込醤油、群馬の生醤油、愛知の白醤油3種類の醤油に真昆布、貝柱、果実の旨味を合わせた醤油ダレに
はかた地どり、羅臼昆布、貝類、ウルメイワシ、香味野菜等の出汁を合わせたスープと卓上の解説にあった醤油味のスープは

ホンビノス貝による貝出汁のうま味に!
「はかた地どり」による分厚い鶏のうま味!


そして、カエシとスープの両方に使われた昆布のうま味に!
ウルメ煮干しのうま味!


さらに、独特な香味野菜の洋風にも感じられる味わいもある!
美味しくて個性的なスープのラーメンだった♪


なお、このときのメニューは、醤油味の「らぁ麺」に「油そば」だけで
また、違うメニューが出たら来てみたいと思っていたけど

結局、以来、訪れることもなかったので
これが、約1年2ヶ月ぶりの訪問になる。

しかし、なぜ、今回の訪問になったのか
それは、こちらの店は、今月の4日から夏メニューになって!

大胆にもラーメンを休止して!
つけ麺だけの提供になって


そして、3種類提供されるつけ麺のうち、限定Aの「ざる麺」を食べた人が大絶賛していて♪
めっちゃ食べたくなった!


そこで、今日は、このミョウガにオクラがが浮く冷たいつけ汁に自家製の麺をつけて食べる「ざる麺」を食べるために店へと向かったんだけど
しかし、今日の東京地方の天候は雨

しかも、ザーザー降りの雨が降っていて
こんな日は、店に出掛けるのも、」それ以前に、外に出るのもめんどい

それでも、店のある都営新宿線の曙橋までやってきて
最寄りの出口であるA1出口を出て!

ハードレインの中、靖国通りから抜弁天へと続く坂道を上っていって
大通りと細い道の2股に分かれる、左側の細い道を進んでいくと

右側に「大星湯」という銭湯が見えてくる。
そして、その2軒先にある店へとやってきたのは、もうすぐ、お昼の12時になる時刻。


入店すると
スタッフの人から

「いらっしゃいませ。」
「こんな足の悪い中、ご来店いただきまして、ありがとうございます。」なんて、丁重な挨拶があったんだけど


何千ものラーメン店を訪問しているけど、こんなことを言われたのは初めてかも♪
こちらの店は、前に訪問したときにも


こちらの店の店主は、若いのに物腰が柔らかくて
気持ちのいい接客ができる人という印象だったけど

このスタッフの人の一言で!
とても気分がよくなった♪


そして、入った正面に飾られているのが「一期一会」と書かれた額♪
これもイイネ
(笑)

麺庵 ちとせ【弐】-3

そうして、まずは、店を入ってすぐ左にある券売機で食券を購入するんだけど
出掛ける前までは、「ざる麺」のつもりだったんだけど

雨で気温も低めで
駅から冷たい雨の中歩いてきたので

冷たいつけ汁のつけ麺を食べるのが躊躇われた。
そこで、残る2つのつけ麺のうちから選んだのは限定Cの「強炊きつけ麺」!


麺庵 ちとせ【弐】-4
麺庵 ちとせ【弐】-9

さらに、好感の持てるスタッフの人に麺の量を尋ねると
「240gです。」と答えがあったので!

「大盛」100円のボタンをポチッと押して!
麺360gで食べることにした。


空いていた一番奥の席について、つけ麺ができるのを待つ。
厨房の前に一直線に並ぶカウンター7席には、お客さんが3人。


でも、こんな、大雨の日は、お客さんが来店してくれているたけでもいいかも♪
なんて、思ったら、この後、すぐに、満席となって!


私の滞在中は、中待ちが続いていたので
普段だったら、もっと混んでいるんだろうね。

厨房にはイケメン店主が1人、黙々と、つけ麺を作り続けていて
まず、できあがったのは、「背脂つけ麺」と「強炊きつけ麺」の「大盛」。

それが、先客2人に出されると
大量の麺を茹で、2つの雪平鍋でスープを温めて

茹で上がった麺は、これも店主が〆て
麺が2つの丼に取り分けられて

一つには、麺が多く入り
片方は少なめで

そして、その麺の量を比べて、麺を少量移動させて
納得すると

麺を揃えて盛りつけ始めた。
ただ、まだ、あまり、慣れていないのか、もう一つ、上手くいかないような
(笑)

そうして、最後に、熱々のつけ汁が注がれて!
中に、何個もの角切りに細かくカットされたチャーシューがポンポンと入れられると、これで、また、2つのつけ麺が完成したんだけど!


できあがったのは、先ほどとまったく同じ、「背脂つけ麺」と「強炊きつけ麺」の「大盛」で!
そのうちの「強炊きつけ麺」の「大盛」が、スタッフの人の手によって運ばれてきた。


麺庵 ちとせ【弐】-5麺庵 ちとせ【弐】-6麺庵 ちとせ【弐】-7

麺は、平打ち気味の、やや、ウェーブがかった太ストレート!
麺の表面に茶色い斑点が見えるので、最初は『麺屋 一燈』グループの店でも使用している小麦胚芽が配合されているのかと思ったけど


「夏メニュー」の解説によると、これは全粒粉のようで!
ただ、斑点が少ないことから、全粒粉は飾り程度。


全粒粉比率は少なめで…
たぶん、2%くらいじゃないかと思われるけど…

でも、麺に顔を近づけると、とてもいい小麦の香りがして♪
やっぱり、つけ麺の麺は、こうして、小麦香る、風味のいい麺がいい♪


麺庵 ちとせ【弐】-8

箸で手繰って、麺だけをいただくと
モチッとした食感の麺で!

以前に「チャーシュー麺」で食べたときは、カタめの食感のコシの強い麺で!
加水率も、やや、低めに感じられたのに


以前は、「春よ恋」、「ゆめちから」といった北海道産の強力粉を使って製麺していて!
これらは、水を吸う小麦粉なので、そう感じられたのかもしれないけど


今回は、小麦粉を変えて!
加水率も変えたみたいで!


この麺の方が!
特につけ麺では、この方が、食感はよく感じられると思う。


それに、この麺!
小麦粉のうま味をよく感じられるのもいい♪


そうして、この麺をつけ汁につけて、いただくと
適度に濃厚な鶏白湯魚介のつけ汁に、とてもいい感じに絡んでくれたのがよかったし♪

そして、この自家製麺のよさもさることながら
つけ汁の味が最高♪

「九州の地鶏2種をメインに豚、魚、貝、野菜、乾物等を強火で炊いた。」と解説にあったつけ汁は
まず、地鶏の鶏のうま味を感じる!

豚は、豚骨を使っているのかミンチなのか!?
わからないけど、豚がスープに厚みを与えていて!

魚は、節と煮干し!
貝は、従来といっしょならばホンビノスだと思うけど!


以前に比べると
動物系が強くなって、魚介は控えめになって!

さらに、香味野菜も従来に比べると主張しなくなって
もっとも、前にいただいたのは清湯スープのラーメンで、今回は白湯スープのつけ麺という違いはあるかもしれないけど

バランスがとてもよくなっていて!
これ、めちゃめちゃ美味しい♪


それに、これも清湯と白湯の違いによるのかもしれないけど
以前は、ちょっとカエシが濃いかな

一口目は、よくても
だんだんと飲み進めるうちに、しょっぱく感じられるようになったし

それと、コクとうま味の強い美味しいスープだとは思ったけど!
少し、渋みに酸味、苦味のようなものも感じられたのに


今回のスープからは、そんなものは消えていた。
濃厚鶏白湯魚介のつけ麺としては、都内屈指の味わいといえる♪


つけ汁の中に入っていた、角切りに大きめにカットされた肩ロース肉のレアチャーシューは、やや、歯ごたえのあるものだったけど
肉のうま味を感じる美味しいチャーシューでよかったし♪
麺庵 ちとせ【弐】-10

最後に店主に、スープ割りをお願いすると
「玉ねぎを入れてもよろしいですか?」と聞かれて…

お願いすると
たっぷり玉ねぎの入ったスープ割りになって戻ってきて!

麺庵 ちとせ【弐】-11

これが、また、めっちゃ、美味しくて!
この「強炊きつけ麺」は、きっと、ラーメンにしても美味しいんだろうなと思った♪


以前の私のブログを見直すと
「こちらの店は、まだ、発展途上!」

「スープも麺も、もっともっと、どんどんよくなっていく♪」
「とても可能性のある店に感じられた。」
なんて、書いていたけど…

予想通りというか!
それどころか、予想以上に美味しくなっていると言った方が正しいのかもしれないけど!


また、こちらの店には、何度もお邪魔することになると思う。
ご馳走さまでした。


麺庵 ちとせ【弐】-12

メニュー:【夏メニュー(7月~9月上旬)】

ざる麺…700円/背脂魚介つけ麺…750円/強炊つけ麺…800円

大盛…100円

味玉…100円/メンマ…150円/辛味…100円


麺庵 ちとせ



関連ランキング:ラーメン | 若松河田駅曙橋駅四谷三丁目駅



好み度:強炊つけ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m