訪問日:2010年2月14日(日)

つけ麺 目黒屋【弐六】-1

「つけ麺 目黒屋」!

『2009年度 千葉拉麺大賞』では総合3位!

よきライバルであり、親しい「菜」の大塚さんに、今年も大賞を譲ることになってしまったけど…

昨年よりは1つ順位を上げて、ベスト3に食い込むことができたし…
師匠である「必勝軒」の小林マスターより上の順位だったんだから、よしとしないとね。

それと、「美味しい自家製麺のお店部門」の部門賞に輝き…
総合順位でも「中華蕎麦 とみ田」を抑えて上に立ったのはさすが!

私は、目黒さんの店の味は好きで、今までも何回も行っている。
しかし、ここのところ無沙汰しているな…

前回は、夜営業で「濃厚」を始めると、目黒店主からブログにコメントをいただいて、すぐに伺うつもりが遅れてしまって…
山路さんに先を越されてしまい、ブログに先に記事にされてしまった…


【つけ麺目黒屋@馬込沢 - 千葉拉麺ブログ】
http://chibaraumen.seesaa.net/article/132238048.html

それ以来だから…
もう3ヵ月ぶりになる…

今年になって、まだ、挨拶すら済ませていないので、バレンタインデーの本日、久し振りに訪問してみることにした。

最寄り駅の東武野田線の馬込沢駅で下車して店に向かう。

11時過ぎに店の前まで来たところ…
あれっ…
すんなりと入れるよ!
珍しい…

そう思ったら、後から来た、常連さんらしき女性のお客さんも…
入ってくるなり…
「今日、外に並びがないから、休みだと思ったわ♪」
「珍しいこともあるのね…」


まったく同じ意見!
口に出して言ったか、言わないかの違いだけ…

券売機で、最近はこればかりの「ラーメン」に…
トッピングのチャーシューの食券を買って、カウンターの上に置くと…

つけ麺 目黒屋【弐六】-2

「今日は、普通盛りでいいんですか?」
目黒店主にそう聞かれた…

よく、覚えているな…
ここのところ、私は、ラーメンにしても、煮干しラーメンにしても、ラーメン類は「小」ばかりを食べていたので…

というのも、こちら「つけ麺 目黒屋」は、普通盛で、「つけめん」、「ラーメン」とも麺の量は280gある。

「つけめん」の場合は、特に多いという量ではないけど…
「ラーメン」の場合は、150gが平均的な麺の量とすると、その約1.87倍もあることになる。

これに対して、「小」は、200g。
「ラーメン」ならば、これでも、平均の約1.33倍もあることになり、じゅうぶん!

それで、「小」にしていたんだけど、今日は、思う存分、麺を堪能してみようと思った。

券売機に、4月からの営業内容変更の案内があった。

つけ麺 目黒屋【弐六】-3

夜の営業日が増えるのは嬉しいけど…
定休日が火曜日から日曜日に変わるのは…
この定休日の変更は、こうして日曜日の昼に来ている私にとっては痛い…

お子さんの多い目黒さんのことだから、新学期から、子供とのコミュニケーションを深めるためなんだろうな…
そう思って、日曜定休の理由を聞いてみたところ…

「お弟子さんが、彼女とデートしたいというので…」と…
笑いながら、はぐらかされてしまった。

そして、昼の部に出すのは、開業以来、出しているレギュラーの「魚ダシ&濃厚スープ」の「つけめん」に「ラーメン」!
それに、「鶏清湯スープ」の「醤油ラーメン」に「塩ラーメン」!

夜の部は、「濃厚スープ」という魚介を使わない、鶏と豚の動物系と野菜で出汁をとったスープの「つけめん」に「ラーメン」!
それと、「豚煮干スープ」の「醤油ラーメン」に「塩ラーメン」!

こんな風に色分けがなされた。
しかし、目黒店主に確かめてみたところ、「濃厚スープ」の「つけめん」に「ラーメン」は、実は、昼でも食べられるということだったので…
「濃厚ファン」の方はご安心のほど…


「ラーメンが先に出ます。」
そう、隣のお客さんに断りを入れて、私に出された「ラーメン」+チャーシュートッピング!

つけ麺 目黒屋【弐六】-4つけ麺 目黒屋【弐六】-5

紅色したチャーシューが美しいし、美味しそう♪

スープをいただくと…
相変わらず美味しい♪

豚骨に鶏の旨みがよく出ていて、鰹節に煮干しの旨みがバランスよく合わさったスープ!
やっぱり、目黒店主のつくる「濃厚豚骨魚介」のこのスープは最高!

「つけ麺 目黒屋」では、このスープと「濃厚スープ」が特に好き♪
後から開発された「鶏清湯」も「豚煮干」の「あっさり」系のスープもいいんだけど、昔からある2つの「こってり」系がよすぎてしまうので、どうしても、こちらばかりを注文してしまう。

そんなことを思いつつ、スープを飲み進めていると…
「これも、無加調にしたんですよ!」
目黒店主から、そう、声がかかった。

「えっ!」
これが無加調!
無化調で、この味が出せるのか!?
私が驚いていると…

それを察して…
「その分、だいぶ、材料費はかかりますけどね…」
苦笑しながら、そう語る目黒店主…

さらに…
「4年間かかりました…」
「正確に言うと、醤油の中に化調が少し含まれているので、完全というわけではありませんけど…」と断りを入れつつも…
「これで、すべてのスープが無化調になりました!」


前回、お知らせした「濃厚スープ」の無化調化に続いてのレギュラースープの無化調化!
「鶏清湯」に「豚煮干」のスープはスタートから無化調だったから、これで、「つけ麺 目黒屋」のスープすべてが無化調になった!


でも、実は、これは、大変難しいことで…
「あっさり」系スープでこれをやっている店は多くても、「こってり」系の濃厚なスープで実施している店は少ない…

さらに、無化調で、以前と変わらない、この味を出すのは至難の業だったと思う…
この話を聞いて、改めて、このスープの凄味を感じた。

麺を見ると、また、改良したような形跡が…

つけ麺 目黒屋【弐六】-6

食べてみると、これが明らかに…
以前に比べると、麺が若干、細くなって、コシが強くなっている。

「麺、また、いじりました?」
そう切り出して…

「少し、細くなったような…」
「同じ17蕃の刃物を使っているんでしょうけど…」
「でも、この麺なら、これだけコシが強いから、濃厚なこのスープに使っても、負けないですね!」
そんな感想を話すしたところ…

いたずらがバレタときの子供のような表情を浮かべながら…
「わかりました?」

「麺を切り出す前に、ギュッとシメてから出すようにしたんですよ!」
「切り歯はいっしょで、切る工程もいっしょですけどね。」

目黒さんによると、季節、天候、気温、湿度によって、麺は少しづつ、配合や作り方を変えているという。
麺は生物!
そして、これが、自家製麺のいいところだと…


麺のプロは、やはり違う!
さすが、『千葉拉麺大賞2009』の「美味しい自家製麺のお店部門」の『部門賞』を獲るだけのことはある!

そして、低温調理された、この紅色チャーシュー
一昨日、「菜」さんでいただいたものも、すごく美味しかったけど、これもすごい!

つけ麺 目黒屋【弐六】-7

低温調理されたチャーシューは、東京・東十条にある「燦燦斗」と「麺処 ほん田」が、かつては双璧だったけど…
今の私の中の双璧は、「菜」と、そして、こちら「つけ麺 目黒屋」!
これは、300円払っても、じゅうぶんに食べる価値がある!

最後は恒例の「ラーメンのスープ割り」でシメて、最後の一滴までスープを飲みきってフィニッシュ!
美味しかった!
皆さんも、この無化調になった一杯を、ぜひ!



住所:千葉県鎌ヶ谷市馬込沢3-22
電話:047-430-5005
営業時間:【昼の部】11:30~15:00 ※麺がなくなり次第閉店
【夜の部 水・木・金】18:30~21:00
定休日: 火曜
アクセス: 東武野田線馬込沢駅西口から北西へ徒歩2分


採点:★★★★★


メニュー:冷つけめん(280g)…750円/冷小つけめん(180g)…700円/温つけめん(280g)…800円/小温つけめん(180g)…750円
鶏清湯ラーメン 醤油(小)(180g)…650円/鶏清湯ラーメン 醤油(280g)…750円
鶏清湯ラーメン 塩(小)(180g)…650円/鶏清湯ラーメン 塩(280g)…750円/お子様ラーメン(100g)…500円/ラーメン(280g)…700円/小ラーメン(180g)…600円
各種大盛り…100円毎に140g増し
トッピングチャーシュー…300円

【夜の部メニュー】
濃厚 冷つけめん(280g)…750円/濃厚 冷小つけめん(180g)…700円/濃厚 温つけめん(280g)…800円/濃厚 小温つけめん(180g)…750円
濃厚 ラーメン(280g)…700円/濃厚 小ラーメン(180g)…600円
豚煮干ラーメン 醤油or塩…750円/豚煮干小ラーメン 醤油or塩…650円


好み度:ラーメン+トッピングチャーシューstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

つけ麺 目黒屋 ( 馬込沢 / つけ麺 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ



ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/969-36bf979d