2007.03.10 不如帰
訪問日:2007年3月10日(土)

不如帰-1

3月の12杯目は、「不如帰@幡ケ谷」の「そば(醤油)」!

鳴かずとも
 鳴かせてみせう
      不如帰


不如帰(ほととぎす)!
2006年1月11日11時11分11秒!
縁起を担いで1並びでオープンさせた店!


新進気鋭の若き店主がつくり出す、蛤(はまぐり)出汁のラーメンが話題を呼び、いくつかの雑誌にも取り上げられている!

私は、蛤出汁なら「塩そば」だろうと安直に考えていたんだけど、雑誌によれば「醤油そば」がいいと…

店の場所は、京王新線の幡ケ谷駅から甲州街道を初台方面に戻った六号通り商店街の路地裏にある。
ちょっとわかりにくい場所にあって、六号通り商店街の中にあった案内図を見ても店は記載されていなかった…

不如帰-2


目印は、甲州街道から商店街に入り、終点の東京水道通りが見えてくる手前、「一英」というラーメン屋と「フード 」という食料屋さんの間!

不如帰-3不如帰-4

この間の路地を入った左側にある!
商店街の終点の看板が見えてきたら、用心深く左側を見ていないと通り過ぎてしまう…

店に着いたのは13時5分!
土曜日だったのに、待つことなくすんなりと入店!
3席の空きがあった。

しかし、直後に3人組のお客さんが入店し、1人は空席待ち!
その後も、中年のご夫婦、若い女性客2人と続き、帰りは外にも順番待ちの列ができていたので…
ちょうどいいタイミングで入れたようだった。

シーズン限定の「牡蠣そば」もちょっと気になったけど…
当初の予定通り、券売機で「そば(醤油)」の食券を買うことに…

不如帰-6

シックなモノトーンのインテリア…
スポットライトの照明が照らし出す店内はモダンだけど、ちょっと薄暗い…

厨房には若いご夫婦2人!
野球帽を目深に被った店主とかわいらしい奥様♪

厨房の作業スペースから一番離れた、店を入って右端に2席あるカウンター席に座ったのと…
店内が暗いために…
あまりよくは見えなかったけど…

それでも何とか店主の丁重な調理作業を窺い見ることができた…

店主はまず、お湯らしきものが張られたステンレスのボールの中に醤油ダレの入ったラーメン丼入れて温め始めて…

麺を大きめのデポに放り込むと…
大きな寸胴から柄杓でスープを注ぎいれ、次に柄杓を替えて、小さい寸胴から同じようにスープを注ぎ入れた…

麺が茹で上がると、丁寧に、しかし、素早く湯切りを行い、ラーメン丼の中に…

具を盛り付け、四角い皿に載せて完成!

店主自ら、カウンターの上まで運んできてくれた。
まず、目につくのが、スタイリッシュなラーメン丼のデザインに、ブラック&ホワイトのコントラストが美しいレンゲ!

四角いラーメン丼を受ける皿も、さり気なく◇の形にして出された!

器も料理のうち!
目で見ても美しいラーメンだね♪

不如帰-7不如帰-8

スープをいただくと…
蛤!蛤!蛤!

もちろん、豚骨の動物系出汁の旨味も出ているし、さらに鰹の魚介系出汁の風味もある!
でも、何と言っても、このスープを支配しているのは蛤!

蛤の貝汁というのは、これだけ味が強いんだ!
そう実感した蛤醤油スープだった!

悪くない!
というか、私は好きだな!

すっきりしていて、キレがある醤油スープに、コクのある蛤の貝汁!
とても美味しくいただけた!
ただ、あまりに蛤が主張しすぎるので、貝が嫌いな人はダメだと思う…

麺は、「三河屋製麺」製の細麺ストレート!
白く美しい低加水の麺で、滑らかな舌触りがとてもいい!

スープをいっぱい持ってきて、この繊細なスープとの相性もバッチリ!
茹で加減も絶妙だし!
この麺は最高!

豚バラ肉のチャーシューは厚く切られ、肉の脂がジューシー!
豚バラ肉のチャーシューはこうあってほしいという見本のようなチャーシューだね!

メンマは、普通のメンマに穂先メンマの2種が入って、その食感の違いが楽しめる♪
味付けも、薄味に仕上げられてスープの邪魔をしていないのがいい!
揚げネギも、すっきり味のスープのアクセントになっていたし…

蛤の風味と旨味を存分に味わえるこの店だけのオンリーワンラーメン!
おすすめです!

不如帰-9不如帰-10

住所:東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12
電話:03-3373-4508
営業時間:11:30~15:00、18:00~21:30
定休日:金曜
アクセス:京王新線・幡ヶ谷駅北口から徒歩5分。
6号通り商店街を進み、「一英」を左折し路地の左側

メニュー:そば(醤油)…700円、味玉そば(醤油)…800円、焼きのり玉そば(醤油)…850円、煮豚そば(醤油)…900円
しおそば…700円、味玉塩そば…800円、煮豚塩そば…900円、南高梅塩そば…800円
つけそば(醤油)…750円、支那たけつけそば…850円、煮豚つけそば…950円、
塩つけそば…750円、支那たけ塩つけそば…850円、煮豚しおつけそば…950円
◆【秋・冬の限定】牡蠣そば(味噌)890円(土・日曜の昼10食・3月頃まで)


好み度:そば(醤油)star_s50.gif
接客・サービス:star_s30.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/965-1b95249e