FC2ブログ
訪問日:2010年2月2日(火)

麺屋 蕃茄【弐】-1

先月、1月22日にオープンした「麺屋 蕃茄(ばんか)」

今日が2度目の訪問になる。

前回は「濃厚つけ麺」をいただいて、大変、美味しかったので…
次回は「中華蕎麦」を食べたいと思っていた。

店のある大泉学園駅を下りて、駅近の店に向うと、店の外に1人待ち…
しかし、中には9人が待っていた…

時刻は、昼のピークを過ぎた12時30分過ぎの時間というのに…
早くも大盛況のようだ!

これだけ美味しい「つけ麺」を出すのだから、ある程度は流行るだろうとは思っていたけど、10人待ちとは…
思ってもみなかった…

「伝堂」で未食の看板メニューである「濃厚中華そば」を食べようか?
それとも、鈴木店主の抜けた「とらのこ」に行って、味を確かめてみようか?

一瞬、悩んだけど…
やはり、こちらで、「中華そば」を食べたい気持ちが強かった。

寒さに耐えて、外で待っていたところ…

ガラッー!
引戸が開けられて、女性スタッフの人が出てきて…
「寒いので、中へどうぞ♪」

お言葉に甘えて、店の中へ…
そして、券売機で、お目当ての「中華蕎麦」の食券を買っているうちに、バタバタと席が空いた。
しかし、あと2人というところで、再び満席…

麺屋 蕃茄【弐】-2

ここで、女性スタッフが食券を取りにきた。
「もうすぐ、席が空くと思いますので、もう少々、お待ちください…」

厨房は大忙し!
店主に2人の男性スタッフはフル稼働で作業している。

麺屋 蕃茄【弐】-3

おやっ?
今、目の前の女子高生軍団のお客さんに出された「つけ麺」の麺の上には…
蕃茄(トマト)が載ってるよ!

前回、私が、ここで「つけ麺」を食べたときには、トマトは、つけダレの中に入っていた。

最初は、麺の上に載せていたけど、変えたという…
そこで、元に戻した方がいいとアドバイスしたところ…
その場で承知してくれた…

そして、それが、今日、実践されていた!


後で、店主に確認したところ…
「お客さんにそう言われて、戻しました。」
「この方が、評判いいみたいです。」
笑顔で、そう語ってくれた。


ようやく席が空いて…
「お待たせして申し訳ありませんでした。」
席を片付け終わった女性スタッフから呼ばれて席へ…
席へ着いてからは、そう待つことなく、店主により1個作りされた「中華蕎麦」が出された。

麺屋 蕃茄【弐】-4麺屋 蕃茄【弐】-5

「中華蕎麦」には、トマトは載ってないんだね。

さっそく、スープから…
そう思って、スープをレンゲにとって、口に持ってくると…
何とも香ばしい煮干しのフレーバー!

鶏と煮干しの清湯スープ…
煮干しがいっぱいだ!
美味しい♪

「つけ麺」とは、また違ったアプローチをしてきた!

こちらの店主…

先週に来たときに伺ったところ…

何処のラーメン店でも働いた経験はない…
ラーメンフリークで、全国のラーメン店を食べ歩いて、独学で作り上げた味だと…
店主は、そう話していたけど…

それで、開業してまもなくだというのに、これだけのクオリティの高い、異なる2つのメニューが提供できるとは…
すごい!

麺は、切り歯24蕃の細麺ストレートの麺が使われていて…
やや、カタめに茹でられた麺は、メチャメチャ好みの食感!

そして、この麺が煮干し風味の旨みスープをいっぱい持ってきてくれて、とても美味しくいただくことができた!

この麺…
この味…
心なしか、池袋の「馳走麺 狸穴」で食べたものに近いような…
「中華蕎麦」というメニュー表記も同じだし…

そこで…
ストレートには聞かずに…
「この麺、美味しいですね!」
「どちらの製麺所の麺なんですか?」と尋ねたところ…

「京都の製麺所です。」という声が返ってきた。


偶然にしてはおかしい…
やはり、何が関係があるのではないだろうか?

今日は、この戦場のような店で奮闘する店主に、これ以上、質問するのは躊躇われたので…
また、次回に来たときか…
「馳走麺 狸穴」にまた行って聞いてみよう!

厚切りのバラチャーシューは肉のジューシーさが感じられる美味しいチャーシューでよかった。
メンマは、ごく普通だったけど…

帰り際、ラーメン丼をカウンターの上に上げて…
「ご馳走さま!」

「ありがとうございます。」
顔を上げて、こちらを向いた店主にすかさず…

「鶏の上品な風味と煮干しの芳醇な風味が、すごくよかった!」と告げると…
「丸鶏を使って追い煮干ししています。」
「結構な量の煮干しを使って、煮干しをきかせていますからね!」


「つけ麺同様、濃厚な豚骨魚介のラーメンが出てくると思ったのに、清湯の鶏煮干しのラーメンが出てくるなんて、思ってもいなかったで驚きました。」
「つけ麺以上に、美味しく感じました!」と言うと…

「いえ、いえ…」
と言葉では言いつつも…

「味をわかっついただけるので嬉しいですよ。」
そう行って笑顔になる店主!

どうも、まだ、謎のある店主だげど…
間違いないのは、ラーメン職人としての腕!

味も接客もいい店!
これは、しばらくは、待つのを覚悟で行かないといけないだろうな…


麺屋 蕃茄【弐】-6

住所:東京都練馬区東大泉5-41-22
電話:非公開
営業時間:11:00~15:30/17:00~22:00
定休日:月曜
アクセス:西武池袋線駅南口から徒歩2分




メニュー:濃厚つけ麺 …780円/つけ麺…880円/特製つけ麺…980円
※並盛240g、大盛360g、W盛480g同額

中華蕎麦(並盛)…680円/(大盛)…780円
まぜそば
(別名:油そば)(並盛)…480円/(大盛)…580円

好み度:中華蕎麦star_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/958-7c45981e