訪問日:2010年1月13日(水)

はないち【弐九】-1

今年、はじめての「はないち」!

今日で通算29回目の訪問になるこちらの店を訪ねたのは、年始の挨拶と限定麺情報を聞くのを兼ねて!


昨年、限定で出していた「燻香味噌」は、好評のうちに終了!
今年からは、「海老塩麺」が出ると聞いていたんだけど…

新年になって、メルマガは何通も届いたのに、この件についての連絡はない…
新年はじめの訪問は、この限定からとも思ったけど…

でも、連絡はなかったけど…
もしかして、もう、始めていたりして?

というのも、前回の「燻香味噌」の場合も、実は、メルマガが届く前からスタートしていたと、後から聞いたので…

そんな淡い期待を持って、最寄りの練馬駅から、商店街の中を突き進み、店の前までやってきたのは、開店時刻の11時を少し過ぎた時刻…

1番乗りで入店を果たすと…
今日は、厨房の中にはパパさんひとり。

新年の挨拶を交わして、さっそく、限定情報を聞いてみたところ…

「明後日からやります!」

残念ながら、今日はまだ、やっていなかった…
しかし、貴重な情報を入手することができた。

そこで、昨年の12月から始めている、500円のワンコインで食べられる平日昼20食限定の「創作麺」
「冬のとろみ塩麺」にすることにして…

はないち【弐九】-2

トッピングをどうしようか?
バパさんにおすすめを聞いてみたところ…

「ばらのりが合うと思います。」と言うので…

おすすめの、この「焼きばらのり」と、それと味玉を2つ割りにして載せてもらうことにした。

はないち【弐九】-3

あとは、麺をどうしようか?
こちら「はないち」では、細麺、太麺から麺を選択することができる。

「らーめん」には「細麺」!
「つけめん」には「太麺」が基本にあるけど…

北海道産小麦粉の「春よ恋」を使用して、パスタマシーンでつくるこちらの店の自家製麺は、とても小麦粉の香りがよくて…

特に、冷水でシメられた「細麺」からは、小麦のいい香りがするので…
「つけめん」で「細麺」を選択するのはありだと思うし…

事実、私のあとに入ってきた2人組のお客さんのうちの1人は、「つけめん」を「細麺」の「超盛り」で注文していたし…

少し悩んで、「太麺」を選択!

「細麺」の方が合うだろうとは思った。

しかし、前回が「細麺」だったのと…
通常の「しおらーめん」のスープと煮込んだ白菜をフライパンで合わせて炒める、この「冬のとろみ塩麺」のスープは、よりトロミのあるスープなので、「太麺」でも合うような気がしたので…

箱から「太麺」を取り出すと、きっちり計量して、調理台の上に置くパパさん…
キレイに麺を整えると、揉み始めた…

何でそんなことをしているのか?
聞いてみたところ…

「つけめんにはそのまま使いますけど、らーめんの場合は、こうして手揉みすると、美味しくなるんですよ。」

そうして、手揉みされた麺がテボに投入されたときに、入口の戸が開いて…
ママさん登場♪

そこで、新年の挨拶を交わして、さっそく、新作の限定麺情報について聞いてみた…

「アメリケーヌソース」「海老塩麺」

以前にも、限定でやったことがあるレシピらしいんだけど…
前のレシピがなくなってしまって…
また、一からレシピをつくり直したというこのメニューは…

塩ダレを牡蠣から、海老に替えたものだと思っていたら、そうではなく、もっと、手の込んだものだった。

まず、スープ自体が違う!
「はないち」のスープは、今も、厨房の中で、グツグツと煮込まれている「鶏白湯」のスープが基本!
そして、この鶏白湯スープと和風スープを合わせたものを使っている。

はないち【弐九】-9

しかし、今度の限定のスープには、和風スープは使われずに、あるものが入る!
あまり、ここでネタバラしても仕方ないので、あとは、店でのお楽しみということにさせてもらうけど…

そして、スープだけではなく、もちろん、海老から抽出した塩ダレを使うので、塩ダレ自体もぜんぜん違う…

そして、この塩ダレ…
つくりのが大変で、一度に、あまり多くつくることができないんだそう…
そのため、1日30~40食程度の用意になりそうだと話していた。


ママさんと話しているうちに、「冬のとろみ塩麺」が出来上がった!

トッピングの「焼きばらのり」はなぜか、別小鉢で提供された。

はないち【弐九】-4はないち【弐九】-5
はないち【弐九】-6

そこで、豪快にザバッと麺の上に載せてみた!
味玉と、この「ばらのり」を載せたことで、前回に比べると、だいぶ、見栄えはよくなった!

はないち【弐九】-7

でも、この2つのトッピングをしても、価格は700円!
トッピングしなかったら500円の…

この「冬のとろみ塩麺」は、生姜を効かせたスープに、たっぷりの白菜とふんわり卵でとじた体温まるラーメンだけど…
懐にもやさいしいラーメンでもある。

味もよかった♪
前回はママさんの作ったものを食べて…
今回はパパさんの作ったものをいただいたけど…

味は変わらないし…
美味しい♪

パパさん、完全にこの「創作麺」の作り方をマスターしたみたいだ!

具の鶏そぼろに白髪ネギも、この白菜の甘味がよく出ている生姜風味のスープと合っていたし…
味玉も、茹で加減が絶妙で、とても美味しくいただけた♪

はないち【弐九】-8

ただ、麺だけは、「太麺」も悪くはなかったけど…
「はないち」の「しおらーめん」系のスープには、やはり「細麺」が合う!

でも、とても満足のいく一杯だった!

「明後日、また来ます!」
限定の「海老塩麺」が提供される日に再訪することをお二人に約束して、店を出た。

PS 今年から、今まで定休日だった第2、第3水曜も営業するようになり、定休日は木曜のみになっておりました。

はないち【弐九】-10

はないち【参拾】-2

PS2 海老塩麺…871円
明後日、1月15日から発売予定!


はないち【弐九】-11はないち【弐九】-12

住所:東京都練馬区練馬2-2-18 ハイツ練馬1F
電話:050-3099-8896
営業時間:11:00~15:00、19:00~23:00
(日曜・祝日)11:00~15:00
定休日:木曜
アクセス:西武池袋線、都営地下鉄大江戸線・練馬駅北口から弁天通商店街を300mほど進んだ左側。徒歩5分


採点:★★★★★


メニュー:しおらーめん…650円
しおつけめん…650円
ちびっこせっと…300円


※各種 中盛…+50円/大盛…+100円/超盛…+200円

しおあえめん(レギュラー/肉味噌)…650円/野菜らーめん・つけめん…700円/辛野菜らーめん・つけめん…700円/梅しそらーめん・つけめん…750円/ねぎチャーシューめん・つけめん…800円/辛ねぎチャーシューめん・つけめん…800円/酸辣湯麺(サンラータンメン)・つけめん…800円/チャーシューめん・つけめん…900円
醤油らーめん・つけめん…650円

【500円創作麺】冬のとろみ塩麺…500円


好み度:【500円創作麺】冬のとろみ塩麺+あじたま+焼きばらのりstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/937-d6559e9c