訪問日:2009年11月30日(月)

三三七(さんさんなななな)【弐】-1

先週の木曜日!
11月26日に訪問して、早くも2回目のリピート訪問になる「三三喜の草書体」!

こちら、「三三喜の草書体(さんさんなななな)」は、11月20日オープン!
ドロドロの「つけ麺」が話題になった「玉(ぎょく)」のネクストブランドの店。

「玉」が豚骨魚介のスープなのに対して、こちら「三三喜の草書体は、鶏白湯魚介のスープを使う。

先週いただいた「つけ麺」の「一番搾り」に、連れのを味見させてもらった「煮番搾り」!
どちらも、好みの味で美味しくいただけた。

そして、スープ割りがまたよかったので…
この「一番搾り」と「煮番搾り」の中間の濃度だという「中華そば」の「とろりそば」が食べたくて、また、来てしまった。

「中華そば 若松」を訪れてから向かったので、今日はJR川崎駅からではなく、京浜急行を使って、京急鶴見駅から八丁畷駅へ移動。
八丁畷駅からのアクセスで店へ向かった。

こちらからの方が、ぜんぜん近いし、店の場所もわかりやすい。
駅改札を出たら、前に延びた道をただ、まっすぐ6分ほど歩くと、左角に店が見えてくる。

14時前に店に着くと、さすがこの時間だからか、3席空いていて、すんなりと着席できた。
しかし、直後に2席が埋まり、満席に!

まだ、オープンしたての店なのに、すでにリピート客を掴んでいるようで…
後から来たお客さん2人は、「特製とろりそば!」…
「煮番搾り、肉増し、白めし…」等とメニューも見ずに注文をしていた。

私の注文は、もちろん「とろりそば」!

三三七(さんさんなななな)【弐】-2

客席には、先日の女性スタッフが1人で、彼女に注文を入れる。
厨房には、先週は「玉」の店主を含む3人がいたのに、今日はスタッフ1人だけ…

三三七(さんさんなななな)【弐】-3

1人で回るのかなと思っていたら、どうやら、ちょっと外に出ていた「玉」の店主が厨房に復帰!
私の「とろりそば」と私の後に来たお客さんの注文した「特製とろりそば」から作り始めた。

タレを調合すると、麺箱から麺を取出しテボに投入していく店主!

すると、もうすぐに、すでに雪平鍋で温められていたスープをラーメン丼に注ぎ始める。
そして、麺を引き上げ、湯切りするとラーメン丼の中へ…

盛り付けを行い、最後に、何やら油のようなものを丼半分に「とろり」とかけて…

「お待ちどうさまでした!」
「とろりそば」が完成して、店主自らの手によって出された。

三三七(さんさんなななな)【弐】-4三三七(さんさんなななな)【弐】-5

スープから漂う香りは…

煮干し!
煮干しがすごく香る!

そこで、すかさず…
「最後にかけたのは、煮干しオイルですか!?」
店主に聞いてみたところ…

「はい!そうです。正確には、煮干し以外の魚介もブレンドした油ですけどね…」と教えてくれた。

スープをいただくと、やはり強烈な煮干しの風味!

「これは、煮干しそばですね!」
「確かに、鶏白湯の味も感じるけど、これは、鶏というよりも煮干しがスープを支配している!」
「先週、一番搾りと煮番搾りをいただいんですけど、また、違った味なんですね!」


そんな感想を話すと、すかさず店主からは…
「そうなんですよ!」

「ブログ見ていたら、みんな鶏、鶏って書いている…」
「あれっ?おかしいなって思ってたんです。」


「意図としたら、鶏のあっさりとこってり、それに煮干し…」
「この3つの違う味で、お客さまを飽きさせない意図だったんですけどね…」

「いや、皆、味が違うし、わかるお客さんはわかってくれますよ。」
「それに、3つの味の違いだけではないでしょう…」

「5つの味が楽しめる!」
「玉と合わせて!」


そう言うと…

目を細めて…
「そうですね。」
嬉しそうにそう呟いた。

いい人だ、この人は!

麺は、「博多とんこつらーめん」に使われる極細ストレートの麺が使われ、バリカタに茹でられていた…

「何でこの切り歯30番の麺を使ったんですか?」
店主に聞いてみたところ…

「いやぁ、いろいろ試して、一番これが合うと思ったんですよ…」と言うので…

「確かに、バリカタに茹でられたこの麺のパツーンと歯切れのいい食感がいいですね。」と話すと…

「でしょう!」
我が意を得たという感じという感じで頷いていた。

個人的には、22番くらいの中細ストレートの麺をカタメに茹でたものと、反対に少しやわらかめに茹でて、なめらかに仕上げた麺を、この鶏白湯煮干しのスープに合わせて試してみたい気はしたけど…

まあ、これはこれで美味しかったからよしとしよう!

トロトロに煮込まれたチャーシューは、何とも肉汁のジューシーさが感じられるもので絶品だったし!

何しろ、スープが美味しかったので、本日2軒目2杯目のラーメンにもかかわらず、スープは最後の一滴まで残さず完飲!

美味しかった!

これは、「玉」と同じくらい…
いや、以上にブレイクする予感!

美味しいラーメンを食べさせてくれる店がまた、この神奈川の川崎に出現した!


三三七(さんさんなななな)【弐】-6

住所:神奈川県川崎市川崎区小川町9-7
電話:044-246-0076
営業時間:11:00~16:00
定休日:日曜
アクセス:京浜急行電鉄、JR南武線・八丁畷駅出口1から徒歩6分




メニュー:つけ麺
一番搾り…750円/煮番搾り…800円
中華そば
とろりそば…750円/特製とろりそば…1000円
替玉…100円/大盛…100円


好み度:とろりそばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/885-f4c8e790