訪問日:2009年8月25(火)

ラーメン二郎 桜台駅前店-1

「二郎が食べたい!」

学生時代に三田の「ラーメン二郎」に通い詰めた慶応義塾大学出身の友人が東京に着いて、まず、口にした言葉がこれ!

さて、何処の「二郎」で食べようか!?
池袋まで来た友人と私が向かったのは、「ラーメン二郎 池袋東口店」

ではなく…

さらに、池袋駅から西武池袋線に乗る。
行き先は桜台!

最初は、ラーメンデータベースの上位にランキングされている「ラーメン二郎 ひばりヶ丘店」に行こうと思った…

しかし、6月29日から昼営業を開始しているこちらの店が頭に浮かんで…
「ラーメン二郎 桜台駅前店」で食べることにした。

駅を下りて、数秒て到着する店の前には、ぐるりとU字型になって開店を待つお客さんの姿が…
その数9名。

ラーメン二郎 桜台駅前店-2

只今の時刻は、11時55分!
12時開店の5分前…

しかし、この9名という数字は大変ラッキー!
というのも、こちらの店…
ロールスクリーンが下ろされた下から見える椅子の数を数えたところ…
全部で11脚あった。

そう、ギリギリ待たずに座れる!

しかし、この時間に来れて、本当によかった。
この後、開店までの間に行列は18名まで延びた。

さすが、「二郎」の中でも人気のある「ラーメン二郎 桜台駅前店」!

ロールスクリーンが上げられ…
定刻12時開店!

順番に券売機で食券を買って、右奥の席から順々に席に着いていく…

ラーメン二郎 桜台駅前店-3

私が買った食券は「小ラーメン」。
そして、友人も「小」…

「あれっ!?大豚(だいぶた)ダブルじゃないの?」

もう、何年前になるだろうか!?
小岩の「二郎」に、いっしよに行ったときに…
「大豚ダブル!野菜、ニンニク、あぶら、辛め!」と…
呪文を唱えるようにして注文していた友人にそう言うと…

「もう、無茶できない年齢だから…」とポツリ…

食券をカウンターの上に載せて…
「麺少なめで」と店員さんに告げる。

友人と談笑しながらラーメンができるのを待つ!

最初に、6名分のラーメンが作られた。
そして、先に、麺「カタメ」で注文したお客さんの分から出されて…
後は、座った順に出されていったんだけど…

驚いたのは、超大盛りの麺の上にこんもりと、高く積み上げられた野菜の山!

最初の3人に出されたのは、すべて「大」!
そして、すべて「野菜増し」!

まるで、これからフードバトルを始めるかのような…
そんな光景がそこにあった!

これは、とても食べきれる量じゃない!
見てるだけでもう、食べる前にお腹いっぱいになってしまう…

私たちのラーメンはセカンドロットで作られた。

できあがると…
店員さんが…
「ニンニク入れますか?」

例の「二郎」独特の言い回しで…
友人に好みを聞いてきた…

「野菜増し、ニンニク少なめで…」

あぶらの追加もなく、辛めにもしない…
ニンニクは入れてもも少なめと…
自重はしていたけど…
野菜増しにだけはするんだね。

そうして出された、友人の「小、野菜増し、ニンニク少なめ」!

ラーメン二郎 桜台駅前店-4ラーメン二郎 桜台駅前店-5

これでも、すごいボリュームだ!
たぶん、私は、この「小」でも、食べきれないと思う…

「麺少なめの方…ニンニク入れますか?」

そう言われて…
「いや、ニンニクなしで!」とだけ答えた私に出された…
「小、麺少なめ」!

ラーメン二郎 桜台駅前店-6ラーメン二郎 桜台駅前店-7

でも、これでもじゅうぶん、他店の「大盛り」だよ!

くるくるとラーメン丼を回しながら、山盛りの野菜の山を崩さずに器用にラーメンを食べていく友人!

私の量なら野菜をどかせば、容易に麺も食べられるけど…
この野菜の山では、普通に上から食べていったらなかなか麺に辿り着けない。

麺は「二郎」でお馴染みのオーションが使われた麺!
このゴワゴワとした麺を改めて噛み締めてみると…

やっぱり、これが「二郎」だ!
そして、スープも「二郎」!

「二郎」も氾濫して、さらに「二郎」インスパイアの店も数多くできている。

私は、「ポークヌードル内藤」「偽郎」という「二郎」インスパイアのラーメンを食べたことはある…
しかし、インスパイアの店には行ったことがないし…
「二郎」に来たのも久しぶりなので…
最近の「二郎」事情には疎い。

しかし、乳化した豚骨スープのこの味は間違いなく「二郎」!
往年の「ラーメン二郎 三田本店」で食べた味に近い。

美味いとか、不味いとか…そういう次元を超越した味!

癖になる…
いや、中毒になる味!

「やっぱ、二郎だよ!」
あの山盛りのラーメンの麺に野菜、そして分厚く切られたチャーシューをすべて胃袋に収めて、そう満足気に語る友人を見て…

やっぱ、こいつも「二郎中毒」にかかっているのがわかった。


そして、誰かがこう言っていたのを思い出した。
「二郎はラーメンにあらず、二郎という食物だ!」

まさに、その通りだと思う!
普通のラーメンをこれだけの量、出されても食べられないし、飽きてしまう。
それなのに、「二郎」は、飽きずに最後まで、この量を食べ切れてしまう。
これが「二郎」なんだよね!

しかし…
お腹を空かせている若い学生のお腹いっぱいになってもらいたい!
その思いから、安い材料を使って、超大盛りのラーメンを安い価格で食べさせることを始めた「ラーメン二郎」!

「三田本店」のおやじさんの思いは弟子たちに受け継がれ、こちらの店でも実践されていた。

味の決め手となる寸胴の中で湯気を上げている豚骨スープは、それなりにコストがかかっている!
分厚く切って出されるチャーシューもそう!

麺も、いくらオーションが小麦粉に比べて安いとはいっても、これだけの量を出していたら…
大量に盛られる野菜だって同じ。

「二郎」ラーメンは原価率の高い。
利益を犠牲にして、量を出してくれている。

金儲けのためにやるんじゃできないラーメン店。
それが「二郎」!

でも、みんなが、山盛りのラーメンをむさぼるようにして食べている中…
後から来た学生の一員の中の女の子と同じ…
「麺少なめ」のラーメンを食べてるようでは…

もう私には、「二郎」に来る資格は無いのかもしれない…
そんな風に思ってしまったよ…


住所:東京都練馬区桜台1-5-1
電話:非公開
営業時間:(月~金)12:00~15:00/18:00~22:30
(土曜)11:00~15:00
※売切れ次第終了
定休日:日曜(祝日は不定休)
アクセス:西武池袋線桜台駅北口を抜けて左すぐ。徒歩30秒


採点:★★★★


メニュー:小ラーメン…650円/小ラーメン豚入り…750円/小ラーメンW豚入り…850円
大ラーメン…750円/大ラーメン豚入り…850円/大ラーメンW豚入り…950円
生卵…50円


好み度:小ラーメンstar_s40.gif
接客・サービスstar_s35.gif

↓↓↓こちらを1日1回クリック願いますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/784-250b9309