2009.07.09 群青【七】
訪問日:2009年7月9日(木)

群青【七】-1

ある方からブログに情報をいただいた!

「群青」で…
裏メニューの「清(チン)つけ」が食べられると…

「清つけ」とは、「清湯(チンタン)スープの「つけそば」のこと。


「群青」のメニューは…
「中華そば」は…
「白湯(パイタン)スープ」と「清湯(チンタン)スープの2本立て!

しかし、「つけそば」は…
「白湯(パイタン)スープ」の1本のみ…

この裏メニュー!
気になる!

次回、大阪に行ったときには絶対!
食べるぞ!

そして、その機会が今日やって来た…

「天六」こと、「天神橋六丁目」駅近くの…
「レンガ通り」の中程にあるこちらの店に…
私がやってきたのは、夜の7時50分過ぎ…

昼間でも、女性一人で入るのは躊躇われる…
夜の商売の店が犇めくこの路地に足を踏み込んでいくと…

群青【七】-2


昼間は営業していない店の看板には灯が灯り…
みな静かに、ひっそりと営業していた…

その中で、暗がりの中、店の前に8人が列を作って待つという異様な光景…

これは、順番待ちをしてでも「群青」で食べたいお客さんたち…

昼間はどの店も営業していない…
この閑散とした一角に行列を作らせるこちらの店は…
夜も賑わっているようだ…
列の後ろにつくと…
私の後ろに、さらに、お客さんが並ぶ…
さらに並ぶ!

結局、入れ替わりはあったものの8時過ぎには最大16名が行列する始末!

ただ、この行列をみて…
諦めて帰っていったお客さんが何人もいたので…
ここが東京だったら、もっと大行列の店になっているかもしれない…

待っている途中で、店員さんから注文を聞かれる。

この店では、ほとんどのお客さんが「つけそば」を注文する!
この日も、前に並んでいた3人組のお客さんの注文も、すべて「つけそば」!

それも、2人が麺3玉450g、1人が2.5玉375gと…
男性客の場合、多くのお客さんが、麺3玉か2.5玉で注文をすることが多い!

これは、こちらの店の大将の「腹いっぱい食べてもらいたい!」という思いやりから…
麺は、1.5玉225gから3玉までは同料金で食べられるようにしているので…
どうしても、欲張りな注文が増える!

かくいう私も、2.5玉で注文してしまった…

2玉にしようと思っていたくせに…

店員さんから…
「3玉にします?」
と聞かれて…

「いや…」

しかし、周りにつられて…結局…

「2.5玉で!」
と答えてしまった…

そして、「清つけ」の注文に関しては…
大将に直接お願いして作ってもらうつもりが…
店員さんが、先に注文を取りにきてしまったので…

「清湯のつけそばをいただきたいんですけど…」
声を潜めて、恐る恐る切り出したところ…

「清つけですね!」
「はい!わかりました!」と…
あっさり、OKをもらってしまった!


しかし、こちらの店は、待っている人数の割りには、食べるまでに時間を要する。

結局、この日も、7時51分に並び始めて、「つけそば」が出てきたのは8時36分だから、食べるまでに45分を費やしたことになる。

原因は…
ほとんどのお客さんが「つけそば」を注文して…
2.5玉、3玉と…
多くの麺を注文するので…

まず、一度に多くの人数分の麺を茹でることができないこと…

それに、「つけそば」の麺は太麺なので、茹でるのにはどうしても時間がかかってしまうこと!

さらに、一度、茹でたものを冷水で洗いシメる時間が「中華そば」に比べ、余計にかかること。

こうして、作るのに…
そして、出てくるまでに時間がかかるだけではなく…
麺の量が多いので食べるのに時間がかかること…

そして、こちらの店に来るお客さんのほとんどが「スープ割り」を最後にオーダーするので…
「スープ割り」を作る時間と飲む時間がまた、さらにかかってしまうこと…

これは、他店に比べて待ち時間が長いのは仕方がない…

しかし、皆、こちらの店の味をわかっているので…
近くに、似たような「つけそば」を出す店があっても…
待たずに食べられても…

ここで待つ!
ひたすら待つ!

それだけ美味しい「つけそば」がここで食べられる証拠でもあるんだけどね!

待ちに待った「清つけ」とのご対面!
見た目は、通常の「つけそば」と大きくは変わらないように見える…

群青【七】-3

麺がいっしょだからかな!?
つけダレの色の違いはあるけどね…

しかし、この太麺は、来る度に替わっているけど…
どんどんよくなっている!

最初の頃は、圧を変えて、太い麺と細い麺をつくり、それを混ぜて出すことによって、食感の違いを楽しんでもらいたいという大将の趣向がみて取れた…

目指す麺は、以前に「Soup Noodle屋さん 昼のみ」時代にやっていた手打ちで手切りだった麺のイメージ…

忙しくなって、手のこんだことができなくなって…
だんだんと機械打ちの麺らしくなっていったけど…

しかし、凝った麺だったけど、私には、今の麺の方が、小麦粉の旨味があって、食感もいいように感じられて、好きだけどね。

この麺を、この「清つけ」のつけダレにつけて食べたところ…
これが、意外に違和感なくいただけた。

「清湯スープ」の「つけそば」のイメージからすると…
あっさりした鶏出汁のスープに中細麺というイメージを思い浮べる…

しかし、「群青」の「清湯スープ」は、「清湯」といっても、綺麗に澄んだスープではなく…
味も、豚の油と魚粉によってパンチを効かせたスープで…
決して、あっさりした味わいのスープではない!

だから、麺を変えずにそのまま、このもちもち感のある太麺が使える。

デフォルトでいくつも入った…
ゴロゴロとした角切りの炙りチャーシューは…
香ばしく、美味しくいただけたし!

やはり、デフォルトで付く味玉も、今日も黄身は、ゆるゆるだったけど、味はよかった…

この裏メニューを総括すれば…
満足のいく「つけそば」には違いないと思う。

ただ、まあ、それなりに…
レギュラーの「白湯」の「つけそば」と比べてしまえば落ちるな…
というのがわたしの感想。

「スープ割り」を出しながら大将から感想を聞かれて…

「美味しかった!」
「でも、つけそばは一本でいいような気がします…」
正直にそう話したところ…

大将も、あくまで、常連のお客さん用に出すメニューとして考えているようで…
今のところレギュラーメニューにする気はない
ようだった。

鶏のミンチを使ったこの鶏ガラ魚介の「清湯」も悪くはない…
ただ、豚骨魚介の「白湯」がよすぎるので…

私は、この店では、「つけそば」も「中華そば」も…
「白湯」を選んでしまうな…

PS 「群青」の定休日と営業時間が変わります!
詳しくは、下記画像をクリックすると大きくなりますので、確認してみてください。

休みは減りますが、夜の営業がなくなります。

また、改装で、下記期間休むそうですので…
ご注意の上、お出かけください。


群青【七】-4

住所:大阪府大阪市北区天神橋6-3-26 レンガ通り内
電話:非公開
営業時間:11:00~15:00(7月23日より)
休日:日曜・祝日(7月23日より)
アクセス:大阪市営地下鉄谷町線、堺筋線・天神橋筋六丁目駅8番出口から徒歩1分。レンガ通り内




メニュー:魚介系清湯醤油味 中華そば 普通(150g)…630円/大盛(225g)…680円
魚介系白湯醤油味 中華そば 普通(150g)…630円/大盛(225g)…680円

特製つけそば 1.5玉(225g)/2玉(300g)/2.5玉(375g)/3玉(450g)…720円
以降、麺1玉(150g)追加ごとに+150円

チャーシュー増量…200円/メンマ増量…100円/ネギ増量…100円


好み度:【裏メニュー】魚介系清湯醤油味 つけそばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

↓↓↓こちらを1日1回クリック願いますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/743-4ef09810