訪問日:2009年7月13日(月)

じゃんず【四】-1

本日が…
最終営業日となってしまった「じゃんず」!

本日をもって、「じゃんず」は閉店する…


最終日は、当然、混雑が予想されるので、行くつもりはなかった…
でも、今日を逃したら、もう食べられないかもしれない!

そんなことが頭をよぎったところ…
自然と足が店に向いていた…

開店前の11時29分にやってきたところ…
何と、すでに店は開店していて満席!
そして、16人が行列を作っていた…

じゃんず【四】-2

うわっ~最悪!
1人当り2分待つと考えると、最低30分以上は待つ計算になる…

しかし、そう思ったのも束の間…
これからがすごかった!

列の最後尾につくと…

後から後から、お客さんが押し寄せ…
4分後の11時33分には9人増えて、行列は25人にまでなった…

お客さんの入れ替りは進んで、列も前に進んだけど…
11時44分の時点で、私の後に並んだお客さんの数は、22人までに増えた!

さらに増殖を続けた行列は、私の入店した11時58分の時点で30人超!

店の前まで来て、この光景を目の当りにして退散した近くの会社員のグループの人たちもいる一方…

「えっ~何!この行列!」と声に出しながらも…
「でも、今日が最後だからね!」と言って列に加わった奥様2人もいた!

途中、諦めて去った人もいて…
私の後ろで待っていた男性2人組も…

「ここ、明日、明後日の火、水休みだけど、木曜にまた来ようぜ!」
1人が提案して…
列から離れようとしたので…

「木曜日は、もう営業していないですよ…」
「今日限りで閉店です…」
と教えてあげたところ…

「そうだったんですか…」
「いいこと聞きました!」
そう言って踏みとどまった…

すると、その後ろに並んでいた人からは…
「ずっと来ているけど、閉店なんて知らなかった…」
「店の中にも、そんな告知はなかったのに…」

女将さんに直接、確かめたので間違いないと告げると…

「今日はおかしいと思った。」
「混む店だけど、こんなに混むことはなかった…」

「そうなら、大盛りにしようかな!?」
「いや、最後だから、汁そばと、つけそばも食べようかな!?」

この方、カウンター席の私の隣の席に座って、本当に2杯注文して食べていたけど…

しかし、店の内外にも、今日の閉店についての告知は一切なく…
公にしないまま、静かに幕引きをするつもりのようで…

この日も、いつもと変わらぬ態度で、店の3人は、淡々と調理を行い、接客を行なっていた…

これでいいのか!?
でも、これでいいのかもしれない…


複雑な気持ちで最後の「じゃんず」でいただく「特製汁そば」を待った…

しかし…
最後の「じゃんず」で何を食べようか!?
最後まで迷った…

今日の東京は晴れて蒸し暑い…
だから、店でも「つけそば」を食べているお客さんを多く見かけた。

ただ、最後の「じゃんず」で…
「和風汁そば」を店名の前に掲げる店で…
最後に「つけそば」を食べる気にはなれなかったし…

気分は、梅の酸味がこの暑さを和らげてくれそうな…
未食の「梅塩汁そば」の気分だったんだけど…

最後に店に入る直前に…
入口の横にある「じゃんず」と書かれた立て看板に「醤(じゃん)」の文字を発見して…
気が変わった!

じゃんず【四】-3

醤油にこだわり、「醤’S(じゃんず)」と命名された店!
最後は、やっぱ醤油でしょう!

というわけで…
女将さんに注文を聞かれて…

「汁そば」を「特製」で…
麺は、「平細麺」で注文!
さらに、「とんがりごはん」もお願いした…

じゃんず【四】-4

それから6分後の12時4分…
11時29分の並び始めから数えると、35分後にに提供された…
「特製汁そば」に「とんがりごはん」!

じゃんず【四】-5じゃんず【四】-6
じゃんず【四】-7

久しぶりにいただく「汁そば」のスープ!
魚粉が大量投入された茶濁したスープをいただくと…
魚粉以外に、しっかりととられた魚介出汁の風味が口の中に広がる!

イリコ、鯖節、そして鰹節!

豚骨に地鶏の動物系出汁は、やや控えめに感じるかもしれないけど、このバランスがいい!

濃厚一辺倒の化調の味ばかりが目立つ「濃厚豚骨魚介」のスープとは一線を画す…
魚出汁の旨味で食べさせる「魚介豚骨」のスープは、やっぱ美味しいよ♪

「あっさり」でも「こってり」でもない…
この、私の中ではベストバランスのスープが食べられなくなってしまうのは、本当に残念で仕方ない…

今回、このスープに合わせた「平細麺」は、おそらく一番スープとの相性がよかったように思う。
以前にいただいた「ビール酵母」入りの「中太麺」は、ややスープとの絡みが悪いように感じたし…

前回、「特製梅塩つけそば」と合わせた「平打麺」は、あのピロピロとした食感は「塩つけそば」のつけダレとはベストマッチだった…

ただ、「汁そば」にはどうなんだろう…

食べていないので、何とも言えないけど…
醤油味の「汁そば」ならば合う気はする…
でも、やはり、「平細麺」が一番だよね!

美味しかった「じゃんず」最後の一杯!

豚バラの炙りチャーシューは今回もまあまあだったけど…
独特の味付けがなされたメンマは私は大好きだし、今回、改めて「汁そば」で食べて、美味しさの再認識をさせてもらった。

味玉は「特製つけそば」と違って半分だったのは寂しかったけど、白身まで味がよく染み込んだ味玉は絶品だったし…

それと、「とんがりごはん」!
テーブル席にいた2人連れのお客さんが…
「どこが尖っているんだ!?」
「刻み生姜じゃねえ…」等と会話していたけど…

この人たち…
インスピレーションがなさすぎ!

この、チャーシューの端っこと刻み生姜…
それに、少々の味玉がご飯の上に載せられたミニ丼!
「豚(とん)」と「生姜(がり)」だから「とんがり」と普通は思うけどね…

しかし、このミニ丼…
はじめて食べたけど…
美味しかったし!
これで180円という価格は格安!

この日も12時ちょっと過ぎには売り切れになったけど…
これは納得!

帰りに、会計しながら、女将さんに…
「今日は、また、すごい行列でしたね!」
「名残を惜しんで、皆、来てくれたのでしょうか!?」

そう振ったところ…
それには答えず、女将さんから…

「誰かがブログに書いたらしくて、それでここ1週間ほど忙しくなったのよ♪」
と切り返されて…

「私も書きました…」

和風汁そば じゃんず【四】
http://ramen151e.blog71.fc2.com/blog-entry-736.html


「ほんの少しは影響があったかもしれません…」
「ごめんなさい。」
そう答えたところ…

女将さんは、黙ったまま笑顔♪

女将さんに…
そして、厨房の店主夫婦に…
「また、近いうちにどこかでお会いしましょう!」
そう、声をかけて店を出た。

今日で閉店してしまう「じゃんず」…
正確にいえば、少なくても、今日で、現店舗での営業は終了するということだけど…

新天地での早い再開を願っている!

じゃんず【四】-8じゃんず【四】-9

住所:東京都練馬区豊玉北4-21-3
電話:03-3557-0141
営業時間:11:30~14:30/17:00~スープが無くなり次第終了(19:30~20:00が多い)
休日:火曜・水曜
アクセス:西武池袋線・練馬駅A2出口から徒歩7分

メニュー:汁そば…680円
塩梅汁そば…800円(地鶏出汁と焼魚ダレ・南高梅抜きは730円)
特製汁そば…850円
特製塩梅汁そば…970円(ちゃあしゅう、のり、味玉1/2個、しなちく増)

つけそば730円
塩梅つけそば…800円(地鶏出汁と焼魚ダレ・南高梅抜きは730円)
特製つけそば…900円
特製塩梅つけそば…970円(ちゃあしゅう、のり、味玉1個、しなちく増)
大盛…70円


好み度:特製汁そばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s40.gif

↓↓↓こちらを1日1回クリック願いますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/742-8b8b260f