訪問日:2009年6月29日(月)

東池袋大勝軒 八王子店【弐】-1

本日一軒目に、「煮干し鰮らーめん 圓」で、上質な煮干し風味のラーメンをいただいた私が、次に向かったのが、こちら「東池袋大勝軒 八王子店」!

こちらの店は、実は、失礼ながら、「煮干し鰮らーめん 圓」の「押さえ」で考えていた店…

というのも、「煮干し鰮らーめん 圓」は、不定休で電話番号非公開という…
遠くから訪ねるものにとっては辛いものがある店で…
営業していない場合を想定して、「押さえ」を作っておく必要があった…

しかし、幸い、店は営業していて、こちらの店に来る必要はなくなったはずなんだけど…

「煮干し鰮らーめん 圓」で、2種類のスープのラーメンを食べるつもりが、本日は1種類しか用意されていなかったため…
まだ、多少、お腹に余裕があったので…
こちらの店でも連食していく気になった。

以前に店のあった場所から移転した、こちら「東池袋大勝軒 八王子店」!

今日が2回目!
新たな場所に移ってからははじめての訪問になる。

しかし、前回の訪問は、2007年の3月だったから…
もう2年3ヵ月ぶりの訪問になるんだね…

前回は、およそ大勝軒らしくない「もりそば」をいただいた。

切り刃14番の…
縮れの大きい太麺が麺に使われた「もりそば」!

この麺は、自家製麺だったんだけど…
某製麺所のつくる麺にそっくり!

知らずに、最初に「もりそば」が出されたときには…
「まさか?」と自分の目を疑った…

東池袋大勝軒といえば、定番の切り刃17番の太麺ストレートの自家製麺が使われているという認識を持っていた。

ただし、一部の限られた店では、「東池袋大勝軒」の名を名乗りながら、自家製麺を怠り、この製麺所の麺を使う店があった…

なぜ、そんなことをするのか!?
閉口していたところに…
これが出されたので…

暗い気持ちになった…

すぐさま、店の人に確かめてみたところ…
製麺所の麺ではなく、自家製麺であるとわかって…
「ホッ」としたけど…

食べてみると…
このイミテーションの麺は、製麺所の麺の太さと縮れ具合を真似ただけで…

小麦の旨味が感じられる…
模倣した麺とは比べものにならない美味しい麺だったので、そこはよかったんだけど…

この、切り刃14番の太麺にした意味は何があったのだろうか!?

スープとの絡みは悪くなるし…
だいいち、麺が主張しすぎて、サラッとした「東池袋大勝軒」のつけダレには合わない…

そして、麺に縮れを付けたのが大いに疑問で…
これをすることによって、つけダレとの絡みがよくなると思ったのかもしれないけど…

「東池袋大勝軒」の麺のよさでもあり…
「もりそば」を食べるときの醍醐味でもある「のどごし」のよさを犠牲にしてしまった…

その当時は、この縮れの強い太麺は、夜営業のみの提供だったけど…
今はどうなっているんだろう!?

そんなことを考えながら、店の前までやってきて…
店に入っていくと…

まだ、11時30分を回ったところだというのに、すでに満席!
店の中のベンチで、お客さんが1人待ちの状態!
時間の割りには、ずいぶん盛況!

まずは、券売機で食券を買う。

事前にネットで、この期間限定の「カレーもり」があることは知っていて、気にはなっていたんだけど…

東池袋 大勝軒 八王子店【弐】-3

ここに、「太麺」の文字を発見!
ただし、「通常麺」とあるので、普通に出される麺は、あの麺ではないようだけどね…

東池袋 大勝軒 八王子店【弐】-4

しかし、これよりもっと気になったメニューがあった!
それは「塩もり」!

東池袋 大勝軒 八王子店【弐】-2

ちょっと前に、携帯の「超らーナビ」限定メニューで、「東池袋大勝軒」で「塩もりそば」をやったという情報は知っていたけど…

「東池袋大勝軒」系の店のレギュラーメニューに「塩もり」があるのを見たのははじめて。
「味噌もり」は、いくつかの店でみたことはあるけど…

「塩もり」にしたのは、もう一つ理由があって…
「小」があったこと!

券売機の注意書きによると、こちらの店の麺の量は多くて…
「中華そば」で350g。
「もりそば」で400g。

東池袋 大勝軒 八王子店【弐】-5

普通の店と比べて、倍の量がある!
「東池袋大勝軒」系の店の中でも、これだけの量をデフォルトで出す店は少ないんじゃないかな!?

連食のため、そう多くは食べられない…
だから「小」にしてもらったんだけど…

券売機の前にいた女性店員の方に「塩もり(小)」の量を聞いたところ…

「200gです♪」
「他の店の普通盛くらいの量ですよ!」という返事が返ってきたんだけど…

「小」にすると、普通盛価格の30円引きになるんだけど…
麺の量は半分の200gになってしまうのは…

今日の私には都合がいいけど…
普通に一杯食べるときには、普通にするか「小」にするか迷う…

彼女に食券を渡して、ベンチで待つ…

すぐに席は空いて…
一番店の奥のカウンター席に案内された。

そう待つ間もなく提供された「塩つけ(小)」!

東池袋 大勝軒 八王子店【弐】-6東池袋 大勝軒 八王子店【弐】-7

つけダレの器がやけに大きいね!
そういえば、前もそうだったね!

もやしにニラ!
野菜がたっぷり!
さっそく、麺からいただいてみる!

この「東池袋大勝軒」定番の…
切り刃17番の太麺ストレート!

この、表面が艶々した麺は、口に含むと、ふわぁっと小麦の風味が広がる!

前に食べた麺も、製麺所の麺との違いは、この小麦の風味のよさで、悪くはなかったけど…
食感とのどごしのよさからすると、断然、こっちだね!

それに、この麺は、間違いなく「東池袋大勝軒」系の店の中では、美味しい麺を食べさせてくれる店!
水切りがいいのも、伝統的に悪い「東池袋大勝軒」の店にあっては評価できるところ!

そして、塩つけダレ!
これは、端的に言えば、タンメンの「つけめん」バージョンと言えばわかりやすいかもしれない。

鶏ガラ、ゲンコツに煮干し、鯖節、鰹節…
スープは、レギュラーの「もりそば」に使われているものといっしょだね!

動物系、魚介系のバランスがとれているスープで美味しい!

ただ、やはり、この中太ストレートの麺では、この、さらっとしたつけダレとは絡みにくい…

もちろん、これは、14番の縮れ太麺でも同じこと!
さらに麺が主張する分、さらに相性は悪くなる…

平打ちの麺にすれば、よくなるのにね!
ただ、そうすると「東池袋大勝軒」の…
「らしさ」がなくなってしまうし…
難しい…

つけダレの中から、途中で顔を出した玉子はカタ茹での茹で玉子だったけど、玉子が半分付いているだけでもよしとしたい。

東池袋 大勝軒 八王子店【弐】-8

チャーシューは、「東池袋大勝軒」系の店としては珍しい…
鶏チャーシューが、それも大きなものが4つも入っていて…
驚いた!

味の方はパサパサで、鶏には味付けもなされていなかったけど、塩味のつけダレにつけていただくと、そこそこ美味しくいただけた。
ただ、大きいのが4枚も要らなかったかな…
申し訳ないけど、さすがに飽きてしまった…

メンマも、噛み切れない、繊維質の強いものでダメ!
ただ、もやしとニラは塩つけダレと合っていたしよかった!

最後に、スープ割りも奥様にお願いして作ってもらったけど…
やはり、これは、タンメンだね!

「もりそば」でいだくより、「汁そば」というか、「塩ラーメン」で食べるのが正解!

でも、面白い「もりそば」が食べられてよかった!

東池袋 大勝軒 八王子店【弐】-9

住所:東京都八王子市東町1-3
電話:042-626-5971
営業時間:(平日)11:00~14:30/17:00~20:30
(土・日・祝)11:00~19:00
定休日:木曜日、第1/3水曜日
アクセス:JR中央線他・八王子駅北口から徒歩5分




京王線・京王八王子駅から徒歩3分



メニュー:中華そば…680円/中華そば(小)…650円/チャーシューメン…960円/メンマラーメン…960円
特製もりそば…700円/特製もりそば(小)…670円/もりチャーシュー…980円/もりメンマ…980円
あつもり…700円/もりなま(生卵)…750円/ゆでもり(ゆで卵)…750円/もりのり…800円

中華そば塩…730円/中華そば塩(小)…700円
もりそば塩…750円/もりそば塩(小)…720円

中盛り(600g)…100円/大盛り(800g)…200円

期間限定…800円


好み度:もりそば塩(小)star_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

↓↓↓こちらを1日1回クリック願いますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/734-ab5539be