2009.06.16 麺屋 もとまる
訪問日:2009年6月16日(火)

麺屋 もとまる-1

今日は、日暮里にできた新店の「麺屋 もとまる」に来ている!

オープンは先週の6月11日!
店の場所は、昨年5月9日に開店したばかりというのに、早くも今年1月には閉店してしまった「中華そば かん田」の跡地。

ちょっと、駅からも離れていて、わかりにくい場所にあるので…
飲食店向きの場所といえるかどうか心配といえば心配だけど…

かつて、道に迷って、行くまでに時間がかかった店には、さすがに2度目だけあって、案外、簡単に辿り着くことができた。

店に着いたのは、開店5分前の11時25分。

外で開店を待っていたら、店員さんが気づいて出てきて、定刻3分前の11時27分にオープンになった!

まずは、券売機で食券を買う!
メニューは「つけ麺」に「らーめん」の2本立て!

外にあった、半熟玉子が美味しそうだった「味玉つけ麺」の写真をみて、これにするつもりだったけど…

麺屋 もとまる-2

「特製つけ麺」の文字を発見して…
店主に「特製」とは何かを確認したところ…

「味玉とチャーシューに海苔が増量されます!」

これを聞いて…
普通の「つけ麺」に100円増しで味玉が1個付くだけのの「味玉つけ麺」よりも、200円増しにしても割得感か感じられる「特製つけ麺」にすることに決定!

そして、麺の量は、200gの「普通盛」も、300gの「大盛り」も価格はいっしょだったので、「大盛り」にすることにした。

この券売機も「中華そば かん田」で使っていたものとたぶんいっしょ!

麺屋 もとまる-3

他も…
店は、ほぼ、「中華そば かん田」のまんま…
居抜きで借りたという感じで…
しかし、和モダンのエクステリアにインテリアは、お洒落で、和むし、いい感じだ!

店主のいる店の奥の方の席につき、直接、店主に食券を渡す。

「三河屋製麺」の麺を麺箱から取り出しテボに投入していく店主!

ただ、この店…
カウンターの壁が高くて、席に座ってしまうと、店主の上半身しかみえず…
調理作業はほとんど確認できなかった…

8分ほど待って、「特製つけ麺」が出される…

麺屋 もとまる-4麺屋 もとまる-5

あれっ…
味玉は、別の小鉢に入って提供されるんだね…
そこで、味玉の中身がわかるように、店主に半分に切ってもらった。

麺屋 もとまる-6

さっそく、麺だけをいただくと…
この麺は、先日、伺った「麺や 楓雅」のものに比べるとカタクて弾力がある…
同じ「三河屋製麺」製で、麺の太さも同じ14番の切り刃を使って切り出された太麺でも、ずいぶんと食感が違うんだね!…

麺の風味や旨味も先日のものに比べると、残念ながらちょっと落ちるかな…

でも、悪いわけではない!
これと同じようなタイプの麺は他の製麺所でも出しているけど、それと比べれば明らかに美味しい!

つけダレは、表の写真から、勝手に…
流行の「濃厚豚骨魚介」の路線だろうと思っていたけど…
違った!

意外にさっぱりしていて、つけダレにトロミがない。
しかし、しっかりと豚骨に鶏ガラの出汁が感じられて…
煮干し、鯖節、鰹節等の魚介出汁の旨味も出ていた!
最初、やや、塩っぱめに感じられた味付けも、食べ進めるうちに気にならなくなった。

具の味玉は、よく味の染みたもので、半熟の度合いもよくて美味しくいただけた!

チャーシューは、普通のチャーシューにチャーシューほぐしみたいなものが入っていたけど、ほぐしは余計だったかな…
チャーシューの味自体はまあまあ…
普通といったところ…

スープ割りをお願いしようとしたところ…
ふと、「替え玉」という文字が目に入ってきた。

麺屋 もとまる-7

「つけ麺」に「替え玉」?
どういうこと!?

店主に聞いてみると…
「スープ割りの中に細麺を入れて、ラーメン感覚で食べていただけます!」
「美味しいですよ!」とすすめてきた…

年末のテレビ東京が企画したラーメン特番で…
「CONCEPT」の翁店主が考案して、ラーメン王の石神さんにボロクソに言われた「Wコンセプト」
これのパクリか?


そう思ったところに…
「他の店で、やっていないことをやってみたかったんですよ!」と言われて…

そんな力作なら食べてみようと思った。

極細の切り刃30番の麺を取り出し茹でていく店主!
茹で時間は1分足らずといったところか…

茹であがった麺は、カウンターの上に上げた残ったつけダレをスープ割りして、その中に入れるのかと思ったら…
そうではなく、新たに用意された、つけダレの入った容器と同じ容器に入れられて出された。

麺屋 もとまる-8

容器には、スープのようなものが張られていて、麺を食べたところ…
どうも、出汁スープが張られただけのようで味がつけられていない。

店主に聞いたところ…
「すいません。説明不足でした…」と前置きした上で…
「ラーメンに使うスープした入っていないので、これをレンゲで入れてください。」

つまり、残ったたつけダレをレンゲにとって移して、味の調整をしながら食べてほしいと…

麺屋 もとまる-9

言われた通りの味の調整を行い、いただいた「スープ割り麺」は…
期待した以上のものだった。

麺とスープの相性は決していいとは言えなかったけど…
「つけ麺」のうどんを食べているような食感から、歯切れのよい博多麺の「バリカタ」の食感に切り替わったのは、食べていて楽しかった♪

スープ自体も美味しかったし、これは、「つけ麺」以上に「ラーメン」はいいかもしれない!

私が入店してからも、ポツポツとお客さんは入ってきて…
私が帰った11時50分過ぎには、ほぼ満員に近い状態になったし…

オープンしてまだ一週間も経っていない店としては上々の滑り出し!
今度の店は期待してもいいんじゃないかな…

PS 「中華そば かん田」は、元「西千葉大勝軒」だった神田店主の店で…
「大勝軒のれん会」にも加盟していたけど…
東池袋大勝軒のHP上にはまだ、名前は残っていたね…


麺屋 もとまる-10麺屋 もとまる-11

住所:東京都荒川区西日暮里2-13-11パークハイム星102
電話:03-6424-2419
営業時間:(月~金)11:30~14:00/17:30~21:00
(土・日・祝)11:00~スープ終了次第
定休日:無休
アクセス:JR線日暮里駅から徒歩5分
日暮里 舎人ライナー・日暮里駅から徒歩4分




メニュー:つけ麺(200g)…680円/味玉つけ麺(200g)…780円/特製つけ麺(200g)…880円/焼豚つけ麺(200g)…930円
大盛(300g )…無料
特盛(400g)…+100円

らぁめん…600円/味玉らぁめん…700円/特製らぁめん…800円/焼豚らぁめん…850円
替え玉…100円(極細麺で〆につけ麺のスープ割りでラーメンとしても)


好み度:特製つけ麺star_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

↓↓↓こちらを1回クリック願いますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/719-e52ddd73