2009.06.09 麺や 楓雅
訪問日:2009年6月9日(火)

麺や 楓雅-1

先週の6月3日!
東武東上線の上板橋駅近くにオープンした新店!

「イトーヨーガガドー」というしょうもないネーミングの店に訪問して以来の上板橋駅…

駅北口の階段を下りて、ロータリーを突っ切って、「ときわ通り」に出たら、右へ…

あとは、道路の左側に見える「イトーヨーカドー」の先というか…
並びといったほうがわかりやすいか…
そんな道路沿いのわかりやすい場所に店はあった。

開け放たれたドアから店の中が見えるけど…
中は暗くて、ちょっと入りにくい雰囲気だね…

白い椅子だけが浮かび上がって見えて…
お客さんの姿は見えない…ますます入りにくいよ…

もっとも、現在もうすぐ14時になろうとする時間だし…
それに、開店したばかりだから、仕方ないといえば、仕方ないんだろうけど…

しかし、店に入っていくと…
入口からは死角になった場所にテーブル席がひとつあって、そこにお客さんが2人いた!

入口脇のに設けられた券売機で食券を買うシステム。
「豚骨魚介つけ麺」の食券を買って、入口に一番近い席に座る…

麺や 楓雅-2

人の出入りの邪魔になりそうな席だったけど…
私がこの席を選んだ理由は2つあって…

一つは、店が暗いので、まだ、陽の射すこの席ならば、フラッシュを焚かずに写真撮影ができるんじゃないかと思ったことと…

もう一つは、ここに座っていれば、外からみて、お客さんが入っているように見えるから、少しでも、店の集客に役立つんじゃないかと考えたから…

厨房には、店主とバイトっぽい若いお姉ちゃんの2人!

食券を受け取ると、「三河屋製麺」の木箱の中から、麺を取り出す店主!
取り出された麺は、テボの中に投入されて、茹でられていった。

次に、チャーシューの肉塊を冷蔵庫から取り出し、切り出すと、さらに細かく包丁を入れて…
チャーシューの肉塊はラップをし直し…
細切れにされたチャーシューはバットに入れられラップされて、両方とも再び冷蔵庫に戻された。

そして、次に店主は、雪平鍋にまず、大・中・小とある3つの寸胴の内、唯一、火にかけられていなかった一番小さな寸胴からスープを注ぎ入れていく…

さらに、その中に、オイルと醤油ベースのタレを、それぞろ専用に用意されたレードルで入れていき…
最後に魚粉をスプーンに大さじ一杯入れて…

よ~く、かき回しながら火にかけていった!

タイマーを使わず、茹であげられた麺!

さっと冷水に麺をさらすと、すばやくシメて器に盛る…
ちょうどそのタイミングで沸騰寸前のつけダレも仕上がった!

この店主はプロだね!

「お待ちどうさまでした!」
店主が…
何事もないかのように、目の前のカウンターの上まで素手で持ってきたつけダレ…

バイトのお姉ちゃんから…
「熱いので、お気をつけくださいね♪」と言われて…
恐る恐る触ったところ、メッチャ熱い!
知らずに触ったら、火傷する!
それくらいの熱さ!

私は、カウンターに置かれたダスターを使ってカウンターの上から下ろしたくらいだから…
くれぐれもご注意を!

麺や 楓雅-3麺や 楓雅-4

麺だけをいただくと…
「三河屋製麺」の…
この、「つけめん」用に開発された切り刃14番のストレートの太麺は、よ~く考えられて作られている。

言うならば、製麺所が造った自家製麺といった感じで…
まず、こうして、麺だけを食べてみれば、小麦の風味が感じられる!
多加水の麺は、モッチモッチした食感がとてもいいし…
適度な歯応えがあるのもいい!

添加物や合成着色料、合成保存料まみれの他の製麺所の麺とは違って安全だしね!

しかし、よかったのは麺だけじゃない!
つけダレは、今となっては、ありふれてしまった「濃厚豚骨魚介」の味だけど…
こちらの店がすごいのは、この味を無化調で出していること。

大きな寸胴は蓋がされて、強火で炊かれていたけど、こちらが動物系スープで…
中くらいの寸胴の方は魚介系スープと思うけど…

豚骨に鶏ガラ、モミジでとった動物系と、昆布、煮干し、鯖節、鰹節の魚介系スープとのブレンドがいいのか!?
とても、バランスがとれていた。

魚粉も、ただ浮かせるのではなく、スープに入れてかき混ぜているので、粉っぽくないのがいいし…

ほのかなニンニクと生姜の風味が漂い、美味しくいただくことができた!

メンマは普通だったけど、チャーシューは美味しかった!

あと、麺に付いてきたレモン!
これは、大阪の「大鶴製麺処」や千葉の新松戸の「麺道 GENTEN」と同じアイデアだったけど…

店主が言うとおりに、後半になって、麺の上に少し搾りかけて食べたところ…
さっぱりとして、とても美味しくいただくことができた!

最後に作ってもらった「スープ割り」は、つけダレに使うスープを雪平鍋で温めて作られたもの!
刻みネギまで追加してくれて、味もとてもよかった。

麺や 楓雅-5

この味ならきっと、「らーめん」も美味しいはず!

麺の量は1玉240g。
200gだと少ない…
でも、300gだと、ちょっと多いと感じる人には、ちょうどいい量!
スープ割りを飲み干したら、お腹いっぱいになった。
ちょっと少ないなと感じたら、半玉増しの「大盛り」360gにもできるし…
麺2玉の「特盛り」480gにもできる。
それぞれ、100円、200円増しになってしまうのがネックだけどね…

ちなみに、「らーめん」は麺150gで…
同じ「三河屋製麺」の「つけめん」とは違う中太麺を使っているそう…

機会があったら、今度はこの「豚骨魚介らーめん」を食べてみよう!

麺や 楓雅-6麺や 楓雅-7

住所:東京都板橋区常盤台4-21-4
電話:03-6915-7654
営業時間:11:00~
定休日:未定
アクセス:東武東上線・上板橋駅南口から徒歩5分




メニュー:豚骨魚介らーめん…700円/特製豚骨魚介らーめん…900円/味玉豚骨魚介らーめん800…円
豚骨魚介つけめん…750円/特製豚骨魚介つけめん…950円/味玉豚骨魚介つけめん…850円
大盛…100円/特盛…200円
ちゃーしゅう丼…300円


好み度:豚骨魚介つけめんstar_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

↓↓↓こちらを1回クリック願いますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/713-1a673964