訪問日:2009年6月1日(月)

鶴麺(つるめん)【五】-1

今宵、最初に私が向かったのは、「中華そば ○丈」!

地下鉄・中央線の大阪港駅で下車!
「天保山マーケットプレイス」内の「なにわ食いしんぼ横丁」にある店の前に到着したのは夜の8時ちょうど!

しかし、すでに閉店していた…

鶴麺(つるめん)【五】-2鶴麺(つるめん)【五】-3

丈六店主は不在…
店員さんが気づいて出てきた…

聞くと…
「(夜の)7時半ラストオーダーなんですよ…」
「もう、今日は完全に火を落としちゃって…」

8時か8時半じゃなかったっけ!
ラストオーダー…

「わざわざ、東京から来ていただいたのに申し訳ありません。」

「これ、持っていってください。」
そう言いながら、鯖の「早寿司」を差し出す店員さん…

丁重にお断わりして、店を後にしたけど…
残念…

秋刀魚節を使った醤油ラーメンがあるという「超らーナビ」情報を得ていたので、食べてみたかったし…
その前に「ハートランドビール」に、あの絶品のチャーシューのアテをいただきたかったんだけど…

大阪港駅に戻って、地下鉄中央線で森ノ宮まで…
森ノ宮からは今福鶴見緑地線に乗り換えて今福鶴見駅へ!

そうして、私が、また時間をかけてやってきたのは、「鶴麺」!

私が時間をかけてまで、ここに来たのには理由がある。
それは、ラーメンが美味しいのはもちろんだけど、ここは、酒もアテも充実した「麺酒場」だから!

ちょうど、私の前に2人が入店して、私が入ると、店内はほぼ満席になった。

流行ってるね!

まずはビール!
そして、アテに何を頼もうかとメニューをみてみると…

あれっ???
アテが2つしか書かれていないよ…
餃子すらなくなっている…
まあ、チャーシューの盛り合せでももらえばいいか!
そう思って、新しい、はじめて私がみた店員さんに聞いてみたところ…

「アテはメニューにある2種類だけです…」

鶴麺(つるめん)【五】-4

えっ…
絶句していると…

以前、写真撮影にも応じてくれたロバート店員さんが替わって…
「社長からラーメンのスキルを上げろ!」と言われて…
ラーメン以外のメニューはほとんどやめてしまったのだという…


あらら…
何種類かのアテをいただいた後…
シメに醤油味の「かけそば」と思っていたんだけど…
目算が狂った…

鶴麺(つるめん)【五】-5

まあ、そうなら仕方がない。
それで、より、美味しいラーメンをいただけるようになるなら、それはそれでいい!

「かけそば」もなくなっているし…
限定の「汁なし坦々麺」はあまり食べたくないし…

鶴麺(つるめん)【五】-6

すると、壁に掛けられた黒板に「黒つけそば」の文字を見つけた。

鶴麺(つるめん)【五】-7

ロバート店員さんによると…
普通の「つけそば」とは、使う醤油ダレが違うという。
それに、京都祇園「原了郭」の「黒七味」が付くという…

よく違いがわかりにくいメニューだけど、まあ、いいか…
というわけで、このメニューをいただくことにした。

ビールを片手にやっているところに、ロバート店員さんの手でよく水切りされた「黒つけめん」が出された。

鶴麺(つるめん)【五】-9鶴麺(つるめん)【五】-10

麺の盛り付けがキレイ!
これだけをみるだけでも、美味しそうに感じる。

さっそくいただくと…
よくシメられた麺は、冷たくて、ツルツルとした食感がとてもいい!

「つけそば」は、やっぱ、シメが命!
これを怠ると台無しになってしまう。

そういう意味では、ロバート店員さんの麺茹でと水切り、盛り付けの技術は超一流といえる!

麺も、前に食べた京都の製麺所「麺屋 棣鄂(テイガク)」の麺と変わらないと思うけど…
今日の麺は、小麦粉の風味も感じられてよかった!

つけダレの味付けは、程よい甘味と酸味でよかった!

ただ、普通の「つけそば」のつけダレに比べると、色も濃く、香りも芳醇な気はしたけど…
あまり大きな差は感じられなかった…

朝、捌いたばかりの和歌山地鶏の新鮮な鶏ガラに…
千葉・九十九里産の煮干しや長崎産アゴ干し、鹿児島・枕崎産の鰹節等の厳選素材から抽出した旨味たっぷりの出汁スープは今日も美味しかった!

チャーシューもまずまず!
クコの実も彩りがよくていい…

後半に投入した「黒七味」の辛みと香りもよかったけど…

鶴麺(つるめん)【五】-11

これで、900円なら…
普通の「つけそば」でよかったかな…

最後に「スープ割り」をお願いしながら、手の空いたロバート店員さんと話しをした。

自家製麺に切り替えた近くにある「カドヤ食堂」!

その際に、製麺の指導にあたった「ちゃぶ屋」の森住さん以下…
「ラァメン家 69'N ROLL ONE」の嶋崎さん
佐野JAPANの紅一点!
「胡心房」の野津さん

佐野JAPANのそうそうたるメンバーが仕事を終えて、夜、ここ「鶴麺」に来店したそうだ。

佐野実さんは来店されなかったそうだけど、それでも、このメンバーはすごい!

このときは、夜はいつもは店にいない社長が応対したようだけど…
今度は、昼間に来て、社長にそのときの模様を伺ってみたい!

そのお礼というわけではないだろうけど…
「昨日、東京ラーメンショーに社長と行ってきました!」
ロバート店員さんが話す。

しかし…
「佐野JAPANのブースに行ったら、あの雨の中だというのに、ものすごい大行列で、3時間待ちだと言われた…」

それで、社長からは…
「そんなに待つなら支那そばやに行こう!」と言われて…
結局、会場の駒沢公園から「支那そばや」のある戸塚まで移動したというのだけど…


日帰りで東京まで行って…
さらに、雨の中を遠い戸塚まで移動するなんて…
本当にどうもお疲れさまでした。

鶴麺(つるめん)【五】-12

住所:大阪府大阪市鶴見区鶴見5-1-9
電話:06-6939-2126
営業時間:11:30~15:00/18:00~翌1:30
休日:水曜
アクセス:大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線今福鶴見駅3番出口から北へ。徒歩8分




メニュー:中華そば…700円/塩そば…780円/つけそば…800円/塩つけそば…880円/どてそば…950円
塩つけそば…880円
【期間限定】黒つけそば…900円/【夏の限定冷やし麺】冷やしなすの坦々麺(汁なし坦々麺)…880円


好み度:【期間限定】黒つけそばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

↓↓↓こちらを1回クリック願いますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/708-d82435ac