2009.06.01 群青【六】
訪問日:2009年6月1日(月)

群青【六】-1

本日、私がいるのは「日本橋」!

「にほんばし」ではなく…
「にっぽんばし」!

つまり、東京の「日本橋(にほんばし)」ではなく、大阪の「日本橋(にっぽんばし)」にいる!


この大阪ミナミの電脳タウン「日本橋」で一仕事を終えて…
私が次に向かったのは、大阪キタにある「天六」こと「天神橋筋六丁目」!

目指すは、今回で6回目の訪問になる「群青」!

当初は、時間がなかったので…
「日本橋」にある「黒門屋らーめん 総本店」で…
2つの異なる麺の食感の違いを楽しめるという「とんこつカレーつけ麺」を食べるつもりでいた…

こちらは、今月、東京・高田馬場に出店するというので…
その前に味を確かめてみる狙いもあった。

しかし、思いがけず時間ができた!
そこで、まず、「群青」に行って…
まだ、時間があるようなら…
「神山町」にできた四国・高知にある「つけ麺」店の大阪進出店に行ってみようと思った!

「日本橋」から「天六」までは、地下鉄で1本で行ける!
ホームで待っていると…
次の電車は「高槻市」行き…

この地下鉄・堺筋線は、阪急線に接続して、「高槻市」駅まで直通で行ける!
そこで、少し悩んで、駅員の方に「高槻市」駅までの所用時間を聞いてみた!

というのも、「高槻市」駅近くには、新たに、「高槻本店」として、駅近くに「彩色ラーメン きんせい」がオープンした!
時間が許すなら、ぜひ、伺ってみたかった!

しかし、駅員さんの答えは…
「45分ですね!」

ちょっと、これでは、並んで食べたらアウトだ…

「彩色きんせい」への訪問は断念して「天六」へ…
そして「レンガ通り」の中ほどにある「群青」の前までやってきた…

今日の並びは3人!
これは少ない!
いいタイミングに来たみたいだ。

群青【六】-2

私が並んだ直後に、後ろに人が並んだ!
そして、そのお客さんは…「売り切れですか!?」
そう、私に聞いてきたので…

「いや、そんなことはないと思いますけど…」と関東弁で答えたところ…

「ここは、すごい人気店で、昼も夜も、早い時間に売り切れて、閉店になってしまうんですわ!」と関西弁で教えてくれた…

すかさず携帯で…
「群青な…今、4人しか、並んでへんで!」
仲間に連絡をする…

すると、すぐにバタバタと2人が駆け付けてきた…

相変わらずの人気のようで何よりだけど…

途中で、店員さんが出てきて注文を聞かれて…
「魚介系清湯醤油味中華そば」の「普通盛り」をお願いする。

群青【六】-3

1人出てくる度に、1人が入る…
これを繰り返し、私が入る順番になった。

店の中に入って、大将と目が合って挨拶!

大将は、大量の麺を茹で、分厚いチャーシューを炙り、「つけそば」を作っている。

「つけそば」が次々に出されると、次に、1個づくりされた私の「魚介系清湯醤油味中華そば」の「普通盛り」が出された。

群青【六】-4群青【六】-5

香ばしい香りがする。
炙りチャーシューの匂いだけではなく、鰹節も香る。
スープの表面を覆う油からの香り…

大将に…
「鶏油(チーユ)使っているんですか?」と聞いたところ…

「いいえ、豚の油です。」
どうやら、豚骨スープを炊きだして出る油を利用しているようだ。

その油で、魚粉が熱っせられて、この香ばしい香りになっていた。
でも、とてもいい香り!

スープに息を吹き掛け、冷ましてから口の中へ…

思ったよりは、豚が強めに感じられる…

以前に、大将からからは、動物系は、鶏ガラ、モミジと鶏肉のミンチを使った清湯スープだと話を聞いていたので…
もっと、「あっさり」したスープのイメージがあった!

実際、大将が、この「群青」を始める前に、堺筋本町の居酒屋「司」をランチタイム限定で借りて営業していた「Soup&Noodle屋さん 昼のみ」時代に食べたものは…
動物系は、ほぼ鶏だけの「鶏ガラ魚介」のスープで、間違いなく「鶏油」を使ったラーメンだった。

そこで、再び、大将に質問!
「昼のみ時代とは、ずいぶんスープ変わりましたね!」
「以前は、鶏出汁のスープで、鶏油を使っていませんでした?」

大将によると、スープは鶏8の割合。
鶏油は、こっちでも使っていたけど変えたそうだ…

従って、味も、最初の頃とはずいぶん変わってきているという…

私は、「群青」になってからは、はじめて、この清湯スープの「中華そば」をいただいたので、過程はわからないけど…
「Soup&Noodle屋さん 昼のみ」のときに比べれば、美味しく進化しているのは間違いない!

そして、麺が驚くべき進化!
前のバツっとしたカタイ食感の麺から、しっとりとして味わい深い麺に変わっていた!

大将にチューニング変えましたねと指摘すると…

「そうなんですよ!小麦の配合と麺の圧延を変えて、やっと、この麺がつくれるようになりました!」
嬉しそうに笑顔で答えてくれた。

「そういえば…」
大将が話を切り出してきた…

「麺道家と名刺に刷られた方がみえて…」
「後で見て、同業者の方と知りました…」

そういえば、4月に「限10(TEN)」を食べに行ったときに「群青」に行ったと話していたっけ!

大将に話を切り出されて、思い出した。

そこで…
「麺道 GENTEN」という千葉県の新松戸にある店のこと…
「麺フェチ」な「麺道家」の森山店主のこと…
奥さんが美しい方であること等を伝えたところ…

「そうとは知らず、大変、失礼しました。」
「今度、東京に行くときは、新松戸のお店に寄らせてもらいます。」

そう、言われているので…
森山さん、奥様…
よろしくお願いしますね。


話が反れてしまったけど…
こちらの店の「中華そば」は、「つけそば」同様に美味しいだけではなくて、コストパフォーマンスにも優れている。

630円という、今では、それだけでも安いラーメンに…
分厚くて大きなチャーシューを入れる…
さらには、普通、トッピングで最低100円を別徴収される味玉が1個分無料で最初から付いている…

これは、食べる側にとっては、とても嬉しいし…
大将の心意気を感じる!

大将!
今日もご馳走さま!

会計を済ませ、ドアを開けて出ていくと、まだ、7~8人のお客さんが列を作って待っている…

東京では当り前でも、大阪では…
特に、ラーメン店では珍しい光景!

これだけの美味しいラーメンを、これだけリーズナブルに提供するのだから、行列ができるのも当然といえば当然なんだろうけど…

住所:大阪府大阪市北区天神橋6-3-26 レンガ通り内
電話:非公開
営業時間:11:30~14:00/18:00~20:30
休日:水曜・土曜・日曜・祝日
アクセス:大阪市営地下鉄谷町線、堺筋線・天神橋筋六丁目駅8番出口から徒歩1分。レンガ通り内

メニュー:魚介系清湯醤油味 中華そば 普通(150g)…630円/大盛(225g)…680円
魚介系白湯醤油味 中華そば 普通(150g)…630円/大盛(225g)…680円

特製つけそば 1.5玉(225g)/2玉(300g)/2.5玉(375g)/3玉(450g)…720円
以降、麺1玉(150g)追加ごとに+150円

チャーシュー増量…200円/メンマ増量…100円/ネギ増量…100円


好み度:魚介系清湯醤油味 中華そばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

↓↓↓こちらを1回クリック願いますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/706-8c438cf5