訪問日:2009年5月24日(日)

市場らーめん やっちゃばさのや-1

文字通り、「やっちゃば」こと、市場の中にあるラーメン店!

店があるのは、千葉県松戸市にある「松戸公設地方卸売市場 北部市場」

この市場内の同じ場所にあって閉店した「13湯麺 BLACK」の店舗を…
船橋にある「麺工房 さのや」の社長がたまたま見つけて…
居抜で借りる形で5月14日にオープンさせた!

プレオープンの5月12日、13日には、半額でラーメンが提供され…
早くも「千葉拉麺通信」「ラーメンデータベース(RDB)」に実食レポートが掲載されていた。

市場らーめん やっちゃばさのや-4

RDBのレポートによると…
「鴨を出汁に使ったラーメン」!
「店のおすすめは、つけめん!」等とあって…
その、鴨出汁しの「つけめん」を食べたくなった!

雨が降ったり、止んだりの不安定な天候の中、「松戸公設地方卸売市場 北部市場」内にある店までやってきた。

市場らーめん やっちゃばさのや-2

本日は、日曜日のため、市場は休業している。
しかし、店は、2つの入口があって、場内だけではなく、道路に面した場外の入口からもダイレクトに入店することができる。

場外の入口から暖簾を潜って入店すると…
「いらっしゃいませ!」

まず、元気な挨拶に迎えられた。

カウンターを隔てた厨房の中には、ミドルエイジの男性店員の方が2人!
お客さんは、1人という状況…

反対側の場内の入口付近にある券売機で食券を買い求めるよう言われて…
迷いなく、お目当ての「つけめん」の券を購入!

市場らーめん やっちゃばさのや-5

券売機の写真を撮って席につくと…
すかさず…
「お客さん、ブログやってるんですか!?」と2人の店員さんのうちのメタボ体型の方から声がかかった!

そこで、「つけめん」ができるまで…
こちらにお邪魔した経緯等を話題にしながら、この店長格のメタボ店長さんと話しをさせてもらった。

「ラーメン」を食べた人が、実は店のおすすめが「つけめん」と聞いて、それならと連食した人がいて…
それがRDBに載っていたことが、こちらに来るきっかけであったこと等を話すと…

「ああ、あの人だ!」と頷き…
「まだ、お腹に余裕があるからと言っていた人だ!」と喜ぶメタボ店長!

結構おしゃべりな店長さんで、いろいろなことを教えてくれた!

まずは、店名の由来から…
「さのや」は佐野社長の名前から命名されたもので…
「麺工房 さのや 松戸店」でもいいし、「2号店」でもよかったんだけど、市場内の店ということもあって、「やっちゃば」と付けたこと…

スープは、近隣のお年寄りや、朝早い市場のお客さんを考慮して、船橋の店とは違う、さっぱりとしたスープに仕上げていること…

「つけめん」は完成に3年を費やした力作で、魚介や豚骨をいっさい使わないで仕上げた他店にはないテイストであること…

ただ、スープに関して、肝心なところになると「企業秘密」と口が堅いんだよね…

「つけめん」ができあがると…

市場らーめん やっちゃばさのや-6

「嬉しいから、味玉サービスしちゃうよ!」
そう言って、デフォルトで半分入る味玉にプラスして、半割りされた味玉1個を追加してくれた店長!
なので、半割りの味玉がつけダレの中に3個も入ることに…

つけダレの中から引き出してみると…
オレンジ色した黄身が美味しそう!

市場らーめん やっちゃばさのや-7

まずは、いつものように、麺だけをいただく…

麺は、まあ、どこにでもある普通の…
中細縮れの中華麺だね…
あまり、小麦粉の風味も感じられない…

この、いわゆる「ざる中華」的な麺をつけダレにつけて食べてみると…

背脂の浮く、つけダレは、書き込みにあった通り、確かに、やや、塩っぱめ…
でも、そんなに気になるほどでもなかった。

ただ、鴨が何処にいるのか!?
豚骨を使っていないというけど、鶏と豚骨で出汁をとったスープに軽く背脂を浮かべたように思えたので…
店長さんにぶつけてみた!

すると…
「つけめん」には鴨は、出汁には使っていないという…
醤油ベースのつけダレで、その醤油ダレには、鴨の風味を移しているとは言っていたけど…

それに…
豚骨を使っているように思えるけど、実際には使っていないと繰り返す…
ただ、それ以上は企業秘密だそうで…
話してはもらえなかった。

具の味玉は、オレンジ色した黄身が甘くて、このやや塩っぱめのつけダレに浸して食べるといい塩梅でいただけた!

チャーシューは、まあ、味は普通だけど、ちゃんとしたバラロールのチャーシューが2枚入るのがいい!

「スープ割りしますよ!」と言われて、作ってもらった「スープ割り」!

これで、鴨が顔を出すかと期待したんだけど…
塩っぱさは消えたものの、鶏出汁スープのちょっとボケた味だった…

「つけめん」も鴨出汁だと思ったので…
今度は、醤油味の「ラーメン」にしますと言って、席を立とうとすると…

「ちょっと待って!」
店長さんから声がかかり…
「これ、飲んでみてください!」と…
お椀に入ったスープを差し出してくれた…

市場らーめん やっちゃばさのや-8

このスープ!
「正油ラーメン」のスープそのままなんだけど…

これが、鴨独特の旨味が感じられて、なかなかのもの!

使っているのは、鴨ガラではあるんだけど、鶏ガラと違って、肉のついたガラで、首の部分の肉も入っていると教えてくれた。

鴨の臭みもないし、きちんと仕事がされているガラを使っているんだろうと思う!

店長さんによれば、鶏ガラのように血抜きするだけじゃなくて、鴨は特別な下処理をする…
これが秘訣だけれど、これも企業秘密!
だそうだ…

「つけめん」は、正直、何処に3年の歳月を費やしたのか!?
駄舌の私には理解できない味だったけど…
このスープはよかった!

RDBや「千葉拉麺通信」の「拉麺会議室」の評価が普通というか…
どこにでもある味と評価すること自体が、逆に不思議なくらいだった…

店長はよくしゃべるけど、いい人だし、接客もサービスもいい!

市場の操業時間に合わせて、土曜日も朝7時から営業しているみたいなので…

市場らーめん やっちゃばさのや-9

今度は鴨出汁の「ラーメン」をもう一度…
朝食に食べに行こうかな!

市場らーめん やっちゃばさのや-10

住所:千葉県松戸市八ヶ崎2-8-1 松戸市公設地方卸売市場北部市場内
電話:047-342-1398
営業時間:(平日)7:00~14:00/19:00~22:00
(日曜・祝日)11:00~14:00/17:30~21:00
定休日:無休
アクセス:JR常磐線・北小金駅、新松戸駅、馬橋駅の各駅から2.2km。徒歩28分




メニュー:正油…650円/塩…650円/味噌…800円/とんこつ…700円
つけ麺…750円/塩ごま坦々麺…850円
正油チャーシュー…900円/塩チャーシュー…900円/味噌チャーシュー…1000円/とんこつチャーシュー…950円/タンメン…700円
やっちゃばらーめん(塩)…900円他


好み度:つけ麺star_s30.gif
接客・サービスstar_s50.gif

↓↓↓こちらを1回クリック願いますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/696-268c574c