訪問日:2007年6月5日(火)

九段 斑鳩【六】-1

私が最も多く通った東京のラーメン店。
それが「九段 斑鳩」。

開業当時は、アパレル出身の坂井店主の異色な経歴やシックな店のインテリアが注目され、肝心のラーメンは「青葉インスパイア系」と例えられただけで、こちらのラーメンの本質までは伝えきれていなかった。

しかし、その実力は徐々に認められるようになり、東京を代表する人気店になっていく。

ここが凄いのは、多くの有名店のラーメン店主が経営者となり、多店舗化、チェーン化と業容拡大に走り、厨房から足を遠退かせる中、こちらの坂井店主だけは、ここ九段下の店一店舗のみで、今でも厨房に立ち続けていること…

社長業は激務であり、現場まではどうしたって目が届かなくなる。

それによって、知らず知らずのうちに味の品質を維持できずに落としてしまう…

ある意味、避けられない問題ではあるが、それに引き替え、ここは、品質を維持するどころか、徐々に味の品質を高めていっている。

だから、いつまでたっても人気は衰えず、行列が絶えない…

看板メニューの「特製らー麺」。
豚骨醤油ラーメンでは、おそらく最も評価の高い一杯だと思う。

私の中では、醤油ラーメンという括りの中でも、いや全てのラーメンの中でも一番好きなラーメンかもしれない…

しかし、坂井店主のラーメンはこれだけではない。

こちらの「塩本鰹らー麺」を食べれば、その実力を実感できる。

この二大看板のラーメンがメインでおすすめである!
しかし、ここには他にも期間限定の醤油味、塩味、そして味噌味のラーメン等もあって、それぞれ外れがない!

坂井店主の才能にはいつも感心させられる。

それと、この店のいいところは味だけではない。

坂井店主以下のスタッフの挨拶、接客、サービスがよく、気持ち良く食べられることだ。

唯一ネックなのが、いつでも行列しないと食べられないこと。
よほど時間に余裕のない限り、こちらには迂闊には来れないことだ…

久しぶりの訪問。
行列を回避したいので、開店時間の11時より前に店に行くことにした。

さすがに、11時前なら、昼食には早すぎるし、行列はできていても少ないだろうと予測。

最寄りの都営地下鉄新宿線と東京メトロ東西線、半蔵門線の3線が走る九段下駅から店に向かう。

店の近くまでやってくると、すでに大行列ができていた…
10:57着で22名待ち…

九段 斑鳩【六】-2

11:00定刻開店!

九段 斑鳩【六】-3九段 斑鳩【六】-4

結局第一陣で入れたのは19名で、これには入れず外で待つことに…

待っている間に食券を購入するシステム。
一度、店に入り、券売機で食券を買い求め、また、外の列に戻る。

そして、店員さんがタイミングを計って、食券を回収にくる。

券売機の前に立ち、「特製らー麺」にするか「塩本鰹らー麺」にするか悩んだが、結局「塩本鰹らー麺」に決めて、「煮玉子塩本鰹らー麺」と「大盛り」券を購入。

九段 斑鳩【六】-5

ブログ的には、昨日、一昨日と「青葉 飯田橋店」、「中華そば 志の田」で豚骨魚介の醤油ラーメンを食べたのだから、「特製らー麺」にして比較記事にする方が面白いんだろうけど…
さすがに3日連続同じ系統のラーメンを食べるのもどうかと思ってしまった…

11:27入店。
指定されたカウンター右端の入口に一番近い席に座りラーメンを待つ。

2分後に「煮玉子塩本枯らー麺」の「大盛り」が出される。

九段 斑鳩【六】-6九段 斑鳩【六】-7

鰹が香る!
なんともいい香り!

スープを一口飲んだだけで一発で魅了された…

小鍋で一つ一つ温め、作られたスープは看板の「特製らー麺」とは違い、さっぱりとした飲み口。

動物系のスープを少なめにブレンドして、和風素材の旨みがしっかりと感じられるスープ…

硬めに茹でられた日本そばのようなコシのある中細麺はスープとも相性がいい。

麦とゴボウを揚げた2種類の具もスープを引き立てている。

糸で半分に切られ出される煮玉子は相変わらず美味しい!

こだわりの素材がもたらすダシの旨みとコク!
こだわりのコシの強い麺がもたらす食感!

店主のこだわりから生まれた至福の一杯!
最後のスープの一滴までおいしくいただけました。

11:39…
食べ終えて店を出たところの「九段 斑鳩」前の風景…

九段 斑鳩【六】-8

行列は31人にまで延びていた…

九段 斑鳩【六】-9
九段 斑鳩【六】-10

住所:東京都千代田区九段北1-9-12 九段下ビル1F
電話:03-3239-2622
営業時間:11:00~15:00/17:00~23:00
(土・祝)11:00~16:30/18:00~22:00
※スープ切れの際は早めの閉店となります
定休日:日曜
アクセス:都営新宿線、東京メトロ東西線、半蔵門線・九段下駅7番出口より飯田橋方面へ北上。
ホテルグランドパレス先の交差点を曲がってすぐのところ。徒歩5分。


メニュー:
●基本のらー麺/らー麺…650円/煮玉子らー麺…750円/とろろ昆布らー麺…750円/特製らー麺…880円/全部入りらー麺…980円
●塩本鰹系【昼夜限定各20食】/塩本鰹らー麺…770円/煮玉子塩本鰹らー麺…870円/特製塩本鰹らー麺…1000円
●油そば系【太麺300g、大盛りなし】ガーリック油そば…770円/杏仁プリン…300円
【期間限定メニュー】
鮭節の白醤油らー麺…770円(ぴあとのコラボメニュー)【昼夜各限定10食】
和風醤油らー麺…770円【昼夜各限定20食】
和風塩らー麺…770円【昼夜各限定20食】
塩油そば…770円【昼夜各限定5食】

HP:http://emen.jp/ikaruga/


好み度:煮玉子塩本鰹らー麺star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/665-4cc9559b