2007.05.24 麺乃屋【弐】
訪問日:2007年5月24日(木)

麺乃屋【弐】-1

5月の大阪出張第二弾。
2軒目に訪れたラーメン店は「麺乃屋」。

「上六」こと、上本町六丁目にある近鉄「上本町」駅が最寄り駅の店。

しかし、「洛二神」のある最寄り駅の「天六」(天神橋六丁目駅)もそうだけど、大阪人は言葉を略す傾向があるよね…

私は、大阪市営地下鉄谷町線の谷町九丁目駅から行ったけど、これも「谷九」って言うのかな?

こちらの店も昨年の春に一度来店して、「ひやあつ十八番」という醤油味の「つけめん」をいただいている。

ちなみに、「ひやあつ十八番」の「ひやあつ」とは、冷たい麺に熱いスープの意で、「十八番」は、麺を切る切り歯の番手のこと。

「ひやひや十六番」という「味噌つけめん」もあって、こちらは、冷たい麺にスープで、16番の切り歯になる。

この切り歯、番号が小さいものを使えば使うほど、麺は太くなっていく。
詳しい解説は「洛二神」のところで解説しているので、興味のある方はご覧ください。

店に入ると、木の温もりが感じるウッディなインテリアで、低くジャズが流れている…
間接照明でやや暗めの店内は落ち着いた雰囲気の大人の隠れ家といった感じだ。

先客は5名。
まず、ビールと、あて(つまみ)に「すじ煮込み」と「鶏ポン酢」をオーダー。

麺乃屋【弐】-2

このアテ(関東ではつまみ)…
100円と180円だよ!
量は少ないけどメチャ安い!
味もよく、値段とともに大満足!

麺乃屋【弐】-4

それに、私は注文しなかったけど、キムチも小皿一皿までは無料!
二皿目からでも50円なので…
これもお得!

その他、目の前で揚げていた鶏の唐揚げやパリッと焼き上がった餃子等、この店は美味しそうなサイドメニューの宝庫。
また、夜にゆっくり来てみたくなる…

ビールを飲んでる途中で、「紀州梅塩らーめん」を追加で注文。

本当は醤油味の「麺乃屋らーめん」元味か新味がおすすめらしいんだけど、入口にあった写真付きのメニューを見て、この「紀州梅塩らーめん」に一目惚れしたんだよね。

麺乃屋【弐】-3

ここは確か家族でやってるはずなんだけど、今日、店に出てるのはお兄ちゃんとお姉ちゃんの二人だね。

前に来たときは、年配のお父さんが「つけめん」を作ってくれたけど、今日は、ラーメン作るのはお兄ちゃんの役目。

手慣れた手つきでテボをさっと上げ、麺の湯切りをするお兄ちゃん。

具を盛り付け、「紀州梅塩らーめん」の完成!

麺乃屋【弐】-5麺乃屋【弐】-6

梅干しの果肉にプチトマト
他の具は貝割れ、ネギ、大葉、メンマ、チャーシュー、ブロッコリーの芽。
いろどりも鮮やかなラーメンだ。

沖縄産塩を使い、紀州鶏に宗田節、サンマを加えたというスープは、塩の尖りなどない、いい塩梅の塩スープ。
なかなか美味しい!

ただ、ちょっとおとなしすぎるというか、さっぱりしすぎると感じるかもしれない…

鶏の出汁はよく出ているので、鶏油か何かでコクを出せばもっとよくなる!

麺は、滑らかな舌触りの平打ち麺。
やや柔らかめの麺だが、紐皮うどんを食べているようなこの食感はいい!
ただ、スープとは少し絡みにくいかな…

具のペースト状の梅果肉はよくこのラーメンには合っている。
やや酸味のあるブチトマトも飾りとしてではなく、塩スープとの相性は悪くない。
大葉の香りもいい。

チャーシューは、スープの邪魔をしない薄味の味付けで、やわらかくおいしい!
チャーシューはビールの「アテ」にして食べるのもよさそうだ。

特別なインパクトのないスープと麺だったが、締めのラーメンに食べるのには最適!

この落ち着いた店の雰囲気も好きだし…
また、今度も夜に来てみよう!

麺乃屋【弐】-7

住所:大阪府大阪市中央区上本町西5-1-6 寛永ビル 1F
電話:06-6761-9117
営業時間:11:30~14:30/18:00~23:30(日曜、連休の最終日は~22:00、売り切れ次第閉店)
定休日:月曜、第3火曜
アクセス:近鉄・上本町駅8番出口を出て上町筋を北に進み上本町5南の交差点の先の水道局のちょっと先の左側徒歩3分

メニュー:麺乃家らーめん(元味)…650円/麺乃家らーめん(新味)…650円/みそらーめん<ぴり辛>…750円/梅塩らーめん…750円
ひやあつ十八番(つけ麺)…750円/ひやあつ十六番(みそつけ麺<ぴり辛>)…750円


好み度:紀州梅塩らーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/621-551ef5fd