2006.04.05 麺屋 楼蘭
訪問日:2006年4月5日

麺屋 楼蘭-1


4月5日、6日!
2日間の大阪遠征!

今回訪問したのは、「麺屋 楼蘭」、「総大醤」、「洛二神」のいづれも動物系、魚介系のダブルスープの醤油ラーメンを出す店。

当初は、前回訪れて、塩ラーメンが美味しかった中津の「弥七」の醤油とつけめんを食べ、塩ラーメンとの味比べも企画していたんですけど、HPを見ると4月1日~6日臨時休業ということで断念…

5日の昼過ぎ、新幹線で新大阪駅経由で降り立ったのはJR大阪駅。
まず向かったのが、大阪駅前第2ビルの地下2階にある「楼蘭」。

地下道をJR北新地駅方面に歩いて10分ほどで着いた。

お店の前には柚子塩らーめんの大写しの写真が貼られ、美味しそう!
それと、赤と黒の味噌ラーメンの紹介もあった。

ネットでは、醤油ラーメンの美味しい店と紹介があったんだけど…どうしよう?

カウンターだけの間口が狭く奥行のある店内へ入ると、先客が2名。

少し悩んで…
チャーシュー、味玉入りの特製らーめんを注文すると…
店員さんが、「あっさり」にするか「こってり」にするか聞いてきた。

違いを尋ねると、何の油だか聞き損ねたけど、油を入れるか否かみたいで、「こってり」を選ぶお客が多いとのこと…

それではと「こってり」を頼むと…

違う店員さんは別のお客さんに…
「当店の基本は醤油らーめんのあっさりで、おすすめです!」
ときっぱり…

わたしも、慌てて…
「あっさり」に変えてもらった…

出されたラーメンは、スープの色も、盛り付けもきれいな醤油ラーメン!

麺屋 楼蘭-2


スープは、見た目通り上品なお味…

動物系、魚介系のダブルスープ。店内にあるウンチクを見ると、鹿児島産茶美豚、名古屋コーチン、羅臼産昆布、山口産煮干、高知産鰹節、鯖、ムロブシ等を別々に取りブレンドしていると書かれている。

ちなみに、鹿児島産茶美豚とは、餌にお茶の葉を混ぜ、肉質を良くした豚なんだそう!
でも…その豊富な出汁の割りにはコクに乏しくインパクトに欠ける…

決して不味いわけではないけど、飽きるタイプのスープ。
麺は、中細麺で、味、食感ともまずまず!可もなく不可もなくっていう感じ…

トッピングもトロッとした味玉は美味しい!
3枚入っていたチャーシューもまあまあ…

それと、気付いたんだけど、チャーシュー3枚、味玉半分がにカットしたもの2個って具の内容に、「特製」ってネーミング!

もしかして、東京・中野本店の青葉を意識しているのか!?

関西の人がつくる「青葉」のイメージって感じかなのかな!?
味は全然違うけど…

でも、醤油味のあっさりラーメンは難しい…

もう少し魚介系を強く出すとか、何か工夫が必要かも…
もしかして、「こってり」の油がその答えだとしたら、もう一杯食べないといけないけどね…

住所:大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビルB2F
電話:06-6345-6636
営業時間: 11:00~21:00、(日、祝~20:00)
定休日:無休
アクセス:JR東西線北新地駅から徒歩1分。地下鉄四つ橋線西梅田駅から徒歩3分

メニュー:ラー麺(650円)、味玉ラー麺(750円)、チャーシュー麺(850円)、特製ラー麺(900円)、柚子塩ラー麺(700円)、つけ麺(700円)、柚子塩つけ麺(750円)、焦がし味噌ラー麺(650円)、辛味噌ラー麺(650円)、大盛り(100円増し)、三色飯(400円)


評価:特製ラー麺(900円)star_s35.gif

接客・サービスstar_s40.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/62-4b79a298