fc2ブログ
訪問日:2024年4月2日(火)

Ramen Feel-1

本日のランチは東京・青梅市に2021年2月28日にオープンした『Ramen FeeL』へ!

食べログスコア4.10
ラーメン店では唯一の4点台を超える高スコアを付けて『食べログ 全国 ラーメン・つけ麺 人気ランキング』1位を疾走し続ける『らぁ麺 飯田商店』
🥇

その『飯田商店』の飯田店主のもとで修業して!
飯田店主から一番弟子として独立を許された渡邊店主が奥さまと開業した店
👫

東京郊外の青梅市にある店までは、東京駅からだったら、JR青梅線特快に乗って、最寄り駅のJR青梅線・日向和田駅から歩くルートが最短ルートになる。
でも、それでも1時間35分掛かる。


そんな都心から離れた場所にある店なのにもかかわらず、オープン以来、店側が配る「ファストパス(整理券)」を求めて早朝からお客さんが殺到!
開店前には完売してしまうということもある。


そんな店なので、時間とお金を掛けて店へ行ったとしても、食べられない
あるいは、食べられたとしても、かなり長い時間を潰さないといけない危険があるため、なかなか行けずに、開業してから3年以上が過ぎていった

転機が訪れたのは、店が1月10日よりTable Checkによる予約を始めてくれたこと。
それでも、最初の頃は、すぐに予約が埋まってしまった。


しかし、そろそろ、どうかと思って、3月27日にTableCheckの予約予定を見に行ったところ
平日なら好きな時間が取り放題の状態で!

土日も遅い時間ならば空いていた。
そこで、4月2日の11時に予約を入れることに!


TableCheckは予約の手数料に390円掛かるので、それを惜しんで、TableCheckによる予約をしないお客さんもいる。
TableCheckによる予約をしないで訪れても、空いていれば食べられるので!


ただ、食べられるか食べられないかわからない状態で時間とお金を掛けて行って、食べられないなんてことになるなら
390円支払っても、予約が取れるなら、その方が、ぜんぜん安心なので♪

今まで、比較的店に近くて、ファストパスを用意に獲得できたお客さんは不本意かもしれないけど
店から離れた遠い場所から行くお客さんの方が圧倒的に多いので、この店のTableCheckの導入には感謝😊

そうして、行きは最短ルートで店へと向かう!
JR青梅線特快に乗って、最寄り駅のJR青梅線・日向和田駅で下車
🚉

Ramen Feel-2Ramen Feel-3

そして、このローカルな無人駅からはGoogleマップにナビしてもらって
途中、多摩川に掛かる神代橋から下流を見ながら橋を渡って

Ramen Feel-4
Ramen Feel-5

さらに、橋を渡り切ったところで、道を横断して、道の右側を進んで
道の左側にある「青梅あけぼのキリスト」と、青梅ならではの梅の風味を生かした和菓子や冷菓が楽しめる梅菓子処の『紅梅苑』を見ながら進んで

Ramen Feel-6Ramen Feel-7

突き当りを右に曲がって、すぐ先の道路の左側に店はあった。
ここまで、駅から徒歩11分ほど


時刻は10時40分。
開店までは、まだ、20分あるので


Ramen Feel-8

建物の左にある『Yaneura Feel』へ!
ここは、4時間の滞在で600円でドリンク飲み放題の喫茶スペース


Ramen Feel-9Ramen Feel-10

ただし、TableCheckの予約者は無料と聞いていたので
2階にあるスペースへ!

そうして、入口の木製引戸をガラガラと開けて、中へと入っていくと
先客が1人、1人掛けのソファで寛いでいた。

Ramen Feel-11Ramen Feel-12

ドリンクは、いろいろあるのかと思ったのに烏龍茶だけ😅
有料のドリンク飲み放題自体をやめてしまったのかな

Ramen Feel-13

「TRYラーメン大賞」に「ラーメンWalker」のラーメン関連の雑誌に「らーめん再遊記」などのラーメン漫画が置いてあった。
ガラスのドリンクサーバーか烏龍茶を紙コップに注いで、ソファに座って待っていると


Ramen Feel-14

渡邊店主の奥さまが入ってきて、メニューブックを渡された。
メニューは「醤油らぁ麺」に「塩らぁ麺」、「小麦つけ麺」の「醤油」と「塩」の4種類!


「らぁ麺」は「醤油」、「塩」ともにデフォルトの他、「雲呑」、「特上」トッピングと
トッピングが載らない「出汁かけらぁ麺」が用意されていて

Ramen Feel-15

「小麦つけ麺」はデフォルトの「醤油」と「塩」のつけ麺の他に、「つけ麺スープダブル」という「醤油」と「塩」のどちらのつけ出汁でもいただくことのできるスペシャルバージョンが用意されていて♪
さらに、「麺大盛り」、「出汁卵に変更」、「スープ出汁割り小麦茶付き」なんていうオプションもあった。


Ramen Feel-17

さらに、今日は、麺メニューの限定はなかったものの…
「ライスボール」の限定として「“東京しゃも”のもつ煮丼」が数量限定で用意されていた。

Ramen Feel-18

奥さまにお声がけさせてもらって
「塩らぁ麺」を「出汁かけらぁ麺」にして、「チャーシュー皿」を付けて食べようと思っていること

ただ、豚バラ肉のチャーシューを何か他のものに替えることってできないかを尋ねて
もし、できないようであれば、デフォの「塩らぁ麺」にするとリクエスト!

Ramen Feel-16

さらに「つけ麺スープダブル」を連食でお願いすると
奥さまから

「醤油と塩のどちらをメインにしましょうか?」と聞かれたので…
「塩でお願いします。」と答えてオーダーが決まった。

ちなみに「つけ麺スープダブル」の場合、メインのスープを「醤油」と「塩」から選ぶ。
違いはメインのスープが150ccなのに対してサブのスープは100ccと少なめなこと。


「ちょっと聞いてまいりますね…」
そう言い残して、一旦、一階の厨房に戻って


再び、二階上がってきた奥さまから
「バラ肉の煮豚を肩ロースの煮豚にだったら変更できます。」と言われて…

できれば、煮豚じゃない、低温調理のレアチャーシューか焼豚に変更できたらいいなと思ってお願いしたんだけど😅
煮豚の部位を変更する提案がなされて

でも、それなら、バラでもいいかなとは思ったけど😅
せっかく、聞いてきてくれたので、そうしてもらうことに!

「お時間になりましたら、下に下りてきていただきますようお願いいたします。」と言われて…
5分前になって、先客を残して、先に下りていくと

10時59分に渡邊店主が出てきて、暖簾を掛け終えると
奥さまも出てきたので、スマホのカメラを向けたところ

ポーズして注文に応えてくれた♪
ありがとうございます
🙇‍♂️

Ramen Feel-19

一番で入店!
カウンター席の一番右端の席へと案内された。


目の前のオープンキッチンの厨房では渡邊店主と男性スタッフがラーメン作りに入っていて
渡邊店主が平ざるを使って器用に麺上げしている様子をライブで見ることができて!

Ramen Feel-20Ramen Feel-21

よかったんだけど♪
ただ、厨房と客席の間にガラスの壁があって、その様子をキレイに撮影できなかった
😅

11時10分に、まず、奥さまから「チャーシュー皿」が出されて
「こちらが黒さつま鶏『黒王』、こちらが豚肩ロースの煮豚、こちらがシキンボ、こちらが豚肩ロースの低温調理して燻製したチャーシューです。」と4種類のチャーシューの説明があって!

Ramen Feel-22

そうしている間に
渡邊店主自ら「Feel The 出汁かけ塩らぁ麺」を手元まで配膳してくれた。

Ramen Feel-23

麺線を揃えて美しく盛りつけられた平打ちの中細ストレートの自家製麺!
そのセンターに三つ葉ミョウガが、ちょこんと載せられた、かけ塩ラーメン
🧂🍜

Ramen Feel-24Ramen Feel-25

まずは、鶏油がキラキラと煌めく黄金色したスープをいただくと
黒さつま鶏『黒王』と比内地鶏、山水地鶏だったかな!?

Ramen Feel-26

後で、渡邊店主から、そう聞いた地鶏と豚の動物系スープにホタテと昆布を合わせたような味わいのスープで
ホタテと昆布の旨味は塩ダレに入れられたものかもしれないけど

巧みな温度管理と抽出時間で地鶏出汁の旨味が引き出されたスープで🐓
スープに豚を加えることで、スープの厚みが増していて🐷

そして、ホタテと昆布が加わることで極上の味わいに仕上げられていて
最高に美味しい😋

「出汁かけ塩らぁ麺」にしたのは、元々、塩派で!
醤油ラーメンよりも塩ラーメンが好きなこともあるけど


親しいラーメン店の店主から、こちらの店の「塩らぁ麺」が一番美味しいという話しを聞いていたこともあって!
さらに、「かけ」にしたのは純粋にスープの旨味を味わいたかったからだけど


『らぁ麺や 嶋』『Japanese Ramen 五感』『麺 ふじさき』など
バランス型の美味しい塩ラーメンを出す店は、他にも何店かあるけど、その中でも一二の美味しさ😋

そして、この絶品スープに合わされた平打ちの中細ストレートの自家製麺は、やや、オーバーボイル気味にも思えたけど
やや、やわらかめに感じられる麺は、シルキーで、もっちりとした食感のなのがよくて

Ramen Feel-27Ramen Feel-28

小麦粉の旨味も感じられる麺なのもよくて♪
それに、何より、スープとの一体感も感じられるほどの相性のよさなのが最高だったし
😊

「チャーシュー盛り」の4種類のチャーシューのうち、まず、黒さつま鶏『黒王』のモモ肉のローストチャーシューは、とても香ばしくて♪
噛めば、地鶏のモモ肉の旨味がジュワっと広って、めちゃめちゃ美味しかったし
😋

Ramen Feel-31Ramen Feel-32

豚肩ロース肉の煮豚も炙って仕上げてあるので、とても香ばしくて♪
やわらかくて、とても美味しくいただけたし
😋

低温調理したシキンボのレアチャーシューも絶品😋
豚モモ肉の中で最上級の部位と言われているシキンボは、脂身が少なくて、きめが細かい、やわらかい部位!

しかし、加熱しすぎると、パサついてしまう。
それを、こうして、低温でじっくりと火を入れることで、しっとりした食感に仕上げてきていたのがよかったし
😊

そして、低温調理した上に燻製した豚肩ロース肉のスモークレアチャーシューは、まず、ステーキな薫香がよくて♪
肉の旨味が中に閉じ込められた逸品で、最高に美味しかったし
😋

そうして、最後は、三つ葉ミョウガを加えて味変させて
最後まで美味しく完食😋

Ramen Feel-29Ramen Feel-30

なお、この後、「Feel The 出汁かけ塩らぁ麺」が出されてから15分後の11時26分に本日2杯目の「Feel つけ麺ダブルスープ」が出されることになったんだけど
ちょっと、長くなりすぎてしまったので、この模様は、また、次回に♪

Ramen Feel-33

メニュー:醤油
Feel The 醤油らぁ麺…1300円/Feel The 雲呑醤油らぁ麺…1600円/Feel The 特上醤油らぁ麺…1900円/Feel The 出汁かけ醤油らぁ麺…950円


Feel The 塩らぁ麺…1300円/Feel The 雲呑塩らぁ麺…1600円/Feel The 特上塩らぁ麺…1900円/Feel The 出汁かけ塩らぁ麺…950円

小麦つけ麺
Feel つけ麺(醤油 or 塩)…1850円/Feel つけ麺スープダブル(醤油&塩)…2200円
麺大盛り…200円/出汁卵に変更…100円/スープ出汁割り小麦茶付き…170円

Toppings &Rice bowls
肉雲呑…330円/海老雲呑…330円/シキンボ焼豚…580円/チャーシュー皿…980円/メンマトッピング…400円

名古屋コーチン有明海苔佃煮ご飯…420円/雲白肉チャーシューご飯…550円/めんまご飯…550円/梅しそご飯…200円/ライス…150円
【数量限定】“東京しゃも”のもつ煮丼…550円


Ramen FeeL



関連ランキング:ラーメン | 日向和田駅石神前駅



好み度:Feel The 出汁かけ塩らぁ麺star_s50.gif
チャーシュー皿star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6180-6c6fc1ab