fc2ブログ
訪問日:2024年1月11日(木)

塩生姜らー麺専門店MANNISH 淡路町本店【弐】-1

本日のランチは「生姜昆布水つけ麺」を食べるため、「生姜足りてる?」がキャッチフレーズの『塩生姜らー麺専門店 MANNISH 淡路町本店』へ🫚

今朝、どこでランチしようかと思って、Xを見ていたら
こちらの店の柴田店主のこんなポストが目に止まった。



「塩生姜つけ麺」自体は、柴田店主が、まだ、現在の本店からも近い『ダイニングバーMANNISH』を間借り営業していたときにいただいた。
当時は塩味の生姜ラーメンにつけ麺なんて、あまりなかったから、すごく新鮮だったし!


その後、実店舗をオープンして!
さらに他店舗展開するまでの原動力にもなったメニューだった。


ただ、今では、他店でもやるようになって、そんなに珍しくもなくなってしまった。
しかし、今回は、麺が昆布水に浸かった状態で提供されるのが違う


鶏清湯ベースのスープに生姜をきかせたつけ出汁に昆布水が浸透していったら、どんな味わいになるのか気になったし😊
それに、和歌山県有田市にある人気実力店『和 dining 清乃 本店』の大好きな「角長しょうゆ『匠』」と同じ紅心大根(こうしんだいこん)が載るビジュアルに惹かれたので🥰

昨年の11月27日以来!
ただし、その日は、こちらの店の柴田店主が『しょっつる塩らー麺SIBATA』として、11月20日から営業開始した平日の7時から9時まで営業する朝ラー専門店に食べに行ったので
🌅🍜

『塩生姜らー麺専門店MANNISH 淡路町本店』としては、昨夏の8月18日に冷製コーンポタージュの上にコーンのグラニータ、燻製クリーム、デニッシュパン、焼きチーズが載る「ぶっ飛んだ限定」の「NAOの冷たいモロコシ2023」を食べて以来🌽🍨🍜
ちょっと、ご無沙汰してしまった😅

11時56分に店へとやって来ると
店内は満席のようで、外堀通り沿いにある店の歩道の道路側に3人のお客さんが行列を作って待っていた。

まだ、12時前なのに流行ってる♪
3人の後に並ぼうとすると、ちょうど店から出てきたお客さんが、その3人の後に付いたのを見て


ここは、先に食券を買うのがルールなのかなと思って入店!
いつの間にか、小型のものから大型のものに替わっていた券売機の前に立ってボタンを探すも、「生姜昆布水つけ麺」のボタンはなかったので


男性スタッフの人に聞いたところ
「限定1,200円の食券買ってください。」ということだったので

2,000円を投入して、「限定C 1200円」のボタンをポチッと押して⏹
さらに「大盛り」と「半ライス」のボタンもプッシュして、食券を買い求めて

再び、外に出て、5番目に並んでいると
食べ終わったお客さんが出てくるのと入れ替わりに前に並んでいたお客さんが入店していって

初めて並ぶので、ルールがよくわかなかったけど😅
これが繰り返されていたので…

これに倣って、入店したのは12時3分!
そして、食券を渡して10分後の12時13分には、男性スタッフの人から「生姜昆布水つけ麺」の「大盛り」と「小ライス」が立て続けにサーブされた。


塩生姜らー麺専門店MANNISH 淡路町本店【弐】-2

麺のセンターに鶏モモ肉
その上に紅心大根レッドキャベツスプラウトが重ねて盛りつけられて♪


豚肩ロース肉のレアチャーシューと海苔が丼の縁に添えるように盛りつけられた!
そして、塩味のクリアなつけ出汁の中には小松菜と色紙切りされた長ネギを浮かべた美しいビジュアルのつけ麺


塩生姜らー麺専門店MANNISH 淡路町本店【弐】-3塩生姜らー麺専門店MANNISH 淡路町本店【弐】-4

まずは、トッピングの具を「小ライス」の上へと移動させて
中細ストレートの麺を箸で手繰っていただくと

塩生姜らー麺専門店MANNISH 淡路町本店【弐】-5

つるっとした啜り心地のいい麺で♪
のど越しもいい
😊

そして、カタくも、やわらかくもない、ちょうどいいカタさの中加水麺で!
この麺は清湯スープのラーメンにもつけ麺にもオールマイティに使えそう♪


次に、麺をつけ出汁に潜らせて、いただくと
鶏出汁に生姜の風味をマリアージュさせて、塩ダレで味を整えたといった味わいのつけ出汁は、さっぱり、爽やかな味わいにで美味しい😋

さらに、生姜昆布水水に浸かった麺をつけ出汁につけて、食べ進めて行くうちに
昆布には出汁昆布も使われているみたいで

その出汁昆布の昆布の旨味が徐々に移っていって
鶏出汁の旨味一辺倒だったものが、鶏出汁と昆布のの複合的な旨味に変容していって!

生姜もより強く感じるようになって!
しかし、塩味はマイルドになっていって
🧂

この生姜昆布水による味変!
思った以上にいいかも
😊

ただ、そうは思ったけど、大きな味変になるわけではないし
今日は麺を大盛りにしたこともあったとは思うけど、もう少し変化が欲しくなる。

柚子でもいいし、柚子胡椒でも、トリュフオイルでも、この塩生姜鶏清湯スープのつけ出汁に合うものなら、何でもいいので、味変アイテムがあると!
さらに、最後まで美味しく食べられると思うので
😊

そうして、麺を食べ終えたところで
〆の鶏雑炊にするために男性スタッフの人にスープ割りをお願いしたところ

「昆布水で割ってください。」と言われて
この店も、昆布水つけ麺だと、元祖に右に倣えとばかりになってしまうのかと失望した瞬間!

これを聞いていた柴田店主から
「スープ割り作りますよ😊

そう言うと、スープを温めて!
回収したつけ出汁に割り入れて、リターンしてくれた♪


塩生姜らー麺専門店MANNISH 淡路町本店【弐】-7塩生姜らー麺専門店MANNISH 淡路町本店【弐】-8

冷たい麺と生姜昆布水によって、徐々に温かさを失っていって、ぬるくなってしまったつけ出汁が
再び、温かさを取り戻してくれて😊

そのおかげで、最後まで美味しく完食😋
ありがとうございました🙇‍♂

なお、トッピングされた鶏モモ肉はジャーで温められたものを直前に提供してくれるので!
温かくて♪


塩生姜らー麺専門店MANNISH 淡路町本店【弐】-6

それに、味付けが、とても好みで🥰
めっちゃ美味しかったし😋

豚肩ロース肉の低温調理されたレアチャーシューは、火入れの状態がよくて♪
美味しくいただけたし
😋

Xをチェックして、また、来ますね♪
ご馳走さまでした。


塩生姜らー麺専門店MANNISH 淡路町本店【弐】-9

メニュー:特製塩生姜らー麺…1250円/塩生姜らー麺 鶏チャー増し…1200円/塩生姜らー麺 ワンタン入り…1150円/塩生姜らー麺 味玉入り…1000円/塩生姜らー麺…900円/かけらー麺定食…1000円

特製コッテリ塩生姜らー麺…1300円/コッテリ塩生姜らー麺 鶏チャー増し…1250円/コッテリ塩生姜らー麺 ワンタン入り…1200円/コッテリ塩生姜らー麺 味玉入り…1050円/コッテリ塩生姜らー麺…950円/かけらー麺定食コッテリ…1050円

特製塩生姜つけ麺…1300円/塩生姜つけ麺 鶏チャー増し…1250円/塩生姜つけ麺 ワンタン入り…1200円/塩生姜つけ麺 味玉入り…1050円/塩生姜つけ麺…950円

【冬季限定】豆腐らー麺…1100円/【限定】生姜昆布水つけ麺…1200円

大盛り…100円

トッピング
特製…350円/鶏チャー増し…300円/豚チャー増し…300円/ワンタン入り…250円/ノリ増し…100円/味玉入り…100円/青唐辛子…50円

よだれ鶏ご飯…300円/鶏ワサビご飯…300円/限定ご飯…300円/ライス…100円/半ライス…50円


塩生姜らー麺専門店 MANNISH 淡路町本店



関連ランキング:ラーメン | 淡路町駅小川町駅神田駅



好み度:生姜昆布水つけ麺star_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6173-67a60c8c