fc2ブログ
訪問日:2024年4月12日(金)

創作麺 やま鳶|日本橋ふくしま館 MIDETTE「10周年フェア」-6

本日のランチは、本日4月12日に開館から10周年を迎え、「10周年フェア」が開催される「日本橋ふくしま館 MIDETTE」の「飲食コーナー」に出店する『創作麺 やま鳶』へ!

創作麺 やま鳶|日本橋ふくしま館 MIDETTE「10周年フェア」-2

「日本橋ふくしま館 MIDETTE」は、県の名産品などの魅力を首都圏PRしている福島県のアンテナショップ。
ショップの一角には期間限定で県内の飲食店が出店する「飲食コーナー」があって、ラーメン店の出店が多い
🍜

約4年4ヶ月前の2019年12月18日に、こちら「日本橋ふくしま館 MIDETTE」を訪れて、「飲食コーナー」に出店していた『会津らぁ麺 うえんで』で、チャーシューが大小合わせて9枚載せられてラーメン丼を覆い尽くす「会津山塩チャーシューメン」をいただいたことがある。
そして、本日の記念すべき「10周年フェア」の「飲食コーナー」に1日のみ出店するのが福島県いわき市にある『創作麺 やま鳶』!


『創作麺 やま鳶』は、いわき市出身のご夫婦が、いわき市小島町に2017年7月22日にオープン💑
その後、いわき市平作町に2019年4月7日に移転。

さらに、いわき市小名浜に2021年12月10日に移転して営業している店で!
ラーメンWalker福島2020」で福島県総合1位にも輝いた実績もある
🥇

そんな店には1度だけ、2022年7月1日に伺ったことがあって!
浴衣姿の女将が麺上げして作る昆布水に麺が浸かった「つけ麺」と川俣シャモと水だけで作ったスープの「シャモそばヌードル」をいただいたことがある
👩👘

どちらも、とても美味しいつけ麺にラーメンだったし😋
わざわざ、いわき市まで行かなくても日本橋で、そんな一杯をいただくことができるのは嬉しい😂

最寄り駅はJR新日本橋駅で、2番出口から徒歩1分。
東京メトロ銀座線・半蔵門線三越前駅A8出口からも徒歩3分。


JR神田駅の東口または南口からも徒歩5分というロケーションにある福島県のアンテナショップへと11時39分に入館すると
目の前の「催事コーナー」では福島県喜多方市にある昭和31年創業の「喜多方ラーメン」の食品加工販売を行う「株式会社 河京」による「喜多方ラーメン」の試食販売が行われていた🍥

創作麺 やま鳶|日本橋ふくしま館 MIDETTE「10周年フェア」-3

奥へと進むと、「飲食コーナー」があって!
入口に本日のメニュー説明があって!


創作麺 やま鳶|日本橋ふくしま館 MIDETTE「10周年フェア」-1

ラーメンは「祝桜の醤油らぁ麺」のワンメニューだけ!
「オプション」として味玉とローストポークの各トッピングと麺増量が用意されていた。


創作麺 やま鳶|日本橋ふくしま館 MIDETTE「10周年フェア」-4

味玉には福島県いわき市の「塩屋崎灯台」の焼き印が付けられていて、トッピングした方が「ばえる」し
ラーメンブログ的にもいいんだろうけど♪

味玉は基本、食べないので😅
ごめんなさい🙇‍♂

他にサイドメニューとして「常陸もの 漁師めし」!
デザートに「白玉出汁ぜんざい」もあって!


「常陸もの 漁師めし」の言葉には惹かれたけど
刺し身なら、喜んで食べるところだったけど、「なめろう」で

魚のたたきは食べても、味噌味の「なめろう」は、あまり食べない人なので
今回はデフォルトのラーメンだけを食べることにして

電子マネー、クレカにも対応したタッチパネル式の券売機で食券を購入して、中へと入って行くと
女性スタッフの方から、壁に向かって座る3席あったカウンター席の1席へと案内されて!

創作麺 やま鳶|日本橋ふくしま館 MIDETTE「10周年フェア」-5

食券を渡すと
半券がリターンされて

「番号を呼ばれたら、受取口に取りに行ってください。」
「食べ終わったら、返却口までお願いします。」と説明があった。


10分ほど待つうちに、番号を呼ばれて
3個作りされた「祝桜の醤油らぁ麺」の1つを受け取って、席へと戻って、すばやく、記念撮影📸

創作麺 やま鳶|日本橋ふくしま館 MIDETTE「10周年フェア」-7
創作麺 やま鳶|日本橋ふくしま館 MIDETTE「10周年フェア」-8

豚肩ロース肉のローストポークが2枚にほうれん草、蓮根と、その上に生姜🫚
にミニを浮かべた春らしい装いの醤油ラーメン🌸

まずは、いわき、白河、福島の県内3市の醤油をブレンドしたというカエシが芳醇に香るスープをいただくと
「川俣軍鶏と和風の無添加出汁」とPOPに紹介されていたスープは

創作麺 やま鳶|日本橋ふくしま館 MIDETTE「10周年フェア」-10

淡麗ながら、まず、「川俣シャモ」の地鶏出汁の旨味を感じるスープで🐓
次に、いりこに昆布、干し椎茸の乾物の旨味が追いかけてきて

スープの温度が低くなると
アサリの貝出汁の旨味も感じられるようになって♪

やや、淡めのカエシとも、よく、合っていて!
バランスがよくて、とても美味しいスープに仕上げられていた
😋

ただ、スープの量が少なくて😅
すぐに、なくなってしまったのが😓

麺は全粒粉が配合された切刃22番と思われる中細ストレートの麺が合わされていて!
ザラッとした「町蕎麦」の日本蕎麦っぽい食感の中加水麺で!


創作麺 やま鳶|日本橋ふくしま館 MIDETTE「10周年フェア」-11

食感もよかったし♪
この醤油スープとの相性もよかった
😊

以前、いわきの店で「シャモそばヌードル」をいただいたときには、カタくて歯切れのいいザクパツな食感の
東京の煮干しラーメンの定番麺のような低加水麺が合わされていて

好みの食感の麺ではあったけど、スープとの相性はどうなんだろうと思っていたので
この麺の選択はよかったと思う😊

豚肩ロース肉のローストポークは、以前、店で食べたものよりは、まだ、クオリティはいいとは思ったけど
でも、火が入りすぎてしまっていて、味も食感も、もう一つに感じられてしまったかな😓

創作麺 やま鳶|日本橋ふくしま館 MIDETTE「10周年フェア」-12

そうして、終盤、蓮根の上に載る生姜をスープに溶かし入れて、いただくと
生姜醤油スープに爽やかに味変してくれて!

創作麺 やま鳶|日本橋ふくしま館 MIDETTE「10周年フェア」-13

地鶏もいりこも昆布も干し椎茸も
出汁の旨味は、わかりづらくなってしまったけど

でも、この味変は楽しいし♪
いいアイデアだと思う
😊

最後はスープも飲み干して完食😋
ご馳走さまでした。

創作麺 やま鳶|日本橋ふくしま館 MIDETTE「10周年フェア」-14

PS 『創作麺 やま鳶』の出店は、本日4月12日(金)のみ。
しかし、「日本橋ふくしま館 MIDETTE」のイベントカレンダーを見たら、4月22日(月)から4月24日(水)まで出店するようですので、よかったら、どうぞ♪




メニュー:祝桜の醤油らぁ麺…880円
特製塩屋崎灯台 味玉…160円/ローストポーク…200円/麺増量…200円

常陸もの 漁師めし…300円/白玉出汁ぜんざい…500円


いわきと創作らぁ麺 やま鳶



関連ランキング:ラーメン | いわき市その他



好み度:祝桜の醤油らぁ麺star_s40.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6172-402d2fa5