fc2ブログ
訪問日:2024年2月13日(火)

麺庵 利休【五】-1麺庵 利休【五】-2

本日のランチはプチラーメン激戦区の本郷三丁目に昨年の10月17日にオープンした『麺庵 利休』へ!

横浜のニボラー御用達の店『丿貫(へちかん)』福富町本店の3代目店長だった金髪でイケメンのたけお店主が開業した店🎊

だから、『丿貫』らしい煮干しをガツンときかせたラーメンを出してくるんだろうと思ったのに
出身店とは違う地鶏と豚足、牛骨の動物系にアサリ、羅臼昆布 、背黒、鰹節、冬菇の旨味を重ねた清湯スープのラーメンで勝負に出た🐓🐮🐷🐟

しかし、これが、重層的な味わいの!
個性的で、かなりクオリティの高い旨味溢れる一杯でもあったし
😋

スゴく美味しかったから、同じ店にあまりリピートして行くことのない私が、昨年はオープンから2ヶ月弱で、4回訪れているくらい😊
今年になってからは、まだ、行けてなかったけど

今朝、今日はどこでランチしようかと思ってXを見ていたら
たけお店主の、こんなポストが目に止まった。



つけ汁が2つ付いてる♪
「塩」と「醤油」の2つから選択するってことかな
!?

何か、めっちゃ美味しそうだし😋
今日のランチはこの「金目鯛の冷やしつけそば」に決定!

というわけで、都営地下鉄大江戸線・本郷三丁目駅3番出口から徒歩2分。
東京メトロ丸ノ内線・本郷三丁目駅1番出口から徒歩3分ほどの店へと12時5分にやって来て


外待ちはなかったので、入店すると
8席あるL字型カウンター席には4人のお客さん。

この後は、お昼の書き入れ時ということもあって、滞在中は、ほぼ、満席状態ではあったけど
これだけ美味しいラーメンを食べさせてくれる店の割りには、お客さんが少ないよね

厨房には、たけお店主!
それと、今日は男性スタッフの人がいた。


まずは券売機で食券を購入する。
「本日のお品書き」に「限定」に「金目鯛の冷やしつけそば 下田産地金目鯛 1,200円」があるのを確認して


麺庵 利休【五】-3

2,000円を投入して、「限定1,200」円の食券を買おうとすると
マークが😓

でも、この時間で売り切れということもないだろうし
券売機の上の方に「金目鯛つけそば 1,200円」というボタンを発見!

麺庵 利休【五】-4

これかなと思って、ボタンを押して!
さらに、「つけそば大盛り」のボタンも押そうとすると、マークが点灯していたので


「つけそば大盛り、やめちゃったんですか?」
「和え玉、買ってねってこと?」


たけお店主に、そう尋ねると
「いや、そういうことじゃないですけど…」

「大盛りやりましょうか!?」と言うので…
「お願いします。」と言って…

男性スタッフから案内された席について
カウンターの高台に食券と、その上に百円玉を置いて、たけお店主に

「塩と醤油が選べるんですか?」と聞くと…
「塩だけですけど…」と怪訝な顔をしながら言うので…

「Xの画像に塩と醤油の2種類のつけ出汁が載ってたから…」と言うと…
ニヤッと笑って

「あれはルリカケスの画像ですよ😄
「醤油か塩かって聞かれたんで、選べないって答えたら、2つ出てきました🤣

なんて、言っていて
よく見れば、器が『麺屋 ルリカケス』のものとわかったけど

Xを見たときには、何の注釈もなかったので
てっきり、「金目鯛の冷やしつけそば」だとばかり思っていた😅

注文を受けると、すぐに限定のつけそば作りに入るたけお店主!
真剣な眼差しで、麺線を揃えて、麺の盛りつけを行って


麺庵 利休【五】-5

店に到着してから8分後の12時13分に「金目鯛の冷やしつけそば」を完成させたので
スマホのカメラを向けると

変顔で応えてくれた🤣
さすがエンターテイナー😊

麺庵 利休【五】-6麺庵 利休【五】-7

そして、驚くのは、たけお店主の変顔だけではなく、供されたつけそばも、『丿貫』を、あまり知らない私にとっては驚愕の一杯だった😲
昆布水に浸かった麺の上には大判の豚ロース肉のレアチャーシュー芽葱をあしらったオーソドックスなつけ麺なのに、つけ汁は、まるで冷やし茶碗蒸しのような😅

麺庵 利休【五】-9麺庵 利休【五】-8

そこで、たけお店主に
「茶碗蒸しみたいですね!」とストレートに言うと

「そうでしょう😁
「これ、金目鯛と水だけで作りました。」

「オイルも金目鯛です。」
なんて話してくれたけど


そう言えば、『丿貫』って、こういう鮮魚系の限定もやるよね!
でも、こんなの食べるの初めて!


まずは、たけお店主がキレイに折りたたんだ平打ち麺だけをいただくと
ふわっと小麦粉が香るのがいい♪

麺庵 利休【五】-10

そして、ソリッドな食感の麺なのかと思ったら
なめらかで、つるっとして、もっちりとした食感の麺だったのもよかったし😊

そうして、次に麺をつけ汁につけていただくんだけど
オレンジ色の液体とベージュ色の個体が分離しているけど

たけお店主が金目鯛と水だけで作ったスープと言っていたので
オレンジ色の液体は鮮魚の金目鯛で出汁を引いた冷製の清湯スープだろうけど

個体は金目鯛の白湯スープ
ペースト

金目鯛の脂を固めたものか
わからないけど

この個体をスープに混ぜると
しかし、個体は細かくはなったものの、スープとは分離して混ざらず😅

そこで、その状態のまま、麺を潜らせていただくと
なんじゃこりゃあ😯

思いっきり金目鯛🤣
まるで、金目鯛の一夜干しでも食べてるような!

でも、全くと言っていいほど鮮魚の臭みが感じられないのがスゴいし♪
鮮魚ラーメン好きにはたまらない味わいだと思う
😆

ただ、かなり攻めた味わいだから
これは食べ手を選ぶよね😅

豚ロース肉のレアチャーシューは、前回「昆布水つけそば(塩)」を食べたときにもトッピングされていた低温調理してから燻製した手の込んだもので!
スモーキーな燻香が、とてもよくて♪


麺庵 利休【五】-11

それに、銘柄豚が使われているからだと思うけど
肉質の良いロース肉で♪

肉の旨味がラーメン店で食べるレアチャーシューとは、ぜんぜん違って😆
めちゃめちゃ美味しかったし😋

そして、麺を食べ終えたところで
残った昆布水をつけ汁に注いで!

麺庵 利休【五】-12

しかし、こうしても、スープを割れないので😅
箸で、よくかき回して、いただくと

麺庵 利休【五】-13麺庵 利休【五】-14

ウ~ン🤔
これは、癖が強すぎて飲めず😓

でも、唯一無二なつけそばなので!
鮮魚好きなら、一度は食べておくべきだと思う♪


いろいろ、日替わりのように限定が提供されているようなので、店のXチェックして、また、来ますね♪
ご馳走さまでした。




メニュー:中華そばと豚ご飯…1200円

特製中華そば(醤油・塩)…1500円/中華そば(醤油・塩)…1000円/味玉中華そば(醤油・塩)…1150円

【限定】金目鯛の冷やしつけそば 下田産地金目鯛…1200円

特製トッピング…500円/肉増し…400円/味玉(十六代マッカラン)…150円/海苔…150円/メンマ…150円/つけそば大盛り…100円

鶏油和え玉…200円/真鱈白子の和え玉…500円
豚ごはん…200円/焼豚ご飯…500円


麺庵 利休



関連ランキング:ラーメン | 本郷三丁目駅春日駅水道橋駅



好み度:金目鯛の冷やしつけそばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6169-f33f3f2a