fc2ブログ
訪問日:2024年2月20日(水)

手打ち麺処 好き酒師-1

本日のランチは東急多摩川線・武蔵新田駅から徒歩5分ほどの商店街の中に昨年の2023年6月17日にオープンした『手 打 ち 麺 処 好 き 酒 師』という、ちょっと、風変わりな屋号の店へ!

川崎にある『自家製麺 麺屋 利八』という店の定休日に間借り営業していた人が開業した店で!
店で出されるラーメンというのが、もち小麦の「もち姫」を使って、手打ちした麺で作る『日陰』インスパイアだという!


『日陰』には一度だけ食べに行ったことがあって
「もち姫」を使って市川店主が作る手打ち麺をいただいたのは東京・下北沢の『純手打ち 麺と未来』に、まだ、店主が店長を務めていたときに食べて以来だったけど

やっぱり、市川店主しか作れない唯一無二の麺で!
あの、やわもちな食感の麺がたまらなく好きで
🥰

さらに、いただいた「海老ワンタンメン」の塩スープが、また、鶏ガラにゲンコツで炊いたと思われる動物系スープに昆布、煮干し、鰹節の乾物の旨味とアサリの旨味を重ねたといった味わいのスープで!
鶏出汁の旨味に乾物の旨味が巧みに引き出されていて


ゲンコツとアサリを加えることでスープに厚みが出ていて
重層的でコク深い味わいのスープが絶品だったから😋

また、「海老ワンタンメン」をリピートして食べてみたいし😋
未食の「濃口(醤油味)」も食べてみたいとは思ったけど

しかし、この日の市川店主は、以前とは違って、お客さんとの間にピリピリとした空気を作っていて
私は直接、被害を受けたわけではないけど

他のお客さんとのやり取りを見ていて、とても不快な気分になってしまって
また、ここで食べる気にはなれなかった😓

インスパイアでもいいので、あんな麺にスープのラーメンが食べられたら!
そう思って、こちらの店の存在を知って!


実は先月の1月23日に、今、話題の新店の『奈つやの中華そば』と連食で食べに行く予定をしていた🚊💨
しかし、思った以上に『奈つやの中華そば』で時間を費やしてしまい、食べるのを断念せざるを得なくなった

ところが、今日、また、午後に蒲田に行く予定が入ったので!
行くしかないでしょう♪


というわけで、蒲田に着いて、さらに足を延ばして東急多摩川線に乗り換えて!
隣駅を出て、次が武蔵新田駅というタイミングで


「次はムサシニッタ、ムサシニッタです。」のアナウンス!
「武蔵新田」って「むさしにった」って読むんだ!


初めて知った😅
そこでスマホに「むさししんでん」と入力すると

「武蔵新田 読み方」というのがトップヒット!
「むさししんでん」ではなく「むさしにった」なのか


それは、近くに「新田(にった)神社」があるから。
そして、新田神社に新田神社の祭神の「新田義興(よしおき)」については、こちらに詳細が書かれているので、ご覧いただくとして
😅

Googleマップを頼りに商店街を歩いていくと
ちょっと、商店街が寂しくなってきたきた右側に、その新田神社があって

その少し先の並びに店はあった。
10時53分着で、先客の姿はなく、ポール獲得♪


手打ち麺処 好き酒師-2

すると、店の左側の脇道から年配の男性スタッフの方が、こちらに向かって歩いてくるところで
私を見つけると

「お待ちいただいてるんですか」と聞かれて…
「そうです😊と笑顔で答えると♪

「早くからありがとうございます。」
「準備でき次第、開けますので、もう、しばらくお待ちください。」


そう言って、戻っていったけど
この方が、情報で聞いていた、まだ、若い店主のお父さまなんだろうね😊

この後、2人の女性のお客さんが後ろに並んだところで、10時57分に早開けして、開店🎊
一番に入店して

こちらの店には券売機は無いことを予め学習してきたので
オープンキッチンの厨房を取り囲むように配置されたL字型カウンター席8席のうちの一番奥の席について

卓上にあったメニューを見ると
「海老ワンタンメン」、「ラーメン」、「チャーシューメン」と、メニュー名まで『日陰』と全くいっしょ🤣

手打ち麺処 好き酒師-3

そして、「濃口(醤油味)変更」という表現ではなかったけど
「麺類は【しょうゆ】への変更できます…+50円」とあった🤣

そして、ご飯ものは「白ごはん」の他に「本日のごはん」があって
カウンター席の上の壁あったホワイトボードを見ると、今日は「ひき肉生姜ごはん(カレー味)」だった。

手打ち麺処 好き酒師-4

メニューは他に「麺大盛り」があるだけ。
そして、店主のお父さまに注文を聞かれて、オーダーしたのが「海老ワンタンメン」!


そうして、注文してから6分後の11時4分に私と後客2人の3個作りされたラーメンが完成すると
そのうちの「海老ワンタンメン」が私に、お父さまから、真っ先に供された。

手打ち麺処 好き酒師-5手打ち麺処 好き酒師-6

豚肩ロースのローストポークと鶏ムネ肉のレアチャーシューが1枚ずつに海老ワンタンが3個と
長ネギと小ネギの2種類の小口切りされたネギにカイワレがトッピングされた塩ラーメン🧂🍜

まずは、やや濁りのある塩スープをいただくと
鶏ガラ、ゲンコツの動物系メインに背黒、昆布、冬菇の乾物で味を整えたといった感じの味わいのスープで♪

手打ち麺処 好き酒師-7

これに、塩の尖のない、ほのかな甘みと酸味も感じる塩ダレがマリアージュしたスープは
濃密で、コクがあって、癖になる味わいで

めちゃくちゃ好みだし🥰
めちゃめちゃ美味しいじゃないですか😋

麺は、先人の皆さんが絶賛していたので、期待していいんだろうなと思っていた♪
でも、スープが、ここまで美味しいとは
😊

そして、もち小麦の「もち姫」を使って、手打ちして、手もみして仕上げた幅広で厚みもある平打ちの極太縮れ麺は、やわらかくて、もっちりとした、まさに『日陰』食感の麺で!
食感がたまりません
😆

手打ち麺処 好き酒師-8

それに、麺に不規則に付けられた縮れがコク旨なスープを拾ってくれて
めっちゃ美味しくいただくことができたし😋

ここで、後続のお客さんが多く入って来たのを見て
もう一杯、「醤油ラーメン」を連食することを決意!

どんな麺とスープなにか
まず、「海老ワンタンメン」を食べてから、「醤油ラーメン」も連食するか決めようと思って、「海老ワンタンメン」を注文した。

しかし、麺もスープも、思ったよりも遥かに美味しかったし😋
連食できたとしても、このタイミングを逃すと、だいぶ、待たされるので

店主に
「もう一杯醤油ラーメンを食べることってできます?」とお聞きすると…

「連食ですね♪」
「ありがとうございます。」
という返事が返ってきた。

本家では連食をお願いしたお客さんが、冷たい言われ方をしていたのに😓
インスパイアの店では喜んでくれる😅

さらに、お父さまから
「ラーメンでいいですか?」と聞かれて…

「どうしようかな?」
「じゃあ、醤油もワンタンメンにしようかな…」
と言うと…

店主から
「デフォのラーメンでもワンタンは1個入りますから♪」と言われて…

「では、デフォのラーメンで!」と言って、オーダーを告げたけど…
物腰もやわらかいし、こうして親切な接客なのが、スゴくいい😊

そして、てるてる坊主型の海老ワンタンは、海老と肉のハイブリット餡で!
みじん切りされた生姜も入っていて、とても美味しかったし
😋

手打ち麺処 好き酒師-10

皮も自家製だから「もち姫」で作られていると思われるのに
なぜか、薄皮の好みの皮で、チュルンとした食感が最高だったし😊

豚肩ロースのローストポークは、大きめで厚みもあるもので、やや、カタめにも感じられたけど
でも、噛む度に肉の旨味が滲み出てきて、めっちゃ、美味しかったし😋

手打ち麺処 好き酒師-9

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、やわらかくて、しっとりとした食感に仕上げられたもので
ソミュール駅に漬けて低温調理されているからか、塩味も、ちょうどいい感じだったし♪

そうして、最後は、美味しくスープを飲み干して完食😋
この後、少し時間が掛かって、「しょうゆラーメン」がお父さまから供されたのは11時27分。

手打ち麺処 好き酒師-11手打ち麺処 好き酒師-12

連食の注文を入れる前に後続のお客さんの注文が入ってしまったので、時間が掛かってしまった。
連食する場合は、最初から2杯オーダーしましょう
😅

豚肩ロースのローストポークと鶏ムネ肉のレアチャーシューが1枚ずつに海老ワンタンが1個と
長ネギと小ネギの2種類の小口切りされたネギにカイワレがトッピングされた醤油ラーメン🍜

先ほどの「ワンタンメン」とはワンタンの数が3個から1個に変わっただけで、他のトッピングは同じ。
麺もいっしょで、違いはスープの色だけ


まずは、醤油香る、こちらも、少し濁りのあるスープをいただくと
スープは「塩」も「醤油」も同じスープを温めていたので、鶏ガラ、ゲンコツの動物系メインに背黒、昆布、冬菇の乾物で味を整えたスープと思われるけど♪

手打ち麺処 好き酒師-13

出汁の旨味は、やはり、「塩」でいただく方がよくわかる♪
でも、この出汁の旨味に醤油の旨味も加えたスープは、とてもバランスのいいスープに仕上がっていて、「塩」も、めちゃくちゃ美味しかったけど、「醤油」も負けず劣らずの美味しさ
😋

「もち姫」で作られた、手打ちで手もみの平打ちの極太縮れ麺は、こちらも、先ほど同様のやわもち食感の麺で!
食感が最高だし
😆

手打ち麺処 好き酒師-14

麺に付けられた不規則な縮れがコク旨なスープを拾ってくれて
「醤油」スープの方が相性はさらにいいかも😊

海老ワンタンに豚肩ロースのローストポーク、鶏ムネ肉のレアチャーシューは、まったく、先ほど同様の感想で!
麺もスープもトッピングも文句の付けようがない一杯
😊

手打ち麺処 好き酒師-16手打ち麺処 好き酒師-15

もちろん、最後は、スープも全て飲み干して完食😋
食べ終えて、感じたこと

それは、このラーメンは『日陰』インスパイアではないってこと
メニュー名は同じだから、ここはインスパイアかもしれない😅

でも、麺は似通ってはいたけど、別に『日陰』の市川店主にレシピを教えてもらってるわけじゃないだろうし
これは、店主が『日陰』をリスペクトして、あんな麺を作りたいと思って独自に作りあげたもので!

スープとトッピングは『日陰』とは違ったし
だから、このラーメンは『日陰』をオマージュして作ったラーメンだと思う。

できれば、この、やわもち麺をつけ麺で食べてみたいな😊
ご馳走さまでした。



メニュー:海老ワンタンメン…1000円/ラーメン…900円/チャーシューメン…1200円

【しょうゆ】変更…+50円

麺大盛り…100円/白ごはん…100円
【本日のごはん】ひき肉生姜ご飯(カレー風味)…200円


手打ち麺処 好き酒師



関連ランキング:ラーメン | 武蔵新田駅矢口渡駅千鳥町駅



好み度:海老ワンタンメンstar_s45.gif
しょうゆラーメンstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6163-8e76dbf6