fc2ブログ
訪問日:2024年3月19日(火)

にしき之中華ソバ【参】-1

本日のランチは池袋駅西口の駅近くの路地にあって、朝8時から深夜1時まで通し営業してくれる『【新店】にしき乃中華ソバ-18にしき之中華ソバ』へ!

朝ラーできて、飲んだ後の〆のラーメンも食べられる😋
しかも、アイドルタイムがなく、他店が営業していないランチタイムとディナータイムの間の時間も営業してくれるので、とても使い勝手のいい店😊

Nishikiリレーションズ株式会社が経営する店で!
元々は神田小川町にある『麺堂にしき』本店と『麺堂にしき 新宿歌舞伎町』の2店で営業していた。


しかし、『にしき之中華ソバ』をオープンさせるのに伴い『麺堂にしき』本店を休業させて!
店長に『麺堂にしき』本店の店長を据えて!


味も、その店長に任せて、煮干しラーメンの店として一昨年の2022年12月16日にオープン🎊
その後、煮干し不足に煮干しの高騰もあって、昨年の9月22日から生姜ラーメンの店にリニューアルして、今日に至る。

ちなみに、オーナーがいる、所謂、資本系の店ではあるけど
他の資本系の店とは違って、PBスープを使ったり、セントラルキッチンで作ったスープのラーメンを出すわけではない。

スープは店炊きだし!
トッピングの具だって、店で仕込む。


ほぼ、やってることは個人店といっしょで!
資本系の会社が経営するラーメンチェーンとは違う。


それに、こちらの店の店長は、大人の事情で、出身、経歴などは書けないけど
都内の某有名店で修業した人で、スープはもとより店の自家製麺まで打っていたラーメン職人なんだよね😅

最初、それを知らずに神田小川町の店に伺った。
そして、店長が地鶏と昆布で作るスープの「塩らぁ麺」が、めっちゃ美味しかったので
😋

この後、何度か伺って、「醤油らぁ麺」「鰹昆布水醤油つけ麺」「鰹昆布水塩つけ麺」
さらに醤油味と塩味のダブルのつけ出汁でいただく「鰹昆布水醤油&塩つけ麺」もいただいた
😋

そんな店長が任された店だったので、オープン直後に伺って!
先々月の1月に行われた一周年記念限定が提供されたときにも伺った。


どちらも、美味しい煮干しの「中華そば」に「つけ麺」だった。
しかし、神田小川町時代のラーメンにつけ麺と比べると見劣りしてしまう


小川町の店とは違って、場所もいいし!
営業時間も長さもあって、多くのお客さんを集客できる店だし!


だから、それだけ多くのスープも用意しないといけない。
実力のある人なのに、それで、実力を発揮できないのかな
😅

そんな印象だった。
だから、前回のブログでは辛口のコメントもしてしまった。


ただ、店長が、今、この池袋の店で出している生姜ラーメンに生姜昆布水つけ麺は食べてないので
それを食べないと実力は測れない

しかし、生姜ラーメンは、そんなに好きではないんだよね😅
それで、訪問できてなかったけど

XのTLに、こんな限定をやるというポストが流れてきて
この店のラーメンらしくない「意識高い系ラーメン」画像を見て、めっちゃ食べたくなった😋



池袋駅西口からすぐ近い場所にはあるけど
西口中央のエスカレーターを上って外に出たら、左側に行く人って、どれくらい、いるのかな

右に曲がる路地が何本かあるけど、怪しい感じだし
そんな怪しい路地のレクの隣にある店へとやって来たのは、お昼の12時47分。

入店すると、オープンキッチンの厨房には店長とスタッフの人の2人!
そして、その厨房前にある11席のL字型カウンター席にはお客さんが5人!


まずは券売機で「限定」と「半ライス」の食券を買って、空いていた席へと着いて
カウンターの上に食券を置くと、スタッフの人が、すぐに食券を回収にきた。

にしき之中華ソバ【参】-3にしき之中華ソバ【参】-2

店長は先客2人のラーメンを作っていて
そのラーメンを作り終わると、すぐに私の限定ラーメン作りに入って

1分20秒で茹で上げられた麺がスープの張られたラーメン丼に入れられると
箸で麺を整えて

スタッフの人との共同作業でトッピングの具が盛りつけられて完成した「白トリュフ香る鴨としじみの塩ラーメン」がスタッフの人によって供されると
すぐに「半ライス」もサーブされた。

にしき之中華ソバ【参】-4

鴨ロースのロティが3枚と、その上に木の芽🦆🌿
さらに、青山椒がパラリと掛けられて

芽キャベツと、その上にパプリカのすり流し!
十和田湖産しじみ、鴨団子、バラ海苔がトッピングされた、とても美しいビジュアルの塩ラーメン


にしき之中華ソバ【参】-5にしき之中華ソバ【参】-6

まずは、青山椒が掛けられた鴨ロースのロティを木の芽を乗せたまま「小ライス」の上に移動!
さらに、十和田湖産しじみにパプリカのすり流しが載る芽キャベツも移動させて


にしき之中華ソバ【参】-7

宍道湖しじみで出汁を引いたという、少し濁りのあるスープをいただくと
鴨と白トリュフが香るスープで🎶

にしき之中華ソバ【参】-8

黒トリュフではなく白トリュフオイルを使っているので!
出汁の旨みを損なわずに贅沢なフレーバーだけを感じさせてくれるのがいい
😊

そして、スープは
しじみ!しじみ!しじみ!

しじみのエキスが出まくった濃厚しじみスープで!
貝好きにはたまらない味わい
😆

それと、これは塩ダレに入れられたものか
昆布と鰹節の旨味も入っていて

しじみのコハク酸と昆布のグルタミン酸、鰹節のイノシン酸の旨味が融合することで!
その相乗効果で、スープの旨味が強くなっていたし♪


「めっちゃ美味しいじゃないですか😋
そう店長に言うと

これはスタッフの人が作った限定だと話していて
その会話を聞いていたヘビーウェイトのスタッフの人が顔を綻ばせて喜んでいたけど

どうやら、スタッフの人のアイデアで作った限定ラーメンのようで!
店長がアドバイスして完成させたようだったけど


春らしさを感じるラーメンで見た目がいいだけじゃなく
味もよくて♪

さらに、このスープ!
「これ、無化調なんですよ…」


店長は、さらっと、そう言っていたけど
無化調で、これだけの旨味を出せるのもスゴいし♪

そして、このしじみをガツンときかせた塩スープに合わされた麺は、全粒粉が配合された切刃22番と思われるウェーブがかった麺で!
するすると入っていく、啜り心地のいい麺で
😊

にしき之中華ソバ【参】-9

加水率33%くらいの、少し加水率低めの中加水麺だと思われるけど
スープとの絡みもよかったし♪

これは、レギュラーの「中華そば」に「塩そば」にも使用されてるのかな!?
店長に確認してないので、わからないけど

スゴく素朴な食感の麺で
結構、好きかも🥰

そして、寄せておいたバラ海苔といっしょにいただくと、バラ海苔の磯の香りが口の中に広がるのがよくて♪
シャリシャリとした食感もよかったし
😊

そうして、麺を食べ切ったところで
残ったスープを鴨ロース他の具が載る「半ライス」に掛けて、「鴨としじみの雑炊」にしていただくと

にしき之中華ソバ【参】-10
にしき之中華ソバ【参】-11にしき之中華ソバ【参】-12

まず、鴨ロースのロティは、火入れの状態もよかったし♪
噛めば、ジューシーな鴨ムネ肉の旨味を感じる逸品で
😊

それに、青山椒が掛けられているので!
爽やかで、微かにスパイシーな風味が口の中に広がるのもよかったし♪


鴨団子も、鴨らしい濃厚でジューシーな味わいのもので🦆
スゴく美味しかったし😋

芽キャベツは甘みの中にも、ほのかな苦さもあるところに
パプリカのすり流しのフルーティーな甘みが加わって、とてもいい感じだったし♪

そして、濃厚しじみ出汁を吸ったご飯も最高で😆
最後まで美味しく完食😋

しかし、周りのお客さんは、先客も、後から入ってきたお客さんも、デフォルトの生姜ラーメンばかり食べていて
限定を食べていたのは私だけだったけど😅

これは、かなり出来の良い一杯なので、おすすめです😊
ご馳走さまでした。

にしき之中華ソバ【参】-13

メニュー:チャーシュー麺…1300円/中華そば…950円/味玉中華そば…1100円/特製中華そば…1250円
生姜昆布水チャーシューつけそば(醤油)…1450円/生姜昆布水つけそば(醤油)…1100円/生姜昆布水味玉つけそば(醤油)…1250円/生姜昆布水チャーシュー特製つけそば(醤油)…1400円

塩チャーシュー麺…1300円/塩そば…950円/味玉塩そば…1100円/特製塩そば…1250円
生姜昆布水チャーシューつけそば(塩)…1450円/生姜昆布水つけそば(塩)…1100円/生姜昆布水味玉つけそば(塩)…1250円/生姜昆布水チャーシュー特製つけそば(塩)…1400円

【限定】白トリュフ香る鴨としじみの塩ラーメン(並盛のみ。大盛不可)…1300円

麺大盛…180円

ネギ飯…300円/ネギ飯(大盛)…300円/ライス…150円/ライス(大盛)…150円/半ライス…80円
チャーシュー(煮豚)…250円/窯焼きチャーシュー…250円/バラ軟骨煮込み…150円/ネギ…100円/メンマ…200円/味玉…150円/失敗味玉…60円/海苔…100円/ほうれん草…200円/生たまご…50円/特製トッピング…300円


にしき之中華ソバ



関連ランキング:ラーメン | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅



好み度:白トリュフ香る鴨としじみの塩ラーメンstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6155-f0f4589f