fc2ブログ
訪問日:2024年2月22日(金)

【新店】らぁめん 涼虎-2

本日のランチは大阪市旭区の大阪メトロ谷町線・千林大宮駅近くに2月4日にオープンした新店の『らぁめん 涼虎』へ!

情報によると
東京の『麺処 ほん田』で5年修業して!

大阪でラーメン店をオープンすると決めて!
『中華そば 無限』他の関西のラーメン店でも計12年間修業を重ねた店主が開業した店なんだそう!


開業前の店主のXを見る機会があって、『麺や 大山』に開業の挨拶に行っていたので、『麺や 大山』出身なのかと思ったら
オープン日には『中華そば 無限』の岡田店主がヘルプで来ていて!

その『中華そば 無限』の岡田店主に『麺処 ほん田』の本田店主からも開店祝いのフラワースタンドが贈られていたので、情報通りなんだろうと思うけど
武庫川の『らーめん専門 和海』の木下店主からのお祝いの花とあったので、『和海』か、この系列店にいたのかも!

でも、どうであれ、何れの店のラーメンも好みだし🥰
次回、大阪に行く機会があれば、ぜひ、食べてみたいと思っていた😋

のぞみで新大阪へ!
一仕事して、大阪に家系ラーメンの文化を持ち込んだ『ラーメン そらの星』に最後に訪問した2011年10月16日に以来と思われる千林大宮駅に12年ぶりに下車して


国道1号線沿いに建つレトロな佇まいの小料理屋のような店へと12時34分にやって来ると
外待ちはなし。

店頭には記名帳が置かれていたけど、名前のすべてに打ち消し線が引かれていたので
木製の引戸を開けて入店すると

オープンキッチンの厨房の前に造られたL字型カウンター6席の客席にはお客さんが5人。
そして、その厨房では店主が1人、ワンオペでラーメンを作っていた。


券売機はなかったので、1席だけ空いていた
L字型カウンター席の短手の手前側に2席あるうちの左のコーナー近くの席へと着く。

メニューは醤油ラーメン一本で!
「涼虎らぁめん」に「かけらぁめん」の二択!


「涼虎らぁめん」は叉焼2枚にワンタン入り。
「かけらぁめん」は具はネギのみのネイキッド!


後は「肉増し」、「ワンタン」、「味玉」の単品トッピングをプラスする。
面白いのは「ワンタン」まで入り、叉焼も2枚入る「涼虎らぁめん」が1,000円。


「かけらぁめん」も700円と良心的な価格設定なのに♪
単品トッピングが「肉増し」500円、「ワンタン」300円、「味玉」200円とお高めに感じられたこと
😅

先客2人のラーメンを出し終えた店主が注文を聞きに近づいてきたので
「涼虎らぁめん」に「肉増し」をお願いする。

店主の顔を見て
何処かで会ったような

『麺処 ほん田』に5年いて、修業経験12年だから
大阪のどこかの店に移籍して7年

ということは『麺処 ほん田』の本店が東十条にあった時代か
『中華そば 無限』は厨房がクローズドキッチンだから

そこから、ちょくちょく出てきては話しをするおしゃべり好きな岡田店主に奥さま、娘さんはわかるけど
『中華そば 無限』では会ってないよね

なんて思いながら
帰りがけにお会計をするときに

「忙しくしてて、ご挨拶もできなくて、失礼しました。」
「わざわざ、大阪まで食べに来てくださったんですね。」


「ありがとうございます。」
そう、店主に言われて


向こうは私のことを知っているのに
思い出せない😓

ヤバい😅
でも、仕方ない。

「どこで、お会いしましたっけ?」
恥ずかしながら、そう聞いてみると
😅

「篠原さんが店長だった大宮の店で…」
「カイさんの店でも…」


そう言われて
「カイさんって?」と聞き返すと…

「テツシですよ。」と言われて…
思い出した😊

「カイ」さんとは『ラーメン哲史』の甲斐店主のこと。
『哲史』のオープンキッチンの厨房の客席から見て左側に立っていたスタッフの人だった。


「篠原さん(※1)、金沢でつみきをオープンさせたけど、まだ、行けてない…」と話し…
「ほん田の東十条にいたの?」と聞くと…

「本店(※2)にも東京駅(※3)にもいました。」
という答えがあったけど

※1 閉店した『麺処ほん田 niji 大宮店』で店長を務めていた人で、「ほん田」グループを卒業して東京・池袋に『麺処 篠はら』をオープン!
現在は金沢に移転して『麺処 つみき』として営業。


※2 『麺処 ほん田』創業の店で、本店は秋葉原に移転して、現在は『麺処 ほん田 東十条店』としてG系ラーメンを提供。

※3 東京駅の地下1階東京一番街のラーメンストリートにあった『麺処 ほん田 東京駅一番街店』(期間満了による入れ替えにより閉店)

西村店主は東十条の『麺処 ほん田』のかつての本店に閉店した『麺処 ほん田 東京駅一番街店』、『麺処 ほん田 niji 大宮店』
そして『ラーメン哲史』にもいたことがわかった。


注文を受けると、隣の席の1人でビールを飲んでいた先客のお姉さんの分と合わせ、ラーメンを2個作りし始める西村店主!
スープを雪平鍋で温めていって


蓋付きの大きな鍋の蓋を取ると、手もみした麺をテボに入れて茹でていく
そして、3分34秒後にテボを引き上げて、平ざるに移すと

巧みな平ざる捌きで麺をバウンドさせて、スープの張られたラーメン丼の中へと入れていって
最後にトッピングの具が載せられて、完成したラーメンが隣のビールのお姉さん、私の順でサーブされた。

【新店】らぁめん 涼虎-3【新店】らぁめん 涼虎-4

供された「涼虎らぁめん」の「肉増し」は大小合わせて豚バラ肉の煮豚が4枚と豚内もも肉の炭火焼き燻製低温調理チャーシューが6枚載る肉三昧のチャーシューメン🥩🍜
具は他に小さなかわいい肉ワンタン、ダークブラウンの色黒なメンマほうれん草、海苔、刻みネギ

【新店】らぁめん 涼虎-5【新店】らぁめん 涼虎-6

「肉増し」は500円増しだったけど、これだけチャーシューを増してくれたら、500円は納得の価格なんじゃないかな!
ただ、こんなに要らないので、この半分の「ハーフチャーシュー」を300円とかで販売したら、もっと、チャーシューの注文が増えて、客単価アップに繋がるんじゃないのかな
😊

まずは、後で西村店主が「白河中華リスペクトです。」と言っていた
鶏油と思われる香味油がキラキラと煌き、醤油が香るスープをいただくと

【新店】らぁめん 涼虎-7

ゲンコツに鶏ガラの動物系出汁の旨味に
背黒の煮干しの旨味!

鰹と鯖の節の旨味!
さらに、昆布と冬菇の旨味も感じられて


この豚と鶏の動物系をベースに乾物の旨味を重ねた出汁に濃口醤油に味醂と少量のお酢も加えたような、やや、濃いめで甘味があって、酸味も感じられる味わいのカエシを合わせたスープは、めちゃくちゃ好みだし🥰
めちゃめちゃ美味しい😋

そして、この絶品スープに合せられた麺は、開店祝いの観葉植物が店内に飾られていた
『中華蕎麦 とみ田』の製麺所である「心の味食品」謹製の麺で!

【新店】らぁめん 涼虎-8

切刃16番の中太ストレート麺を西村店主が丹念に手もみして縮れを付けた麺は、プリプリでもちもちとした食感の麺で!
食感が、めっちゃ好み
🥰

【新店】らぁめん 涼虎-9

それに、不規則に付けられた縮れがスープを拾ってくるので、スープとの絡みもよくて♪
そのおかげで、スープをより美味しくいただくことができたし
😋

豚バラ肉の煮豚は、濃いめの味付けだったけど、こういうのも好みだし🥰
肉のジューシーさを感じる美味しい煮豚だったし😋

【新店】らぁめん 涼虎-10【新店】らぁめん 涼虎-11

豚内もも肉の炭火焼き燻製低温調理チャーシューは、スモーキーな燻香がたまらなくよくて😆
でも、火が入りすぎてしまっていて

豚内もも肉だったこともあって
食感がカタく感じられてしまったのが

肉ワンタンは肉餡が、ちょびっとで、ほぼ、ワンタンの皮を食べてる状態だったけど😅
でも、ワンタンの皮のチュルンとした食感が、めっちゃ、よかったし♪

【新店】らぁめん 涼虎-12

メンマは、味濃いめ😅
でも、この濃いめの味付けなのがよくて♪

【新店】らぁめん 涼虎-13

ほうれん草は、やわらかくて、箸休めによかったし😊
そうして、最後は、スープも全部飲み干して完食😋

豚内もも肉の炭火焼き燻製低温調理チャーシューは思うところはあったけど
スープと麺は、かなり好みで美味しかったし😊

今後、「塩らぁめん」もメニューに加えていくということだったので!
また、大阪に来る機会があれば、食べてみたい
😋

オープンおめでとうございます🎉
ご馳走さまでした。



メニュー:涼虎らぁめん…1000円/かけらぁめん…700円

トッピング
肉増し…500円/ワンタン…300円/味玉…200円

土鍋炊き白ごはん
小…200円/中…250円/大…300円


らぁめん 涼虎



関連ランキング:ラーメン | 千林大宮駅森小路駅千林駅



好み度:涼虎らぁめんstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6129-c4367ea5