fc2ブログ
訪問日:2023年2月20日(月)

らぁ麺 飛鶏-1

本日のランチは、まず、蒲郡市にある『だし・麺 未蕾』で「だしそば(しお)」をいただいて、次に向かったのが春日井市の『らぁ麺 飛鶏』!

日本全国のラーメンを食べ歩くラーメンフリークであり、イタリアンの料理人の経験もある店主が、独学で研究を重ねて2013年9月26日にオープンさせた店🇮🇹👨‍🍳

食べログ「愛知 ラーメン・つけ麺 人気ランキング」第2位の人気店であり♪
「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」のビブグルマンにも掲載された実力店でもある。


愛知県のラーメン店にはブログを始めるようになってから、今まで79回も訪れているけど、多くは名古屋市内なので😅
訪問するのは今回が初めて!

蒲郡駅からJR東海道本線の快速・大垣行きに乗車して金山駅へ🚊💨
金山駅からは名古屋地下鉄名城線に乗り換えて平安通駅へ🚇💨

平安通駅からは名鉄小牧線直通の日本一短い地下鉄路線である名古屋地下鉄上飯田線・犬山行きに乗車して🚇🚊💨
店の最寄り駅である名鉄小牧線・味鋺(あじま)駅で下車。

らぁ麺 飛鶏-2

駅から950mある店へ13分ほど歩いて、13時ジャストに店にやって来ると🚶‍♂️
店は5店の飲食店が軒を連ねる長屋の一番右にあった。

らぁ麺 飛鶏-3

店頭に7脚ある椅子は埋まり
さらに、立って待つお客さんも5人

人気店とは聞いていたけど
月曜日だし、お昼のピークも過ぎた時間だというのに流行ってる♪

これは待つかなと思ったら😅
案の定、入店できたのは30分後の13時30分🕜

まずは、券売機で食券を購入する。
メニューは「鶏そば」に「鶏白湯そば」!


らぁ麺 飛鶏-4

数量限定の「濃厚鶏白湯そば」に「つけ麺」、「濃厚つけ麺」は売り切れ!?
それとも、今日は販売されてないのかマークが点灯していた。

「鶏そば全部のせ」に「鶏そばチャーシュー」が大きなボタンになっていて!
店のおすすめなのは歴然
🤣

でも、いつもだったら、その手には乗らないところだけど😅
今日は違った♪

券売機のお札の挿入口に千円札を挿入して、「鶏そばチャーシュー」のボタンをプッシュ!
店のおすすめの一つがチャーシューメンというのもあったけど


チャーシューメンで990円と千円でお釣りがくる価格だったので♪
しかし、もっと、驚かされたのはデフォルトの「鶏そば」の690円という価格!


東京ではデフォのラーメンが1,000円オーバーという店もポツポツ出てきているというのに
今時、600円台のラーメンというのは😯

しかも、ブロイラーのガラで作ったラーメンなら、まだしも
いや、それでも、600円台の店なんて、東京では思いつかないくらいなのに

それに、こちらの店では、券売機にもPOPが貼られていたけど
「純系名古屋コーチン」に「みやざき地頭鶏」のブランド地鶏と鶏節の鶏100%で出汁を引いたコストの掛かった高級なスープなのに😲

らぁ麺 飛鶏-8

食券を買って、食券を受け取りに来た女性スタッフの人に渡すと
店の奥から手前側に向かって縦に4席ずつ、向かい合わせに座るカウンター席の入口に一番近い席へと案内されてしまった😞

しかも、厨房から一番遠い席で
それに、この8席は、前も横も衝立があって、厨房の様子は、ほぼ、わからない

席は他に奥にあるオープンキッチンの厨房の前にカウンター席が3席あって!
そっちに案内してもらって、店主がラーメンを作るのをライブで見たかった
😣

でも、仕方ない
そこで、黙って、ラーメンができるのを待っていると

9分ほどで、「鶏そばチャーシュー」が女性スタッフの人によって配膳された。
豚もも肉に鶏ムネ肉のレアチャーシューに豚バラ肉のローストチャーシューの3種類のチャーシューにメンマ三つ葉がトッピングされた美しいビジュアルの醤油チャーシューメン
🍜✨

らぁ麺 飛鶏-5らぁ麺 飛鶏-6

まずは、生揚げ醤油が芳醇に香るスープをいただくと
淡麗な鶏清湯醤油スープは厚みはないけど

スープの抽出温度と抽出時間が巧みだからか
地鶏出汁の旨味が、しっかりと抽出されていて🐓

らぁ麺 飛鶏-7

さらに、これに鶏節の旨味が重ねられて♪
これに、地鶏の鶏油とカエシに使われた生揚げ醤油の旨味とコクがハーモニーを奏でるスープは絶品
🎻

このスープでデフォの「鶏そば」だったら690円って😲
1,000円で販売してもいいんじゃないかな♪

コスパ最強😊
でも、これで、利益が出るのか、マジで心配になる😅

麺は幅広の平打ちストレートの自家製麺が合わせられていて!
なめらかで、つるもち食感の麺で、麺自体の食感は、とてもいい♪


らぁ麺 飛鶏-9

ただ、これが鶏清湯醤油のつけ麺だったら、バッチリ合いそうだけど!
ラーメンだったら


普通に切刃22番の中細ストレート麺でよかったんじゃないかな!?
平打ちなので麺がスープに絡まないわけではないけど、絡みが弱く感じてしまう

券売機に「手もみ太麺に変更」とあったので、デフォだと中細麺なんだろうと思っていた。
それが、デフォでこの麺ということは


この麺を手もみするってことなのかな
手もみすれば、不規則に付けられた縮れがスープを持ってきてくれるので、いいと思うけど

ただ、自家製麺の店なので、もっと、このスープに合う麺を作ってもらえると
もっと、スープを美味しくいただくことができるので😋

3種類のチャーシューのうち、鶏ムネ肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感のものでいいと思う。
豚バラ肉のローストも余分な脂が落とされていているのがいい。


ただ、どちらのチャーシューも個人的に嫌いではないけど、好みでもないし
特に鶏ムネ肉のレアチャーシューは3枚も要らないので

「鶏そばチャーシュー」は、この豚と鶏のミックスチャーシューでいいとしても
単品トッピングで豚チャーシューだけトッピングできるようにしてもらえるといいと思うんですけど😅

らぁ麺 飛鶏-10らぁ麺 飛鶏-11

それと、豚モモ肉のレアチャーシューは肉の旨味が閉じ込められたレアチャーシューで美味しかった😋
ただ、太い血管が残っていて、血が赤い点になって表面に出ていたのが、ちょっと、気になったかな😅

低温でじっくりと加熱してあって、問題はないのはわかっている。
でも、豚肉なので心配になるお客さんもいると思うし、見た目もよくないので、焼入れしてもらえるといいと思うんですけど
😅

メンマは外はコリッ!
中はサクッ!


らぁ麺 飛鶏-12

コリサクな好みの食感のものでよかったし♪
三つ葉の風味も、この醤油スープにはバッチリ合っていたし!


今日、これが2杯目のラーメンだったけど、スープがバツグンに美味しかったので♪
最後は、スープも全部飲み干して完食
😋

麺とチャーシューは思うところはあったけど😅
スープは絶品だったし😋

これをデフォの「鶏そば」だったら690円で提供してくれる店の姿勢には頭が下がる。
ご馳走さまでした。




PS この後、10周年を機に2023年10月1日からメニューのリニューアルが行われて、デフォルトの「鶏そば」も「地鶏そば」として1,000円に価格改定された。



でも、「高原コーチン」のブランド名で販売されている、標高1100mの高原で通常の倍以上、およそ200日かけて飼育した純系名古屋コーチンの雌のみと!
フランス三大地鶏の一つであるブランド鶏の「プーレノワール」を使用して作った地鶏100%の清湯スープの醤油ラーメンだから、1,000でもコスパは高いと思うけどね♪


自家製麺もチャーシューのクオリティも、かなり、よくなったみたいなので😊
機会があったら、ぜひ、食べに行きたい😋



メニュー:鶏そば全部のせ…990円/鶏そばチャーシュー…990円
鶏そば…690円/手もみ太麺に変更(鶏そば専用)…100円/地鶏の脂増し(鶏そば専用)…60円

鶏白湯そば…950円/濃厚鶏白湯そば(数量限定)…1000円
つけ麺(数量限定)…1000円/濃厚つけ麺(数量限定)…1000円

麺大盛り…150円
らぁ麺 つけ麺
並 150g 並 200g
大 220g(スープも増量) 大 300g

トッピング
全部のせ(チャーシュー&メンマ+煮玉子)…300円/チャーシュー…300円/特上(数量限定)…600円/煮玉子…100円/メンマ…200円/バラのり…100円

ライス(小)…100円/ライス(大)…150円/チャーシュー丼…400円


らぁ麺 飛鶏



関連ランキング:ラーメン | 味鋺駅勝川駅(東海交通)



好み度:鶏そばチャーシューstar_s40.gif
接客・サービスstar_s30.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6122-f0a71e3c