fc2ブログ
訪問日:2024年2月11日(日)

かどかわ-1

本日の建国記念の日のランチは成田で!

今日は家内と成田山新勝寺に行って、参拝して
お昼は、家内の希望で、成田山新勝寺総門脇にある『駿河屋』でうな重を食べる予定😋

愛車のマーチNISMO Sを駆って成田へ!
そして、もうすぐ11時になる頃に成田山新勝寺の近くまでやって来ると、ピタッと動かなくなった。


抜け道を走っても、通行止めになっていたり
どこの駐車場も満車で、駐車するための長蛇の車の列ができていたりして

参拝を諦めて、『駿河屋』でうなぎを食べるのも諦めて、向かったのが『い志ばし』!
うなぎ屋が道の左右に並ぶことから通称「うなぎ街道」と呼ばれる千葉県成田市の宗吾街道沿いにある7店のうちの1店!


こちらの店は、関東では珍しい蒸さないで直火焼きするうなぎが食べられる店!
愛知県瀬戸市にある『うなぎ 田代』で直火焼きにはまった人が、何かのレビューに、ここを推していたのを見ていたので!


そうして、464号線を左折して、うなぎ街道に入り、『い志ばし』の駐車場に入ろうとすると
駐車場は満車で、1台の車が駐車場が空くのを待っていた。

すると、街道を挟んで向かいにある店の中からお客さんが出てきて、車に乗り込もうとしていた!
ラッキー♪


その車が出るのを待って
その場所に駐車🅿

車から降りて、店の前まで行くと
ボードに名前と人数を書くようになっていた。

6組待ちで、お客さんの総数は25人。
入るのに1時間以上待ちそう
😓

さらにうなぎが出てくるまでに30分は掛かると考えると
うなぎにありつけるのは1時間30分後の13時10分以降か😅

しかし、「い志ばし」、スゴい人気だな!
でも、家内は、そんなに待てないんじゃないかと思いながらも、名前と人数を書き込んで、車に戻る。


そして、状況を説明して
「うなぎ街道」の他の店に行こうかと持ちかけると

ここで、待つということだったので
長期戦を予想しながら待つことに😅

そして、意外に店舗の佇まいも雰囲気もいい感じの店だなと思いながらも、店の外観を見ていると
壁に『かどかわ』の看板を発見!

あれっ😯
ここ、「い志ばし」じゃない😅

「い志ばし」だと思って入った店は「かどかわ」だった。
成田参道のうなぎ屋は学習してきていた。


それと、『い志ばし』は名前と直火焼きうなぎの店ということは知っていた。
しかし、それ以外は知らなかったし
😓

さらに、ここ「うなぎ街道」にある他の店の知識は無く😅
こちら『かどかわ』も、失礼ながら存じ上げなかった😓

道路の向かい側を見ると
あった、『い志ばし』!

そこで、道路を渡って、店の入口に行ってみると
店の裏に回って、番号札をもらって待つとあった。

行ってみると、こちらにも駐車場があって、ここに15人ほどが待っていた。
どうするか


番号をもらって、こちらに車を移動するか
ただ、先ほどの店の手前の駐車場もいっぱい!

それに、こちらの店の裏手の駐車場もいっぱいだし!
車で待つお客さんの数を考えると、待ち時間は五十歩百歩か


車に戻って、家内に状況を説明すると
「ここで待とう。」ということだったので、意を決して待つことに😅

この後、店主らしき人物が網と盥を持って、外にあった掘っ建て小屋のような建物に入って行ったのを車の中から見ていて
生け簀にうなぎを取りに行ったのかと思ったら、真鯉だった。

かどかわ-2

調べてみると、こちらの店、鯉のあらいや夏限定で、えびがに(アメリカザリガニ)のニンニク醤油煮などもメニューにある店だとわかった。
さらに、待つうちにわかったのは、こちらの店も、うなぎを蒸さない店で!


湯通しするんだとか!?
具体的に、どんな作業をするのかわからないけど

そうして、ようやく、女将から名前を呼ばれたのは13時9分。
到着から、ちょうど1時間30分後
😅

奥の座敷に先客2人ともに案内されて
衝立を隔てて、奥の窓際の席に先客が座り、手前に私たちが座る。

メニューは「上うな重」、「白焼」、「蒲焼き」、「きも焼」と鯉の「あらい」に「ぬた」!
「うな重」は「上うな重」一つだけ!


かどかわ-3

そして、先客2人の注文は「上うな重」2つ!
すると、女将から


「ご飯の量を無料で中盛り、大盛りにもできますけど!?」と聞かれて!
男性は「大盛り」、女性が「中盛り」でオーダー!

私たちの番になって、やはり「上うな重」を2つお願いして
さらに、女将さんの先客へのアナウンスを聞いていたので

家内は
「ご飯少なめにできますか!?」と聞いて…

「できますよ。」と答えがあったので!
「では、それでお願いします。」と言って…

私は
「普通盛りでお願いします。」と答えて注文確定!

そうして、この後、13時33分に「上うな重」が配膳されることになるんだけど
到着から、ここまで1時間54分と、2時間近くも掛かってしまった😓

かどかわ-4

なお、先客の男性に運ばれてきた「上うな重」の「大盛り」は、ご飯の量が多すぎて、お重の蓋が持ち上がって、中のうなぎの蒲焼きが見えてる状態!
迫力はあったけどね
😅

蒸しの工程のないうなぎは
皮はパリッ!

しかし、湯通ししたからか!?
身はふっくらしていて!

かどかわ-5かどかわ-6

関西と関東のいいとこ取り♪
やや、身はカタめには感じられたけど


タレは甘めで濃いめの関東らしい味付けで♪
やっぱり、蒲焼は甘さ控えめので薄味のものより、甘め、濃いめが好きかな
🥰

そうして、途中で、山椒で味変させて!
最後まで美味しく完食
😋

肝吸いは、新鮮な肝が使われていて♪
ほろ苦い肝が、やさしい味の汁と上手く調和していていたけど


刻みネギがいっぱい入っていて、ネギの風味が汁に移ってしまったのが、ちょっと、気になったかな
ネギよりも、やっぱり三つ葉がいいな

漬物は奈良漬ではなく人参に沢庵、大根の茎。
これは可もなく不可もなくかな
😄

美味しいうな重だった😋
ただ、待たずに食べられるんだったら、また、食べたいとは思うけど♪

2時間待ちして食べる価値かあるかというと、疑問かな😅
ここは、というか

成田にうなぎを食べに行くなら、今回のような三連休に行くのは避けるべきだと思う😅
ご馳走さまでした。

かどかわ-7
かどかわ-8

メニュー:上うな重…3630円/白焼…3410円/かば焼…3410円/きも焼…1210円
鯉のあらい…1000円/ぬた…1000円


かどかわ



関連ランキング:うなぎ | 下総松崎駅成田湯川駅宗吾参道駅



好み度:上うな重star_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6119-3ab5bf8b