fc2ブログ
訪問日:2024年2月10日(土)

【新店】大勝軒おはこ 本八幡分店-1

本日のランチはJR本八幡駅近くに昨日の2月9日にオープンした『大勝軒おはこ 本八幡分店』へ!

千葉県八千代市にある『大勝軒おはこ 八千代店』の分店!

でも、以前にも京成本八幡駅のすぐそばに『大勝軒おはこ勝庵』の名前で出店!
しかし、そんなに長く営業しないうちに閉店したはずだけど


店主は千葉県市川市出身で!
リベンジで、また、地元に店を出すってことなのかな


オープン情報を聞いて、すぐに、そう、思った。
しかし、店で出すラーメンが「白河ラーメン」というのには驚かされた
😯

【新店】大勝軒おはこ 本八幡分店-2

『大勝軒おはこ 八千代店』といったら、現在の『東池袋大勝軒 本店』ではなく、2007年3月20日に幕を下ろした旧『東池袋大勝軒』
「最後の番頭」、「味の番人」などと呼ばれた、現在は東京・巣鴨で『東池 おはこ 大勝軒』を経営する柴木さんに教えを受けた千葉県市川市出身の方が2007年6月にオープンさせた店。

オープンまでの経緯などはこちらのブログに詳細が記載されているので、ご覧いただければと思いますが
だから、また、『東池袋大勝軒』伝承の「もりそば」、「中華そば」で勝負するのかと思っていたのに

「白河ラーメン」とは!
でも、なぜ、「白河ラーメン」
!?

そこで、『大勝軒おはこ 八千代店』のXを見に行くと
昨年の11月3日に、こんなポストがあった。



さらに、遡って見てみると
こんなポストもしていて



暖簾を掛けかえて、「白河中華」が提供していたみたいで!
この「白河中華と大勝軒のハイブリッド」のラーメンが提供させるんだろうと思われる。


ただ、「白河中華と大勝軒のハイブリッド」って何だろう!?
それを確かめるために店へと向かうことに🚃💨

JR本八幡駅北口を出て、京成本八幡駅方向に駅前のロータリーを右回りに歩いて、その、すぐ先にある路地を右折すると
すぐ、右側に店が見えてきた。

ただ、この店!
入口のガラスの中央部に「くもりガラススプレー」がされていて


これは透明ガラスにスプレーするだけで、くもりガラスにできるもの。
でも、こうすることで、中は見えなくなる効果はあるけど


ラーメン店の場合は逆効果なんじゃないのかな!?
中が見えないと入りづらいと思うんですけど😓

入店すると、ほぼ、満席状態🈵
客席は多くて、テーブル席とL字型カウンター席を合わせて20席以上あったと思われるけど

三連休の初日の土曜日!
時間は12時53分。


ある程度の集客は期待できるだろうし♪
飲食店としては、お客さんに来てもらわないと困る時間だろうけど


まだ、オープンしたばかりで
店の中が見えないのも不利だし

さらに、何か割引きするなど、オープンキャンペーンでもやっていれば別かもしれないけど、そんなこともなく
お客さんは、そんなに入ってないんじゃないかと思っていたのに😅

まずは、店を入って、すぐ、左にあった大型の券売機で食券を購入する。
メニューは基本の「白河中華そば」!


【新店】大勝軒おはこ 本八幡分店-3

これに、ワンタンと焼豚をトッピングした「ワンタン麺」、「焼豚麺」、「焼豚ワンタン麺」!
麺半分の「レディースラーメン」!


この中から「ワンタン麺」をチョイス!
最初は「焼豚ワンタン麺」を食べるつもりだったけど、「ワンタン麺」を食べてXに上げていた人の焼豚の量が、それなりに多かったので♪


オープンキッチンの厨房を囲むように造られたL字型カウンター席のうちの2席空いていた席の一つに案内されて、スタッフの女子の1人に食券を渡してラーメンができるのを待つ。
そして、その厨房には男女合わせて6人ものスタッフの姿があったけど


個人店なんだろうか!?
なんか違うような

最初は『大勝軒おはこ 八千代店』のスタッフが総出で手伝いに来たのかなと思ったけど
店主の姿はなかったし

『大勝軒おはこ 八千代店』のXには、こちらの分店のオープンのため、臨時休業するなんてポストもなかったし
それどころか、この店のオープンのことも、一切、触れていないのが気になる

驚いたのは、着席して1分後には
「焼豚ワンタン麺お待たせしました♪」と言って、スタッフの女子からラーメンが出されたこと

早っ😯
でも、早すぎるし、「焼豚ワンタン麺」を注文してなかったので

「違うんじゃないですか?」
「焼豚ワンタン麺注文してないし…」
と言うと…

隣のお客さんのものだとわかったけど
当初の予定通り「焼豚ワンタン麺」を注文していたら、おかしいとは思いながらも食べてしまったかも😅

この後、「白河中華そば」が3個作りされて!
男性スタッフの1人によって、四角くて大きなテボで2分50秒茹でられて、湯切りされた麺が、もう1人の男性スタッフによって雪平鍋で温められていたスープが注がれた大きなラーメン丼に入れられて


女性スタッフによって、盛りつけられた3つのラーメンのうちの一つに、最後に男性スタッフによって温められていたワンタンが入れられて!
完成した「ワンタン麺」が、また、別の司令塔的な役割をしていた男性スタッフの人からサーブされた。


【新店】大勝軒おはこ 本八幡分店-4【新店】大勝軒おはこ 本八幡分店-5

大判の豚肩ロース肉の焼豚が1枚に小ぶりな豚もも肉の焼豚が2枚!
さらに、おそらく豚ヒレ肉と思われる細長い焼豚の、3つの部位違いの、食紅で色付けしたフチの赤い昔ながらの焼豚が載せられて


てるてる坊主形の肉ワンタンが5個に細メンマほうれん草、海苔、なると、刻みネギがトッピングされた
「The白河ラーメン」といった感じの醤油ラーメン🍜

まずは、醤油ベースの透き通ったスープをいただくと
豚骨と鶏ガラで出汁を引いた、あっさりとしたスープは、味わいも、まさに「The白河ラーメン」!

ただ、「白河中華と大勝軒のハイブリッド」というのが、よくわからない😅
『東池袋大勝軒』といえば、鶏ガラ、豚ガラ、豚足、豚挽き肉、ニンニク、人参、長ネギ、玉ねぎで炊いた、あの独特な味わいのスープ!

しかし、それが、まったくといっていいほど感じられなかったし
カエシの醤油の味わいも違うよね

これは、「白河中華と大勝軒のハイブリッド」というよりも『とら食堂 』をリスペクトして作ったスープという感じで!
『とら食堂 』ほど、鶏豚の出汁の旨味は強くはないけど、美味しい「白河ラーメン」のスープに仕上がっていたと思う
😋

そして、平打ちの中太縮れの自家製麺は木の棒で麺を打って、包丁で切り出した伝統的な白河ラーメンの麺ではなく
製麺機で機械打ちした麺!

【新店】大勝軒おはこ 本八幡分店-6

でも、縮れが強めに付けられていて!
縮れが不規則だから、手もみして付けた手もみ麺なのは間違いないよね♪


食べてみると
プリップリでピロッピロな食感の麺で!

食感が、とても面白くて♪
そして、手もみして、不規則に付けられた縮れがスープをいっぱい持ってきてくれて、美味しく食べさせてくれたし
😋

トッピングされた具では、まず、3種類の焼豚が、どれも最高だった😆
まず、どの焼豚も吊るし焼きされていて

スモーキーな燻香がするのが、とてもよかったし♪
噛めば、豚ロース肉豚モモ肉豚ヒレ肉の、それぞれの肉の旨味が中に閉じ込められた焼豚で、めちゃめちゃ美味しかったし
😋

【新店】大勝軒おはこ 本八幡分店-7

肉ワンタンは、肉餡がちょこっとしか入ってなかったけど
でも、この肉餡が美味しくて😋

それに、皮が薄い好みのタイプのワンタンで🥰
トゥルンとした食感が最高だったし😆

【新店】大勝軒おはこ 本八幡分店-8

そして、この肉ワンタンが5個も入ってデフォルトの「白河中華そば」にプラス270円で食べられるから
1個当り54円!

価格もリーズナブルだし♪
これは毎回、トッピングしちゃうかも
😋

細メンマのコリコリとした食感もよかったし♪
ほうれん草も、この、あっさり醤油味のスープとは相性バッチリだったし
😊

【新店】大勝軒おはこ 本八幡分店-9

そうして、最後はスープも全部飲み干して完食😋
しかし、結構、麺もスープもトッピングも量があって、お腹いっぱい!

これで1,220円はコスパ高いよね♪
焼豚はデフォで3種類が載る充実した内容のものだったし♪


ワンタンも5個も入っていたし!
スープの量も麺の量も多くて、麺は180gくらいあったと思われるし♪


『大勝軒おはこ 八千代店』の本当の分店なのか!?
プロデュース店なのか

個人店ではない資本系の臭いがプンプンする店だけど😅
コスパ高くて美味しいから😋

もし、近くにあったら、通ってしまうかも😊
ご馳走さまでした。



メニュー:白河中華そば…950円/ワンタン麺…1220円/焼豚麺…1360円/焼豚ワンタン麺…1480円
各大盛り…200円増し

レディースラーメン(半分盛り)…900円

味付け玉子…150円/海苔増し…150円/メンマ増し…300円


大勝軒おはこ 本八幡分店



関連ランキング:ラーメン | 本八幡駅京成八幡駅鬼越駅



好み度:ワンタン麺star_s40.gif
接客・サービスstar_s35.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6118-83da48c0