fc2ブログ
訪問日:2023年10月2日(月)

麺屋 ルリカケス【壱六】-1麺屋 ルリカケス【壱六】-2

本日のランチは東京・木場にある『麺屋 ルリカケスへ!

昨年の2022年6月24日にオープンして以来、昨年オープンした新店では一番多く訪れている店!

最初に、こちらの店でレギュラーメニューの「特製醤油そば」をいただいて
これが、こちらの店の磯脇店主の故郷の奄美大島の郷土料理である「鶏飯」をモチーフにした、まるで周年限定にでも出すような、とても、手の込んだラーメンで!

そして、これが、とても美味しくて😋
スゴい新店が誕生したと思ったし♪

その後、全てのレギュラーメニューをいただいたけど
どれも、味、クオリティともに優れた逸品だったし!

さらに、その後、不定期に出された数々の限定が、また、どれも外れなく美味しかったので😋
それで、この年の私の中の新人大賞はこちらの店に決まった👑

そんな店で、昨日の昼営業から「鴨と蛤の塩そば」の限定が提供されていることを昨夜知って!
本日も残り20食あるということだった。


鴨も蛤も大好きだし🥰
それに、磯脇店主の作る鴨ラーメンも蛤ラーメンも、どちらも、めちゃめちゃ美味しいので😋

これは、絶対に食べないと😊
というわけで、開店前の10時57分にシャッターで店頭へとやって来ると

ポールは、Xで相互フォローさせてもらっている
こちらの店にヘビーローテーションで通う男性の常連のお客さん🥇

2番、3番は、同じくXで相互フォローさせてもらっている
こちらもヘビロテで、いつも、仲良く、ご夫婦で来店する2人が待っていた🥈🥉

そして、私を見ると、そのご夫妻の奥さまから
「今日は大好きな鴨の限定なので来ると思ってた♪」と言われてしまったんだけど

おっしゃる通り😅
図星です🤣

11時になると
男性スタッフの人が店の中から現れて、開店🎉

麺屋 ルリカケス【壱六】-3

順番に入店していって、まずは、券売機の前に立つと
残り20食の「鴨とハマグリの塩そば」は、もちろん残っていたし!

チャーシュー、のり、味玉増しの「特製」も残っていた♪
ただし、限定ごはんのコンビーフにした鴨肉に栃木県日光の金の卵が載るという「鴨たま飯」は残念ながら売り切れ
😞

麺屋 ルリカケス【壱六】-4

「特製鴨と蛤の塩そば」の食券を買って席へ!
そして、食券をカウンターの高台に上げながら、磯脇店主に


「すいません、味玉を…」と言いかけると…
「別のものに替えておきますね♪」という答えが返ってきたんだけど…

これは、磯脇店主が私が味玉を好んでトッピングしないのを知っていて
前回も無理を承知でお願いしたところ、快く承諾してくれて、味玉をワンタンに替えてくれたので♪

今日も図々しいとは思いながらも、お願いしたところ、今日も快諾してくれた。
ありがとうございます。


麺屋 ルリカケス【壱六】-5

そうして、まず、磯脇店主によって3個作りされた「特製鴨とハマグリの塩そば」が先客3人の常連のお客さんに出されていって
次に、磯脇店主によって1個作りされた「特製鴨とハマグリの塩そば」が完成すると!

スタッフの人がサーブしてくれて!
さらに、蛤の殻を入れるお椀も出された。


麺屋 ルリカケス【壱六】-8

鴨ロースのレアチャーシューが3枚!
そして、味玉の代わりに入れてくれた鴨ロースのカットレアチャーシュー
🦆

チャーシューは鴨の他に鹿児島産黒豚のウチモモ肉を低温調理して燻製して仕上げたという手間暇掛けて作られたスモークレアチャーシューが2枚に低温調理された国産豚肉の肩ロース肉のレアチャーシューが1枚入る🐷

さらに蛤が3個と海苔が3枚にメンマ小松菜アーリーレッド九条ネギ柚子の輪切りがキレイに盛りつけれた
具沢山で彩り鮮やかで美しいビジュアルの塩ラーメン🧂🍜✨

麺屋 ルリカケス【壱六】-6麺屋 ルリカケス【壱六】-7

まずは、芳醇に鴨と蛤が香る♪!
やや、濁りのある黄金色したスープをいただくと


麺屋 ルリカケス【壱六】-9

POPに「鴨とハマグリのWスープの優しい味わい」と書かれていたので
淡麗な味わいなのかと思ったのに

鴨出汁と蛤出汁のダブルスープをマリアージュしたスープは濃密で、分厚い厚みがあって
めちゃめちゃ美味しいじゃないですか😋

磯脇店主の作る鴨出汁のラーメンも蛤出汁のラーメンも、どちらも、超一級の味わいなのは独立する前に蔵前の『らーめん 改』の店長をしていたときからわかっていたことだけど♪
2つのスープを合わせても、こうして、極上の味わいのスープに仕上げてくる
😋

そして、麺が、また、スゴかった♪
平打ちの太ストレートの自家製麺を入念に手揉みした麺は、もっちりとした食感の多加水麺なのに


場所によってはムチッとした、やや、カタめにも感じる箇所があったりと
食感が、とても楽しい秀逸な麺だったし♪

麺屋 ルリカケス【壱六】-10

それと、麺の芯までよく、茹でられた麺からは、小麦粉の旨味と甘味も、よく感じられて😊
そして、手揉みして不規則に付けられた縮れがスープを持ってきてくれて、美味しくいただくことができたし😋

鴨ロースのレアチャーシューはスープの熱で少し変色してしまったものもあったけど😅
火入れの状態は最高で♪

しっとりとした食感に仕上げられていて
やわらかくて、鴨ムネ肉のジューシーさを実感できる絶品のロティだったし😋

麺屋 ルリカケス【壱六】-11

鴨ロースのカットしたレアチャーシューは、厚みがあって、多少、噛み応えのあるものだったけど
鴨ムネ肉なので、鴨モモ肉ほどカタくはなく、噛む度に肉の旨味が滲み出てきて、最高に美味しかったし😋

鹿児島産黒豚のウチモモ肉のスモークレアチャーシューに国産豚肉の肩ロース肉のレアチャーシューは、ともに熱々のスープの中水没させたまま、少し放置してしまったため、完全に変色して、少しカタくなってしまったのが失敗だったけど😓
それでも、良質な豚肉が使われているので、肉の旨味を感じられたし😋

麺屋 ルリカケス【壱六】-12

特に鹿児島産黒豚のスモークレアチャーシューは美味しくて😋
これはチャーシュー増しにして食べる価値のある逸品だと思う😊

蛤は、まず、プリップリの食感が最高だったし😆
スープの出汁に使ったものとは別のものが使われていたからだと思うけど

蛤の旨味が、しっかりと感じられて
とても美味しくいただけたし😋

麺屋 ルリカケス【壱六】-13

メンマのコリコリとした食感に!
小松菜のシャキシャキとした食感が、とてもよかったし♪


麺屋 ルリカケス【壱六】-14

そして、終盤、柚子をスープに搾り掛けて、いただくと
柑橘系の酸味と甘味で爽やかに味変してくれて、美味しく食べさせてくれたし😋

最後は、もちろん、スープを全部飲み干して完食😋
ご馳走さまでした。

麺屋 ルリカケス【壱六】-15

メニュー:特製醤油そば…1400円/味玉醤油そば…1100円/醤油そば…950円
特製塩そば…1500円/味玉塩そば…1200円/塩そば…1050円

特製鶏つけそば(麺300g)…1500円/味玉鶏つけそば(麺240g)…1200円/鶏つけそば(麺240g)…1050円
特製濃厚つけそば(麺240g)…1500円/味玉濃厚つけそば(麺240g)…1200円/濃厚つけそば(麺240g)…1050円
つけそば大盛券…150円

替玉…150円/和えそば…250円
小ライス…150円/ライス…200円/肉飯…350円/卵かけごはん…300円
味玉…150円/チャーシュー増し…400円/メンマ…200円/のり…100円


【本日の限定】鴨とハマグリの塩そば…1400円/特製鴨とハマグリの塩そば…1750円

麺屋 ルリカケス



関連ランキング:ラーメン | 木場駅東陽町駅



好み度:特製鴨とハマグリの塩そばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6097-78695600