fc2ブログ
訪問日:2023年12月28日(木)

らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-1

本日のランチは東京・三越前の複合型商業施設「COREDO室町2」の地下1階に入る『Homemade Ramen 麦苗 COREDO室町店』へ!

12月28日の今日は、こちらの『Homemade Ramen 麦苗』のサードブランドの店で、らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボと題したイベントが行われる。

東京・大森の『Homemade Ramen 麦苗』の深谷店主と和歌山県有田市の『和 dining 清乃』の原田店主!
ともに「ミシュランガイド」でビブグルマンに掲載されている超人気店の仲の良い店主2人が協力し合って一杯のラーメンを作る友情コラボイベントの第3弾!


第1弾が開催されたのは5年前。
今回同様、年の瀬の2018年12月29日の開催


第2弾は昨年の2022年7月17日。
第2弾は行けてないので、これが2回目のイベント参加!


なお、前2回のコラボではコラボラーメンとサイドメニューの提供。
しかし、今回は、十勝マンガリッツァ豚をメインの食材とした前菜、肉、麺、小飯、デザートのショートコース料理になるという
🍽

らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-4

開催時間は、やや、変則で、『Homemade Ramen 麦苗 COREDO室町店』のランチ営業を終えた後の13時30分から!
事前に100枚の優先券が配布されていて、当日券は50枚。


優先券を持っている人が優先して食べられる。
当日券の人は優先券を持っている人の合間に食べるというもので


優先券はゲットしていたので、とりあえず13時前にまでには行こうとは思っていたら
大阪から前泊して乗り込んで来ている新店ハンターであり、人気ラーメンブロガーの黒帽子さんから11時50分すぎに電話が📱

「受付時間の記載が始まったので、13時30分の初回で記載しておきました。」
大阪からは黒帽子さんを含めて5人の精鋭が今回のコラボのためにやって来て、事前に、いっしょのテーブルで食べる約束をしていた。


そして、そのうちの3人が早い時間から店頭で待っていてくれたので、13時30分の初回に予約することができた。
こちら『Homemade Ramen 麦苗 COREDO室町店』はカウンター席12席、テーブル席18席の計30席の店!


だから、30人フルで着席して回したとしても5回転!
今回はショートコース料理になっているので時間もかかる。


最終入店は20時ということで、最初からディナー狙いで来るお客さんもいるだろうけど
13時30分の時点でも、もう、遅いランチなのに

この回を逃したら次は15時になってしまうので😓
ほんま、ありがとうございます🙇‍♂

「COREDO室町2」にやって来たのは12時20分になる時刻。
大勢の人が日本橋の街を闊歩している。


らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-2

「COREDO室町2」は江戸時代、世界有数のにぎわいを見せていた日本橋の街を再現するために推進している「日本橋再生計画」の一環で完成した複合型商業施設。
中に入っても、1階も『Homemade Ramen 麦苗 COREDO室町店』の入る地下1階もお客さんでいっぱい!


店頭にやって来ると
大阪の麺友3人が待っていてくれて、丸椅子まで確保してくれていた。

そして、店を入ったところに記帳台があって、13時30分に名前が記載されていたのも確認していると
原田店主に深谷店主が2人揃っていたので挨拶すると

らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-3

原田店主からは前菜と肉料理の説明があって!
マンガリッツァ豚のグアンチャーレにパンチェッタ、もも肉のマンガリッツァ豚足フォンと十勝ワインで作ったソース掛けも期待できそうだったし!


「雪室二冬越し完熟メークイン」が甘くて、調理に砂糖要らずだったという話しを聞いて🥔
そんなじゃがいも食べたことなかったので、食べるのが、すごく楽しみになったし♪

深谷店主からは、美瑛産の中力粉の「きたほなみ」と十勝産の強力粉の「ゆめちから」の小麦ヌーボーで打った麺でラーメンを作るという話しを聞いて!
めちゃめちゃ期待できるし
😊

そんな話しを聞いたので、大阪の麺友に話して!
東京の『麦苗』の常連でXで相互フォローしている方もいたので、話しをしているうちに


13時30分を迎えて開店🎉
『Homemade Ramen 麦苗 COREDO室町店』の小野店長から名前を呼ばれて大阪の麺友たち5人とともに店の右奥のテーブル席へと案内された。

みんなでいっしょに食事して、会話もできるので、テーブル席はいいんだけど
オープンキッチンと対面するカウンター席だったら、2人の店主の調理する作業を見れたので

以前のように『Homemade Ramen 麦苗』の本店で開催してもらった方がよかったんだけど😅
でも、今回のコース料理ではキャパ的に開催できなかったんだろうね。

13時43分に、まず、前菜のうちの「北ロッソ、葉野菜 ~十勝長宇酢・小豆酢・もものすけ蕪ドレッシング~」が供されて
このサラダについての説明があった。

らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-5

中にミミガーみたいな食感のものが入っていたけど
説明にはなく、何だったのかは不明😅

次に13時58分に前菜の「グアンチャーレ、もものすけ蕪 ~北ロッソと春菊のジェノベーゼ~」と「パンチェッタ、雪室二冬越し完熟メークイン」!
この2つの前菜が一つのお皿に盛りつけられて出された。


らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-6

「グアンチャーレ」と「パンチェッタ」は似たようなものだけど
「グアンチャーレ」は豚ほほ肉を、「パンチェッタ」は豚バラ肉のブロックを塩漬けして乾燥・熟成した加工食品。

そして、十勝マンガリッツァ豚の「グアンチャーレ」は、見ためからも脂身が多くて!
豚の脂身が、これだけ多いのは、普通の豚だったら、重くて、クドくて、苦手だけど
😓

十勝マンガリッツァ豚の脂肪は融点が一般的な三元豚に比べて約10℃も低く、口の中に入れた瞬間にさらっと溶けるような食感だと言われていて
十勝マンガリッツァ豚の「グアンチャーレ」を食べるのは初めてだったけど

そうクドくはなく、さらっと食べられたし♪
脂の甘味と濃厚なコクがあって!


もものすけ蕪が挟んであるので、さっぱりと!
さらに、北ロッソと春菊ジェノベーゼソースの苦みが合っていて美味しくいただけたし
😋

十勝マンガリッツァ豚の「パンチェッタ」は、ほぼ脂身😅
でも、こちらも重くなく!

それに、こちらはスモークしているのか
とても風味がよかったし♪

そして、甘味の強い「雪室二冬越し完熟メークイン」といっしょに食べるという、めっちゃ美味しかったし😋
原田店主が話していた通り、このメークインは、今まで味わったことのないスイートポテトのような甘くて、しっとりとした新食感のじゃがいもだった😊

そうして、この後、「もも肉、二冬越しメークインのピューレ添え ~マンガリッツァ豚足フォン×十勝ワインソースで~」が出てきたのは14時22分!
コース料理だし、ワインでも飲みながら、ゆっくり食事を楽しめばいいと思うし
🍷

らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-7

これが夜なら、実際にそうしていた可能性大!
実際、東京の『麦苗』の常連のお客さんは別料金のワインとチーズを注文していた
🍷🧀

しかし、なにわの5人のイラチなラヲタは、そんなことはしない
ラーメンを食べるのと同じように、あっという間に食べ終えてしまうので🤣

手待ち時間が長くてイライラしてる🤣
かくいう私もランチは、やっぱり、コース料理ではなく、ラーメンのアラカルトでいいかな😅

十勝マンガリッツァ豚のもも肉をオーブンで焼いたと思われるアッロスティーレは、やや、歯ごたえのあるものだったけど
噛む度にジューシーな肉汁がジュワっと滲み出てくて、とても美味しかったし😋

豚足フォンと十勝ワインソースを合わせたソースは、かなり甘めの味わいのものだったけど
メークインのピューレ添えも肉に付けて、いっしょにいただくと、美味しくいただけたし😋

本日のメインの麺料理である「マンガリッツァ豚骨清湯×麦苗スープ×清乃スープ ~十勝産小麦と美瑛産小麦の麺~」と少しのタイムラグがあって、「ライムご飯」が、ようやく出てきたのは14時41分!
ここまで1時間11分が経過!


らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-8

皆さん、痺れを切らしていたので
やっぱり、来年、やる時は、ラーメンのアラカルトでお願いします🙇‍♂

供されたラーメンはスープと麺だけの
飾り付けに『和 dining 清乃』のラーメンのトレードマークになっている紅芯大根が載せられた「かけ」スタイルの一杯!

らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-9らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-10

まずは、醤油が芳醇に香るスープをいただくと
これは『和 dining 清乃』の代表メニューである「角長しょうゆ『匠』」用のカエシが使われてるね♪

らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-11

比内地鶏に鰹や煮干し、昆布の乾物の旨味を重ねたスープに「湯浅醤油」の角長醤油「匠」で作るカエシをマリアージュさせた原田店主のラーメンは関西では一番の好みの醤油ラーメンなので😋
このカエシの味わいは、すぐにわかった。

スープは十勝マンガリッツァで作った豚清湯スープに両店のスープを合わせたとメニューにあったので!
『清乃』のスープは前述の「角長しょうゆ『匠』」のスープと思われるし!


さらに、『麦苗』は「醤油らあめん」
『清乃』と同じ比内地鶏を軸に豚、牛、鰹、いりこも使って仕上げたバランス型スープなんだろうと思われるけど

動物系は比内地鶏よりも十勝マンガリッツァ豚の旨味が強いかな!
香味油に十勝マンガリッツァ豚のラードが使われていると思われるので、そのせいで、余計に、そう思えるのかもしれないけど


しかし、十勝マンガリッツァ豚のラードを浮かべたラーメンは過去に『清乃』で食べたことはあるけど
十勝マンガリッツァ豚で出汁を引いたスープをいただくのは初めてだけど

こんなに美味しい豚清湯スープをいただくのも初めて♪
最高に美味しい
😋

そして、このスープに合わせられた麺は
美瑛産の中力粉の「きたほなみ」と十勝産の強力粉の「ゆめちから」の小麦ヌーボーで打ったと深谷店主が話していた太くもなく、細くもない切刃20番と思われる中庸な太さのストレート麺で!

まず、小麦ヌーボーらしい
青臭い小麦の香りが感じられるのがよかったし♪

つるっとした啜り心地のいい!
もちっとした食感の、しなやかなコシのある麺で!


それに、この絶品の豚清湯スープをいっぱい持ってきてくれて!
とても美味しくいただくことができたし
😋

この麺は、こうしてラーメンで食べるのもいいけど
できれば、つけ麺で食べてみたいな♪

そうして、麺を食べ終えたところで、スープを飲んで、「ライムご飯」を食べてを繰り返して
「ライムご飯」を半分食べたところで、「スープ茶漬け」にしてフィニッシュ!

らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-12らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-13

そうして、最後に14時58分に「湯浅醤油×和歌山黒沢牧場 アイスクリーム」のデザートが出されることになったけど
ここまで、約1時間30分は、やっぱり、長いし!

らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-14

13時30分の回に入れなかったお客さんが店頭で多数、待っていたので!
やっぱり、次回は、回転の早いラーメンだけの提供にしてくださいませ
🙇‍♂

でも、料理はどれも堪能させていただきました。
ご馳走さまでした。


らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-15らの道 THE MAIN EVENT 麦苗×清乃 Ⅲ 十勝マンガリッツァコラボ-16

メニュー:十勝マンガリッツァコラボ(ショートコース料理)…5000円

Homemade Ramen 麦苗



関連ランキング:ラーメン | 大森海岸駅大森駅立会川駅



和 dining 清乃 本店



関連ランキング:ラーメン | 箕島駅



好み度:マンガリッツァ豚骨清湯×麦苗スープ×清乃スープ ~十勝産小麦と美瑛産小麦の麺~star_s45.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6084-9368cf37