fc2ブログ
訪問日:2023年11月27日(月)

【新店】しょっつる塩らー麺SIBATA-1【新店】しょっつる塩らー麺SIBATA-2

本日は『塩生姜らー麺専門店MANNISH 淡路町本店』が11月20日から平日の7時から9時まで営業する『しょっつる塩らー麺SIBATA』で朝ラー🌅🍜

東京には喜多方とか藤枝などのように朝ラーの文化があるわけではないけど、実は朝ラーできる店が沢山ある。

眠らない街・東京では、以前から24時間営業の店があるから朝ラーできるし!
コロナ禍の影響から夜型から朝型にシフトした店もあるので


どれくらい朝ラーやってる店を調べるなら、コチラのサイトを見ると、結構、載っていて!
さらに、小忠実に更新されていてるので、現在、営業しているのかどうかもわかる♪


ただし、朝ラーで有名なところといったら、『六厘舎 東京』とか『喜多方食堂』とか家系ラーメンの『武蔵家』とか
多くは資本系の会社が営業していて、個人店は極めて少ない。

個人店で有名なところといったら、元東京NSC15期生の芸人だった人が4月24日にオープンした『えーちゃん食堂』くらいかな!
何で思っていたら、最近では『麺屋一燈』の鶴崎店長が今月11月から『麺屋一燈』のセカンドブランドの店でG系ラーメンを出す『ラーメン燈郎』で喜多方ラーメンとちゃん系を合わせたような朝ラーを出すようになったし!


今度は『塩生姜らー麺専門店MANNISH』でも!
朝ラーのブーム到来か
😊

特に、この『塩生姜らー麺専門店MANNISH 淡路町本店』の場合は、『しょっつる塩らー麺SIBATA』として、柴田店主が店に立つということだったので
開店から一週間が過ぎて、どんな状況なのか、様子を見に行くことにした🤓

東京メトロ丸ノ内線・淡路町駅A4出口から徒歩4分。
JR神田駅北口から徒歩7分の店へは都営新宿線・小川町からアクセス!


A2出口から出て、5分ほど歩いて、「外堀通り」沿いにある店へとやって来たのは朝の7時7分!
入店するとノーゲスト!


ワンオペで手前側6席に席を絞り込んで営業している柴田店主に挨拶して、店の入って右にある券売機に向かおうとすると
「まだ、券売機にボタン作ってないんですよ。」というので…

「じゃあ、しょっつるのかけで、!」と言って!
財布を出して、百円玉で支払おうとしたところ

百円玉が5枚しかなかったので…
「小銭がない。」


「ごめんなさい。」と言いながらカウンターこ上に千円札を置くと
「いいんですよ😊」と笑顔で言うと、百円玉が4枚リターンされたんだけど

今、銀行で両替すると、結構な手数料を取られるし😓
ラーメン店もギリギリのところで商売しているので

小銭があれば、小銭で支払いましょう♪
なければ千円札だけど


ラーメン食べるのに1万円札で支払うのはやめましょうね😅
食べる前に両替してから食べましょうね♪

ちなみに、メニューはスタートにあたっては、屋号の由来にもなっている柴田店主の亡き親父さんの故郷である秋田の「しょっつる」と 得意の「塩ダレ」をブレンドしたカエシが使われる「しょっつる塩らー麺」一本だったけど
すぐ、翌日からレギュラーの「塩生姜」のかけスタイルのものも追加されて、どちらか選べるようになっていた。

会計を済ますと、すぐにラーメン作りに入る柴田店主!
ただ、今日は私の滞在中には、結局、お客さんは来なかったので
😓

ラーメンを作ってる間も!
入店から退店まで、ほぼ、店主と話しっ放し
🤣

でも、そのおかげで、朝ラーのこと!
他店の朝ラーのこと


家系ラーメンについて
他にも、いろいろと話せてよかった😊

そうして、程なく完成した「しょっつる塩らー麺」が着丼!
ハーフ味玉が入っていたので、店主に、それを指摘すると


【新店】しょっつる塩らー麺SIBATA-3

「一番に来てくださったので、サービスです。」ということだったので、ありがたくいただくことにしたけど
味玉は1個のまんま出されるのはノーサンキューだけど、ハーフ味玉なら別!

いつも、このブログには書かせていただいているけど
私は味玉は、例外を除いてトッピングすることはない。

それは、1個のまんま出された味玉を箸でセルフで二つ割りしたときに、黄身が緩すぎて、スープを汚してしまうのが嫌だから
でも、こんな状態のいい味玉ならば、喜んで😊

具は、本来は玉ねぎとレッドキャベツスプラウトだけの
しかし、玉ねぎだけでは、さすがに殺風景になってしまうところをスプラウトを載せることで、彩りを入れて、装いがよくなった、店主のセンスを感じさせてくれるラーメン🍜

まずは、黄金色したスープをいただくと
Xに載せられていた屋号の『SIBATA』の説明には

S【秋刀魚節】
I 【鰯】
B【豚チャーシュー】
A【鰺節】
T【玉ねぎ】
A【愛情】
(考えてくれた方々ありがとうござ います)

となっていたけど、これ、秋刀魚節
煮干しスープにしか思えなかったので😅

【新店】しょっつる塩らー麺SIBATA-4

柴田店主に
「秋刀魚節って、どんなものを使っているのですか?」聞くと…

「これです。」
そう言って、背黒と鯵とともに容器の中に入っていた秋刀魚煮干しを見せてくれて


「この秋刀魚の煮干しがいい出汁出してくれるんですよ。」と話していたので…
屋号の説明には一部、誤りがあることが判明したけど🤣

しかし、この鶏出汁をベースに秋刀魚、背黒、鯵の煮干しを1対1対1の比率でブレンドした煮干しを加えて出汁を引いたというスープは…
煮干しの旨味が巧みに引き出されていて♪

この出汁と、しょっつると塩で作ったカエシがマリアージュしたスープは、コクがあって、極上の味わい😋
しかし、朝ラーということもあって、もっと、あっさりとした

淡麗な節がふわっと香る塩ラーメンなんだろうな
食べる前までは、そう思っていたけど

しっかりとした煮干しの旨味も感じられて
めっちゃ美味しくて😋

普通に、昼のレギュラーメニューで販売できる♪
それを柴田店主に話すと


「値段上げて、昼も販売すればと言われたんですけどね…」
「そういうんじゃないかと思ってます。」


そう言っていたけど
それはそうだよね♪

ぜひ、このスープは、早起きして、食べに来てください。
柴田店主によると、7時のオープンから30分は暇らしいので、この時間が狙い目です
🕖🕢

麺は、見た目から切刃22番と思われる中細ストレート麺が使われていて
つるっとすすり心地のいい麺で!

【新店】しょっつる塩らー麺SIBATA-5

もちっとした食感の中加水麺で!
しなやかなコシも感じられて!


この鶏清湯煮干しスープとも適度に絡んでくれて!
美味しく食べさせてくれたし
😋

薬味に使われた玉ねぎの甘味が煮干しの旨味とともに若干のビターさも感じられるスープによく合っていたと思うし!
レッドキャベツスプラウトも彩りだけではなく、その苦味がアクセントになっていて、よかったし♪


最後は、スープも全部飲み干して完食😋
ご馳走さまでした。

【新店】しょっつる塩らー麺SIBATA-10

PS 帰りは遠回りして、朝ラーをやってる神田の店をリサーチして神田駅から帰ることに♪
まず、同じ「外堀通り」沿いにある博多ラーメンの『せまかっちゃん』にやって来ると


【新店】しょっつる塩らー麺SIBATA-6

どうやら、朝ラーは、やめちゃったみたいだね。
スマホでググるとGoogleの情報が11時開店に書き直されていたしね。


次に神田ラーメンストリートに向かう。
早朝から、ここだけは人通りが多いね。


【新店】しょっつる塩らー麺SIBATA-7

まだ、7時25分だというのに
ちょうど、『二代目 らーめん谷瀬家』にお客さんが入るところだったけど

【新店】しょっつる塩らー麺SIBATA-8

ここも、数人のお客さんがラーメンを食べていた。
でも、やっぱり、立ち食いそばには敵わない。


神田では有名な『かめや』の『西口店』から、ちょうど、お客さんが出てきて、ちやっと、中が見えたけど
お客さんでいっぱいだった。

【新店】しょっつる塩らー麺SIBATA-9

立ち食いスタイルにしたら!
場所もあるのかな…

でも、朝ラーがスタンダードになって、朝から美味しいラーメンが食べられるというのは嬉しいので♪
ぜひ、増えてほしいな
😊



メニュー:しょっつる塩らー麺…600円/塩生姜らー麺…600円

豚チャー3枚付き…+250円
ワンタン…250円/味玉…100円/大盛り…100円
豚チャー丼…300円/ライス…100円


しょっつる塩らー麺SIBATA



関連ランキング:ラーメン | 淡路町駅小川町駅神田駅



好み度:しょっつる塩らー麺star_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6059-15cba337