fc2ブログ
訪問日:2023年10月22日(日)

Homemade Ramen 麦苗【参拾】-1

本日のランチは東京・大森に2016年4月23日にオープンした『Homemade Ramen 麦苗』へ!

告知も行わずに、ひっそりとサイレントオープンしたにもかかわらず、瞬く間に行列店になって♪
業界最高権威といわれる「TRYラーメン大賞」から「新人大賞」受賞の通知を受けた
👑

しかし、これ以上、行列を作らせたくないという理由から、これを辞退😓
以降、「TRYラーメン大賞」からは、一切、声が掛かることもなくなった😡

しかし、世界的に権威のある「ミシュランガイド」の「ミシュランガイド東京」で2018年から6年連続でビブグルマンに掲載
「食べログ」でも、専門家にによる評価ではなく、生活者による評価をもとにした年間レストランアワードである「Tabelog Award」が始まった2018年から5年連続で、一つ星に相当する「Bronze」を5年連続で受賞🥉

ラーメン業界の最高権威(?)に忖度しなくても、一般のユーザーや世界から認められる店!
それだけ人気のある店なので、行列対策から記帳制が採られるようになってしまって
😥

朝9時からの記帳開始前に行列に並んで記帳ボードが出されるのを待って
記帳したら、その予約時間に、再度、来店しないと食べられない

ラーメン一杯を食べるのに、かなりの労力と時間を費やさないといけない店😓
それで、とても好きな店だったけど、長い間、行くのを控えていた。

しかし、同じ記帳制を採る『Japanese Ramen 五感』の「特上醤油つけ麺」をどうしても食べたくて、『らぁ麺や 嶋』以外には行ったことのない記帳制の店に行って!
そこまでしても食べてみる価値のある「つけ麺」だったので、少し考えがかわった。


そうして、6日前に3年8ヶ月ぶりに店を訪れて
超久しぶりに「醤油らあめん」を「特上トッピング」を付けていただいたところ

最高に美味しくて😋
やっぱり、これが私の中の「キングオブ醤油ラーメン」だということを再認識させられたし👑

それどころか、この一杯は「マイフェイバリットラーメン」🥇
そう思わせるだけの極上の味わいだった😊

だから、また、食べたくなったら、大変でも食べに行こうと思っていたら、すぐに、その時がやって来た!
それは、こちらの店の深谷店主がXで、こんなポストをしていたから




お互いに懇意にしていて、今年も年末にコラボ営業する和歌山県有田市にある『和 dining 清乃』から「きたほなみ」の新麦を分けていただいたそうで!
そんな新麦で打った自家製麺で作る大好きな「鴨つけ麺」の限定が提供されると聞いてしまったら、食べに行かないわけにはいかないでしょう
🤣

というわけで、6日前よりも1時間以上早く、8時前に店頭にやって来ると
すでに30人ほどの大行列ができていた😯

この後、まだ、記帳開始時間の9時まで30分あるのに、8時30分に深谷店主が店の中から現れて、記帳ボードが出されて
どうにかギリ12時の回の予約が取れた。

急いで、「大つけ麺博」が開催されている新宿歌舞伎町の大久保公園へ!
もう「大つけ麺博」は卒業して、行く気はなかった。


でも、この日は、秋田県にかほ市から『湯の台食堂』が出店していて!
この店だけは唯一、食べたいと思っていたので
😅

しかし、会場に到着すると、10時開場と思っていた時間が、実は11時だったと判明😓
これでは12時までに戻れないので、終夜営業の『麺堂にしき 歌舞伎町店』で限定で販売されていた「岩中豚とはかた地どりのラーメン」を食べて、再び、店へと戻ってきたのは11時46分!

そして、深谷店主に呼ばれて入店したのは12時13分。
まず、入口を入って、すぐ右にある小型の券売機の左上にあった限定の案内を見て「いりこワンタン麺」の食券を購入して、中へと入っていくと


Homemade Ramen 麦苗【参拾】-2

オープンキッチンの厨房には深谷店主と男性スタッフ1人!
そして、その厨房の前に一直線に並ぶ8席のカウンター席には7人のお客さんが座っていて、入口に一番近い席が1席のみ空いていた。


着席してカウンターの上に食券を置いて
食券を回収にきた深谷店主に

「鴨とヌーヴォーの限定で!」と言って、オーダーを告げる。
それから8分後に完成した本日からの限定の「2023小麦ヌーヴォー“新麦”きたほなみ 鴨つけ麺」が深谷店主自らの手でサーブされた。


Homemade Ramen 麦苗【参拾】-3Homemade Ramen 麦苗【参拾】-4

『ラーメン凪』の「いったん麺」のような超幅広麺に幅広の平打ちストレート麺の2種類の麺が盛りつけられて!
その上に豚肩ロース肉のレアチャーシューハーフ味玉、海苔、三つ葉


つけ汁の中に鴨ロースのレアチャーシューが3枚に賽の目にカットされた鴨ロースのレアチャーシュー、ワンタンが入れられた
彩り鮮やかで、とても美しいビジュアルのつけ麺

まずは、2種類の麺のうちの
幅広の平打ちストレートの麺をいただくと

Homemade Ramen 麦苗【参拾】-5
Homemade Ramen 麦苗【参拾】-7

「きたほなみ」の新麦を使って打った
打ち立ての麺だからか

ふわっと、新麦の青い、爽やかな香りが口いっぱいに広がって、鼻から抜けていく
この新麦らしい香りが、たまらなくよくて😆

たおやかで、もっちりとした、やわらかめの食感なのもよくて♪
この時期にしか食べられない新麦の麺は最高
😊

そして、昆布水には昆布とともに鰹の旨味も入れられていて🐟
鰹と昆布の旨味だけでも、十分に美味しくいただける😋

つけ出汁に、さっと、潜らせていただくと
あれっ

鴨がいない😅
出汁だけではなく、香味油にも鴨脂は使われていなかったので、深谷店主に確かめると

鴨はチャーシューだけ🦆
スープはレギュラーメニューの「醤油らあめん」のスープだということだった。

「鴨つけ麺」の名称が付けられていたので、鴨出汁に鰹や昆布、いりこなどの乾物の旨味を入れたスープに鴨脂を浮かべたつけ出汁だと勝手に思っていたので
鴨ではなかったのは、ちょっと、残念だったけど

でも、比内地鶏をベースに本枯れ節や伊吹いりこ、オリーブいりこ他の旨味を入れたつけ出汁は、めちゃめちゃ美味しくて😋
これは、今まで食べてきた醤油つけ麺では最高峰にある味わいといえる

オペレーションの問題から限定以外につけ麺をレギュラーメニューに加えるのは難しいたろうけど
もし、このつけ麺がレギュラーメニューに加わったら、「醤油らあめん」にするか、この鰹昆布水に浸かった「醤油つけ麺」にするか、毎回、悩んでしまうと思う😅

「いったん麺」をいただくと
つるっ!

ピロッ!
シルキーな口当たりなのは変わらないけど、幅が、めっちゃ広い分、食感が違って面白かったし♪


Homemade Ramen 麦苗【参拾】-6

鴨ロースのレアチャーシューは、麺を食べるのに夢中で熱々のつけ出汁の中に、しばらく放置してしまって😓
気づいて、麺の上に引き上げたときには、少し色褪せてしまったけど

それでも、まだ、キレイなピンク色していて♪
噛むと、鴨ムネ肉のジューシーな旨味と甘味が口いっぱいに広がるロティで最高に美味しかったし
😋

Homemade Ramen 麦苗【参拾】-9

林SPFポークの肩ロースのレアチャーシューも、火入れの状態が完璧で!
肉の旨味がジュワジュワと感じられる逸品だったし
😋

Homemade Ramen 麦苗【参拾】-8

林SPFポークのミンチと海老の餡を包んだミックスワンタンは、プリッとした海老の食感と
ジューシーな肉餡の味わいがいっしょに楽しめて♪

それに、チュルンとしたワンタンの皮の食感が、また、よくて!
味、食感ともに秀逸なワンタンだったし
😋

Homemade Ramen 麦苗【参拾】-10

そうして、最後は深谷店主にスープ割りをお願いして!
ブーメラン方式で戻ってきたスープ割りは、「醤油らあめん」そのもののスープの味わいで♪


Homemade Ramen 麦苗【参拾】-11

最後まで美味しく完食😋
ご馳走さまでした。

Homemade Ramen 麦苗【参拾】-12

メニュー:醤油らあめん…1250円/塩らあめん…1250円/いりこらあ…1200円/いりこワンタン麺…1600円

上トッピング…250円/特上トッピング…700円

追加ワンタン2個…250円/豚チャーシュー2枚…350円/チャーシュー盛…800円/和牛チャーシュー1枚…400円/愛知産 海苔5枚…150円/味玉…200円/メンマ…200円

二杯目限定 半かけ…700円

自家製黒豚ホタテシュウマイ…200円/黒豚飯…550円/限定 実家の魚飯…円/土鍋炊き白飯…200円/埼玉地卵かけ飯…350円/ご飯用地卵(生)…150円

【限定】2023小麦ヌーヴォー“新麦”きたほなみ 鴨つけ麺…1600円


Homemade Ramen 麦苗



関連ランキング:ラーメン | 大森海岸駅大森駅立会川駅



好み度:2023小麦ヌーヴォー“新麦”きたほなみ 鴨つけ麺star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6054-3eab5520