fc2ブログ
訪問日:2023年3月2日(木)

必勝軒【弐壱】-1

本日のランチは津田沼のレジェンドの店『必 勝 軒』へ!

『東池袋大勝軒』と『永福町大勝軒』の2つの大勝軒で修業を重ねた小林マスターが2000年9月20日にオープンした店

小林マスターの作る「ラーメン」と「つけめん」が好きで🥰
小林マスターの人柄も好きで♪

2006年5月6日のGWに初めて訪問して以来、2009年7月6日までの3年2ヶ月の間に17回ほど訪れた。
しかし、その後は、大阪転勤になってしまったこともあり


また、東京勤務に戻ってからも、東京のラーメン店を中心に食べ歩くようになって
さらに、頻繁に地方遠征もするようになって

それ以降は2012年11月24日2014年1月9日に1回ずつと、かなり訪問頻度も減った。
そして、最後の訪問が2017年11月4日だったから、もう、5年4ヶ月もの間、訪れていないことになるけど、小林マスターは元気に、まだ、得意のマシンガントークをしているんだろうか
🤣

Googleに「必勝軒」と入力すると
「必勝軒 うるさい」と出てくるほど、小林マスターはお喋りで、ずっと、何かを喋っていて😅

常連のお客さんは、それが楽しい😊
しかし、初めて来たお客さんは、静かにラーメン食べさせてくれと思うかも🤣

そんな店へ今日、行こうと思ったのは、昨日今日と、珍しく津田沼に仕事で来ていたため!
昨日は新店の『ぶたけん。2nd』に行ったので、今日は、ここと決めていた。


店の前のコインパーキングに車を停めて、開店3分前の11時27分に店頭へとやって来ると
店頭には5人ほどの先客が開店を待っていた。

必勝軒【弐壱】-2

これは多いのか、少ないのか
昔の感覚では明らかに少ない。

ただし、今は、どんどん、新たな店が誕生しているので!
昔のように、今でもま『必勝軒』が流行っているのかわからないので


でも、よかった😊
これで、昔のように20人とか30人とかの大行列ができていたら、午後の仕事に支障をきたすので😅

11時30分に定刻オープン♪
先頭のお客さんから順番に入店。


そして、左手前と右奥に分かれて座っていく。
これは何で


これは、この後、小林マスターがトークしていたので、わかったことだけど
左手前の席は昼からアルコールを嗜む常連のお客さん用!

右奥は、普通に食事するお客さん用に分けていたから
そして、先着何名かの昼飲みのお客さんにはサービスなのか特典なのかがあるようだったけど、まったく興味がないので聞いてなかった🤣

以前はなかった券売機が設置されていて
本日販売されている麺メニューは「木 のうこうぎょかいラーメン」と「木 のうこうぎょかいつけめん」!

必勝軒【弐壱】-3

こちらの店では、昔から曜日毎に違うスープのラーメン・つけめんが出されている。

月・火 バランススープ
   とりぶたのうこうスープ
   のうこうぎょかいスープ
   ぎょかいきょうちょうスープ
土・祝 オールマイティスープ


木曜日は濃厚魚介スープのラーメンにつけめんということで
濃厚ならば、つけめんの方がいいかなとは思いながらも

今日は、小林マスターが打つ、つけめん用のもちもちの食感の打ち立ての麺ではなく、ラーメン用のシルキーな熟成した麺を食べたかったので!
「木 のうこうぎょかいラーメン」の食券を買って、右奥から2番目の席へと座って、カウンターの上に食券を置いて待っていると…

まず、昼飲みのお客さん4人に中ジョッキー、大ジョッキーのビールが出されて!
おつまみが作られて出されていった後に


「本日は濃厚魚介スープの日です…」と言いながら、こちらに向かって、近づいてくると
その後も、商品説明続けて

さらに、先客とも会話をして!
私にも


「ずいぶん、久しぶりじゃない…」なんてフランクに言ってきたので…
「大阪と仙台に転勤になってました。」と話すと…

「ああ、そう!」と頷くマスター!
相変わらず、マシンガントークは健在のようだった🤣

そうして、後から入ってきたお客さんとも会話しながら、食券を回収していくと、ラーメン、つけめん作りに入って!
私にラーメンが出されたのは開店から23分後の11時53分!


小林マスターはラーメンにつけめんを作るのは超高速で、ワンオペなのに、作り始めると、どんどん完成させて出していく♪
しかし、昼飲みのお客さんがいたのと、トークが入るので、思った以上に時間が掛かっ
た😅

でも、このフレンドリーな接客が『必勝軒』なんだよね😊
今日もスマホのレンズを向けるとおどけたポーズで応えてくれたし🤣

必勝軒【弐壱】-4

供された「のうこうぎょかいラーメン」は、昔と何ら変わらない
豚肩ロース肉の煮豚細メンマ、刻みネギ、なるとが載る

今どきのラーメンのようにキレイに麺線を揃えたり
低温調理のレアチャーシューにしたりなんてことはしない無骨なビジュアルのラーメン🍜

必勝軒【弐壱】-5

まずは、茶濁したスープをいただくと
『必勝軒』の基本のスープは、ゲンコツ、鶏ガラに豚足とモミジで作る動物系スープに背黒の煮干しに鰹節、鯖節の節の旨味を加えて作ると記憶しているけど

必勝軒【弐壱】-6

「のうこうぎょかい」の日だけあって、豚足とモミジを多用することで、こってりとしたスープに仕上がっていた。
しかし、鶏ガラとゲンコツの動物系の旨味に野菜の甘味も感じられて!


背黒に鰹節、鯖節にの魚介系の旨味も、しっかりと感じられる、この味わいは
ずいぶん食べてなかったけど、これは小林マスターの味♪

そして、ラーメンのスープとして飲むには、少し、濃いめの味わいなのも『必勝軒』らしい!
でも、これは、あえて、そうすることで、麺を食べたときに一番美味しく感じられるようにしているという話しを、以前に小林マスターから聞いたことがあるので♪


麺は、細ストレートの自家製麺で!
カタめでシルキーな食感の、ここでしか食べられない熟成麺で!


必勝軒【弐壱】-7

最初、食べたときは独特すぎて、ちょっと、違和感も覚えた。
でも、このオンリーワンの食感の麺がいい
😊

豚肩ロース肉の煮豚は、特別なものではないけど、美味しくいただけて😋
以前のものよりもいいかも♪

必勝軒【弐壱】-8

そうして、最後は、小林マスターにラーメンのスープ割りをお願いすると
「今は、もうやってないんだけどね…」

そう言いながらも、しっかりとリクエストに応えてくれた。
これは、麺を食べるには濃いめのスープの方がいいけど、飲むには、もう少し薄めの方がいいので、常連のお客さんにサービスで行っていたもの!


必勝軒【弐壱】-9必勝軒【弐壱】-10

そうして、最後はスープ割りも全部、美味しく飲み干して完食😋
ご馳走さまでした。

必勝軒【弐壱】-11

メニュー:バランスラーメン(曜日・曜日限定)…1000円
とりぶたのうこうラーメン(曜日限定)…1050円
のうこうぎょかいラーメン(曜日限定)…1000円
ぎょかいきょうちょうラーメン(曜日限定)…1000円
オールマイティラーメン(曜日・日限定)…1000円

バランスつけめん(曜日・曜日限定)…1050円
とりぶたのうこうつけめん(曜日限定)…1100円
のうこうぎょかいつけめん(曜日限定)…1050円
ぎょかいきょうちょうつけめん(曜日限定)…1050円
オールマイティつけめん(曜日・日限定)…1050円

大盛り…120円/チャーシュー…350円/皮ワンタン…120円/生玉子…60円


必勝軒



関連ランキング:ラーメン | 津田沼駅新津田沼駅京成津田沼駅



好み度:のうこうぎょかいラーメンstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6051-814a4a78