fc2ブログ
訪問日:2023年11月8日(水)

蕎麦 いけだ-1

本日のランチは群馬県沼田市にある十割そばの店『蕎麦 いけだ』へ!

今日は、例年11月上旬にのピークを迎える「吹割(ふきわれ)の滝」を見に行くため、関越自動車道を一路、上州沼田へ🛣

「吹割の滝」は高さ7メートル、幅30メートルのスケールで水流が豪快に落下し飛散する姿から「東洋のナイアガラ」と呼ばれている群馬県沼田市の吹割渓谷にある名瀑。
国の天然記念物でもあり、「日本の滝百選」の一つにも選出。


川床の岩盤を割くようにして水が流れ出していることから、この名が付けられている。
人気の紅葉スポットでもあり、吹割の滝の紅葉は全国12位、群馬県内1位
🥇

12時過ぎに到着🚙🅿
期待した通りの滝と紅葉のコラボを写真に収めることができた🍁

蕎麦 いけだ-2

そして、その前にランチに立ち寄ったのが『蕎麦 いけだ』!
沼田ICを降りて、「吹割の滝」に向かう国道120号線沿線は「上州沼田とんかつ街道」と呼ばれるほど、とんかつを提供する飲食店が立ち並んでいる。


だから、最初は、その中でも人気の高い『とんかつトミタ』か、白いとんかつの『とんかつ金重』か
ただ、食べログの「沼田でランチに使えるお店ランキング」の上位には蕎麦屋が連なるので

合わせてチェックしていて
この「とんこつ街道」沿いではなく、少し道を入った場所に佇む蕎麦屋がこちらで!

こちらで提供されている竹をスパッと縦に割ったようなカタチをした器にそばが盛りつけられた「鴨せいろ」に!
葉っぱのカタチをした「そばがき」が「ばえる」ビジュアルで、一目惚れしてしまった
🥰

蕎麦 いけだ-7
蕎麦 いけだ-8

11時17分に店の駐車場に車を停めて、石段を上がっていくと
新そばの看板が!

蕎麦 いけだ-3蕎麦 いけだ-4

10月から11月にかけてが新そばに切り替わる時期だし!
いいときに来たかも♪


入口を入ると
正面がガラス張りのそば打ち部屋になっていて!

その左隣りがクローズドキッチンの厨房。
そして、店を入って左側が客室になっていて


2人掛けのテーブル席と4人掛けのテーブル席が1卓ずつと座敷に2人掛けの座卓が2卓。
さらに、奥に6人収容の個室もあった。


厨房から現れた店主から4人掛けのテーブル席へと案内される。
先客は6名!


2名が2人掛けのテーブル席で、すでにそばを食べ始めるところで!
4名は、まだ、注文していないようで、私に


「順番に注文を伺いますから…」と言うと…
その4人のお客さんのところに行って、注文を取っていた。

ちなみに、先客4人の注文は全員が「天ざる」!
さらに、こちらの店の名物である「油揚げステーキ(栃尾の油揚げ)」を一つ注文。


メニューを見ると
「もりそば」、「高遠そば」、「おろしそば」に先客4人が注文した「天ざる」。

蕎麦 いけだ-5

さらに、一品料理として、「油揚げステーキ」に「天ぷら」が用意されていたけど
「鴨せいろ」に「そばがき」はメニュー落ちしていた😨

蕎麦 いけだ-6

ラーメンを食べるときは、最新のメニューを探るために食べログのメニュー画像をチェックしたりもする。
その前にXやInstagramは必ず見る。


しかし、SNS全盛時代でも蕎麦屋の多くは、やってないし
食べログの情報も最新でないことも多いので、こういうことには慣れてはいる。

それに、後で、店のホームページがあるのを見つけて
10月18日に新そばに切り替わったというニュースが掲載されていて

キチンとホームページが更新されているのもわかったし!
そこにあったお品書きを見たら、「鴨せいろ」も「そばがき」もメニューになかったので


ちゃんと下調べをしてこなかった自分が悪いことを、また、思い知らされる結果になってしまったけど😓
ただ、食べたかった2メニューをやめてしまったのは本当に残念😞

そこで、店主に注文を聞かれて、オーダーしたのは「高遠そば」と「もりそば」!
ラーメンを食べるときには、よくやることだけど、今回は、そばでも連食することに!


「蕎麦は小腹が空いたときに、さっと手繰るもの。」
「江戸っ子は蕎麦で腹をはらしちゃいけないよ。」


こんなことをすると、蕎麦通の方からは叱責されちゃいそうだけど😓
私は江戸っ子ではあるけど、蕎麦通ではないので😅

こちらの店は、地方の量の多い蕎麦屋ではなく、東京の名店と同じく、そばの量は少なめ
食べログに載っていた画像を見ても麺の量は茹で前にの量で100gあるかどうか

しかし、ラーメン店のつけそばだったら並盛で200gが標準!
成人男性なら中盛の300g食べる人も多いので、二人前食べても満腹にはならないと思えたし。


オーダーすると
「どちらをお先に出しましょうか?」と聞かれたので…

「いっしょに出してもらって構いません。」と答えて、注文完了!
その後、「高遠そば」に「もりそば」が配膳されたのは11時41分。

蕎麦 いけだ-9
蕎麦 いけだ-10蕎麦 いけだ-11

先客4人の「天ざる」が、一斉に供されたのが11時37分だったので
これから作ったら、まだ、時間がかかるんだろうなと思ったのに、意外に早く提供された。

まずは、「もりそば」から
そばは会津そば粉100%の十割そば。

蕎麦 いけだ-12

ホシのある平打ちのそばは、香りは弱め。
でも、そば自体、小麦粉と違ってそんなに香りが強いものではないしね。


食感はカタめで!
田舎そばを食べているような食感。


つけつゆに、さっとつけていただくと
鰹出汁のつけつゆで🐟

カエシの醤油も角が取れていて!
なかなかの美味しさ
😋

次に、そばを「高遠そば」のつけつゆにつけて食べてみる。
ちなみに、「高遠そば」とは、大根のおろし汁に醤油を入れたつゆにつけて食べるそば
😋

大根のおろし汁に醤油を注ぎ入れて、いただいてみると
辛味のない大根が使われているのか、辛味が弱い

蕎麦 いけだ-13

「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」に5度も出演した📺
埼玉県比企郡滑川町にある『會津野 茂三郎』という蕎麦屋で、キャラの濃い店主が会津産玄蕎麦から製粉した蕎麦粉で作る外一の「もりそば」をいただいたときにも、鰹出汁のつけつゆとともに、この大根のおろし汁に醤油を入れたつゆがダブルで出されて、いただいたことがあるけど

このときは辛味の強い大根が使われていて、醤油を足さないと、辛くて食べられなかったのに
この店のものは食べやすいけど

でも、やっぱり、オーソドックスに鰹出汁で食べた方が美味しいし😋
大根は、おろし汁ではなく、大根のおろしで!

それも、普通の辛味の強い大根の尻尾とかではなく、鼠大根他の辛味大根で!
それをおろしたものを薬味にして食べるのが一番だね♪


2枚のもりそばも、数分で、胃袋の中へ!
この量なら、さらに、もう1枚、おかわりの「そば」もいただけたくらい
😅

そして、最後は、食べている途中に出された湯桶に入れられたそば湯で2つのつけつゆを割って
薬味の山葵とネギを入れて

蕎麦 いけだ-14蕎麦 いけだ-15

両方とも飲み干して、美味しく完食😋
ご馳走さまでした。

蕎麦 いけだ-16

メニュー:十割そば
もりそば…900円/高遠そば…900円/おろしそば…1000円/天ざる…1680円
各大もり…350円/そばのみ…770円

一品料理
油揚ステーキ
(栃尾の油揚げ)…660円/てんぷら…780円

蕎麦 いけだ



関連ランキング:そば(蕎麦) | 沼田



好み度:もりそばstar_s40.gif
高遠そばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s30.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6042-bf5062a5