fc2ブログ
訪問日:2023年10月25日(水)

【新店】麺房 鶏くらふと-1

本日のアーリーディナーに向かったのは大阪・豊中市に2023年8月4日にオープンした新店の『麺房 くらふと』!

「株式会社 縁joy Family Japan」出身で『大阪 縁乃助商店』の店長を務めた他、系列の新店立ち上げにも関わってきた、ごりさんこと北林店主が独立開業した店!

先日、東京・中野の『五丁目ハウス』で開催された『井さい 東京』X『ラーメン健太』X『五丁目ハウス』の3店コラボをプロディースした「らの道P」ことシナさんが珍しく、短い間に何度も訪れて、絶賛していたので!
次回、大阪に行く機会があったら、食べに行きたいと思っていた♪


梅田での仕事を終えて、ホテルにチェックインする前に店へと向うことに🚇💨
そうして、Osaka Metro御堂筋線直通の北大阪急行線・緑地公園駅近くの店へとやって来たのは17時10分になる時刻!

入口に女性のお客さんが1人いて
中に入らないのでどうしたのかなと思ったら、待ち合わせをしているようだった。

先に、夜営業の一番のお客さんとして入店させてもらうと
コンクリート打ちっぱなしのスタイリッシュなインテリアの店で♪

客席は、オープンキッチンの厨房を囲むように造られたL字形カウンター席10席と2人掛けのテーブル席が5卓あって!
清潔感があって、女性のお一人様でも入りやすそうな雰囲気
👩

カウンター席の1席に着こうとすると
スタッフの女子から、券売機で食券を買うように促されて😅

振り返ると
店内から見て、入口のすぐ右に小型の券売機があった。

【新店】麺房 鶏くらふと-2

メニューは、一番おすすめの左上が「濃厚なおそば(醤油)」!
その下が「濃厚なおそば(塩)」!


右横が「鶏と鰹のおつけそば(醤油)」!
その下が「鶏と鰹のおつけそば(塩)」。


その右に「鶏と鰹のおそば(醤油)」、「濃厚なおつけそば(醤油)」!
その下に「鶏と鰹のおそば(塩)」、「濃厚なおつけそば(塩)」と並んでいて


「濃厚なおそば」とネーミングされた濃厚鶏白湯ラーメンが一番のおすすめ♪
さらに、「醤油」よりも「塩」のがおすすめってことだと思うけど
😊

ただ、面白かったのは、2番目のおすすめの位置に「鶏と鰹のおつけそば」という鶏と鰹の清湯つけ麺がきていたこと!
濃厚鶏白湯推しなら、ラーメンの隣につけ麺が来るはずだし♪


ラーメンを推すなら濃厚鶏白湯、鶏と鰹の清湯の順番で並ぶはずなのに
これって、ラーメンなら濃厚鶏白湯、つけ麺は鶏と鰹の清湯がおすすめってことなのかな🤔

さらに「ごまのおそば(こってり)」、「ごまのおそば(あっさり)」という名の2種類の担々麺と
「すぱいすおまぜそば」という激辛汁なし担々麺に「親鶏の鶏油おまぜそば」というまぜそばもあって!

レギュラーメニューの麺類の種類が、めっちゃ多い!
さらに、麺メニュー以外にも、サイドメニューとして「からあげ」に「豚角煮丼」なんかも用意されていて、仕込みが、めっちゃ大変そうなんですけど
😅

メニューが多いので、目移りしてしまいそうだけど
注文は最初から「鶏と鰹のおつけそば(塩)」に決めていた。

問題は「つけ麺用替えスープ」というボタン!
これが、どういう意味で設定されたのがわからない。


単純につけ麺を大盛りや特盛にして、つけ出汁が足りなくなってしまった場合の追加のスープなのか
それとも、2つの味のつけ出汁を選べるというものなんだろうか

どちらもあり得るので!?
ごり店主に

「つけ麺用替えスープって、同じ味のスープをおかわりするものですか?」
「それとも、鶏と鰹のおつけそばの塩にした場合、替えスープを醤油にすることってできますか?」
と聞いてみたところ…

「どのつけそばのスープも選べます。」という答えが返ってきた。
同じスープの「醤油」と「塩」のダブルつけ出汁のつけ麺にできる店は『麺処 有彩』『Homemade Ramem 麦苗 COREDO室町店』など、関東にも何店かある。

しかし、今回の鶏と鰹の清湯と鶏白湯という、違うスープのつけ出汁で食べられるというのは
過去に東京・本郷三丁目の『麺屋 鈴春』でイレギュラーで食べたことはあるものの、普通に注文できるというのは初めて!

「鶏と鰹のおつけそば(塩)」の食券と「つけ麺用替えスープ」の食券!
さらに、10食限定だという「塩釜ちゃーしゅー」の食券も購入して


さらに、ごり店主に、つけ麺の麺の量を聞いたところ
「200gです。」という回答があったので…

「大盛」のボタンを探すも、なかったので
3枚の食券をカウンターの上に置いて、食券を回収にきたスタッフの女子に

「大盛りのボタンが見つからなかったのですけど…」と言うと…
「大盛りは対応しておりません。」

「和え玉での対応になります。」
「和え玉は味付きの替え玉になります。」
と親切に教えてくれたんだけど…

「替え玉」はしても、味付きの「和え玉」は不要と思っている人なので
「和え玉はいいです😅と言うと…

「つけ麺用替えスープは何にしますか?」と聞かれて…
「濃厚おつけそばの醤油!」と答えたけど…

「おつけそば」と言うのが😅
ヤクルトのCMの「おヨーグルト”ですわ~」の決め台詞に反応して、内田有紀さんが「おヨーグルト……」と苦笑するシーンを思い出してしまって、何か抵抗がある🤣

そうして、それから10分後に、ごり店主のワンオペで作られた「鶏と鰹のおつけそば(塩)&濃厚おつけそば(醤油)」がスタッフの女子によってサーブされて
さらに、2連の小皿が出されて

卓上のカスターを示しながら
「こちらに、シママースと自家製七味を取ってお使いください。」というアナウンスがあった。

【新店】麺房 鶏くらふと-3【新店】麺房 鶏くらふと-4【新店】麺房 鶏くらふと-5【新店】麺房 鶏くらふと-6

昆布水に浸かった麺の上にはデフォルトで入る豚バラ肉のローストチャーシュー豚肩ロース肉のレアチャーシューと追加トッピングした大きくて厚みのある豚ロース肉の「塩釜ちゃーしゅー」の3種類のチャーシューに🐷
輪切りされた酢橘が盛りつけられて…

2種類のつけ出汁の中には太メンマが入り、色紙ネギを浮かべて、七味がパラッと掛けられた。
さらに、2連の小皿に、しままーすと自家製七味をセルフで入れていただく、美しいビジュアルのつけそば


まずは、京都の老舗製麺所の「麺屋 棣鄂」に特注して製麺してもらっているという
茶色いドット模様があることから、全粒粉が配合されていることがわかる平打ちの中太ストレートの麺を、そのまま、何もつけずにいただくと

【新店】麺房 鶏くらふと-7【新店】麺房 鶏くらふと-8

ふわっと小麦粉が香るのがいい♪
そして、たおやかな食感の麺で!


噛むと、モチモチとした食感のある中力粉と強力粉をブレンドしたと思われる加水率高めの中加水麺で!
コシがあって、食感は最高♪


「シママース」を指で摘んで、麺にパラッと掛けて食べてみると
このメキシコまたはオーストラリアの天日塩を沖縄の海水に溶かして、平釜でじっくりと煮つめて、時間をかけて作る海塩によって小麦粉の旨味に甘味が引き立てられたし♪

そうして、次に、麺を「鶏と鰹のおつけそば」の塩味のつけ出汁に、さっと、潜られていただくと
徳島県地鶏の「阿波尾鶏」をベースに仕上げに道南の真昆布と鰹節などの旨味を入れたとごり店主が話していた鶏清湯スープのつけ出汁は

じっくりと低温で長時間炊いて、地鶏の旨味を引き出したからだと思われるけど
地鶏の旨味が広がって

昆布と鰹に干し椎茸の旨味がサポートしていて
めっちゃ美味しいじゃないですか😋

続いて、今度は「濃厚おつけそば」の醤油味のつけ出汁に麺を半分ほど浸していただくと
粘度のない、さらっとした鶏白湯スープのつけ出汁で!

こってりとあっさりの間の「こっさり」とした味わいで!
濃厚さには欠けるかもしれないけど


その代わり、鶏の旨味もしっかりと感じられて♪
これは、濃厚さよりも旨味重視で作られたスープだと思うし!


こういう鶏白湯は好み🥰
めっちゃ美味しい😋

ただ、ごり店主は『大阪 縁乃助商店』で鶏白湯スープを炊いてた人だから!
食べる前から美味しいのはわかっていた
😋

でも、鶏清湯に関してはどうなんだろうと思ったけど
昆布や鰹、干し椎茸のサポートはあったにせよ、鶏清湯では難しい塩味のスープで、これだけ美味しいスープを作ってくるとは😋

しかし、醤油味だったら、きっと、これが完成形なんだろうな♪
スープの味わいから醤油のカエシと合わせたらバッチリ合っていると思われるので!


でも、この塩味の清湯スープは、まだ、伸び代がある!
塩ダレに、もうひと工夫すると、もっと美味しくなると思えるので
😊

トッピングされた3種類のチャーシューのうち、まず、デフォルトで入る豚バラ肉のローストチャーシューは、余分な脂が落とされているのがよくて♪
噛めば、肉のジューシーさを感じる一品だったし
😋

【新店】麺房 鶏くらふと-9

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、低温調理されて、しっとりとした食感に仕上げられていて
噛めば、こちらも肉の旨味を感じるレアチャーシューだったし😋

そして、圧巻立ったのが、追加トッピングした豚ロース肉の「塩釜ちゃーしゅー」
豚ロース肉を塩と卵白で包んで焼き上げる塩釜焼きにした一品で♪


【新店】麺房 鶏くらふと-10

塩釜の中で蒸し焼き焼きにされて、肉の旨味が、ぎゅっと凝縮されて!
さらに厚くカットされているので、しっとりジューシー♪


最高に美味しくて😋
これが300円で食べられるなら、毎回、トッピングしてしまいそう😊

太メンマの外はコリッとカタいのに、中はサクッとやわらかくて!
外と中の食感の違いを楽しめるのがいい♪


【新店】麺房 鶏くらふと-11【新店】麺房 鶏くらふと-12

そうして、交互に2つのつけ出汁に麺をつけて!
さらに途中で、酢橘を搾りかけて、自家製七味を入れて食べているうちに麺がなくなってしまった
😅

【新店】麺房 鶏くらふと-13【新店】麺房 鶏くらふと-14

やっぱり、ダブルのつけ出汁で食べるなら、最低、麺は300gは必要だね!
「和え玉」を食べればいいのかもしれないけど、「和え玉」は、既にカエシと香味油で味付けがされていて、本来のつけ出汁の味の邪魔をする恐れがあるので


「おそば」には「和え玉」対応でもいいと思うけど
「おつけそば」は「大盛」対応すべきだと思う。

そうして、最後に、ごり店主にスープ割りをお願いして!
器で供された割りスープで、2つのつけ出汁をセルフで調整していただくと


【新店】麺房 鶏くらふと-15
【新店】麺房 鶏くらふと-16【新店】麺房 鶏くらふと-17

飲むのには、ちょうどいい塩梅になって!
再び、温かくなって!


そして、割りスープが贅沢にも「鶏と鰹のおそば」の鶏清湯スープだったから!
「鶏と鰹のおつけそば(塩)」のつけ出汁に注ぐと、「鶏と鰹のおそば(塩)」のスープそのものになって、最高の〆になったし
😊

「濃厚おつけそば(醤油)」の方は、鶏白湯と鶏清湯の中間のような味わいになって!
これも、とても、よくて♪


最後まで美味しく完食😋
ご馳走さまでした。

【新店】麺房 鶏くらふと-18

メニュー:濃厚なおそば【醤油】…1000円/濃厚なおそば【塩】…1000円

鶏と鰹のおつけそば【醤油】…1050円/鶏と鰹のおつけそば【塩】…1050円
鶏のおそば【醤油】…950円/鶏のおそば【塩】…950円

濃厚なおつけそば【醤油】…1050円/濃厚なおつけそば【塩】…1050円

塩釜ちゃーしゅー【10食限定】…300円/燻製ちゃーしゅー(2枚増し)…250円/燻製味玉【20個限定】…150円/レアちゃーしゅー(2枚増し)…250円

つけ麺用替えスープ…350円
鶏油和え玉…200円

からあげ(3個)…300円/からあげ(3個)(5個)…450円/からあげ2個とごはんセット…300円
ちゃーしゅー盛り…500円
豚角煮丼…500円/ちゃーしゅー丼…400円/鰹TKG…300円/TKG…250円/ごはん…150円


麺房 鶏くらふと



関連ランキング:ラーメン | 緑地公園駅



好み度:鶏と鰹のおつけそば(塩)&濃厚おつけそば(醤油)star_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/6034-0b9bc4b0