fc2ブログ
訪問日:2023年4月11日(火)

【新店】ハちゃんラーメン【弐】-1

本日のランチは東京・浜松町に「一粒万倍日」と「寅の日」の2つの吉日が重なるダブル開運日で、4月の中で最も金運が高まる「最強金運招来日」でもある4月2日にオープンした『ハちゃんラーメン』へ!

『麺処 ほん田』及び、そのグループ店に9年間在席して、料理長と呼ばれていたベトナム出身のハさんが今年の2月28日に『麺処 ほん田』を卒業して独立開業した店🇻🇳
ちなみに、博多華丸・大吉の華丸さんイチオシの福岡県太宰府市にある『八(はっ)ちゃんラーメン』と同名ではなく、屋号は『ハ(は)ちゃんラーメン』なので、お間違えのないように🤣

そして、『ハちゃんラーメン』が開業した4月2日は、偶然にも、同じ『麺処 ほん田』出身の『宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀 池袋店』と『ramen club トトノエ』の3店が同日オープンした日でもあって!
4月2日のオープン日は大混雑が予想されたので、あえて、オープン2日目に『ハちゃんラーメン』に!


オープン3日目に『宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀 池袋店』に伺った。
そして、次は『ramen club トトノエ』の番と思っていたところ


この3店の中で、いち早く4月5日から「昆布水つけ醤油」をリリースしてきたのが『ハちゃんラーメン』だったので♪
先に『ハちゃんラーメン』に行くことに
🤣

ちなみに『ハちゃんラーメン』に『ramen club トトノエ』は、オープン時は醤油ラーメンのみでスタート!
『宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀 池袋店』は塩ラーメンと醤油ラーメンの2種類でスタートしていて、つけ麺は、どこも「coming soon」の状態だった。


そうして、浜松町駅北口からも都営浅草線と都営大江戸線が走る大門駅のC2出口からも徒歩2分の場所にある店へと12時58分にやって来ると
5人のお客さんが外待ちしていた。

行列の後ろに付くと
すぐにスタッフの人が出てきて、先に食券を買うように言われて

入店して、券売機の前に立つと
「特製昆布水つけ醤油」、「昆布水つけ醤油」、「味玉昆布水つけ醤油」の3つのボタンが開放されていた。

【新店】ハちゃんラーメン【弐】-4

券売機に1,450円を投入して、買い求めたのはデフォルトの「昆布水つけ醤油」の食券と単品トッピングの「鴨増し」の食券!
店のおすすめは「特製昆布水つけ醤油」で、他のボタンの4倍の大きさのボタンになっていることからも明らか
🤣

そして、この「特製」は、大概の店では単品トッピングするよりもお得な価格設定になっているので、これをチョイスするお客さんも多い。
でも、個人的にラーメンには味玉は要らないと思ってる人なので
😅

どこの店でも、ほぼ、例外なく味玉が入る「特製」は、選ばないようにしている。
しかし、「特製」にしか好きな鴨チャーシューが入らなかったり、ワンタンが入らなかったりすることもあるので、「特製」を選択せざるを得ない場合もあるけどね
😅

食券を買って、スタッフの人に食券を渡して、列に戻って、待つこと8分ほどで、入口の前まで進むと
入口の脇にメニュー表が貼ってあって!

以前は日本語のメニューしかなかったのに🇯🇵
インバウンド対応なのか、いつの間にか英語のメニューも貼ってあった🇬🇧

【新店】ハちゃんラーメン【弐】-2【新店】ハちゃんラーメン【弐】-3

13時11分にオープンキッチンの厨房の前にある席へと案内されると
厨房にはハ店主!

そして、今日は、ハ店主も、かつては厨房に立っていた『麺処 夏海』のスタッフの人がヘルプで厨房に入っていた。
厨房では、すでに麺が茹でられて、つけ麺作りが始まってるようで!


ハ店主が、つけ汁を入れる小丼と麺を入れる丼を3個取り出してきた。
そうして、茹で上がった麺を自ら冷水で〆て!


麺を丼に取り分けて!
ガス台で温めていたスープをつけ汁の小丼に入れていって


そうして、「昆布水つけ醤油」を3個完成ると!
その一つが「鴨増し」になって、私にハ店主自らの手で供された。


【新店】ハちゃんラーメン【弐】-5
【新店】ハちゃんラーメン【弐】-6【新店】ハちゃんラーメン【弐】-7

麺の上に「鴨増し」分の鴨ロースのレアチャーシューが3枚に味玉、レモン三つ葉
つけ汁の中に豚モモ肉のレアチャーシュー豚モモ肉の煮豚の2種類のチャーシューが入り、色紙切りされたネギが散りばめられた美しいビジュアルの醤油つけ麺


でも、なぜ、味玉!?
注文してないよ😓

ハ店主に言おうかと思ったけど
サービスで入れてくれたと思われるので、ありがたくいただくことにした😅

まずは、昆布水に浸かった『心の味食品』謹製の全粒粉が配合された切刃20番と思われる太くも細くもない中庸な太さのストレート麺を、つけ汁にはつけずにいただくと
ふわっと、小麦が香る麺なのがいい♪

【新店】ハちゃんラーメン【弐】-8

そして、なめらかで、モッチリとした食感の麺で!
しなやかなコシがあって!


麺の芯まで、よく茹で上げられた麺からは、小麦粉の旨味も感じられて♪
とても秀逸な麺だね
😊

つけ麺に麺を潜らせていただくと
あれっ!?

先日いただいた「醤油」ラーメンは、カエシの醤油がキリッと強めで、やや、醤油が濃いめに感じられたのに
今日は、濃くも薄くもなく、ちょうどいい感じで♪

鶏と豚の動物系スープをベースに背黒の煮干しに貝の旨味も重ねたような味わいのスープの出汁の旨味も強めに感じられて♪
この旨味いっぱいのスープに芳醇でコクのあるカエシがマリアージュしたスープは絶品
😋

そして、がごめ昆布の他に、おそらく羅臼昆布だと思われるけど
出汁昆布を使用しているので、昆布の粘度だけではなく、旨味も強く感じられる昆布水で、麺をつけ汁につけて食べ進めるうちに、徐々に味変していくのを楽しめたのもよかったし♪

トッピングされた鴨ロースのレアチャーシューは火入れの状態も絶妙で♪
噛めば、鴨ロースのジューシーな旨味がジュワっと広がる逸品だったし
😋

【新店】ハちゃんラーメン【弐】-9

豚モモ肉のレアチャーシューは、モモ肉で、厚みもあるので、やや、噛みごたえのあるものだったけど
噛めば、肉の旨味が滲み出てくる絶品のレアチャーシューだったし😋

【新店】ハちゃんラーメン【弐】-10

豚モモ肉の煮豚は、モモ肉なのに、やわらかくて煮込まれていて♪
美味しくいただけたし
😋

味玉も二つ割りすると
やや、カタめの半熟加減だったけど

【新店】ハちゃんラーメン【弐】-11

個人的には、これくらいの方がぜんぜんいい♪
なぜなら、黄身が流れ出て、麺を汚してしまうような緩めの半熟加減の味玉が嫌なのが味玉を食べない大きな理由なので


そして、麺が少なくなってきたところで、麺にレモンを搾りかけて、つけ汁につけていただけば
レモンの甘味と酸味で爽やかに味変してくれたのもよかったし♪

【新店】ハちゃんラーメン【弐】-12

そうして、最後にハ店主にスープ割りをお願いすると
昆布水で割ってくださいなどという野暮なことは言わずに😊

ちゃんとスープ割りが用意されていて♪
最後まで美味しく完食
😋

【新店】ハちゃんラーメン【弐】-13

「塩」ラーメンに「昆布水つけ塩」が発売されたら、また、食べに来ますね♪
ご馳走さまでした。


【新店】ハちゃんラーメン【弐】-14

メニュー:特製醤油…1350円/醤油…950円/味玉醤油…1100円
特製昆布水つけ醤油…1450円/昆布水つけ醤油…1050円/味玉昆布水つけ醤油…1200円
中盛…100円

卵かけごはん…250円/チャーシューごはん…350円/ライス…150円/半ライス…100円
特製…400円/鴨増し…400円/チャーシュー…300円/味玉…150円


ハちゃんラーメン



関連ランキング:ラーメン | 大門駅浜松町駅汐留駅



好み度:昆布水つけ醤油+鴨増しstar_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/5886-14b7eadc