訪問日:2009年3月12日(木)

らぁめん たむら-1

近鉄大阪線の布施駅が最寄り駅の店。

今回の大阪のラーメン店遠征では、東大阪市にある店を回るつもりで…
こちら「らぁめん たむら」の他、「麺屋 紡」と「麺家 一休」にも行く予定をしている。

今回の3店の中では、アクセスは一番いい!
オープンは2007年6月…
しかし、夜のみの営業のため、行くには敷居が高かった!

ただし、只今の時刻は、夜の10時30分を回ったところ…

深夜まで営業しているので…
今日のように、都合で訪問が遅くなってしまったときなんかには…
まさに…
「やっててよかった!」

店に入っていくと…
カップルのお客さん等で賑わっている!

厨房には、夫婦と思われる若い男女二人…

メニューをみて、評判の高い「豚骨魚介のつけめん」を普通盛りでオーダー!

麺の量はデフォルトで1玉220g!
大盛りは200円増しの2玉440gで…

デフォルトでは少し少ないけど、大盛りでは多すぎる…
中間の1.5玉330gを中盛りとして用意してもらえると嬉しいんだけど…

らぁめん たむら-2

厨房では、店主が、麺が茹であがる合間の時間を使って、煮あがったチャーシューを、出汁醤油の入った容器の中に移しているところ…
これは明日使うの分のチャーシュー…

これとは別の本日分のチャーシューを店主が切り出し、オーブンの中へ入れていった…

そうしているうちに麺も茹であがったようだ…

冷水に曝され、麺が締められる…
麺は、すのこが敷かれた器に盛られる。

オーブンで炙られたチャーシュー…
2つ割りされた味玉…
それにメンマ…
そして、最後に大きな焼き海苔が麺の上に盛り付けられると…

「お待ちどうさまでした!」
つけダレも追って出されて…
これで「豚骨魚介つけめん」の完成!

らぁめん たむら-3らぁめん たむら-4

盛り付けがキレイだ!

まずは、麺だけをいただく…

麺がぬるくて、少し、締めが甘いな…

ただ、この切り刃14番の刃で切られたと思われる太麺は、モッチリした食感がいい!
それに、この濃厚そうな「豚骨魚介」のつけダレにつけて食べると相性バッチリ!

これはいい!
というか、麺はまあまあだけど、つけダレがとてもいい!

鯖節に鰹節の風味が香るつけダレ!
動物系は豚骨の他に鶏ガラ、モミジ…

トロミがあって、適度のこってり感があって…
なにしろ美味しい!

このトロミは、モミジの他に豚足も使っているのかもしれないけど…
長時間、豚骨を炊きだして、豚骨の旨味がよく引き出されている!

こんな美味しい東京スタイルの「濃厚豚骨魚介」の「つけめん」が、天六の「群青」以外にも大阪にはあったんだね!

昨年は、東京スタイルの「濃厚豚骨魚介」の「つけめん」を食べさせる店が何店か誕生した!…

まずは、昨年5月に…
「麺や よかにせ」が十三に開業した。

こちらは、東京の大成食品という製麺所の経営する「麺彩房」という店で修業した方が、修業先の味を大阪に持ち込んだ店!

「麺彩房」の「濃厚豚骨魚介」の「つけめん」を食べさせてくれて…
味は、東京にある「麺彩房」系の店と比べてもひけをとらない…

しかし、「らぁめん たむら」の味はこれ以上!

そして、同じく昨年9月に天六に出現したのが「つけ麺処 つぼや」

「東京のつけめん」を標榜する店だったけど…
それもそのはず…
東京のチェーン店「つけ麺 やすべえ」が大阪で名前を変えて営業している店だった…

味は、「らぁめん たむら」の足元にも及ばないというのが、正直な感想…

こちらの店は開店以来、何度も訪れレポしているけど…
東京の有名「つけめん」店と肩を並べる実力がある!

しかし、「らぁめん たむら」の味は、「群青」の域にまでは達していないものの…
大阪では、これに次ぐ美味しさの「濃厚豚骨魚介」の「つけめん」を食べさせてくれる!

分厚く切られた2種類の部位のチャーシューは炙られて香ばしかっし…
特に、豚バラの巻きチャーシューは肉汁たっぷり!
ジューシーで、メチャ美味しい!

黄身がオレンジした味玉も、メンマもレベルは高い!

ただ、これだけスープや具の完成度が高いのだから、これで麺まで自家製なら…
もっとよかったんだろうけど…

不思議だったのは、この「豚骨魚介つけめん」の価格設定!
「鶏ガラ魚介つけめん」に比べ、わずか20円の違いとはいえ、安く設定されていた…

一般的に考えて、鶏ガラと豚骨の材料費に煮込み時間の差からすると、温度管理も含め、手間と時間のかかる豚骨の方が高くてよさそうに思えるんだけど…

そして、この880円という価格設定自体も決して高くはない!

部位の違う分厚いチャーシューが2枚載る。
そして、味玉が1個分付く!

これで880円なら、むしろ、安いくらいだ…

ただ、味玉も要らないし、チャシューだっつ1枚あれはいいから、安くせえ!
まあ、そういう声もあるとは思うけどね…

それと、メニューに記載して、「スープ割り」をやらないという店の姿勢…
これは、大阪でも「スープ割り」が徐々に浸透していっている中、他店と逆行する行為!
これは、ぜひとも改善してほしい…

食べている途中で、店主の方から話し掛けてきた!
「麺の量、足りなくないですか!?」

「220gだと少し少ないかもしれません…しかし、440gは私には多すぎます…」
そう答えて、暗に中間が必要と訴えたつもりだけど…
わかってもらえたかな?

しかし、これがきっかけで、いろいろ店主と話をさせてもらった…
特に、大阪のラーメン事情についての貴重な話を聞かせてもらったし、勉強になった。

自家製麺の話もしたけど…
店主の話では…
現在、鶏、豚、魚介の3種類のスープを1人でつくっているそうで…

さらに、最近まで、カンイチ(雑誌「関西1週間」)と組んだ特別メニューの「味噌つけ」に合うスープを合わせた4種類をやっていたということだったから…

この様子では、いくら昼の営業をやっていないとはいえ、時間的にも体力的にも厳しいし、とても一人では製麺までは手が回らない…

でも、いい店を見つけた!
並ばずにこれだけの味が食べられるのはありがたい!
この味なら、東京で、昼間営業だったら、行列店になれるよ!

最後に店主から…
「スープ割りいってみます!?」

こちらからリクエストしたわけではない…

メニューに「スープ割り」はしないと明記してあるのに…
まるで、人の心を読んでいるかのような提案には驚かされた!

そして、次に店主の口から発せられた言葉にも…

「スープ割りの作り方がわからんのですよ…」

「魚介出汁のスープを入れればいいと聞いた…」等と言いながら「スープ割り」をつくる店主…
「味をみてほしい。」というので、遠慮なくいただいて、意見も言わせてもらった…

もしかしたら、美味しい「スープ割り」が、こちら「らぁめん たむら」でもいただけるようになるかもしれない!
「つけめん」を食べる楽しみの一つは、この最後に飲む「スープ割り」にもあるので…

らぁめん たむら-5

住所:大阪府東大阪市足代新町8-2 陽光ビル1F
電話:06-6789-1188
営業時間:18:30~翌2:30 ※スープ売切れ次第終了
休日:月曜
アクセス:近鉄大阪線布施駅から北側高架沿いを西へ。徒歩3分

メニュー:和風鶏がららぁめん…730円/鶏豚骨らぁめん…730円/替え玉…130円
豚骨魚介ベース つけ麺 並(220g)…880円/大(440g)…1080円
和風鶏がらベース つけ麺 並(220g)…900円/大(440g)…1100円


好み度:豚骨魚介ベース つけ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s40.gif

らぁめん たむら (つけ麺 / 布施、小路)
★★★★★ 4.5

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/587-db4284b0