訪問日:2009年2月25日(水)

RAMEN CiQuE【弐】-1

美味しい塩ラーメンが食べたいなら…

私のおすすめは、こちら「RAMEN CiQuE」

しかし、どうやら、こちらは「醤油ラーメン」も美味しいという噂も耳にした…

しかも、この「醤油ラーメン」は…
評判の「塩ラーメン」が鶏と魚介のスープなのに対して…
豚骨と魚介を使ったスープで…
スープ自体を変えているんだという。

ただ、「塩ラーメン」のスープで作る「あっさり」とした「醤油ラーメン」もラインナップされたらしくて…
結果として、「醤油ラーメン」は、「あっさり」としたラーメンと「こってり」としたラーメンが選べることになったようだ(実際には醤油ラーメンは1種類だけだったんだけどね)。

さて、どちらをいただこうか?

東京メトロ丸の内線の南阿佐ケ谷駅で下車して、青梅街道を荻窪方面に歩くと、街道沿いに店はある。

ラーメン店に見えない外観の店に入っていくと…
女性客が3名。男性客が2名。

こちらの店は、そのお洒落な内外装と雰囲気から女性客が多い!

前回は、訪ねた時間が遅かったためもあってか、奥様と思われる女性のお客さんの社交の場になっていたし…

今回は少し遅めだったけど、昼休みの時間中だったので、OLのお客さんがランチに来ていた。

まず、店を入ってすぐ右に設置された券売機で食券を買う。

2種の「醤油ラーメン」を探したけど…
ないようだ…

RAMEN CiQuE【弐】-2

そこで、1種類だけあった「醤油ラーメン」のボタンを押す…
白と黒の2種類あった味玉には少し興味はあったけど…
今回はパス…

カウンター席だけの席に、1席だけ空いていた席につく…

若き店主に食券を渡すと…
前回同様…
「麺を無料で大盛りにできます!?」と…
大盛りにするかどうかの有無を聞いてきたので…
遠慮なくお願いすることにした。

しかし、コック服に身を包んだ店主は、その格好からだけではなく動きにも…
洋食出身のシェフらしさが出ている。

ピリッとして、そつがなく、機敏で…
ラーメンをポンポンとテンポよく作っていく!

手は早いけど、丁寧で丁重な和食出身の料理人の動きとは違う…

しかし、だからといって、仕事はスピーディなだけでなく、きっちりされていて、味も盛り付けもとてもいいんだから…
すごい!

そう待つ間もなく、ラーメンはできてきたんだけど…
面白かったのは、スープを中華鍋で温めていたこと…
普通は、熱した寸胴から直接、丼にスープを注ぐか、寸胴から一度、小鍋に移して温めるのが一般的なのに…

できあがったラーメンのビジュアルは、前回の焼きトマト入りの「塩ラーメン」に比べれば劣る。

しかし、前回も感じたけど、このラーメンの器にはセンスを感じる!
器を見て、盛り付けを見て、美味しそうに感じさせるのも料理の大事なポイントだしね。

RAMEN CiQuE【弐】-3RAMEN CiQuE【弐】-4

スープを一口…
このスープの甘味は何なのだろう…

横浜の「家系ラーメン」にも似た、この醤油豚骨スープは、豚骨と野菜の甘味でいっぱい!

しかし、「家系ラーメン」とは、ちょっと違う…

以前に食べたものでは、千葉ローカルの東武野田線の逆井駅が最寄り駅になる「東京らーめん ちよだ」の「豚骨醤油らーめん」が近い!

豚骨と野菜の風味が強くて、魚介が控えめのこのスープは、食べる前に思い描いていたものとは違った…
美味しいことは美味しいけど…

でも、流行の濃厚豚骨魚介のラーメンを食べ飽きた人にとっては個性的に映るかもしれない…

麺は、さすが「三河屋製麺」といえる麺!
中細ストレートの麺ながら、この濃厚なスープに負けることなく、しっかりと受けとめてくれる。

ややカタメに茹でられた麺はコシがあって美味しい!

豚バラ肉の巻きチャーシューは
やわらかくて、味わい深くて…
これは美味しいよ!

ポキポキした食感のメンマはカタクて、好き嫌いが分かれそうだけど、細切りされているので、あまり気にはならない。

それなりに美味しい一杯だったけど、やはり好みは、私は塩かな…

店主に、あっさりした醤油ラーメンがあったはずと聞いてみたところ…

「以前は、鶏と魚介のスープでつくった醤油ラーメンもやっていたんですけど、今はやめちゃったんですよ…」

「でも、今、新しい醤油ラーメンをつくっています!」

えっ…
思いもしない答えが返ってきたので…
それはどんなラーメンなのかを尋ねてみたところ…

「今度の醤油(ラーメン)は、鶏だけのスープでつくろうとしています。」

これは楽しみ♪

「いつ頃から始めるんですか!?」と…
重ねて質問すると…

「う~ん…」と唸って、頭を抱えて考え込んでしまった…

しかし、このオーバーアクションの末に口から出た言葉は…

「来週…」
「来週からやりますよ!」というものだった。


「飽きられないように、たまにやっている限定ではなくて、まずは、季節限定のようなカタチで始めたいと思います。」と語ってくれた。

まあ、でも、「限定」に「季節限定」なんて聞いても、私がこちらに来るのは2回目で、限定を食べたことも注文方法もわからないんだけど…

しかし、こちらの店主は見た目の印象から、無口な人なのかと思ったら…
意外にも、雄弁に喋るのには驚いた。

しかし、鶏だけを使ったスープとはいっても…
こちらの、鶏の風味たっぷりの「塩ラーメン」のスープだって、魚介も少しは含まれている…

でも、今度のスープは鶏100%!
鶏だけでつくるスープというのは意外に難しいと聞いているけど…
この人がつくったらどんなスープになるんだろう!
楽しみだな!

来週は行かないと!

RAMEN CiQuE【弐】-5

RAMEN CiQuE【弐】-6

住所:東京都杉並区阿佐谷南3-10-8
電話:03-6383-3492
営業時間:(平日)11:30~14:00/18:00~22:00
(土・日・祝)11:00~15:00/18:00~22:00
※スープ売り切れの場合は営業終了
休日:月曜・第4火曜
※祝日の場合は営業、翌日休業(第4月、火が祝日の場合、水、木営業)
アクセス:東京メトロ丸の内線・南阿佐ヶ谷から徒歩7分。
JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線・荻窪駅から徒歩10分

メニュー:塩ラーメン…700円/醤油ラーメン…750円


好み度:醤油ラーメンstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/566-41e1c965