2008.03.24 東成きんせい
訪問日:2008年3月24日(月)

東成きんせい-1


京都・高槻にある「彩色ラーメンきんせい」の支店が大阪・玉造に出店しているという…

最近、ネットの情報で知った!

高槻まで行く機会のなかったわたしにとっては嬉しいニュース!

さっそく行ってみることにした。

店の場所はJR大阪環状線の玉造駅から徒歩1分かからない…
わたしは大阪市営地下鉄・鶴見緑地線を使って行ったけど、4番出口を出たところからでも徒歩2分で行けた!

夜8時半に店に入っていくと、先客は3名。

厨房には店主と美人の奥様♪

卓上のマスコットもしっかり虎してるし…
やはり、ここは大阪…
阪神タイガースの街か…

東成きんせい-5


メニューをみると「醤油らーめん」に「塩らーめん」…
それに「つけめん」があるけど…

情報では確か「鶏白湯らーめん」に「鶏清湯らーめん」だったはずなんだけど…
まあいいか…
「醤油らーめん」を味玉トッピングで注文!

東成きんせい【弐】-0


店主はおもむろにカウンターの上に置いてあるプラスチックの箱から麺を取り出すと、計量器にかけ重さを計りだした…
そしてテボに投入!

麺が茹で上がる間にラーメン丼にタレを入れ、白濁したスープを注ぎ入れる。

麺が茹で上がるとしっかり湯切りして丼の中へ…

チャーシュー、メンマ、みず菜、うずらの卵、そしてトッピングの味玉が盛り付けられて…
「味玉入り醤油らーめん」の完成!

見た目もキレイだし美味しそう!

東成きんせい-2


さっそくスープから…
これは、まさに鶏白湯スープ!
名前は変わっていたけど、これがネットで紹介されていた「鶏白湯らーめん」に間違いない!

鶏のエキスが凝縮された濃厚スープ!

ただ、美味しいには美味しいんだけど、ちょっと鶏が強く出すぎている感じだな…

麺は、この濃厚なスープに負けないためか中太の麺が使われている!

この麺!
噛み締めると麺の旨味を感じる…

生麺を見た感じからしても数日寝かせた麺とわかるけど…
この熟成期間が麺の旨味を形成する。

切り歯18番だという麺…
見た目、少し太く感じたので店主に聞いてみた…

「いや、実はつけめんにも使えるかと思って太出ししたんですよ。」
「だから、太く感じられたのかもしれません…」

「もう少し細い方がいいですかですか?」と聞いてきたので…

スープがけっこう濃厚だからこれくらいでも構わないけど、もう少し細い方がさっぱりと食べられていいかもと答えた…

すると…
いつもはもう少し細いんですよ。
それに、もう少し暖かくなってきたら、さらに細くします…

麺へのこだわりの強い同じ大阪市内にある「大阪大勝軒」の松本店主からも同じようなことを聞いたけど、自家製麺だからこそできる業だね。

なお、やはり麺は3日ほど寝かせて使うと言う。
これが旨味の秘訣!

ちなみに、店内には製麺機はなく…
店のスペースの都合から自宅に置いた製麺機で、営業時間が終わってからと、始まる前に製麺しているそう…
昼夜の営業時間に加え営業時間外にも過酷な労働…

それでも、美味しい麺をつくって、お客さんに喜んで食べてもらおうと毎日製麺に励む…

ラーメン屋さんて結構ハードな仕事なんです…

豚バラ肉の巻きチャーシューは肉のジューシーさを感じるし、メンマも美味しい!

うずらの卵の食感もいいし…
それに味玉は最高!
半割りされた味玉を鶏の甘味の出たスープに浸して食べるとメチャ美味い!

満足できる一杯でした!

ただ、鶏が出すぎてしまったスープに若干の不満が残った…

スープのコンデションの問題というよりは、単にスープが煮詰まってしまったためと思われるけど…

明日、もう一度、早い時間に来て確かめてみたい…

東成きんせい-3


東成きんせい-4


住所:大阪市東成区東小橋1-1-6
電話:06-6981-1778
営業時間:11:30~14:30/18:00~22:00
休日:水曜
アクセス:JR大阪環状線・玉造駅から長堀通を東へ。徒歩1分

メニュー:醤油らーめん…680円/醤油チャーシュー…680円
塩らーめん…700円/塩チャーシュー…900円
麺大盛り…100円アップ

特製つけ麺…800円/大盛り…100円アップ/特盛り…200円アップ
トッピング 半熟味つけ玉子


評価:醤油らーめん+半熟味つけ玉子star_s40.gif

接客・サービスstar_s45.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/56-01e134cd