fc2ブログ
訪問日:2021年9月29日(水)

【新店】傳吉食堂-1

本日のランチは、北仙台に9月13日にオープンした新店の傳吉食堂へ!

9月18日の「仙台南つうしん」さんのブログでオープンを知った店。
『家系ラーメン 傳助』のセカンドブランドの店のようで!


しかし、こちらの店は「家系ラーメン」ではなく、町中華の店で出されるようなラーメンに炒飯、餃子というメニュー構成で!
「半チャンラーメン」という町中華では、お馴染みのセットメニューもある。


そして、お酒の種類も豊富で、夜は、おつまみも多数用意して、居酒屋営業もするようで!
でも、先日、夏限定の裏メニューでTwitter限定で提供されていた「傳助的カレーつけめん」を食べるために訪問したときに、『家系ラーメン 傳助』の店主から聞いた話では


店主は東京・新中野の『武蔵家 本店』出身の方で、そんな店主が町中華的なメニューをやると思えないし
夜の居酒屋営業もやるのかなという疑問もあった。

しかし、『傳吉』に『傳助』という似たような屋号からしても
確かに関連がありそうだけど

考えられるのは、店主の上にオーナーがいて!
そのオーナーが町中華的なラーメン屋をやりたいと言ったからか


確かめるために『家系ラーメン 傳助』に夏限定の表メニューである、普通の「傳助的つけめん」を食べに行こうと思ったら
9月30日まで提供予定の限定は、予定を早めて終了していて

そこで、食べログやラーメンデータベースや個人のブログ、それにTwitterやInstagramのSNSで追加情報を得てから行ってみよう!
しかし、そう思っていたけど、ノスタルジックなラーメンで美味しいという情報と煮干しがきかされたスープという情報ばかりで、なかなか欲しい情報は入ってこない


そんな折り、ラーメンデータベースの9月19日のレビュー
「仙台で八王子ラーメンが食べられるとのことで…」という文章を見つけて、俄然、興味が湧いた。

ただ、提供されている「ラーメン」の画像をみると
薬味に玉ねぎが載せられているのが、それっぽいけど

それ以外は、「中華そば」に背脂を浮かべた「こってり中華そば」!
あるいは、そのまんま「背脂中華そば」という名称で販売されているような醤油ラーメンに見えるので


ちなみに「八王子ラーメン」とは!?
ウィキペディアによれば



八王子ラーメンは、東京都八王子市のご当地ラーメン。醤油タレの醤油ラーメンである。トッピングとして、一般的なチャーシューやメンマのほかに、刻みタマネギを使うことに特徴がある。



さらに、「八王子ラーメンの定義」を書いているロサンゼルスのリトル東京で「八王子クラフトラーメン」を営む店主は、こんな「八王子ラーメン」の特徴を記していて



現在、「八王子ラーメン」の多くは透明な油が表面を覆っている。各ラーメン店もスープの素材は教えてくれても、油のとり方、素材、部位は教えてもらえない。そのくらい、「きざみ玉ねぎ」と「油」の相性は抜群で重要なものなのである。



「玉ねぎ」に「透明な油」がキーのラーメンなのはわかった。
ただ、どんなサイトを見ても、具体的なことがオブラートで包まれていてわかりにくい。


私は「八王子ラーメン」は、西八王子にある有名な『吾衛門』と八王子ラーメンの老舗である『中華そば専門店 味幸』の新宿御苑前にある2号店くらいでしか食べたことはないけど
要は、豚骨清湯にラードを浮かべた醤油味のラーメンで、薬味に大量の玉ねぎを浮かべたラーメンと勝手に解釈している。

しかし、そんな「八王子ラーメン」をオマージュしたラーメンを『傳吉食堂』がやろうとしたのか!?
それ以前に、ラーメンデータベースのレビュアーの人は、どこで、こんな情報を知ったのだろうか!?

疑問に思って、ネットで調べても出てこない
こうなったら、行って、食べて、自分の舌で確かめるしかないよね!

というわけで、JR仙山線と地下鉄南北線が走る北仙台駅近くの「仙台浅草」という仙台市青葉区昭和町にある横丁にあるという店へと車で向かって
横丁の表通り側の駐車場は満車だったので、裏側にある駐車場に車を停めて、「仙台浅草」へと入っていくと

【新店】傳吉食堂-2

東京の下町育ちで、浅草をよく知るものからすると「浅草」らしさは、どこにあるのか!?
ちょっと、わからなかったし😅

ただの飲み屋街じゃないの!?
とも思ったけど

【新店】傳吉食堂-3【新店】傳吉食堂-4

でも、よくある「○○銀座」ではなく、「仙台浅草」と命名したのもよかったと思うし
人工的に作られた施設とかではなく、自然に昭和レトロな雰囲気が残っていたのもよかった♪

それと、変わっていたのは、この狭い路地を車が走っていたこと
まさか、ここを車が通れると思わなかったので、遠回りして裏側に回ることにしたのに😓

そうして、スナックや飲み屋が集まる横丁の表と裏のどちらから来ても、真ん中にある
元理髪店だったという証のサインポールを象った看板が残る店へと、お昼の12時ジャストにやって来ると…

【新店】傳吉食堂-5【新店】傳吉食堂-7

店内は、ほぼ、満席状態だったけど、8席あるカウンター席のうち、1席だけが空いていた。
ちなみに、客席は、このカウンター席の他に4人掛けのテーブル席が1卓あった。


券売機はなく、口頭でオーダーを告げるシステムのようで
席について、メニューを見ると

「ラーメン」650円、「チャーハン」600円、「餃子 」280円。
他にお得なセットメニューが用意されていて


【新店】傳吉食堂-8

「Aセット(ラーメン+半チャー)」850円、「Bセット(ラーメン+半餃子)」830円、「Cセット(チャーハン+半ラー)」880円、「Dセット(チャーハン+半餃子)」750円。
キレイなスタッフの女子から注文をきかれて、オーダーしたのは「半チャンラーメン」の「Aセット」!


なお、こちらの店
カウンターの内側には2人の男性スタッフがいて!

しかし、そこはオープンキッチンの厨房ではなく、洗い物をするシンクしかなくて
厨房は奥にあるセミクローズドのキッチンになっていた。

注文が告げられると、2人の男性スタッフのうちのイケメンのスタッフの方の人が、すぐに鍋を振ってチャーハンを作り始めたんだけど
中華鍋を煽ってチャーハンを作る料理人の手つきを見ていたら、完全に中華料理の経験者とわかる。

『家系ラーメン 傳助』の店主は、そういう料理人を雇ったんだね!
これを見て、このときは、そう思った。


そして、もう1人のスタッフの人がラーメンを作るのかな
と思っていたのに、彼は、直接、調理は行わずに、調理の補佐をして、完成した料理の配膳をしているだけだった

そうして、中華の料理人によって炒められたチャーハンが完成すると
慣れた手付きで、2つの八角皿に、おたまでチャーハンを盛りつけると

次に、麺を茹でて、ラーメンを作り始めた。
2人いるんだから、分業して作ればいいのに


そう思ったけど、「半チャーハン」は、注文してから4分で!
ラーメン」は、その2分後に着丼して、提供者時間は早かった♪


【新店】傳吉食堂-9【新店】傳吉食堂-10

まずは、「ラーメン」から!
背脂と細かく刻まれた長ネギが浮かぶスープ
に…

ラーメンのセンターにはメンマ
その下に豚バラ肉の煮豚


上に、少量の刻み玉ねぎが載る
見た目からは、「八王子ラーメン」というよりは、やはり、「背脂ラーメン」といった感じのラーメン🍜

【新店】傳吉食堂-11【新店】傳吉食堂-12

レンゲに背脂や薬味の長ネギが、なるべく入らないように気をつけながら
スープをすくうと

特に濃くも薄くもない醤油スープに透明の秘密の油が玉状になって浮いていて
ここは「八王子ラーメン」っぽいかも

【新店】傳吉食堂-13

スープをいただくと
この玉状の秘密の油はラードで!

豚ベースの清湯スープに背黒の煮干しのうま味を重ねたといった味わいのスープで!
ラードがスープにコクを与えていて美味しい
😋

そして、ここが、重要なところだけど、玉ねぎの甘味がスープに出ていて!
「八王子ラーメン」っぽさを醸し出していた
🧅

食べる前には、町中華のような味わいのラーメンに背脂を浮かべただけなんじゃないかと思っていたけど
大変、失礼しました🙇‍♂️

突き抜けた味わいのスープではないけど
この価格で、これだけのクオリティのラーメンをいただけるんなら、ぜんぜんOK👌

そして、このスープには「八王子ラーメン」には定番の中細ストレート麺が合わせられていて!
つるっと啜り心地がよくて、モッチリとした食感の


加水率、やや、高めの中加水麺が合わされていて!
スープとの絡みも、まずまずだったし!


【新店】傳吉食堂-14

豚バラ肉の煮豚は、味濃いめで、しっかりと味つけられた煮豚だったけど
しょっぱいわけじゃないし、こういうのも好き♪

【新店】傳吉食堂-15

そして、「ラーメン」をサクッと食べたところで、いただいた「半チャーハン」は!
ご飯がパラパラ!


【新店】傳吉食堂-16【新店】傳吉食堂-17

しっとりしたご飯のチャーハンも嫌いじゃないけど
やっぱり、このパラパラご飯のチャーハンが好き♪

それに、塩味の味付けも
濃すぎず、薄すぎず、めっちゃ好みの味わいでよかった😆

そうして、食べ終わって、席を立つときに調理をしていたイケメンスタッフの人に
ラーメンもチャーハンも美味しかったと話して

「このラーメン、八王子ラーメンって聞いたんですけど!?」と言うと…
「ええ、それを目指して作ってます表情嬉しい」と笑顔で話してくれたので!

「こちらの店は、家系ラーメンの傳助と関係あるのですか!?」と続けて聞くと…
「ええ、ここが僕の2番目の店になります。」と話していたので!

彼が、『家系ラーメン 傳助』のオーナーであり!
ここ『傳助食堂』のオーナーシェフなんだろうね!


仙台のラーメンマニアの間で受けるかどうかはわからないけど🤷‍♂️
一般のお客さんには受けそう♪

次に来る機会には、チャーハンをフルサイズににして、半ラーメンがセットになった「Cセット」にして食べようかな😊
ご馳走さまでした。

【新店】傳吉食堂-6

お昼のお品書き:ラーメン…650円/味玉ラーメン…750円/チャーシューメン…850円

トッピング
味玉…100円/チャーシュー…200円/メンマ…100円

チャーハン…600円/チャーハン大盛り…+100円
餃子…280円/白めし…100円

Aセット(ラーメン+半チャー)…850円
Bセット(ラーメン+半餃子)…830円
Cセット(チャーハン+半ラー)…880円
Dセット(チャーハン+半餃子)…750円


傳吉食堂



関連ランキング:定食・食堂 | 北仙台駅北四番丁駅



好み度:ラーメンstar_s35.gif
半チャーハンstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/5396-1700d675