FC2ブログ
訪問日:2021年2月24日(水)

麺屋 匠【四】ー1

本日のランチは、明日2月25日にオープン10周年を迎える『麺屋 』へ!

宮城県の加美町に2011年2月25日にオープンして、2019年9月11日に現在の宮城県大崎市古川に移転してきた野菜味噌ラーメンとまぜそばの専門店。

しかし、昨年の12月26日から「匠 de 中華そば」に「匠 de 潮らーめん」という煮干しと昆布出汁の醤油ラーメンと塩ラーメンの提供を始めて!
しかも、これが、日替わりで、毎日違う煮干しと昆布を使って作るスープのラーメンで!


これを、たまたま流れてきたTwitterのTLで2月2日に知って、さっそく、翌日の2月3日にお邪魔することに!
しかし、この日のスープは「鯖煮干し」と「利尻昆布」で


鯖煮干しは、やさしい味わいの、ほんのり甘味のある出汁を出してくれる
ただ、ちょっと魚臭い、癖もある味わいの煮干しという印象だったのと

それに、店主のTwitterを遡って調べてみると
これを提供する前まで煮干し出汁のラーメンを作った経験がないというので

楽しみでもあり、不安でもある😅
そこで、少しハードルを下げて食べに行ったところ

心配を余所に、この日いただいた「鯖煮干し」と「利尻昆布」の「潮らーめん」は、利尻昆布のうま味の出た
さらに、煮干しと節の魚介出汁のうま味も出たバランスのいい美味しい魚介スープのラーメンだった♪

ただ、鯖煮干しは、何処にいたんだろうか!?
スープからは、よくも悪くも、鯖煮干しらしさが感じられなかった。

これは、香味油に使われた煮干しと節によるもの!
まず、今回、香味油に使われた煮干しは風味の強い平子に背黒で!


さらに、煮干しよりも風味の強い鰹節に鯖節が使われていて
それらの風味を高温の油に移した香味油によって、鯖煮干しが主張できなかったことが原因だと思われる。

しかし、結果的には、バランスのいい美味しいスープに仕上がっていたから、それはそれで、いいのかもしれないけど
ニボラーとしては、鰹節の力は借りないで、煮干しだけのうま味で味わうスープでいただきたかったので、そうブログに書かせていただいた。

そして、その6日後に再訪して、「うるめ煮干し」と「利尻昆布」出汁の、香味油には「あじ煮干し」の純粋に煮干しと昆布だけで作られた「潮らーめん」をいただいた。
そして、ブログに、こんな感想を書かせていただいた。




このスープは、煮干しのうま味もあるけど、昆布の美味しさで食べさせるスープなんだろうね!

それと、煮干しが背黒だったら、もっと、煮干しの力強いうま味が感じられたかも…
それに、煮干しは、1種類だけ使って、その煮干し独特の味わいを楽しむのもいいのかもしれないけど…

背黒を中心に、いりこのうま味を入れてやって!
鯵や平子も使うなどして、何種類かの煮干しを併用してやった方が、やっぱり、美味しいんだろうね♪

でも、今日は鰹や鯖、宗田鰹のような節が使われてなくて!
煮干しをストレートに感じられたのがよかったし♪

次回は、シンプルに背黒と昆布の組み合わせのときに、もう一度、食べてみたいかな…
それと、コストが高いので、なかなか難しいかもしれないけど…

アゴ煮干しにもチャレンジしてほしいかな。
それに、できれば、アゴ煮干しではなく、焼きアゴを使ってもらえると、もっと美味しい出汁が出るので♪

コストが上がる分、価格に転化してもらって、ぜんぜん、いいので!
でも、それをしちゃうと、一般のお客さん相手の商売だと、難しいのかな




すると、これは、店主が、このブログを見たからではなく、単なる偶然だとは思うけど
今までは、単独の煮干しと昆布の組み合わせで作ったスープだったのに、複数の煮干しを使ったスープも出すようになって!

さらに、何と、「焼きあご」を使ったスープを出すとツイートしてして!
こんなツイートを見ちゃったら、食べに行かないわけにはいかないよね
🤣

というわけで、前回は雪の影響もあって、中途半端な時間に訪ねたこともあって、長い時間、待たされたので
開店15分前には店に到着するつもりで仙台を出発!

するつもりが
よくあることだけど、出発が遅れて

店へとやって来たのは開店時間の11時を少し回った時刻。
店の裏にある駐車場に入っていくと


数台の車が駐車していて
手前と奥の駐車スペースが空いていたので、停めやすい手前のスペースに駐車しようとしたところ

すぐ後から、車が入ってきたので
ここで、手前側に車を停めたら、私が駐車するまで後の車は駐車場に入れないので

奥の駐車スペースに車を停めると
その間に、先に手前の駐車スペースに車を停めた後客が先に入店。

先を越されてしまった😣
後を追って入店しようとすると

その後客は、店の入口のドアの中側に吊るされているウェイティングボードに名前を書いて出てきたので
店内は満席だということがわかった。

後客が出てくるのを待って、入店すると
「ボードに名前を書いて、車の中でお待ちください。」

店主から声が掛かって
後客の下に2番目で名前と車のナンバーを記入して、車へと戻って待っていると

十数分後に、まず、後客に声が掛かって!
次に私にも声をかけられて入店すると


「ベンチに座ってお待ちください。」
店主から、そう言われて、すぐに席につくことはできなかったけど


後客がセルフでウォータージャグから水を汲んで、窓際の壁に向かって座るカウンター席に座るところで
この後、すぐに、厨房と対面するカウンター席へと案内されたので!

後客に先を越されて、結果的にはよかった♪
厨房に背を向けて、壁を見ながらラーメンができるのを待つより、厨房で店主がラーメンを作っているのを見て待つのでは、私にとっては天国と地獄ほどの差があるので!


そして、席に着いて、店主の奥さまから注文を聞かれて
3回連続で「潮らーめん」をオーダーしたんだけど!

麺屋 匠【四】ー2

本日の魚介出汁は「焼きあご」×「羅臼昆布」!
香味油は「焼きあご」!


麺屋 匠【四】ー3

普段使用している煮干しとは違って、うま味が違う!
その代わり、価格も高価!


なのに、価格は据え置きって!
店主、太っ腹だね
😅

そして、厨房の店主に向かって
「麺は中華そば用の低加水麺でお願いします。」と言って、リクエストしたんだけど…

これは、前回訪問したときに、店主と麺の話しをしたときに
「次回は、中華そばに使用している低加水麺で作りましょうか!?」と言われたので!

なお、今日は前回とは違って、早い時間だったから、100円という超サービス価格でいただける「ミニ麻婆丼」もあったけど
この後、駅近くにできた「新時代の新感覚まぜそば」を提供する2月20日オープンの新店に行って、連食するつもりだったので、パスすることに😅

厨房では、店主のワンオペでラーメンが作られていて
2個作りされた味噌ラーメンが完成して、出されていくと

小さめの寸胴から雪平鍋にスープが移されて、ガス台の火に掛けられていって!
どうやら、私の「潮らーめん」が1個作りされるみたいだけど


皆さん、なぜ、「中華そば」に「潮らーめん」を注文しないんだろう!?
今日は入店してから退店するまで、「中華そば」に「潮らーめん」は一つも出なかったけど

特に、今日は「焼きあご」が使われたプレミアムな「中華そば」に「潮らーめん」だというのに
同じ古川にあって、以前は、ここで『中華そば 上々』として営業していた『中華そば 笹生』なんて、ラヲタの常連ばかりで、ちょっと変わった限定なんか出されたら、早い時間に売り切れてしまうというのに

こちらの店のお客さんは、ほとんどのお客さんが「味噌ラーメン」か「台湾まぜそば」を無料の大盛で注文する。
さらに、「台湾まぜそば」は追い飯ともやし増しも無料なので、注文するお客さんがほとんど!


野菜味噌ラーメンとまぜそばの専門店だし!
無料で大盛にもできるし、無料トッピングもできるので、注文が多いのは当然かもしれないけど


店主が毎日、Twitterで本日の「魚介出汁」に「香味油」の告知をツイートして、力を入れて作っているので!
たまには「中華そば」に「潮らーめん」を食べてもらえると
😅

そうして、スープを温め始めたところで
チャーシューが切り出されて、ステンレスのバッドに載せられると

ファイヤー🔥
バーナーでチャーシューが炙られていって!

さらに、麺が1玉取り出されると
茹で麺機のデボの中へと入れていって、タイマーをセット!

麺が茹で上がる前に、レードルを使って、ラーメン丼に塩ダレと香味油を入れて
さらに、温まったスープを入れて

そして、セットしてから、ちょうど1分で鳴り出したタイマーを止めて
湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼の中へ!

そうして、最後に盛りつけされて完成した「焼きあご」と「羅臼昆布」の「匠 de 潮らーめん」は、今日も、カウンター越しに出されるのではなく
奥さまが手元まで配膳してくれた。

麺屋 匠【四】ー4麺屋 匠【四】ー5

これは、過去2回のブログにも書かせていただいたことだけど
できあがったラーメンをカウンターの上に置いて、提供終了の店が、ほとんどの中、熱いラーメン丼をお客さんに触れさせないこの配慮は、小さいことかもしれないけど、いいサービスどと思う。

供された本日の「匠 de 潮らーめん」は、豚バラ肉の炙りチャーシューにメンマ、ウズラの卵、なると、海苔と長ネギと小ネギの2色のネギがトッピングされたシンプルな出で立ちの塩ラーメンで🍜
前回前々回と、まったく同じビジュアル!

まずは、焼きあごを高温で揚げて風味付けしたオレンジ色の焼きあご油が玉状になって
今日は、今までの黄金色したスープではなく、琥珀色した塩ラーメンぽくないスープをいただくと…

麺屋 匠【四】ー6

あごが香るスープで♪
風味からすると、国産の焼きあごではなく、おそらく、ベトナムかフィリピンのあご(飛び魚)を国内で加工したものと思われるけど


それでも、しっかりとあごが主張していて♪
最高に美味しい
😋

あご出汁のラーメンは、他店で、何度もいただいているけど
まったくと言っていいほど、あご出汁のうま味は感じられないスープのラーメンもあったので!

そして、羅臼昆布の昆布のうま味も、しっかりと感じられて!
今日のスープも含めて、こちらの店のラーメンは、煮干しラーメンではなく、昆布と煮干しのラーメンなんだと再認識させられた。


そして、これはこれで美味しいので、いいと思うけど!
いつか、昆布を使わずに、煮干しオンリーのスープも味わってみたいかな。


麺は、本来は、醤油味の匠 de 中華そば」に使用されている中細ストレート麺で!
カタめで、パツッと歯切れのいい、低加水麺か加水率低めの中加水麺て感じの食感の麺で!


麺屋 匠【四】ー7

煮干しラーメンの定番の麺という感じの麺で、このスープにも合っている♪
ただ、このスープには煮干しだけじゃなく、昆布のうま味も強く出ているので!


本来、「潮らーめん」に合わせるパスタに使われるデュラムセモリナ粉が使われた前回までの麺と、どっちがいいかというと
答えがスゴく難しい。

言えることは、どちらも合っているので!
麺が選べるようにしてもらえるといいかも♪


豚バラ肉の炙りチャーシューは、肉のジューシーさを感じる美味しいチャーシューで!
前回前々回同様、美味しくいただけたし
😋

麺屋 匠【四】ー8

最後は、もちろん、最後の一滴までスープを飲み干して完食😋
ご馳走さまでした。

麺屋 匠【四】ー9

PS 10周年おめでとうございます
これからも、20年、30年と美味しいラーメン作り続けてください。

麺屋 匠【四】ー10

メニュー:辛 ネギ味噌らーめん…880円/辛 特製ネギ味噌らーめん…1080円
辛 台湾味噌らーめん…880円/味噌らーめん…770円/特製味噌らーめん…980円

※特製は、チャーシュー、メンマ、味玉、海苔乗せです。

辛さ調節
中辛…30円/大辛…50円/激辛…100円

※大辛以上は、トリニダードスコーピオン使用
※味噌らーめんは細麺に変更できます。

汁なし
匠のまぜそば…850円/辛 台湾まぜそば…850円/辛 ネギまぜそば…880円

※台湾まぜそばの卵黄を味玉に変更できます。
※まぜそばは、追い飯・もやし増し無料です。
味噌スープ(小)…100円/麺大盛…100円

サイドメニュー
チャーシュー丼…300円/辛 台湾そぼろTKG…300円/ライス…150円/半ライス…100円

トッピング
おだしまポークの炙りバラチャーシュー(2枚)…300円/白髪ネギ…150円/メンマ…150円/味玉…100円/ひき割り納豆…100円/コーン…100円/バター…100円/生にんにく…50円


匠de中華そば(改)…880円/匠de潮らーめん…880円

【激得サービス丼】辛 麻婆丼(小)…100円
(中)…300円/(大)…400円

【期間限定(コロナ終息宣言発表迄)】麺大盛…無料


麺屋 匠



関連ランキング:ラーメン | 古川駅



好み度:匠de潮らーめん(焼きあご×羅臼昆布)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/5219-19aec043